最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 確定申告書作成で大忙し | トップページ | 地震による被害に備えて »

2011年3月10日 (木)

不動産賃貸の「更新料」の扱いについて

賃貸物件の契約期限が切れるときに「更新料」を請求されることが一般的です。
この更新料が、「消費者にとって不当な不利益」なのか「家賃の性質を持った妥当なもの」なのかが、現在裁判で争われています。

先日の新聞にも載っていましたが、「消費者にとって不当な不利益」と高等裁判所が判断した事例が2件、「家賃の性質を持った妥当なもの」と高等裁判所が判断した事例が1件あり、判断が分かれています。
最終的には、最高裁判所の判決が待たれている状況ですが、最高裁で判決が下る時期は現時点では未定です。

最高裁での判決が出るときには、更新料の意味、扱いがある程度決定付けられることになります。
仮に、更新料が消費者にとっての不利益と判断されたとしても、その更新料に相当する金額を毎月の家賃に上乗せするなど、多くの大家さん側もどうすべきか対策を考えているようです。

不動産を借りる側の人も、貸す側の人も、関心を持つであろう話題です。
今後の動きも踏まえて、この判決の行方を見守っていきたいと思います。

=============

第1回 FP技能士3級2級合格勉強会 参加者募集中!
詳細&申込みはこちらから: http://kokucheese.com/event/index/8913

« 確定申告書作成で大忙し | トップページ | 地震による被害に備えて »

不動産」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。