最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 9月試験前、最後のFP技能士合格勉強会を開催しました | トップページ | FP技能士試験の受験票が発送されました »

2011年8月24日 (水)

特別受益者の相続分

この内容は、2級FP技能士の試験範囲内容を超える内容です。
2級3級受験者の方は、参考情報として抑えておいてください。
なお、1級FP技能士を目指す方は、知っておくべき内容です。


相続人のなかに、被相続人から贈与や遺贈を受けた人がいる場合、法定相続分で遺産分割を行うと、贈与を受けた人とそうでない人との間で不公平が発生します。
これを公平にするために、その贈与分を被相続人の財産に組み戻して相続財産に合算し、それをもとに遺産分割を行い、贈与の価格を控除した残額を相続する、という制度があります。
このような過程を経た相続分を、特別受益者の相続分と言います。

要するに、遺産を生前に前渡した分については、遺産相続の時点で考慮しましょうね、という制度です。

詳しくは、下記URLにて解説されています。
http://www.my-adviser.jp/column/detail.php?id=483
http://www2.odn.ne.jp/~cjj30630/kiyo.jueki.html

この記事では、ほかにも、遺言で、特別受益をなかったことにできること(特別受益の持戻しの免除
)についても記載があります。

« 9月試験前、最後のFP技能士合格勉強会を開催しました | トップページ | FP技能士試験の受験票が発送されました »

贈与・相続・事業承継・民法」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。