最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 7/28(土) FP技能士3級2級合格勉強会「ライフプランニングと資金計画・リスク管理」の参加者募集を開始しました | トップページ | 家計調査と消費動向調査 »

2012年7月 1日 (日)

構築物って何?

2012年5月 FP技能士2級学科試験 問57より
(ちょっと難しい問題、見慣れない単語がある問題、答えに迷いやすい問題をピックアップして解説しています)

■選択肢
構築物の価額は、原則として「(再建築価額-建築の時から課税時期までの期間に応ずる償却費の額の合計額または減価の額)×70%」により評価する。

■解説
いきなり「構築物」という単語が出てきます。まずはこの単語の説明から始めましょう。
不動産とは、「土地およびその定着物」というのが定義です。これらの意味はなんとなく分かると思いますが、ざっくり説明すれば、「土地」はいわゆる国土上の陸地の一部という意味です。「定着物」とは、土地の上に建っており、かつ土地に定着している、いわゆる建築物を表します。

その定着物は、さらに「建物」と「構築物」とに分類できます。
建物とは、法律上ある程度明確な定義があり、以下の要件をすべて満たすものを建物に分類します。
・外気分断性:壁などを隔てて、外界との境界が存在すること。
・定着性:土地に定着していること
・用途性:人間が生活をしたり利用したりする目的で使用されること
・取引性:不動産として、取引の対象となっていること
家、工場、オフィスビルなど、我々が一般的に建物と呼んでいるものは、おおよそこの「建物」に該当します。

逆に、上記要件を一つでも満たさないものは、構築物に分類します。
例えば、橋、鉄塔、電波塔、立体駐車場、観覧車などが、構築物に該当します。本選択肢に出てきた構築物とは、これを指しています。

構築物の価額は、本選択肢のとおりの計算式で評価します。
ちなみに、建物は登記することができますが、構築物は登記することができません。
また、建物と構築物とでは、減価償却や勘定科目など、会計上のルールにも違いがあります。

======================
【次回以降の、FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
資格取得を目指す方々が集まり、一緒に楽しく学びあう勉強会です。

■7/8(日) 第17回FP技能士3級・2級合格勉強会
今回のテーマ:きんざい(金財)とFP協会の違い、法改正など
9月試験の受験者を対象に、FP技能士の受験に関する疑問に答えたり、参加者同士で情報交換をする勉強会です。

■7/28(土) 第18回FP技能士3級・2級合格勉強会
今回のテーマ:ライフプランニングと資金計画・リスク管理
試験に出やすい点や間違えやすい点を中心にした、学科試験&実技試験対策の勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/


======================
【次回以降の、FP知識を活用していく勉強会のご案内】
その名の通り、FP関連知識を日常生活や仕事で役立てていく方法を学ぶ勉強会です。

■7/8(日) 第1回FP知識を活用していく勉強会
テーマ:FP資格保持者の活動・活躍を学ぼう
FPとしての様々な活動内容や、FPの知識を活用方法について広く学びあう勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp-k/session/

« 7/28(土) FP技能士3級2級合格勉強会「ライフプランニングと資金計画・リスク管理」の参加者募集を開始しました | トップページ | 家計調査と消費動向調査 »

贈与・相続・事業承継・民法」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。