最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 団体保険、団体扱いの保険 | トップページ | 個人住民税の控除額と、特別徴収 »

2012年1月29日 (日)

配当控除を適用できない配当所得

2012年1月 FP技能士2級 きんざい(金財)実技試験 問6より

配当所得の中には、配当控除を適用できないものがあります。いくつかの例を下記にまとめていますが、配当に税金が課税されていないものが目安となります。
・外国法人から受け取る配当(外国株式の配当など)
・特定株式投資信託や特定証券投資信託に該当しない投資信託。具体的には、海外ETF、商品を投資対象とするETFなど。
・投資法人から受け取る配当(J-REITはこれに分類されます)

他に、通常は配当控除を適用できる配当であっても、確定申告不要制度を選択したものは、配当控除を適用できなくなります。これは試験によく出るポイントです。

« 団体保険、団体扱いの保険 | トップページ | 個人住民税の控除額と、特別徴収 »

タックスプランニング(税金)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。