最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« FP試験の結果を見て、合格しているかどうか微妙な時にどうすればよいか | トップページ | 確定拠出年金の退職所得額 »

2013年9月11日 (水)

FP試験に合格しても、テキストは捨てない方がよい

FP試験に合格した後、使用した試験対策テキストや問題集はもはや不要になるため、処分したり他の人に転売する方もいらっしゃるでしょう。
しかし、これらのテキストはしばらく保存しておくことをおすすめしています。その理由についてお伝えします。


■上位試験で使える

試験合格後、より上位のFP試験を受験するときに、下位の級の試験対策テキストが役に立つ場合があります。
特に1級やCFPを受験する場合、「1級やCFPの試験対策テキストには記述がないが、2級のテキストには記述がある」という場合があるからです。
これは、下位の試験で学ぶことは記載不要と判断し、上位の試験のテキストでは省略するケースがあるためだと思われます。


■忘れた時に思い出しやすい

合格後しばらくたってから、学んだことを改めて思い出したくなったり、より正確な知識を得たいと思う場合もあるかと思います。そのような場合に、また専門書を購入するとお金がかかります。
受験者が試験対策で使った書籍には、自分自身が理解しやすくするためのマーカー線、書き込みがたくさんあることでしょう。その色や書き込み内容が、後から読み返したときに大きな理解の助けにもなります。


このように、試験対策で使った書籍は、あとあと使えるよい資料に化けますので、処分せずに保有しておくことをおすすめします。


さて、ここ最近はFP技能士試験に関する話題が中心でしたが、今後しばらくはFP相談業務に関する話題を多く取り上げていきたいと思います。お楽しみに!

« FP試験の結果を見て、合格しているかどうか微妙な時にどうすればよいか | トップページ | 確定拠出年金の退職所得額 »

FP技能士試験関連」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。

私も、FP試験のテキストや通信講座のDVDはしっかり取っておいています。
(そして、こちらのサイトもよく覗いております^^)

本当にFP試験は学習内容は日常生活を送る上で有効な知識が多く、生涯役立つコストパフォーマンスが大変高いものだと、改めて思います。

実は昨年末に父を亡くしまして、その父の所得の「準確定申告」と自分自身の「確定申告」(いずれも還付申告)を行いましたが、FP試験で学習した事が大いに役立ちました。

実は8/31(土)の後半の難問対策の勉強会について、空いている枠が結構あったのでコッソリ参加しようかと思ったのですが、都合がつかずに行けませんでした。

これからもマネーや経済、投資の勉強を続けていくつもりです。

では、今後ともよろしくお願い致します。

この記事へのコメントは終了しました。

« FP試験の結果を見て、合格しているかどうか微妙な時にどうすればよいか | トップページ | 確定拠出年金の退職所得額 »