最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 1級試験の概要について | トップページ | 5月のFP技能士試験の申し込み開始 »

2012年3月13日 (火)

高額療養費の世帯合算

健康保険、国民健康保険には、高額療養費という制度があります。
医療費が高額になった場合であっても、ある一定額の自己負担分を超えた医療費は、後で還付してもらえる制度です。
FP技能士試験ではよく出題されるので、基本的な点はしっかり押さえておきましょう。

高額療養費には、世帯合算という制度もあります。
ざっくりいうと、その名の通り1世帯当たりの医療費を合算し、その金額に応じて還付を受けられる制度です。2級を受験する人は、世帯合算についても学んでおきましょう。


↑ここまでは多くのFPテキストに載っている内容です。
↓ここからは、FPテキストにあまり載っていない一歩進んだ内容です。


この世帯合算の制度は、家族内であっても、同じ健康保険に加入している家族同士でのみ世帯合算の対象となります。
例えば、以下に該当する場合は、家族間であっても高額療養費の世帯合算を行うことはできません。
・夫婦がそれぞれ、異なる健康保険組合の被保険者である
・夫婦の一方が健康保険組合の被保険者、もう一方が協会けんぽの被保険者

======================
【次回 FP技能士合格勉強会のご案内】
3/17(土) 第13回FP技能士合格勉強会
■今回のテーマ
2012年5月試験の申し込み開始とほぼ同じ時期の開催ということもあり(3/16から受験申込開始)、5月受験の方にとって役に立つ情報をお届けし、参加者同士でもいろいろ情報共有できる内容にします。
下記の内容で、進めていきます。
○5月試験の概要
○実技試験は、きんざい(金財)とFP協会とでどう違う?
○2012年1月試験の傾向分析と、1月試験から適用される法改正の内容
○試験当日までの勉強法について
○FP本試験模擬問題に挑戦!
○残りの時間で、参加者同士の情報交換タイム

当勉強会には、受験有無、受験日時、学習の進度に関係なく、どなたでもご参加いただけます。
申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/

« 1級試験の概要について | トップページ | 5月のFP技能士試験の申し込み開始 »

年金・社会保険」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。