最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 自筆証書遺言の小話 | トップページ | 11/3祝日にFP技能士合格勉強会(法改正・きんざい&FP協会の実技試験分析)を開催します »

2011年10月18日 (火)

数年分のお金をまとめて渡すと贈与税が課税される

子どもの生活費や教育費は、必要に応じて都度渡すのであれば、贈与とはみなされません。
しかし、生活費や教育費を、数年分をまとめて子どもに渡した場合、1年間で使いきれない分については贈与税の課税対象となります。
なお、生活費や教育費という名目で渡したお金を、別の用途で使用した場合には、贈与と見なされます。

不必要な贈与税を課されないためにも、子どもへは必要のつどお金を渡すのがよいですね。
子どもがうっかり、お金を使い込むことの防止にもなりますし★

======================
【次回の勉強会のご案内】
11/3(木・祝) 第8回FP技能士合格勉強会

■今回のテーマ
2012年1月試験の申し込み開始直前(11/7から申込開始)ということもあり、「2012年1月試験から適用される法改正」と「きんざいとFP協会での実技試験の違い」「1月試験に向けた学習法」に焦点を当てた内容です。
FP技能士試験の合格を目指す皆さん、一緒に楽しく学びましょう!
※当勉強会には、受験有無、受験日時、学習の進度に関係なく、どなたでもご参加いただけます。

申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/schedule.htm

« 自筆証書遺言の小話 | トップページ | 11/3祝日にFP技能士合格勉強会(法改正・きんざい&FP協会の実技試験分析)を開催します »

贈与・相続・事業承継・民法」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。