最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 健康保険の扶養家族として認められる親族の範囲 | トップページ | 専任媒介と一般媒介 »

2011年12月24日 (土)

債券に関する税金

債券に関する税金について、円建て外貨建ての区分も含めて、試験対策として下記の通り理解しておきましょう。
これらを覚えるのはちょっと大変ですが、たまに出題されますので、しっかり覚えておきましょう!


■円建ての利付債券
利息は、20%の源泉分離課税。
償還差益は、雑所得として総合課税。
譲渡益(売却益)は、非課税。
※一部の特別な利付債券は非課税にはなりませんが、FP技能士試験3級2級で出る利付債券の売却益は、非課税とお考えください。

■円建ての割引債
償還差益は、18%の源泉分離課税。
譲渡益(売却益)は、非課税
※一部の特別な割引債は18%とは異なる税率ですが、FP技能士試験3級2級で出る割引債の償還差益は、18%の税率とお考えください。

■外貨建ての利付債券
利息は、20%の源泉分離課税。
償還差益は、雑所得として総合課税。
譲渡益(売却益)は、非課税。

■外貨建ての割引債
償還差益は、雑所得として総合課税。
譲渡益(売却益)は、譲渡所得として総合課税。

« 健康保険の扶養家族として認められる親族の範囲 | トップページ | 専任媒介と一般媒介 »

金融資産運用・経済」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。