最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 長期総合保険 | トップページ | 自筆証書遺言の小話 »

2011年10月14日 (金)

小規模宅地の評価減の特例について

土地を代償分割で相続した場合、要件を満たしていれば、小規模宅地の評価減の特例を適用することができます。
しかし換価分割をした場合は、その土地は売却することになるため、小規模宅地の評価減の特例を適用することができません。


FP技能士の試験範囲の中に、「代償分割/換価分割」の項目と、「小規模宅地の評価減の特例」の項目がありますが、この二つの項目が組み合わさった場合のお話でした。

試験ではそれぞれ単独で問われる内容であっても、実際の場面では組み合わせて考える場面もある、という例でした。ご参考に♪

« 長期総合保険 | トップページ | 自筆証書遺言の小話 »

贈与・相続・事業承継・民法」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。