最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 数年分のお金をまとめて渡すと贈与税が課税される | トップページ | 離婚後の財産分与に関する税金 »

2011年10月21日 (金)

11/3祝日にFP技能士合格勉強会(法改正・きんざい&FP協会の実技試験分析)を開催します

FP技能士合格勉強会のご案内です。

11月3日の祝日に、第8回の勉強会を開催します。
開催概要は下記のように、2012年1月受験予定の方に焦点を当てた内容です。もちろん、それ以降に受験予定の方にも参考になる内容ですので、ご都合つく方ぜひご参加ください♪


■今回のテーマ
11/3の祝日に開催です。
2012年1月試験の申し込み開始直前(11/7から申込開始)ということもあり、「2012年1月試験から適用される法改正」と「きんざいとFP協会での実技試験の違い」に焦点を当てた内容です。

○2012年1月試験から適用される法改正
この1月試験から、新たな法改正が試験に反映されます。その内容をお伝えいたしますので、お持ちのテキストが古い場合にはその差分をここで学んでください。簡単な確認テストもありますので、理解を深められる内容にしています。

○きんざいとFP協会での実技試験の違い
FP技能士の実技試験は、きんざいとFP協会のいずれかを選択して受験します。この2つにどのような違いがあるのか、またそれぞれの試験対策法についてお伝えします。
過去の受験経験者の声も取り入れ、次の受験でどちらを選択すればよいのか、その判断基準をお届けする内容です。

残った時間で、1月試験に向けた学習スケジュールや勉強法についても、お伝えしたいと思っています。
この勉強会をもとに、受験対策の基本的な方針作り、1月受験に向けたペースづくりをしてくださいね! この回以降の勉強会では、これまでのように6分野についての学習勉強会にしていきます。

※2級受験者、3級受験者どちらの方も対象の内容としています。
※当勉強会には、受験有無、受験日時、学習の進度に関係なく、どなたでもご参加いただけます。

■当日の流れ
おおよそ、次のような流れで進行いたします。
・法改正の説明と、確認テスト
・過去問の分析をもとに、きんざいとFP協会の実技試験の違いについて
・学科試験の対策勉強法
・余った時間は自由時間(質疑応答、受験対策全般に関する情報交換など)

■開催日時
2011/11/3(木・祝日) 13:15開始~16:45終了
※開始15分前までは、準備のため会場に入ることができません。あらかじめご了承ください。

■場所
池袋 勤労福祉会館 会議室6
(JR・各私鉄 池袋駅から徒歩6分)
地図:http://kokomail.mapfan.com/receivew.cgi?MAP=E139.42.35.8N35.43.28.2&ZM=11&CI=R
(携帯からも閲覧できますが見づらいので、PCで印刷することをオススメします)
※池袋駅西口方面にある、池袋消防署の隣の建物です。
※ビル1階に会議室の案内があります。「FP勉強会」という名前で案内されています。

■参加費
500円(会場費、資料代などを含んでいます)

■参加定員
30名

■持ち物
普段使用しているテキスト・参考書(参考書を活用しながら進めます)
電卓(計算問題を解くときに、あると便利です)
飲み物

■参加申し込み方法
下記ページよりお申し込みください。
http://money-study.net/fp/session/schedule.htm

■FP技能士合格勉強会について
「FP技能士合格勉強会」の詳細については、下記サイトに掲載しています。こちらをご覧ください。
 公式サイト http://money-study.net/
 mixiコミュニティ http://mixi.jp/view_community.pl?id=5514596
 ブログ http://blog.money-study.net/

最新の情報、今後の勉強会の案内をメールで受け取りたい方は、下記メールマガジンをご購読ください。
http://www.mag2.com/m/0001312170.html

■皆様のご参加お待ちしています!
・FP技能士の資格を取得したい!
・独学だから、一緒に頑張る仲間がほしい!
・将来はFPとして活躍したい!FPのセンスを身につけたい!
・役立つマネー知識をたくさん学びたい!
・楽しそうだから参加してみたい!
とお考えの方にとって、役に立つオススメの勉強会です!
「楽しく学べる会」をモットーに開催していますので、皆様のご参加をお待ちしております!

« 数年分のお金をまとめて渡すと贈与税が課税される | トップページ | 離婚後の財産分与に関する税金 »

FP技能士3級・2級合格勉強会」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。