最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 確定拠出年金の退職所得額 | トップページ | 相続時精算課税制度で受贈者が先に死亡したとき »

2013年9月16日 (月)

養子に対する相続時精算課税制度の適用ルール

養子も、相続時精算課税制度を利用することはできます。
ただし、養子縁組をした後に、養子に対して贈与された財産についてのみ、相続時精算課税制度の適用対象となります。

相続時精算課税制度を適用後に贈与を受けた後、養子縁組の解消が行われる場合もあります。
この場合、養子縁組を解消した後も、その贈与者との間に相続時精算課税制度が適用され続けます。養子縁組の解消により、暦年贈与に戻ったり、解消の時点で税金の精算が行われるということはありません。

税金対策で養子縁組を行うケースもあるようです。その際の課税ルールなどもしっかり理解し、さらに親族からの理解も得たうえで、養子縁組は行ったほうがよいと言えるでしょう。

« 確定拠出年金の退職所得額 | トップページ | 相続時精算課税制度で受贈者が先に死亡したとき »

贈与・相続・事業承継・民法」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。