最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月の12件の記事

2011年12月25日 (日)

専任媒介と一般媒介

不動産を売却するとき、不動産会社と媒介契約を締結します。
その媒介契約には2種類あり、一つは1社の不動産会社だけに依頼する専任媒介、もう一つは複数の会社に売却を依頼する一般媒介です。

一般媒介を選ぶと、多くの不動産会社に競争させることができ、高値で売ることができそうに思いますが、そう単純な話ではありません。なぜなら不動産会社にとっては、自社で売却活動をしても、他社で売却される結果になったら仲介手数料を得られないためです。
そのため、専任媒介契約の方が、不動産会社は積極的に動いてくれます。
さらに、専任媒介契約の場合は、レインズへの不動産情報の登録が必須となっているため、より効率よく売却活動をしてもらうことが期待できます。

======================
【次回 FP技能士合格勉強会のご案内】
1/8(日) 第12回FP技能士合格勉強会
■今回のテーマ
今回のテーマは「試験直前対策」です。試験範囲の6分野をしっかり学習できているか、過去問をアレンジした練習問題を解きながら確認していきましょう!
テキストや問題集でしっかり学べているか、自分の弱点や勉強不足の点はどこか、問題を解くスピードが十分か、などを確認する機会にしていただければと思います。試験まで残り2週間は、弱点を補強することに注力すると、ぐっと合格が近くなりますよ!

このように、単なるFP技能士の試験対策だけでなく、試験範囲の内容を日常生活に役立てたり、FP実務に応用する内容も盛り込んだ勉強会です。
当勉強会には、受験有無、受験日時、学習の進度に関係なく、どなたでもご参加いただけます。2級の資格取得済みの方の参加も可能です。

申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/

2011年12月24日 (土)

債券に関する税金

債券に関する税金について、円建て外貨建ての区分も含めて、試験対策として下記の通り理解しておきましょう。
これらを覚えるのはちょっと大変ですが、たまに出題されますので、しっかり覚えておきましょう!


■円建ての利付債券
利息は、20%の源泉分離課税。
償還差益は、雑所得として総合課税。
譲渡益(売却益)は、非課税。
※一部の特別な利付債券は非課税にはなりませんが、FP技能士試験3級2級で出る利付債券の売却益は、非課税とお考えください。

■円建ての割引債
償還差益は、18%の源泉分離課税。
譲渡益(売却益)は、非課税
※一部の特別な割引債は18%とは異なる税率ですが、FP技能士試験3級2級で出る割引債の償還差益は、18%の税率とお考えください。

■外貨建ての利付債券
利息は、20%の源泉分離課税。
償還差益は、雑所得として総合課税。
譲渡益(売却益)は、非課税。

■外貨建ての割引債
償還差益は、雑所得として総合課税。
譲渡益(売却益)は、譲渡所得として総合課税。

2011年12月23日 (金)

健康保険の扶養家族として認められる親族の範囲

健康保険に関する、ちょっと突っ込んだ内容についてです。

健康保険の扶養家族として認められる親族の範囲は、被保険者と同居しているかどうかで多少異なります。

被保険者と同居していても、同居していなくても扶養家族と認められる親族は、以下の通りです。
・配偶者。内縁関係も可。
・父母、祖父母などの直系尊属
・子、孫
・弟、妹

被保険者と同居していれば扶養家族と認めてもらえるが、同居していなければ認めてもらえない親族は、以下の通りです。
・自分の曾孫、兄、姉、甥姪、伯父伯母。また、これらの配偶者
・配偶者の子、(以下すべて配偶者の)孫、曾孫、父母、祖父母、曾祖父母、兄弟姉妹、甥姪、伯父伯母

このあたりが試験で出ることはあまりありませんが、いざ試験で出ると答えづらいところです。余裕があれば、この内容も理解しておきましょう。

2011年12月22日 (木)

健康保険の扶養家族として認められる収入の要件

健康保険の扶養家族として認められるための条件をまとめています。

被保険者と対象の家族が同居している場合は、以下のすべての要件を満たす必要があります。
・年収が、60歳未満は130万円未満、60歳以上と障がい者は180万円未満であること
・後期高齢者医療制度の被保険者でないこと
・保険料を払っている被保険者の年収の2分の1未満であること。ただし、2分の1以上でも、世帯全体の収入が少ない場合は、被保険者の年収を超えていなければ扶養家族として認められることもあるそうです。

被保険者と対象の家族が同居していない場合は、以下のすべての要件を満たす必要があります。
・年収が、60歳未満は130万円未満、60歳以上と障がい者は180万円未満であること
・後期高齢者医療制度の被保険者でないこと
・扶養家族の収入が、被保険者からの仕送り額よりも少ないこと。(扶養家族の収入の半分以上を被保険者の仕送りが占めていること)

なお、健康保険では、扶養家族が受給している老齢年金や遺族年金も年収として算入することに、注意しましょう。

======================
【次回 FP技能士合格勉強会のご案内】
1/8(日) 第12回FP技能士合格勉強会
■今回のテーマ
今回のテーマは「試験直前対策」です。試験範囲の6分野をしっかり学習できているか、過去問をアレンジした練習問題を解きながら確認していきましょう!
テキストや問題集でしっかり学べているか、自分の弱点や勉強不足の点はどこか、問題を解くスピードが十分か、などを確認する機会にしていただければと思います。試験まで残り2週間は、弱点を補強することに注力すると、ぐっと合格が近くなりますよ!

このように、単なるFP技能士の試験対策だけでなく、試験範囲の内容を日常生活に役立てたり、FP実務に応用する内容も盛り込んだ勉強会です。
当勉強会には、受験有無、受験日時、学習の進度に関係なく、どなたでもご参加いただけます。2級の資格取得済みの方の参加も可能です。

申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/

2011年12月21日 (水)

所得税、最高税率を45%に引き上げへ

所得税の最高税率を45%に引き上げることが、検討され始めたとのことです。
実際に実施するのか、実施するならいつからなのか、何万円以上の所得のある方が対象なのか、などについてはまだ検討中で、確定していません。

ここのところ、増税・負担増のニュースがたくさんありますね。
我々の生活にも関わる内容ですので、今後の動向を注目したいと思います。

国の借金は増える一方の状況ですね。個人的には近いうちに、国民に対する負担増という形がはっきりと出てくるであろうと考えています。
それを見据えた上で、ライフプランを設計していくことも大切になるのではないでしょうか。

ニュース記事:http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20111221-OYT1T00106.htm

2011年12月19日 (月)

FP技能士合格勉強会を開催しました

昨日の12/18(日)に、FP技能士合格勉強会を開催しました。

タックスプランニングの分野の過去問(学科試験と実技試験)でよく出題される傾向を取り入れた問題を解きながら、実際に確定申告の模擬体験をする、という内容の勉強会でした。

源泉徴収票や、確定申告書の読み方も、実技試験で出題されることがあります。今回の勉強会の内容が、今後の勉強の参考になればと思います。
また、みなさんが今後確定申告をする機会があれば、その時も参考にしてくださいね。

今回の勉強会はとてもボリュームがあったので、今後同様の内容の勉強会を行う時は、ボリュームを調整したいと思います★
今後も継続的に勉強を行って、1月試験の合格に向けてがんばってくださいね!


次回の勉強会は、1/8(日)の夜の開催となります。
1/22(日)の試験までの期間では、次回が最後の勉強会となります。次回は試験直前の学習チェックの内容で進めようと考えています。45問ほどの確認問題を解いて、勉強不足の点、苦手分野の補強となるきっかけにしていただければと思います。
参加者の募集も受け付けておりますので、ご都合つく方は是非ご参加くださいね。

あっというまに、試験1か月前となりました!
クリスマスとお正月の季節ですが、時間を見つけて試験学習を継続していきましょうね。また次回の勉強会でお会いできるのを、楽しみにしています!

======================
【次回 FP技能士合格勉強会のご案内】
1/8(日) 第12回FP技能士合格勉強会
■今回のテーマ
今回のテーマは「試験直前対策」です。試験範囲の6分野をしっかり学習できているか、過去問をアレンジした練習問題を解きながら確認していきましょう!
テキストや問題集でしっかり学べているか、自分の弱点や勉強不足の点はどこか、問題を解くスピードが十分か、などを確認する機会にしていただければと思います。試験まで残り2週間は、弱点を補強することに注力すると、ぐっと合格が近くなりますよ!

このように、単なるFP技能士の試験対策だけでなく、試験範囲の内容を日常生活に役立てたり、FP実務に応用する内容も盛り込んだ勉強会です。
当勉強会には、受験有無、受験日時、学習の進度に関係なく、どなたでもご参加いただけます。2級の資格取得済みの方の参加も可能です。

申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/

2011年12月17日 (土)

相続時精算課税制度:親の年齢要件

相続時精算課税制度の親の年齢用件は「65歳以上」です。
FP技能士試験で問われる点なので、理解しておきましょう♪

この年齢用件を「60歳以上」と引き下げる法案が話題になりましたが、この法案はまだ成立していません。受験者は、間違えないように注意しましょう。

ちなみに、65歳以上かどうかは、「贈与のあった年の1月1日時点で65歳以上かどうか」で判定されます。贈与があった時点の年齢で判定するのではありません。
この点も、あわせて覚えておきましょう★

======================
【次回 FP技能士合格勉強会のご案内】
12/18(日) 第11回FP技能士合格勉強会
■今回のテーマ
今回のテーマは「タックスプランニングと確定申告」です。主に所得税に関する点を中心に学習する内容にしています。
今回の勉強会は、FP試験対策の問題を解いていきながら、確定申告の模擬体験もできるのが特徴です。
確定申告というと敷居が高そうに感じますが、FP協会の実技試験対策にもなりますし、また自ら確定申告をするときのコツも学べます!

1/8(日) 第12回FP技能士合格勉強会
■今回のテーマ
今回のテーマは「試験直前対策」です。試験範囲の6分野をしっかり学習できているか、過去問をアレンジした練習問題を解きながら確認していきましょう!
テキストや問題集でしっかり学べているか、自分の弱点や勉強不足の点はどこか、問題を解くスピードが十分か、などを確認する機会にしていただければと思います。試験まで残り2週間は、弱点を補強することに注力すると、ぐっと合格が近くなりますよ!

このように、単なるFP技能士の試験対策だけでなく、試験範囲の内容を日常生活に役立てたり、FP実務に応用する内容も盛り込んだ勉強会です。
当勉強会には、受験有無、受験日時、学習の進度に関係なく、どなたでもご参加いただけます。2級の資格取得済みの方の参加も可能です。

申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/

2011年12月13日 (火)

12/18(日)と1/8(日)に勉強会を開催します

ずいぶん久しぶりの更新となりました。ここのところ、ちょっと忙しかったです。

来週12/18(日)に、タックスプランニングの分野の勉強会を開催します。
確定申告の模擬体験も含んだ内容です。FP試験対策をしながら、確定申告の内容も学べる勉強会ですので、ご都合つく方ぜひご参加ください。

申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/


また、来月1/8(日)にも、試験2週間前直前の勉強会を開催します。
開催概要は下記のとおりです。ご興味ありましたら、ぜひご参加いただければと思います。
==============
■今回のテーマ
今回のテーマは「試験直前対策」です。試験範囲の6分野をしっかり学習できているか、過去問をアレンジした練習問題を解きながら確認していきましょう!
テキストや問題集でしっかり学べているか、自分の弱点や勉強不足の点はどこか、問題を解くスピードが十分か、などを確認する機会にしていただければと思います。試験まで残り2週間は、弱点を補強することに注力すると、ぐっと合格が近くなりますよ!
お正月明けの開催ですが、いつものようにみんなで楽しく学びましょう!
※当勉強会には、受験有無、受験日時、学習の進度に関係なく、どなたでもご参加いただけます。2級の資格取得済みの方の参加も可能です。

■当日の流れ
まず最初は、参加者の皆さん同士で自己紹介したり、勉強の進捗度合いや勉強法など、お互いに情報交換する時間にします。

練習問題で学習度合いの確認(前半)
規定時間で問題を解き、参加者の皆さんで応え合わせをし、最後に解答を確認します。

練習問題で学習度合いの確認(後半)
前半に続き、規定時間で問題を解き、参加者の皆さんで応え合わせをし、最後に解答を確認します。

※途中で、休憩を入れながら進めます。夜遅くの開催なので、食事しながらでもOKな雰囲気で進めます。
※問題は、やさしめの問題から難しめの問題まで用意する予定です。

なお、勉強会当日までに、勉強会のテーマとなっている範囲を、テキストなどで一通りざっとでもよいので、学習していることが望ましいです。
一通り学習しておくことで、よりスムーズに当日の勉強会の内容を理解でき、学習した知識を整理することができますよ。


■開催日時
2012/1/8(日) 17:45開始~21:00終了
※21:00~21:30は、参加者同士の交流の時間(自由時間)、学習に関する個別相談の時間、当日の勉強会の内容の復習や質疑応答の時間としています。お時間の余裕のある方はご活用ください。
※開始15分前までは、準備のため会場に入ることができません。あらかじめご了承ください。
※夜の時間ですので、軽く夕食を済ませてからご参加ください。
※遅れて参加もOKです。遅れて参加の場合は、直接会場のドアを開けて入ってきてください。

■場所
新宿区立 戸塚地域センター5階 会議室2
(JR山手線・西武新宿線 高田馬場駅から徒歩2分)
地図:http://kokomail.mapfan.com/receivew.cgi?MAP=E139.42.29.8N35.42.40.2&ZM=11&CI=R
(携帯からも閲覧できますが見づらいので、PCで印刷することをオススメします)
※ビル1階に会議室の案内があります。「FP勉強会」という名前で案内されています。

■参加費
500円(会場費、資料代などを含んでいます)

■参加定員
18名

■持ち物
普段使用しているテキスト・参考書(参考書を活用しながら進めます)
電卓(あると便利です)
飲み物
軽食(夜の開催ですので、休憩時間などで軽食を取れる時間を設けます)

■参加申し込み方法
下記ページで参加申し込みをお願いします。
http://money-study.net/fp/session/

■FP技能士合格勉強会について
「FP技能士合格勉強会」の詳細については、下記サイトに掲載しています。こちらをご覧ください。
 公式サイト http://money-study.net/
 mixiコミュニティ http://mixi.jp/view_community.pl?id=5514596
 ブログ http://blog.money-study.net/
 メールマガジン http://www.mag2.com/m/0001312170.html

■皆様のご参加お待ちしています!
・FP技能士の資格を取得したい!
・独学だから、一緒に頑張る仲間がほしい!
・将来はFPとして活躍したい!FPのセンスを身につけたい!
・役立つマネー知識をたくさん学びたい!
・楽しそうだから参加してみたい!
とお考えの方にとって、役に立つオススメの勉強会です!
「楽しく学べる会」をモットーに開催していますので、皆様のご参加をお待ちしております!

2011年12月 8日 (木)

12/11(日)に、金融資産運用の分野の勉強会を開催いたします。

12/11(日)に、金融資産運用の分野の勉強会を開催いたします。
開催まであと3日になりました!
ご参加されるみなさん、当日は気を付けてお越しください。当日の開催時間、場所については、下記ページからご確認いただけます。
http://money-study.net/fp/session/

初めて参加の方も、常連さんの方も(2回目以上参加の方は常連さんですよ★)、みんなで情報交換をしたりしながら、楽しく学ぶ勉強会にしたいと思います。当日お会いできるのを、楽しみにしています♪

金融資産運用の分野は、できれば事前に一通りざっとでもよいので学習をしておいてくださいね。当日の勉強会は、理解度確認のつもりでお越しいただけると効率的ですよ。

あと2名まで参加できますので、参加希望の方は上記URLの申し込みページより、申し込み手続きをお願いします。
また、その翌週12/18(日)のタックスプランニング+確定申告の勉強会の参加も受け付けております。

毎回、楽しく学ぶことをモットーに活動していル勉強会ですので、是非お気軽に足を運んでくださいね。
よろしくお願いします。

2011年12月 4日 (日)

所得税における年金受給者の扶養家族

公的年金の収入(雑所得)には、所得税の非課税枠があります。
非課税枠は、65歳以下の場合は70万円まで、65歳以上の場合は120万円までです。この金額以内の受給であれば所得税はかかりません。
年金受給者を所得税における扶養者とするためには、扶養対象者の所得が38万円以下でなければなりません。したがって、65歳以下の場合は108万円まで、65歳以上の場合は158万円までの金額の年金収入であれば、その人を扶養家族とすることができます。

======================
【次回 FP技能士合格勉強会のご案内】
12/11(日) 第10回FP技能士合格勉強会
■今回のテーマ
今回のテーマは「金融資産運用」です。金融資産運用の分野全般にわたって学習する内容にしています。
さらに、問題を解きながらも、自ら資産運用をしていくときのコツも学べるようにしています。実際の投資にも役立てられる内容として構成していますよ。

12/18(日) 第11回FP技能士合格勉強会
■今回のテーマ
今回のテーマは「タックスプランニングと確定申告」です。主に所得税に関する点を中心に学習する内容にしています。
今回の勉強会は、FP試験対策の問題を解いていきながら、確定申告の模擬体験もできるのが特徴です。
確定申告というと敷居が高そうに感じますが、FP協会の実技試験対策にもなりますし、また自ら確定申告をするときのコツも学べます!

このように、単なるFP技能士の試験対策だけでなく、試験範囲の内容を日常生活に役立てたり、FP実務に応用する内容も盛り込んだ勉強会です。
当勉強会には、受験有無、受験日時、学習の進度に関係なく、どなたでもご参加いただけます。2級の資格取得済みの方の参加も可能です。

申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/

2011年12月 2日 (金)

居住用財産の3000万円特別控除の特例

この特例は、不動産の売却益から3000万円を控除して課税してもらえる特例です。原則として居住用の建物の譲渡、または居住用の建物と併せてその建物が建っている土地の譲渡に対して適用できます。
FP技能士試験では、このいずれの場合も、建物または建物と土地が、同一の所有者であるケースで出題されることがほとんどです。

↑ここまでは多くのFPテキストに載っている内容です。
↓ここからは、FPテキストにあまり載っていない一歩進んだ内容です。

■対象の建物が共同所有されている場合

例えば居住用の建物が夫婦の共有名義になっていたり、複数の兄弟で共同所有の形態をとっている場合です。
この場合は、それぞれの共同所有者が、居住用財産の3000万円控除の特例を利用することができます。したがって、2人が所有していれば2人合わせて計6000万円分まで控除の特例を適用できるということです。


■建物と土地の所有者が異なる場合

建物と土地の所有者が異なる場合に、建物と土地のそれぞれの持ち主に対して居住用財産の3000万円控除の特例が使えるかどうかという話です。
まず、建物については、3000万円控除の特例が適用できます。
土地については、以下の要件を満たした場合に特例の適用が可能です。
・建物と土地を、同時に譲渡する
・建物の所有者と、土地の所有者が、生計を一にしている親族関係である
・土地の所有者は、その建物の所有者とともに、その建物に住んでいる

適用できる金額ですが、建物と土地の譲渡金額に対して併せて3000万円となります。言い換えると、建物の所有者が3000万円の控除、土地の所有者も3000万円の控除、というふうに受けられるわけではありません。
より具体的には、まず建物の所有者に対して3000万円の控除が適用されます。これで控除しきれなかった残額があれば、土地の所有者に対してその残額が控除の対象となります。
例えば、建物の所有者が2500万円の控除を受けたら、続いて土地の所有者は500万円まで控除できる、というわけです。


■建物と土地の所有者が異なる場合で、かつ建物が共同所有の場合

さらにルールはややこしくなります。
まず、建物の共同所有者のそれぞれに対して、3,000万控除の特例を適用します。
これで控除しきれない金額があれば、建物の各所有者の控除しきれなかった金額を合算します。土地に対して適用できる控除特例の金額は、この合算金額となります。ただし、合算金額が3000万円を超えている場合は、土地に対して適用できる控除額は3000万円となります。そもそもこの制度は「3000万の特別控除」ですから、合算金額が3000万円を超えていても、3000万円が上限となるわけです。

======================
【次回 FP技能士合格勉強会のご案内】
12/11(日) 第10回FP技能士合格勉強会
■今回のテーマ
今回のテーマは「金融資産運用」です。金融資産運用の分野全般にわたって学習する内容にしています。
さらに、問題を解きながらも、自ら資産運用をしていくときのコツも学べるようにしています。実際の投資にも役立てられる内容として構成していますよ。

12/18(日) 第11回FP技能士合格勉強会
■今回のテーマ
今回のテーマは「タックスプランニングと確定申告」です。主に所得税に関する点を中心に学習する内容にしています。
今回の勉強会は、FP試験対策の問題を解いていきながら、確定申告の模擬体験もできるのが特徴です。
確定申告というと敷居が高そうに感じますが、FP協会の実技試験対策にもなりますし、また自ら確定申告をするときのコツも学べます!

このように、単なるFP技能士の試験対策だけでなく、試験範囲の内容を日常生活に役立てたり、FP実務に応用する内容も盛り込んだ勉強会です。
当勉強会には、受験有無、受験日時、学習の進度に関係なく、どなたでもご参加いただけます。2級の資格取得済みの方の参加も可能です。

申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/

2011年12月 1日 (木)

国民健康保険料の特別徴収

国民健康保険についてのちょっと奥の深い話です。

以下の3つのすべてに該当する人は、国民健康保険料は年金から天引き(特別徴収)される方法にて、支払うことになります。

・世帯主が国民健康保険の加入者である
・国民健康保険の加入者全員が65歳以上75歳未満である
 ただし、年度途中で75歳になる方がいる場合は対象外となります。
・年金額が年額18万円以上である

上記3つに該当する人であっても、別途申請することで、口座振替で支払うこともできます。

======================
【次回 FP技能士合格勉強会のご案内】
12/11(日) 第10回FP技能士合格勉強会
■今回のテーマ
今回のテーマは「金融資産運用」です。金融資産運用の分野全般にわたって学習する内容にしています。
さらに、問題を解きながらも、自ら資産運用をしていくときのコツも学べるようにしています。実際の投資にも役立てられる内容として構成していますよ。

12/18(日) 第11回FP技能士合格勉強会
■今回のテーマ
今回のテーマは「タックスプランニングと確定申告」です。主に所得税に関する点を中心に学習する内容にしています。
今回の勉強会は、FP試験対策の問題を解いていきながら、確定申告の模擬体験もできるのが特徴です。
確定申告というと敷居が高そうに感じますが、FP協会の実技試験対策にもなりますし、また自ら確定申告をするときのコツも学べます!

このように、単なるFP技能士の試験対策だけでなく、試験範囲の内容を日常生活に役立てたり、FP実務に応用する内容も盛り込んだ勉強会です。
当勉強会には、受験有無、受験日時、学習の進度に関係なく、どなたでもご参加いただけます。2級の資格取得済みの方の参加も可能です。

申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »