最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 先日の8/26(日)に、FP技能士3級2級合格勉強会を開催しました。 | トップページ | 相続税の計算に組み入れることのできる養子の数 »

2012年9月 2日 (日)

路線価方式と倍率方式

9月のFP技能士試験まで、あとちょうど1週間となりましたね。
受験する皆様、最後まで気を抜かず、合格目指して学習を続けてきましょう!


さて、土地の評価には、路線価方式と倍率方式の2つがあります。
路線価方式は、その基準となるのは路線価であり、場合によっては奥行価格補正率などの補正率や、借地権割合を考慮して算出します。
一方の倍率方式は、基準となるのは固定資産税評価額であり、固定資産税評価額に評価倍率をかけて算出します。

倍率方式の方は、路線価がないから固定資産税評価額をもとに算出する、という点を理解しておきましょう。

« 先日の8/26(日)に、FP技能士3級2級合格勉強会を開催しました。 | トップページ | 相続税の計算に組み入れることのできる養子の数 »

不動産」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。