最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 【FP試験の解説】自賠責保険の被保険者の定義 | トップページ | 【FP試験の解説】完全失業率と有効求人倍率の定義 »

2013年12月26日 (木)

リスク管理の分野、学習のポイント

昨日までで、2013年9月実施の「リスク管理」分野の試験問題の中で、多くの受験者が間違えやすい問題、知識を整理していないと答えづらい問題をピックアップして解説してきました。

「リスク管理」と名前がついていますが、実質的には保険の分野ですね。
保険に関して幅広く出題されますが、以下の点が学習の重要ポイントになります。
・生命保険の種類とその仕組みを理解できているか
・個人年金の種類とその仕組みを理解できているか
・火災保険や地震保険の仕組みを理解できているか
・自動車保険の仕組みを理解できているか
・保険に関する税金の仕組みを理解できているか
・(2級の方は)法人向けの保険について、その仕組みや経理処理を理解できているか

以上の点が重要ポイントですが、幅広い出題に対応できるよう、保険分野の学習内容にヤマをはらず、広くきちんと学習していくことを心がけてくださいね。
保険の世界には複雑な仕組みもたくさんあります。その複雑で細かい制度が、試験において出題されることもあるので、気を付けてくださいね。

この分野の学習法としては、お持ちのテキストを読むことはもちろん、積極的に問題を解くようにしましょう。
テキストを読むだけだと、本当に理解できたのかを把握することができません。しかし問題を解けば、はっきりと理解の度合いが明らかになります。
内容を理解していれば問題に正解できますし、理解が不足していれば問題に間違えたり自信を持って答えられないはずです。
問題を解きながら、理解不足の点を確認していくことをお勧めします。

なお、2級試験ではこの分野に関しても、市販テキストでのあまり解説されていない事項を問われることがあります。そのような問題に出会ったら、当勉強会の公式サイトの「2級試験対策の深い知識」のページも活用して学習を進めてくださいね。このページでは、市販テキストであまり解説されていない事項を取り扱っていますので、学習の参考にご活用ください。
http://money-study.net/fp/tisiki/
※PCスマホ両対応です


このリスク管理の分野をしっかり学習すれば、何気なく保険に加入していた方も、ご自身が契約していた保険契約の細かい点について理解ができるようになります。
どのようなときにどのような保険に入ればよいのかの判断力が身につきますので、保険料に見合った無駄のない保険を選択できるスキルが身につきます。
また、独立系FPの方にとっては、保険商品を取り扱うことでその収益性を高められるという特徴があります。保険について幅広く深い知識を有したうえで、お客様の状況に適した保険を提案していくことで、FPの実務スキルを高めることもできます。FP資格取得後の活躍の幅も広がりますので、前向きに保険の学習をしていってくださいね。


明日からこのブログでは、「金融資産運用」分野の問題の解説を行っていきます。
お楽しみに!


また、毎回東京で開催しているFP技能士3級2級合格勉強会でも、集まった参加者と楽しく学びながら、この分野の内容をしっかり学習しています。実務内容にも触れながら、試験直前対策チェックとしても役立てられる勉強会ですので、ぜひ多くの方にご参加いただければと思っています。
次回のご案内は、下記のご案内をご覧ください。

======================
【次回以降の、FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
ファイナンシャルプランナー資格取得を目指す方々が集まり、一緒に楽しく学びあう勉強会です。
 ■2014/1/13(月・祝) 3級2級頻出重要ポイント対策勉強会
 ■2014/1/18(土) 2級応用問題/難問対策勉強会

いずれの勉強会も、学科と実技の試験対策を含んでいます。グループワーク形式もあり、参加者同士で交流や情報交換しながら、楽しく学べる勉強会です★
皆様のご参加をお待ちしています。参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。
皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください!

 

« 【FP試験の解説】自賠責保険の被保険者の定義 | トップページ | 【FP試験の解説】完全失業率と有効求人倍率の定義 »

FP技能士3級・2級合格勉強会」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。