最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 健康保険の扶養家族として認められる収入の要件 | トップページ | 債券に関する税金 »

2011年12月23日 (金)

健康保険の扶養家族として認められる親族の範囲

健康保険に関する、ちょっと突っ込んだ内容についてです。

健康保険の扶養家族として認められる親族の範囲は、被保険者と同居しているかどうかで多少異なります。

被保険者と同居していても、同居していなくても扶養家族と認められる親族は、以下の通りです。
・配偶者。内縁関係も可。
・父母、祖父母などの直系尊属
・子、孫
・弟、妹

被保険者と同居していれば扶養家族と認めてもらえるが、同居していなければ認めてもらえない親族は、以下の通りです。
・自分の曾孫、兄、姉、甥姪、伯父伯母。また、これらの配偶者
・配偶者の子、(以下すべて配偶者の)孫、曾孫、父母、祖父母、曾祖父母、兄弟姉妹、甥姪、伯父伯母

このあたりが試験で出ることはあまりありませんが、いざ試験で出ると答えづらいところです。余裕があれば、この内容も理解しておきましょう。

« 健康保険の扶養家族として認められる収入の要件 | トップページ | 債券に関する税金 »

年金・社会保険」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。