最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月の15件の記事

2012年3月31日 (土)

若年者納付猶予制度と全額免除との違い

若年者納付猶予制度は、低所得の30歳未満の人が適用対象となり、その期間中は国民年金の納付が免除されます。一方、国民年金にはもともと、保険料の全額免除制度もあります。この両者の違いは下記の通りです。

・適用対象年齢
若年者納付猶予制度:30歳未満の人のみ適用可能
全額免除制度:全年齢で適用可能

・所得要件
若年者納付猶予制度:本人の所得と配偶者の所得が、いずれも「(扶養家族人数+1)×35万円+22万円」未満であること
全額免除制度:本人の所得、配偶者の所得、申請者世帯の世帯主の所得が、いずれも「(扶養家族人数+1)×35万円+22万円」未満であること

・受給する年金額への反映
若年者納付猶予制度:まったく反映されない。
全額免除制度:2分の1の額が反映される。

なお、若年者納付猶予制度の適用を受けるには、毎年申請を行う必要があります。また、全額免除制度と同じく、10年間追納が可能です。

======================
【次回 FP技能士合格勉強会のご案内】
資格取得を目指す方々が集まり、一緒に楽しく学びあう勉強会です。
みんなで楽しく学びたい方、一緒に学びあう仲間が欲しい方、ぜひお気軽にご参加ください。

■4/15(日) 第14回FP技能士合格勉強会
今回のテーマは、FP技能士試験の最初の2分野である「ライフプランニングと資金計画」「リスク管理」です。この2つの分野において、試験に出やすい点、間違えやすい点を中心に取り上げて、学習していきます。
学科試験対策と、実技試験対策の内容の2部構成です。試験範囲の内容を日常生活に役立てたり、FP実務に関連する内容も取り入れていきます。

■4/30(月・祝日) 第15回FP技能士合格勉強会
今回のテーマは、FP技能士試験の2分野である「金融資産運用」「タックスプランニング」です。この2つの分野において、試験に出やすい点、間違えやすい点を中心に取り上げて、学習していきます。
学科試験対策と、実技試験対策の内容の2部構成です。試験範囲の内容を日常生活に役立てたり、FP実務に関連する内容も取り入れていきます。

当勉強会には、受験有無、受験日時、学習の進度に関係なく、どなたでもご参加いただけます。
申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/

2012年3月29日 (木)

労災保険の療養(補償)給付

労災保険の療養(補償)給付とは、労災病院や労災指定病院で、必要な治療を受けられる現物給付の制度です。

↑ここまでは多くのFPテキストに載っている内容です。
↓ここからは、FPテキストにあまり載っていない一歩進んだ内容です。

疾病が治るまで、給付が受けられます。原則として労災病院や労災指定病院での治療費の、現物給付の制度です。しかし、やむを得ず(特例的に)労災病院や労災指定病院以外の病院などで治療を受けた場合は、後日に労働基準監督署に請求すれば、医療費が還付されます。
業務災害の場合は自己負担はありませんが、通勤災害の場合は200円の自己負担があります。

======================
【次回 FP技能士合格勉強会のご案内】
資格取得を目指す方々が集まり、一緒に楽しく学びあう勉強会です。
みんなで楽しく学びたい方、一緒に学びあう仲間が欲しい方、ぜひお気軽にご参加ください。

■4/15(日) 第14回FP技能士合格勉強会
今回のテーマは、FP技能士試験の最初の2分野である「ライフプランニングと資金計画」「リスク管理」です。この2つの分野において、試験に出やすい点、間違えやすい点を中心に取り上げて、学習していきます。
学科試験対策と、実技試験対策の内容の2部構成です。試験範囲の内容を日常生活に役立てたり、FP実務に関連する内容も取り入れていきます。

■4/30(月・祝日) 第15回FP技能士合格勉強会
今回のテーマは、FP技能士試験の2分野である「金融資産運用」「タックスプランニング」です。この2つの分野において、試験に出やすい点、間違えやすい点を中心に取り上げて、学習していきます。
学科試験対策と、実技試験対策の内容の2部構成です。試験範囲の内容を日常生活に役立てたり、FP実務に関連する内容も取り入れていきます。

当勉強会には、受験有無、受験日時、学習の進度に関係なく、どなたでもご参加いただけます。
申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/

2012年3月27日 (火)

国民健康保険の保険料

国民健康保険の保険料は、住んでいる市区町村によって異なります。
また、所得の高い人ほど、保険料も高くなります。

↑ここまでは多くのFPテキストに載っている内容です。
↓ここからは、FPテキストにあまり載っていない一歩進んだ内容です。

2級でたまに出題される内容ですが、国民健康保険の保険料は、所得割、均等割、平等割、資産割によって計算されます。
・所得割:所得が多い人ほど金額が高くなる
・均等割:全員一律の金額である。
・平等割:1世帯ごとの一律金額
・資産割:世帯の資産額が多いほど金額が高くなる

保険料は、この4つの組み合わせによって決まります。
なお、どれを組み合わせるかなどは、各市区町村ごとに定めるため、市区町村ごとに保険料が異なるのです。

======================
【次回 FP技能士合格勉強会のご案内】
■4/15(日) 第14回FP技能士合格勉強会
今回のテーマは、FP技能士試験の最初の2分野である「ライフプランニングと資金計画」「リスク管理」です。この2つの分野において、試験に出やすい点、間違えやすい点を中心に取り上げて、学習していきます。
学科試験対策と、実技試験対策の内容の2部構成です。試験範囲の内容を日常生活に役立てたり、FP実務に関連する内容も取り入れていきます。

■4/30(月・祝日) 第15回FP技能士合格勉強会
今回のテーマは、FP技能士試験の2分野である「金融資産運用」「タックスプランニング」です。この2つの分野において、試験に出やすい点、間違えやすい点を中心に取り上げて、学習していきます。
学科試験対策と、実技試験対策の内容の2部構成です。試験範囲の内容を日常生活に役立てたり、FP実務に関連する内容も取り入れていきます。

当勉強会には、受験有無、受験日時、学習の進度に関係なく、どなたでもご参加いただけます。
申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/

2012年3月21日 (水)

第2号被保険者と第3号被保険者の細かい話

第1号被保険者、第2号被保険者、第3号被保険者の年齢要件は出題されやすい内容なので、しっかり把握しておきましょう。

ここで、第2号被保険者と第3号被保険者に関する、ちょっと細かい話を取り上げます。

厚生年金に加入している人は、第2号被保険者とされていますが、原則として65歳未満の人が対象となります。
65歳以上で、老齢給付の受給権がある人(言い換えれば、25年以上年金を払っている人)は、第2号被保険者とはなりません。もちろん、65歳以上で在職老齢年金を受給している場合には、老齢給付の受給権があるために第2号被保険者とはなりません。

65歳以上で第2号被保険者ではない夫がいるとき、その夫が扶養している60歳未満の妻は、第3号被保険者とはならず、第1号被保険者となります。第3号被保険者は、あくまでも第2号被保険者に扶養されている配偶者であるという要件だからです。

このような細かい点が、2級試験で出題されやすいので、テキストの隅々まで目を通して理解していきましょう。

======================
【次回 FP技能士合格勉強会のご案内】
■4/15(日) 第14回FP技能士合格勉強会
今回のテーマは、FP技能士試験の最初の2分野である「ライフプランニングと資金計画」「リスク管理」です。この2つの分野において、試験に出やすい点、間違えやすい点を中心に取り上げて、学習していきます。
学科試験対策と、実技試験対策の内容の2部構成です。試験範囲の内容を日常生活に役立てたり、FP実務に関連する内容も取り入れていきます。

■4/30(月・祝日) 第15回FP技能士合格勉強会
今回のテーマは、FP技能士試験の2分野である「金融資産運用」「タックスプランニング」です。この2つの分野において、試験に出やすい点、間違えやすい点を中心に取り上げて、学習していきます。
学科試験対策と、実技試験対策の内容の2部構成です。試験範囲の内容を日常生活に役立てたり、FP実務に関連する内容も取り入れていきます。

当勉強会には、受験有無、受験日時、学習の進度に関係なく、どなたでもご参加いただけます。
申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/

2012年3月18日 (日)

昨日、FP技能士合格勉強会を開催しました

昨日、FP技能士合格勉強会を開催いたしました。
初めてご参加された方が多かったですが、自己紹介や答え合わせのグループワークを通して、みなさん楽しく会話をしながら進められた勉強会となったと思います。

本日の内容は、以下の通りでした。
・5月の受験に向けての日程
・学習スケジュールの参考例
・きんざいとFP協会の実技試験の違い
・1月試験より適用となった法改正の内容
・6問(6分野)の模擬問題

きんざいとFP協会の違いについては、多くの人が関心をお持ちでしたね。
合格率、受験者層、出題傾向の違いについていろいろお伝えいたしました。
これから試験の申し込みを行う方は、勉強会でお伝えした内容も考慮の上で、より自分に合ったほうをご選択いただければと思います。

それと、きんざいとFP協会とで受験者数はそれぞれどれくらいの人数なのか、というご質問を頂きました。私の方で調べてみたところ、受験者数はおおよそ次のような人数でした。
 きんざい:5万~6万人
 FP協会:1万5000人
※1回の試験当たりの受験人数。2級も3級もほぼ同数。
きんざいのほうが、受験者数は3,4倍多いということになりますね。

最後に、6問の模擬問題を解き、実際の試験の内容を体験していただく内容も含めました。
今後の勉強会は、このような問題を解いてみんなで答え合わせをしていく内容が中心の勉強会となります。お互いに会話をする機会も多くなりますから、より楽しい雰囲気になると思います!

4/15(日)はライフプランニングとリスク管理の2分野の勉強会を開催します。参加申し込みは、公式サイトまたはmixiのページで受け付けています。
4/30(月・祝)は金融資産運用とタックスプランニングの2分野の勉強会となります。こちらは後日参加申し込みを受け付け開始しますので、それまで少々お待ちください。

ご都合つきましたら、ぜひご参加くださいね。
次回以降の勉強会でも、皆様とお会いできるのを楽しみにしています!

2012年3月16日 (金)

5月のFP技能士試験の申し込み開始

本日、5月の試験の申し込みが開始されました。
試験申し込みは、本日から4月6日(金)までとなっています。
5月の受験を予定している方は、申し込み締め切りになる前に、早めに申し込みをするようにしましょう。

早めに申し込みをすれば、その分早く試験勉強に取り組まなきゃ!という気持ちになれるので、合格もその分近づくかもしれません★
申し込みを済ませたら、合格を目指して試験対策の学習もどんどん進めていきましょう!

======================
【次回 FP技能士合格勉強会のご案内】
3/17(土) 第13回FP技能士合格勉強会
■今回のテーマ
2012年5月試験の申し込み開始とほぼ同じ時期の開催ということもあり(3/16から受験申込開始)、5月受験の方にとって役に立つ情報をお届けし、参加者同士でもいろいろ情報共有できる内容にします。
下記の内容で、進めていきます。
○5月試験の概要
○実技試験は、きんざい(金財)とFP協会とでどう違う?
○2012年1月試験の傾向分析と、1月試験から適用される法改正の内容
○試験当日までの勉強法について
○FP本試験模擬問題に挑戦!
○残りの時間で、参加者同士の情報交換タイム

当勉強会には、受験有無、受験日時、学習の進度に関係なく、どなたでもご参加いただけます。
申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/

2012年3月13日 (火)

高額療養費の世帯合算

健康保険、国民健康保険には、高額療養費という制度があります。
医療費が高額になった場合であっても、ある一定額の自己負担分を超えた医療費は、後で還付してもらえる制度です。
FP技能士試験ではよく出題されるので、基本的な点はしっかり押さえておきましょう。

高額療養費には、世帯合算という制度もあります。
ざっくりいうと、その名の通り1世帯当たりの医療費を合算し、その金額に応じて還付を受けられる制度です。2級を受験する人は、世帯合算についても学んでおきましょう。


↑ここまでは多くのFPテキストに載っている内容です。
↓ここからは、FPテキストにあまり載っていない一歩進んだ内容です。


この世帯合算の制度は、家族内であっても、同じ健康保険に加入している家族同士でのみ世帯合算の対象となります。
例えば、以下に該当する場合は、家族間であっても高額療養費の世帯合算を行うことはできません。
・夫婦がそれぞれ、異なる健康保険組合の被保険者である
・夫婦の一方が健康保険組合の被保険者、もう一方が協会けんぽの被保険者

======================
【次回 FP技能士合格勉強会のご案内】
3/17(土) 第13回FP技能士合格勉強会
■今回のテーマ
2012年5月試験の申し込み開始とほぼ同じ時期の開催ということもあり(3/16から受験申込開始)、5月受験の方にとって役に立つ情報をお届けし、参加者同士でもいろいろ情報共有できる内容にします。
下記の内容で、進めていきます。
○5月試験の概要
○実技試験は、きんざい(金財)とFP協会とでどう違う?
○2012年1月試験の傾向分析と、1月試験から適用される法改正の内容
○試験当日までの勉強法について
○FP本試験模擬問題に挑戦!
○残りの時間で、参加者同士の情報交換タイム

当勉強会には、受験有無、受験日時、学習の進度に関係なく、どなたでもご参加いただけます。
申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/

2012年3月11日 (日)

1級試験の概要について

FP技能士の2級試験に合格し、1級を目指したいと考えている方もいらっしゃることでしょう。
そこで、1級試験についての概略と、試験対策のポイントを簡単にお伝えします。

1級は、FPの最上位資格と位置付けられています。2級よりも、さらに広く深い知識が求められ、より専門性を問う試験となります。
1級試験には受験資格があり、以下のいずれかの条件を満たすこととなっています。
・2級に合格し、1年以上の実務経験がある
・5年以上の実務経験がある

1級も、2級や3級と同じく、学科試験と実技試験に分かれます。
2級や3級と違い、実技試験にはそれ自体にさらに受験資格があり、以下のいずれかの要件を満たさなければ1級の実技試験を受けることができません。
・1級の学科に合格済み(約2年の有効期限あり)
・CFPの審査試験6科目に合格済み(約2年の有効期限あり)
・CFP認定者

したがって、1級合格を目指す場合、まずは1級学科試験に合格するか、CFPの6科目に合格しなければなりません。
実は、1級実技試験は合格率が80%以上あります。その一方で、1級学科試験の合格率は10%前後です。
1級学科はかなり低い合格率となっていますから、1級取得にあたって大きな壁となるのが、学科試験ということになります。逆に言えば、1級学科に合格できれば、1級の実技合格は比較的容易であるともいえます。
CFPを取得してからFP技能士1級取得を目指す場合は、まずはAFP登録を行い、FP協会の会員になりましょう。そうすると、FP協会関係者・CFP認定者からいろいろな試験対策情報が得られます。CFPに興味がある方はそちらの情報源をぜひ活用してください。
以下では、1級学科試験の概要と、試験対策のポイントに絞って説明します。


1級学科試験は、基礎編と応用編に分かれています。
基礎編とは、60問の4択試験です。要するに、2級の学科試験と同じ構成です。
応用編とは、リスク管理を除く5分野の筆記試験です。要するに、2級のきんざい実技試験と同じ構成です。

配点は、基礎編が100点満点、応用編が100点満点、合計200点満点です。
基礎編と応用編の合計点が、満点200点の6割(すなわち120点)以上であれば、学科試験合格となります。
基礎編と応用編を個別に合格とはなりません。基礎編と応用編のいずれか一方で6割得点しても、合計で120点未満であれば、再度基礎編と応用編をともに受験しなおさなくてはなりません。

試験で問われる内容も、2級とは傾向がやや異なります。
2級試験は、われわれの身近な生活に関する内容についての問題も多くある試験でした。2級取得の過程で学んだことは、日常生活でも大いに活用していくことができます。
一方で1級は、中小企業のオーナー経営者、不動産を有効活用したいと考える資産家、金融業界や不動産業界で働く人、が必要とする知識が多く問われる試験になります。一般の人が日常生活で役に立つ内容は、それほど多くはありません。
したがって、ビジネスではなく自己研鑽のために資格を取るという目的であれば、2級の資格で十分であろうと思います。
それ以上の高い専門性を磨きたいという目的がある人、中小企業オーナーや資産家へのアドバイスを行う知識と技能が必要という方は、1級取得は役に立つ資格になると思います。


では、2級試験と比較しながら、1級試験の傾向について説明します。
私の主観も入っていますが、参考になれば幸いです。

■試験範囲は、より広くより深い
2級の試験範囲は3級とほぼ同じですが、3級より深い内容を問う試験でした。1級試験は、2級試験の内容を含み、かつより幅広く、より深い知識が問われる試験になっています。2級では扱われなかった内容もたくさん出題されます。

■最新の法改正、制度改正事項について出題される
2級でも法改正の内容は問われましたが、各試験ごとの法令基準日に施行されている内容について出題されました。しかし1級では、試験日に施行されていなくても将来に施行されることが決まった内容は出題の対象となります。
したがって、新聞記事や専門誌などで、いつどのような改正があるのかを熟知しておくことが重要になります。市販の1級試験対策テキストでは改正事項を完全に網羅しきれないのが現状です。

■試験対策に有効な教材がない
大型書店に行くと、1級試験の試験対策テキストが売られています。しかし、どの1級試験対策テキストも、試験に合格するだけの十分なことを学べる教材ではないのが実情です。これが、1級受験者にとっての大きな壁であろうと思います。
これらのテキストには、試験対策になる内容も多く盛り込まれてはいますが、実際の試験ではテキストには載っていない内容からもたくさん出題されます。
一部の資格スクールでは、1級学科対策講座も取り扱っていますが、値段もそこそこ高額です。にもかかわらず、それらの講座の内容は試験範囲を完全に網羅しきれていないそうです。私はこのような講座を受けたことがありませんが、講座を受講した人の口コミを見たことがあります。

■過去問を解くだけでは、合格には届きにくい
過去問を繰り返し解いて合格を目指すという方法は、2級や3級では通用しましたが、1級ではよほどの前提知識をあらかじめ持っている人でなければ通用しない方法と思います。
1級学科試験は、過去問と同じような出題もありますが、それまでに出題されなかった内容も多く出題されます。新しい法改正の出題があり、また試験範囲も広いため、過去問と異なる問題を出しやすい一面があります。


このように書くと、1級試験はとても難しい試験のように感じてしまいますね。しかし、独学で合格している人も多いです。(いい資格スクールなどがないので独学でやらざるを得ないという面もありますが・・・)
そんな1級学科試験に合格するための、効率的な学習方法をいくつか紹介します。

■市販テキストと問題集・過去問を活用
テキストを読んだ内容をしっかり学べているかを、過去問や問題集を解いて把握します。勉強法としては、2級試験対策と同じ方法ですね。ただ、この学習過程で、テキスト、問題集、過去問だけでは物足りないと気づくことがたくさんあります。そこで、以下の方法も併用すると効果的です。

■ネットや専門書籍を積極活用
テキスト、問題集、過去問だけでは物足りないと感じたら、その内容をインターネットサイトで検索して、情報収集と学習をしていきましょう。市販テキストでは解説されていないことでも、ネット上のどこかのサイトでは解説されています。正確な情報でないサイトもありますので、いくつかのサイトで内容を確認するのがよいです。
時間に余裕があれば、試験対策テキスト以外の専門書籍を読み、試験範囲の内容を体系的に学習することも効果的です。国や独立行政法人が発行している資料からの出題もありますから、これらの資料も立派な試験対策教材となります。
このように、試験対策書籍以外のものをフル活用することが、1級合格の重要ポイントとなります。

■2級の試験対策テキストも活用する
1級試験対策テキストは載っていないけれど、2級の試験対策テキストには載っている事項が、意外に多いのです。したがって2級の試験対策テキストは捨てずに保存しておくとよいでしょう。

■6分野の業界情報に関心を持つ
1級試験はより専門的な内容が出題されます。それらが「専門的な内容」であれば当然敷居の高い内容と感じます。しかしそれらが「身近な内容」と感じられれば、1級試験の敷居が低くなります。
日ごろから、6分野に関する新聞記事を読んだり、関連書籍を読むなどして、たくさんの情報を得たり関心を持つようにしましょう。
そうすることで、難しいことも理解しやすくなる前提条件を、身に着けることができます。


ざっと1級試験について説明しました。
1級試験のメリットをお伝えする内容よりも、頭が痛くなる内容のほうがが多かったですね(笑)
1級取得を目指す方は、2級取得の時よりも多くの努力と学習時間が必要になるのは、ほぼ間違いないでしょう。ですが、その専門性を発揮していく立場の方にとっては、役に立つ資格になると思います。1級の保有者は数が少なく、1級には「最上位」の意味もありますから、1級資格の保有者はキラリと光って見えるという効果もあります☆
難しい試験ではありますが、興味をお持ちの方はぜひチャレンジしてみてくださいね!

2012年3月10日 (土)

3/17(土)と4/15(日) FP技能士合格勉強会のご案内

定期的に開催している、FP技能士合格勉強会のご案内です。
3/17(土)と4/15(日)に、勉強会を開催いたします。
試験対策の内容を効果的に学べたり、他の参加者と情報交換などしながら楽しく学べる勉強会です。
詳細は下記のとおりですので、ご都合つく方はぜひご参加くださいね♪

==================

■3/17(土)
第13回FP技能士合格勉強会:5月試験対策・金財とFP協会の違い 他

■今回のテーマ
2012年5月試験の申し込み開始とほぼ同じ時期の開催ということもあり(3/16から受験申込開始)、5月受験の方にとって役に立つ情報をお届けし、参加者同士でもいろいろ情報共有できる内容にします。

■当日の流れ
下記の内容で、進めていきます。

○5月試験の概要
5/27(日)に行われる試験の概要、申込み方法などを簡単に説明します。

○実技試験は、きんざい(金財)とFP協会とでどう違う?
実技試験を受ける場合には、きんざい(金財)とFP協会のいずれかの試験機関を選んで受験することになりますが、この両者で試験内容、出題傾向、対策法がやや異なります。
この2つにどのような違いがあるのかは、毎回多くの受験者が気になっていますね。
両者の試験の違いを、細かい点まで含めて解説し、それぞれの試験の対策法についてもお伝えします。
次の受験でどちらを選択すればよいのか、その判断基準をお届けする内容です。

○2012年1月試験の傾向分析と、1月試験から適用される法改正の内容
前回1月試験の傾向とその対策について、簡単にお伝えします。
また、前回1月試験から適用された新しい法改正の内容もお伝えいたしますので、お持ちのテキストが古い場合にはその差分をここで学べるようにします。

○試験当日までの勉強法について
テキストや問題集を使った様々な学習法がありますが、試験当日まで効率よく学習するためのスケジュールや、勉強法についてお話します。参加する皆さんが考えている勉強法や、すでに受験経験のある方の勉強方法も語り合い、お互いに参考になる内容にしていきたいと思っています。

○FP本試験模擬問題に挑戦!
実際のFP技能士試験がどんな感じのものなのかを、6問の○×問題で体験する、という内容です。
3級受験者向けに方は、FP技能士試験がどのような試験なのかを簡単に体験できる問題を用意しています。2級受験者向けには、3級試験との難易度や傾向の違いを簡単に体験できる問題を用意しています。
この模擬問題で試験の雰囲気をつかみ、それ以降の学習に役立ててくださいね。

○残りの時間で、参加者同士の情報交換タイム
時間が余れば、参加者同士であれこれ語り合う情報交換タイムにします。特にテーマは決めませんが、過去の当勉強会では下記の話題に人気がありましたのでご参考に!
・きんざい(金財)とFP協会のどちらで受験する?
・いろいろな試験対策テキストが売られているが、どれがお勧め?
・みなさんは普段、いつどこでどんなふうに勉強しているの?
・FPがネットで売っている教材は役に立つの?
・FP技能士の資格って、仕事で役に立つの?
・独立系FPになるためには、どうすればいい?

==================

■4/15(日)
第14回FP技能士合格勉強会:ライフプランニングとリスク管理の2分野の勉強会

■今回のテーマ
今回のテーマは、FP技能士試験の最初の2分野である「ライフプランニングと資金計画」「リスク管理」です。この2つの分野において、試験に出やすい点、間違えやすい点を中心に取り上げて、学習していきます。
単に問題を解くだけでなく、覚えにくい内容をスッキリ整理する方法も含めて、みんなで楽しく学びましょう!
また、試験範囲の内容を日常生活に役立てたり、FP実務に関連する内容も盛り込んでいます。
※当勉強会には、受験有無、受験日時、学習の進度に関係なく、どなたでもご参加いただけます。2級の資格取得済みの方の参加も可能です。


■当日の流れ
・1. 学科試験対策
試験範囲の内容をしっかり理解できているかを確認します!
20~25問くらい(予定)の学科模擬問題に取り組みます。いずれも過去問をアレンジした問題です。3級受験者用問題、2級受験者用問題、2級ハイレベル問題の3種類を用意しています。

・2. 実技試験対策
きんざいとFP協会の実技試験で共通して出題される、「6つの係数」「年金の計算」を取り上げます。いずれも、過去問をアレンジした問題になっています。
3級、2級のそれぞれの受験者用に、簡単な問題から難しい問題まで用意しています。最終的には、難しい問題も体系的に理解できるような内容にしています。
試験対策だけでなく、実生活にも応用した内容を盛り込んでいます。


学科試験対策、実技試験対策のいずれも、答え合わせは参加者のみなさんで会話をしながら進めていきます(グループディスカッション形式)
いろいろな人の考え方、解き方に触れることができ、また参加者同士で交流したり情報交換しながら、楽しく学べる時間にしています★
最後に、スタッフから解答と解説を行います。

==================

いずれの会も、参加申し込みは下記URLよりよろしくお願いいたします。
http://money-study.net/fp/session/

いずれもまだ定員まで余裕はありますので、ご都合つきましたら是非ご参加ください。
皆様のご参加を、お待ちしております!

2012年3月 9日 (金)

相続財産とみなされる役員死亡退職金について

2012年1月 FP技能士2級 学科試験 問60より

役員の死亡後、3年以内に支給が確定したものは、みなし相続財産として相続税の課税の対象となります。なお、支給の確定が3年以内という規定であり、退職金の支給時期は問いません。つまり、実際の支給は死亡の3年以後になっても構わないのです。

なお、死亡3年経過後に確定した死亡退職金は、その退職金を受ける遺族に対する一時所得とみなし、所得税の課税対象となります。

======================
【次回 FP技能士合格勉強会のご案内】
3/17(土) 第13回FP技能士合格勉強会
■今回のテーマ
2012年5月試験の申し込み開始とほぼ同じ時期の開催ということもあり(3/16から受験申込開始)、5月受験の方にとって役に立つ情報をお届けし、参加者同士でもいろいろ情報共有できる内容にします。
下記の内容で、進めていきます。
○5月試験の概要
○実技試験は、きんざい(金財)とFP協会とでどう違う?
○2012年1月試験の傾向分析と、1月試験から適用される法改正の内容
○試験当日までの勉強法について
○FP本試験模擬問題に挑戦!
○残りの時間で、参加者同士の情報交換タイム

当勉強会には、受験有無、受験日時、学習の進度に関係なく、どなたでもご参加いただけます。
申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/

2012年3月 8日 (木)

土地保有特定会社と株式保有特定会社の判定方法

2012年1月 FP技能士2級 学科試験 問57より

■土地保有特定会社の判定

土地保有特定会社である会社は、その株式の評価は純資産価額方式で行います。

土地保有特定会社の定義は、会社の総資産の相続税評価額のうち、土地の価額が以下の割合となっている会社です。
・大会社の場合、70%以上
・中会社の場合、90%以上
・小会社の場合、業種と総資産の金額を考慮して、大会社または中会社に相当するとみなされた場合には上記比率が適用され、そうでない場合は土地保有特定会社に該当しません。


■株式保有特定会社の判定

株式保有特定会社である会社は、その株式の評価は純資産価額方式で行います。

株式保有特定会社の定義は、会社の総資産の相続税評価額のうち、株式資産の価額が大会社の場合で25%以上、中小会社の場合で50%以上の会社です。

======================
【次回 FP技能士合格勉強会のご案内】
3/17(土) 第13回FP技能士合格勉強会
■今回のテーマ
2012年5月試験の申し込み開始とほぼ同じ時期の開催ということもあり(3/16から受験申込開始)、5月受験の方にとって役に立つ情報をお届けし、参加者同士でもいろいろ情報共有できる内容にします。
下記の内容で、進めていきます。
○5月試験の概要
○実技試験は、きんざい(金財)とFP協会とでどう違う?
○2012年1月試験の傾向分析と、1月試験から適用される法改正の内容
○試験当日までの勉強法について
○FP本試験模擬問題に挑戦!
○残りの時間で、参加者同士の情報交換タイム

当勉強会には、受験有無、受験日時、学習の進度に関係なく、どなたでもご参加いただけます。
申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/

2012年3月 6日 (火)

1月試験の合格報告をいただきました

先週、1月試験の合格発表がありました。
難易度は、3級は普通くらい、2級は難しめでした。特に2級試験は、過去2年間で最も低い部類に入る合格率でしたね。一方、3級のFP協会側の実技試験の合格率は、会を経るごとに下がっています。最初は合格率が98%もありましたが、直近の1月試験では87%まで下がっています。それでも高すぎる気はしますけれどね。

mixi内のコミュニティやあちこちのネット掲示板でも、合否の結果の報告や、試験の感想についていろいろ書き込まれていますね。
当勉強会に参加された方々からも、「合格したよ」「だめだったけど、また5月に頑張ります」といったご報告をいただきました。
たくさんの方が合格されたのはとてもうれしいことです。一方で、資格取得という目的を達成した方は当勉強会を実質的にご卒業ということにもなるので、少しさみしいです~。
あ、でも当勉強会は2級取得済みの方も参加可能ですから、また参加したくなったらぜひお越しくださいね♪
合格された方は、さらなる上位資格を目指したり、学んだことをプライベートや仕事に発揮していってくださいね。

なお、FPの資格を実生活で活用したり、身近な人のために役立てていくことを目的とした勉強会を、6月くらいから開催していこうと思っています。資格を取得した人にとって、さらに役に立つ内容の勉強会にしていく予定です。この勉強会については改めてご案内したいと思っています。


さて、5月以降も試験は行われます。次回の5月に受験される方は、そろそろ試験勉強に取り掛かりましょう。
今月から、当勉強会も活動をしていきますので、一緒に合格を目指していきましょう!
またいつものように、皆さんで集まって楽しく学べる会にしていきますので、よろしくお願いいたします。
今後の勉強会でも、多くの方とお会いできるのを、楽しみにしています!

======================
【次回 FP技能士合格勉強会のご案内】
3/17(土) 第13回FP技能士合格勉強会
■今回のテーマ
2012年5月試験の申し込み開始とほぼ同じ時期の開催ということもあり(3/16から受験申込開始)、5月受験の方にとって役に立つ情報をお届けし、参加者同士でもいろいろ情報共有できる内容にします。
下記の内容で、進めていきます。
○5月試験の概要
○実技試験は、きんざい(金財)とFP協会とでどう違う?
○2012年1月試験の傾向分析と、1月試験から適用される法改正の内容
○試験当日までの勉強法について
○FP本試験模擬問題に挑戦!
○残りの時間で、参加者同士の情報交換タイム

当勉強会には、受験有無、受験日時、学習の進度に関係なく、どなたでもご参加いただけます。
申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/

2012年3月 4日 (日)

貯蓄預金について

貯蓄預金は、預入れ残高に応じて金利が高くなる性質を持ち、さらに定期預金と比べて自由な引き出し条件となっています。そのため、普通預金と定期預金の中間的な性質を持っているともいえます。

貯蓄預金は、給与受け取り口座、年金受取口座、公共料金等の自動支払口座としては利用することができません。

======================
【次回 FP技能士合格勉強会のご案内】
3/17(土) 第13回FP技能士合格勉強会
■今回のテーマ
2012年5月試験の申し込み開始とほぼ同じ時期の開催ということもあり(3/16から受験申込開始)、5月受験の方にとって役に立つ情報をお届けし、参加者同士でもいろいろ情報共有できる内容にします。
下記の内容で、進めていきます。
○5月試験の概要
○実技試験は、きんざい(金財)とFP協会とでどう違う?
○2012年1月試験の傾向分析と、1月試験から適用される法改正の内容
○試験当日までの勉強法について
○FP本試験模擬問題に挑戦!
○残りの時間で、参加者同士の情報交換タイム

当勉強会には、受験有無、受験日時、学習の進度に関係なく、どなたでもご参加いただけます。
申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/

2012年3月 3日 (土)

疾病手当金についての小話

疾病手当金は3日間の待期期間を置いた後、4日目から支給開始となります。会社を休んですぐに支給されるわけではありません。
なお、「待機期間」ではなく「待期期間」という漢字を書きます。この漢字はとても間違えやすく、パソコンの漢字変換辞書に搭載されていない場合も多いので、注意が必要です。

======================
【次回 FP技能士合格勉強会のご案内】
3/17(土) 第13回FP技能士合格勉強会
■今回のテーマ
2012年5月試験の申し込み開始とほぼ同じ時期の開催ということもあり(3/16から受験申込開始)、5月受験の方にとって役に立つ情報をお届けし、参加者同士でもいろいろ情報共有できる内容にします。
下記の内容で、進めていきます。
○5月試験の概要
○実技試験は、きんざい(金財)とFP協会とでどう違う?
○2012年1月試験の傾向分析と、1月試験から適用される法改正の内容
○試験当日までの勉強法について
○FP本試験模擬問題に挑戦!
○残りの時間で、参加者同士の情報交換タイム

当勉強会には、受験有無、受験日時、学習の進度に関係なく、どなたでもご参加いただけます。
申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/

2012年3月 1日 (木)

加給年金が支払われない場合

加給年金についてのおさらいの話題です。

加給年金の支給要件はよく試験に出題されます。
その中でも、加給年金が支給されない場合として、次の2つの内容がよく出題されますので、覚えておきましょう。

・配偶者の被保険者期間が、20年以上ある場合
・配偶者が障害年金を受けている場合

======================
【次回 FP技能士合格勉強会のご案内】
3/17(土) 第13回FP技能士合格勉強会
■今回のテーマ
2012年5月試験の申し込み開始とほぼ同じ時期の開催ということもあり(3/16から受験申込開始)、5月受験の方にとって役に立つ情報をお届けし、参加者同士でもいろいろ情報共有できる内容にします。
下記の内容で、進めていきます。
○5月試験の概要
○実技試験は、きんざい(金財)とFP協会とでどう違う?
○2012年1月試験の傾向分析と、1月試験から適用される法改正の内容
○試験当日までの勉強法について
○FP本試験模擬問題に挑戦!
○残りの時間で、参加者同士の情報交換タイム

当勉強会には、受験有無、受験日時、学習の進度に関係なく、どなたでもご参加いただけます。
申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »