最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 用途地域に建てられる建築物で問われやすいもの | トップページ | 相続と遺贈で異なる点 »

2012年5月21日 (月)

不動産、相続・事業承継の2分野の勉強会を開催しました

昨日、勉強会を開催いたしました。
ご参加いただいた皆様、たいへんお疲れ様でした。

いつものように、問題を解いて答え合わせ、という内容でした。そしていつものように、試験に出やすい内容、間違えやすい内容を多く含めた問題でしたので、ちょっと難しい・・・と感じた方が多かったですね。

みなさんそれぞれ、問題の解答を記入されていましたが、自分の答えにちょっと自信が持てない・・・という方が多かった印象です。でも1週間後の試験当日には、自信をもって正解を出せるよう、繰り返し学習しましょう。
繰り返しの学習が、自信と正確さを高めてくれるはずです。
ぜひ試験当日は、自信をもって解答できるようになっていただければと思っています。

勉強会の中で、各自がお持ちのテキストに書いてある内容の意味が少しわかりにくい、というご意見も出ました。
一方、別の参加者がお持ちのテキストには、同じ内容が図入りで解説されていました。
テキストによっては、記述の内容にいろいろな違いがあるものなんですよ(笑)
そんな違いがあるものの、各参加者が持参するテキストをお互いに見せ合いながら学習できるのも、複数の人が集まって一緒に勉強するメリットだなあと感じました。

試験まで残り1週間となりましたが、この期間は問題集を繰り返し解くことがとても重要です。
問題集を解く機会をたくさん持つと、「テキストの内容って、こういうことだったのか!」と理解できる点もいっぱい出てきます。
解けなかった問題があれば、その部分の理解が足りていないということもわかります。
ですので、問題集を繰り返し解き、理解を高めていってくださいね。

残り1週間は勉強を積み重ねていくことも大切ですが、体調管理も重要です。
無理に徹夜をしても逆効果になることが多いです。この1週間、毎日起きる時間と寝る時間を一定させる、風邪などを引かないように体調管理にも十分気を付けるようにしてください。
せっかく頑張って勉強しても、試験当日に体調が悪くて全力を出し切れない結果になると、もったいないですからね。

5月試験までの最後の勉強会となりましたが、皆様の合格を心からお祈りしております!
ぜひ合格できるよう、最後の1週間頑張ってくださいね!

« 用途地域に建てられる建築物で問われやすいもの | トップページ | 相続と遺贈で異なる点 »

FP技能士3級・2級合格勉強会」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。