最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 加給年金と振替加算 | トップページ | 国民年金基金制度について »

2012年12月 8日 (土)

介護保険の保険料負担について

2012年9月に行われたFP技能士試験の問題の中から、受験者が間違えやすい問題、知識を整理していないと答えづらい問題、難問と判断した問題などを中心に解説しています。

市販FPテキストの6分野の順に問題の解説をしていきます。今回は「ライフプランニングと資金計画」の分野の解説をしています。

===

2012年9月 FP技能士2級 学科試験 問9より

高齢者の公的医療・介護に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

3.75歳以上の者は、現役並み所得者の場合を除き、介護保険の保険料負担はない。

===

選択肢3は不適切です。65歳以上の介護保険第1号被保険者は、年齢に関係なく全員介護保険の保険料負担があります。ただし所得に応じて支払う保険料が異なり、所得が少ない人は介護保険料の金額は小さく、所得が多い人は保険料も高額になるような制度になっています。

« 加給年金と振替加算 | トップページ | 国民年金基金制度について »

年金・社会保険」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。