最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 損失の繰越しは、基本は3年 | トップページ | 2011年5月のFP技能士2級学科の振り返り »

2011年6月 3日 (金)

2011年5月に実施のFP3級問題に挑戦しました

先日5月に、FP技能士試験が行われました。
その日から2週間ほど経ってしまいましたが、ホームページに公表されている学科と実技(きんざい・FP協会とも)の試験問題をすべて自ら解いてみました。

3級ですので、基本的な事項を問う問題ばかりで、難問、奇問にあたるものはなかったという印象です。
実技問題は、FP協会のほうがきんざいよりも、現実の場面を想定した問題が出題された印象がありました。

テキストに記載の基本事項をしっかり理解し、問題集を繰り返し解いて対策を行った受験者の方であれば、比較的簡単に合格できたのではないでしょうか。
わからない問題、解けないが多かった・・・という方は、上記のとおりテキストの重要項目を理解したうえで、問題集を繰り返し解いて試験慣れしておきましょう。問題集の問題をほぼすべて自力で解けるくらいになるまで繰り返せば、合格にきわめて近いところまで持っていくことができるでしょう。
繰り返しになりますが、3級合格のポイントは「基本をしっかり学ぶ」「問題集を繰り返し解く」ことだと思います。

ちなみに、このFP技能士勉強会で扱った内容が出題されたものもいくつかありましたね。
参加された方にとっては、ボーナス問題となったでしょうか★


2級についての所感は、追って書きたいと思います。
3級2級と両方の問題にチャレンジすると、2級はやっぱり、3級より難易度が高いことがよくわかります・・・。

« 損失の繰越しは、基本は3年 | トップページ | 2011年5月のFP技能士2級学科の振り返り »

FP技能士試験関連」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。