最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 相続時精算課税制度で受贈者が先に死亡したとき | トップページ | 来年1月受験予定の方は、そろそろ動き出しましょう! »

2013年9月26日 (木)

無保険車傷害保険について

先日、FPさんたちと無保険車傷害保険についてお話しする機会がありました。
個人的に印象に残ったことを、本日の記事にしたいと思います。


◆保険金支払いの条件

契約者のけがに対しては補償されず、死亡または後遺障害の場合に支払われます。


◆無保険車の割合

任意保険に加入していない車は、全体の15%ほどと言われています。つまり、事故にあった場合、15%の確率で相手が任意保険に加入していない可能性があるということです。
また、任意保険に加入していない人の方が、事故を起こしやすいとも言われています。

その場合でも、自賠責保険での補償はありますが、金額が十分でなく、被害者の損害を十分に補償できないこともあります。以上の内容を踏まえて、この無保険者傷害補償保険に加入することを検討すべきといえます。

« 相続時精算課税制度で受贈者が先に死亡したとき | トップページ | 来年1月受験予定の方は、そろそろ動き出しましょう! »

リスク管理(保険)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。