最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2019年4月26日 (金)

[2級試験解説 やや難]財形住宅貯蓄の非課税限度額について

本日は、2019年1月のFP技能士試験の過去問を解説します。
合格後のさらなる知識向上にも、役立てて下さいね!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2019年1月 FP技能士2級 実技(FP協会)問29より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【問題】

1.「瑠璃子さんの財形住宅貯蓄(金銭信託)の非課税限度額は、財形年金貯蓄と合わせて、元利合計で550万円までです。」

 

【解答と解説】

この記述は適切です。

 

【問題】

2.「敬太さんの財形住宅貯蓄(保険型)の非課税限度額は、財形年金貯蓄と合わせて、払込保険料累計額で385万円までです。」

 

【解答と解説】

この記述は不適切です。
「385万円」を「550万円」に直すと正しい記述となります。

 

上記2つの問題をまとめて解説をします。
財形年金貯蓄の保険型だけの場合は、非課税限度額は385万円です。
それ以外の財形における非課税限度額は、550万円となっています。

少し複雑ですが、非課税限度額について理解を深めておきましょう!

 

問題の解説は以上です。

こちらでは、最近増えている新傾向の問題や、市販テキストに記述がなく
独学で対策しづらく得点しにくい問題を中心に解説しています。

標準的な問題は、日々の独学で乗り越えられるはず!
それに加えて、このようなちょっと難しい点も、補強し積み重ねていけば、
合格ラインを超える力となっていきますよ。
今後も定期的に、過去問を解説していきます。お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次の5月試験に向けた勉強会を、下記日程で開催します!
■5/4(土):FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
■5/19(日):FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

<姉妹サイト FPスキル実践活用勉強会の日程>
■4/28(日) FP6分野の新制度&制度改正 徹底学習勉強会(FP1級・CFP試験対応)
■5/30(木) ライフプランソフトを活用し、上手な保険見直しを実現しよう

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
https://money-study.net/fp/session/

 

2019年4月25日 (木)

試験当日まで1か月!インプット学習とアウトプット学習で合格へ近づこう!

試験当日まで、あと1か月となりました!
まだ1か月・・・ではなく「あと1か月しかない」の方が正しいでしょうか?

受験される皆様は、引き続き試験学習を着々と進めてくださいね。
知識を増やして問題を解く力をつければ、合格を勝ち取れますよ!

 

過去に何度かお伝えしていますが、改めてインプット学習とアウトプット学習の重要性について、お伝えします。
以前からお読みいただいている方は「またこの話か~」と思われたでしょう。
でも、試験対策でとても大切なことですので、改めてご確認下さいね。

 

試験勉強は、インプット学習とアウトプット学習を組み合わせると効果的です。
インプット学習とアウトプット学習について、簡単にご説明しますと、

●インプット学習
試験対策テキストを読んで、内容を理解していく学習法。
本を読んで、試験に出題される事項をどんどん記憶していきます。

●アウトプット学習
問題集や過去問を解いて、正解を導く練習をする学習法。
インプット学習で学んだことが正しく理解できているか、確認していきます。

 

この2つの学習法で大切なことは、

・アウトプット学習で間違えた問題は、再びインプット学習で理解しなおす

ということです。

間違えて理解していたことは、必ず正しい理解に置き換えましょう。
間違えた理解をいかに忘れ、正しい理解をいかに頭に叩き込むかが重要です。

これを必死で行ってください。

「あー間違えちゃった、次こそがんばろ」というように、気持ちを切り替えるだけではダメです!
間違えた問題を流してしまうようでは、同じ問題でまた間違えてしまいます。
気持ちを切り替えることはもちろん、あなたの頭の中にある理解を、正しいものに入れ替えなければならないことを、意識してくださいね。

アウトプット学習で間違えた問題に、真剣に向き合ったかどうか。
それが合否を分ける結果につながるのです。

 

「できなかったことができるようになる」

これが、人間としての成長の証です。
試験で点を取るコツでもあります。

最初は解けない問題がたくさんあります。
でもそれは、知らないことを学んでいる過程だから、当然のことです。

そこでさらに、解けなかった問題を数時間後や翌日に、解きなおしましょう。
自らの力で自信をもって正解できるかを、確認していきましょう。
「インプット学習とアウトプット学習を繰り返す」
これが、皆さんを成長させ、やがて合格につながっていくのです。

私もこの学習法で、間違えた理解を徹底的に修正していきました。
3級~1級まで1発合格できたのも、この学習法で解けない問題をなくしていくつもりで、がんばったおかげだと思っています。

 

以上、インプット学習とアウトプット学習についてのお話でした。
勉強方法を改めなければ、と思った方はぜひ実践に移してくださいね。

試験まであと1か月! 合格目指して、がんばりましょう!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次の5月試験に向けた勉強会を、下記日程で開催します!
■5/4(土):FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
■5/19(日):FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

<姉妹サイト FPスキル実践活用勉強会の日程>
■4/28(日) FP6分野の新制度&制度改正 徹底学習勉強会(FP1級・CFP試験対応)
■5/30(木) ライフプランソフトを活用し、上手な保険見直しを実現しよう

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
https://money-study.net/fp/session/

 

2019年4月24日 (水)

[2級試験解説 やや難]日銀短観での調査内容についての出題

本日は、2019年1月のFP技能士試験の過去問を解説します。
合格後のさらなる知識向上にも、役立てて下さいね!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2019年1月 FP技能士2級 学科 問21より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

全国企業短期経済観測調査(日銀短観)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

【問題】

1.調査の対象となる企業の業種は、製造業に限られ、非製造業は含まれない。

 

【解答と解説】

この記述は不適切です。
調査の対象は、製造業に限らず、非製造業も含まれます。
日銀短観では、大企業製造業、大企業非製造業、中小企業製造業、中小企業非製造業、のように、業種や企業規模ごとに指標が発表されています。


【問題】

2.調査は毎月実施され、翌月に調査結果が公表される。

 

【解答と解説】

この記述は不適切です。
調査は毎月ではなく、四半期ごと(3カ月ごと)に実施され、その翌月に調査結果が公表されています。


【問題】

3.日銀短観で公表される「業況判断DI」は、景気動向指数の算出に使用される経済統計指標のうち、3ヵ月前の数値と比較して改善した指標の割合を表す。

 

【解答と解説】

この記述は不適切です。
業況判断DIは、調査時点において、生産、売上、在庫、雇用などについて「良い」「さほどよくない」「悪い」の中から回答を取り、「良い」の比率から「悪い」の比率を引き算した者を表しています。
3カ月前の数値と比較しているわけではありません。


【問題】

4.日本銀行の金融政策が決定される際、「日銀短観」の調査結果は判断材料の一つとして利用されている。

 

【解答と解説】

この記述は適切です。
日本銀行の金融政策とは、公開市場操作による金利の誘導や資産の買い入れなどがありますが、それらを行うかどうかの判断として、日銀短観を利用しているというわけです。

 

問題の解説は以上です。

こちらでは、最近増えている新傾向の問題や、市販テキストに記述がなく
独学で対策しづらく得点しにくい問題を中心に解説しています。

標準的な問題は、日々の独学で乗り越えられるはず!
それに加えて、このようなちょっと難しい点も、補強し積み重ねていけば、
合格ラインを超える力となっていきますよ。
今後も定期的に、過去問を解説していきます。お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次の5月試験に向けた勉強会を、下記日程で開催します!
■5/4(土):FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
■5/19(日):FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

<姉妹サイト FPスキル実践活用勉強会の日程>
■4/28(日) FP6分野の新制度&制度改正 徹底学習勉強会(FP1級・CFP試験対応)
■5/30(木) ライフプランソフトを活用し、上手な保険見直しを実現しよう

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
https://money-study.net/fp/session/

 

2019年4月23日 (火)

3級受験の皆様へ。初めてのFP試験対策の手ごたえはどうですか?

ここ最近は、2級の過去問解説記事が多くなっていますが・・・
本日は、3級受験者を対象にお話をいたします。

はじめて3級試験を受ける方は、たくさんいらっしゃると思います。
3級は想像以上に試験範囲が広く、たくさんのことを覚えなければなりません。
ですので、予想外に苦労している方も多いのではないでしょうか。

 

1か月くらい前ですが、こちらで「FP3級はテキストと問題集での学習で、十分合格を目指せる!」とお伝えいたしました。

・テキストを読んで、知識を積み上げるインプット学習
・問題を解いて、理解できているかを確認するアウトプット学習

この2つを忠実に行うことで、3級の試験対策に必要な知識が十分身につきます。
皆様は、この学習法を、実践されていますでしょうか?

これまで数十万人、もしかすると百万人以上が、3級試験を受験しています。
過去の合格者も、このインプット学習とアウトプット学習を積み重ねています。

私も3級受験当時は、毎日通勤時間でテキストを読んだり、吊革につかまりながら問題集を解くなどして、勉強をつづけました。
毎日勉強を粘り強く続け、そして見事合格することができました。

3級といえども、予想以上に学ぶことは多くあります。
だから、思うように学習が進まないことがあるかもしれません。
でも自分を信じ、最後まであきらめず勉強を続けて、合格をめざしましょう!

 

ただ、それでも不安をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。例えば・・・

・試験問題に答えられる力が、本当に身についているのか不安だ
・他の人より、学習が遅れている気がする
・わからないことがたくさん出て、解消できない
・何度やっても間違えてしまう問題があるので、何とかしたい

このような不安をお持ちの方は、間もなく開催する「FP技能士3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会」にぜひご参加ください。

試験頻出の点や受験者が間違えやすい点を、短時間で集中的に学ぶ勉強会です。
みっちりと試験対策勉強と学習度合いのチェックを行えます。
FP試験の合格を目指す人同士で、資格取得のきっかけや、将来の目標などを語り合いながら、楽しく学びあう雰囲気も特長です。
世間にある資格スクールとは違い、「楽しくも深く学べる勉強会」をモットーに、過去70回以上も開催を続けています。

ご興味をお持ちになりましたら、ぜひご参加下さいね。
勉強会の詳細と、参加申し込みは、下記よりご覧ください。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次の5月試験に向けた勉強会を、下記日程で開催します!
■5/4(土):FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
■5/19(日):FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

<姉妹サイト FPスキル実践活用勉強会の日程>
■4/28(日) FP6分野の新制度&制度改正 徹底学習勉強会(FP1級・CFP試験対応)
■5/30(木) ライフプランソフトを活用し、上手な保険見直しを実現しよう

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
https://money-study.net/fp/session/

 

2019年4月22日 (月)

第2分野「リスク管理の分野」学習のポイント

次のFP技能士試験を受験される皆様、順調に勉強を進められていますか?
勉強不足を感じたら、単純な解決法ですが、勉強時間を増やしましょう!
想定よりも勉強量が必要と気が付いたら、その対策をとることが大切です。

少し早く起きたり、スキマ時間を使えば、勉強時間を確保できます。
勉強時間を作るのが難しいという方は、意識して時間を作りましょうね!

 

さて、本日は「リスク管理」分野の重要ポイントについてお伝えします。

「リスク管理」と名前がついていますが、実質的には保険の分野ですね。
生命保険、損害保険の仕組みについて出題されます。
それに加えて、保険と税金の関係についても問われます。
保険の世界には複雑な仕組みがたくさんあり、そこを積極的に出題してきます。
細かいところも丁寧に学習することを、心掛けてくださいね。

 

このリスク管理の分野をしっかり学習すれば、何気なく保険に加入していた方も、ご自身が契約していた保険内容を詳しく理解できるようになります。
必要な保障を判断でき、無駄のない保険選択もできるようにもなります。

保険の知識を活かし、お客様の状況に適した保険を提案していくことで、FPとしての実務スキルを高めることもできます。
FP資格取得後の活躍の幅も広がりますので、前向きに学習していきましょう。

 

過去問学習では、皆様がお使いの試験対策テキストに載っていないことが出題されることもあるでしょう。特に2級はその傾向が強いです。
その場合は、公式サイトの「FP3級2級過去問 難問を解説」も活用して下さい。
試験対策テキストで解説が漏れがちな内容を、1000項目以上掲載しています。
利用は無料なので、ぜひご活用くださいね。

【FP3級2級過去問 難問を解説】
https://money-study.net/fp/tisiki/

 

さて、この分野での重要ポイントを、いくつか皆様に問いかけをいたします。
試験に合格するうえで、ぜひとも「はい」と答えてもらいたいものばかりです。

あなたは、いくつ「はい」と答えられますか?

 

(3級2級共通)

■保険法、生命保険契約のルール、クーリングオフの概要を説明できますか?

■定期保険、終身保険、養老保険のそれぞれの内容と違いを、説明できますか?

■定期保険の全期型と更新型のそれぞれの特徴と違いを、説明できますか?

■特定疾病保障保険とは何か、正確に説明できますか?

■払済保険と延長保険のそれぞれの内容と両者の違いを、説明できますか?

■リビングニーズ特約とは何か、説明できますか?

■生命保険金の受取時の課税は、相続税、所得税、贈与税の3種類あります。
それぞれどのような条件の場合に課税されるか、説明できますか?

■純保険料/付加保険料の違いと、3つの利率について、互いに関連付けて説明できますか?

■地震保険の保険金額、保険料控除について、説明できますか?

■自賠責保険の特徴と保険金額について、説明できますか?

■自動車保険の対人賠償保険、対物賠償保険、人身傷害補償保険のそれぞれについて、補償内容の特徴を説明できますか?

■傷害保険には、普通傷害保険、国内旅行保険、海外旅行保険があります。
それぞれの補償内容の特徴を、説明できますか?

■個人賠償責任保険は、どのような内容を補償するのか、説明できますか?

■保険会社が破たんした時、生命保険、損害保険のそれぞれで、どれくらいの金額が補償されるか説明できますか?

■保険契約書を見て、死亡時に支払われる保険金、入院や手術時に支払われる保険金、ガンになった時に支払われる保険金を、正しく計算できますか?

 

(2級の方は、上記に加えてさらに下記についても確認してください)

■少額短期保険の特徴(保険金額、保険期間、破たん時の取り扱いなど)を説明できますか?

■個人年金保険では、年金の受取時にも税金がかかります。
どのような条件下でどの種類の税金が課税されるか、説明できますか?

■個人事業主が契約した生命保険と損害保険について。
どのような控除が適用されるのか、どのような経理処理をすべきか、いくつかのパターンがありますが、それらを網羅的に説明できますか?

■変額保険と変額個人年金のそれぞれについて、特徴、何が変額で何が定額か。
また、保険料控除の取り扱いはどうなっているか、説明できますか?

■ハーフタックスプランとは何か、またその税務処理について説明できますか?

■長期平準定期保険とは何か、またその税務処理について、説明できますか?

■自賠責保険、対人賠償保険、対物賠償保険、自損事故保険、無保険車傷害保険、搭乗者傷害保険、人身傷害補償保険、車両保険のそれぞれの違いや補償内容を、説明できますか?

■所得補償保険はどのような時に保険金が支払われるか、また保険料支払時と保険金受取時の税金について、説明できますか?

■法人向け損害保険を5種類以上挙げ、それぞの補償内容と、どのようなリスクに備える保険なのか、説明できますか?

■法人契約保険の様々な経理処理パターンを把握し、保険料の支払い時と、保険金の受取り時の経理処理を正しく実施できますか?

 

以上の問いかけに「はい」と答えられる自信と知識があれば、試験当日には正誤を正しく判断でき、計算問題も解けるでしょう。
しかし「はい」が少なければ、お持ちのテキストや問題集で復習をしましょう。
試験当日までに、しっかりと備えてくださいね。

 

「はい」の数が少なかった方は、ぜひ「頻出重要ポイント総仕上げ勉強会」にご参加下さい。
試験で高得点を狙えるよう、重要ポイントを短時間で学び、弱点も補強できます。
受験者同士で楽しく学びあう雰囲気が、過去の参加者にもご好評頂いています。
ご興味をお持ちになりましたら、ぜひご参加くださいね。
開催日程と参加申込については、下記のご案内をご覧ください。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次の5月試験に向けた勉強会を、下記日程で開催します!
■5/4(土):FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
■5/19(日):FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

<姉妹サイト FPスキル実践活用勉強会の日程>
■4/18(木) ライフプランのソフトで、将来も安心できる住宅購入プランを立てよう
■4/28(日) FP6分野の新制度&制度改正 徹底学習勉強会(FP1級・CFP試験対応)

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
https://money-study.net/fp/session/

 

2019年4月21日 (日)

[2級試験解説 やや難]生産物賠償責任保険で補償されるもの、補償されないもの

本日は、2019年1月のFP技能士試験の過去問を解説します。
合格後のさらなる知識向上にも、役立てて下さいね!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2019年1月 FP技能士2級 学科 問20より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【問題】

2.飲食店を営む事業者が、食中毒による休業により売上が減少するリスクに備えて、生産物賠償責任保険(PL保険)を契約した。

 

【解答と解説】

この記述は不適切です。
食中毒が発生したことによる直接的な損害(被害者の治療費、損害賠償請求額など)は、生産物賠償責任保険の給付金でカバーすることができます。あくまでも、損害賠償などの賠償責任を補償する保険です。

しかし売り上げ減少というのは、事故の間接的な被害であり、それは生産物賠償責任保険ではカバーの対象外となっています。
そのような事態に備えるには、利益総合保険や利益担保特約を契約するべきといえます。

見方を変えて説明すると、生産物賠償責任保険(PL保険)は、相手の損害を補償しますが、自分の損害(売り上げ減少はこれに該当)は補償の対象外、ということになるのです。

 

問題の解説は以上です。

こちらでは、最近増えている新傾向の問題や、市販テキストに記述がなく
独学で対策しづらく得点しにくい問題を中心に解説しています。

標準的な問題は、日々の独学で乗り越えられるはず!
それに加えて、このようなちょっと難しい点も、補強し積み重ねていけば、
合格ラインを超える力となっていきますよ。
今後も定期的に、過去問を解説していきます。お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次の5月試験に向けた勉強会を、下記日程で開催します!
■5/4(土):FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
■5/19(日):FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

<姉妹サイト FPスキル実践活用勉強会の日程>
■4/18(木) ライフプランのソフトで、将来も安心できる住宅購入プランを立てよう
■4/28(日) FP6分野の新制度&制度改正 徹底学習勉強会(FP1級・CFP試験対応)

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
https://money-study.net/fp/session/

 

«勉強会開催はいよいよ2週間後!弱点補強と得点アップを目指す方はぜひご参加下さい!