最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 山林所得について | トップページ | 相続による不動産登記 »

2011年11月11日 (金)

自筆証書遺言の検認

FP技能士試験に出題される内容のおさらいになります。

自筆証書遺言の場合、家庭裁判所の検認が必要です。
検認しなかったとしても、遺言書の効力がなくなることはなく、遺言の内容は有効のままです。
しかし、検認しなかった場合、5万円以下の過料に処されることがあります。

======================
【次回 FP技能士合格勉強会のご案内】
11/19(土) 第9回FP技能士合格勉強会
■今回のテーマ
今回のテーマは「年金と社会保険」です。6分野のうちの1つ目である「ライフプランニングと資金計画」のうち、年金と社会保険について重点的に学習する内容です。年金と社会保険は、その制度が非常に複雑で理解するのも苦労する分野ですね。
この勉強会では、単に問題を解くだけでなく、覚えにくい内容をスッキリ整理したり、FP技能士試験の内容を実生活・FP実務に応用する内容を盛り込んでいます。

申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※当勉強会には、受験有無、受験日時、学習の進度に関係なく、どなたでもご参加いただけます。

« 山林所得について | トップページ | 相続による不動産登記 »

贈与・相続・事業承継・民法」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。