最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 5月のFP技能士試験の受付が開始されました | トップページ | 元利均等返済と元金均等返済の比較 »

2013年3月31日 (日)

遺言執行者

遺言に関するちょっとした小ネタのご紹介です。

公正証書遺言は自筆じゃなくてもいいけれど、それ以外の方式の遺言は自筆じゃないといけない、と思っている人も多いですね。

ところが、秘密証書遺言は自筆証書遺言とは異なり、遺言者が自書する必要はありません。
ワープロなどで作成してもよく、第三者が代筆して作成しても有効な遺言となります。
つまり、自筆じゃなくてもよいのは、公正証書遺言と秘密証書遺言の2種類なのです。

年を取ると、手足が思うように動かず、字を書けない状態になることもあり得ます。
そのような場合でも選択できる遺言方式は何か、ということを知っておくことも大切ですね。

« 5月のFP技能士試験の受付が開始されました | トップページ | 元利均等返済と元金均等返済の比較 »

贈与・相続・事業承継・民法」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。