最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 【FP試験の解説】使用貸借契約における土地の評価 | トップページ | 【FP試験の解説】遺産分割が確定していないと、小規模宅地の特例を適用できない »

2014年1月24日 (金)

【FP試験の解説】直系尊属からの住宅取得等資金贈与の特例を受けるには、贈与税の申告が必要

2013年9月に行われたFP技能士試験の問題の中から、多くの受験者が間違えやすい問題、知識を整理していないと答えづらい問題をピックアップして解説しています。
今後試験を受ける方、試験合格済みだけれどさらなる知識を身につけたいと考えている方の参考になればと思っています。

試験で出題される6分野の順に解説しています。

======================

2013年9月 FP技能士2級 学科 問57より

直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税の特例(以下「本特例」という)に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

4.本特例の適用を受けるためには、原則として、贈与税の申告書および一定の添付書類を申告期限内に納税地の所轄税務署長に提出しなければならない。

この選択肢は適切です。すなわち、贈与税の申告をしなければ、この適用を受けられないということです。
ちなみに、贈与税の配偶者控除も同様に、贈与税の申告書を申告期限内に提出しなければ、その適用を受けることはできません。あわせて覚えておきましょう。

« 【FP試験の解説】使用貸借契約における土地の評価 | トップページ | 【FP試験の解説】遺産分割が確定していないと、小規模宅地の特例を適用できない »

贈与・相続・事業承継・民法」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。