最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 試験当日まであと2か月! 学習ペースをしっかり作りましょう | トップページ | アウトプット学習では、間違えた問題に真剣に向き合いましょう »

2014年3月27日 (木)

[2級] 生存給付金付定期保険と、一時払定額終身保険について

受験に役立つ情報や、過去問解説を配信しています。

本日は、2014年1月のFP技能士試験で、多くの受験者が間違えやすい問題を
ピックアップして解説しています。
ややこしい内容も分かりやすく丁寧に解説しており、受験される皆様ならびに
FP資格を活かした仕事をする方にとっても参考になればと思っています。

===================

2014年1月 FP技能士2級 学科 問12より

1.生存給付金付定期保険の被保険者が死亡した場合、保険金額からすでに支払われた生存給付金の額を差し引いた金額が死亡保険金として支払われる。

この選択肢は不適切です。
生存給付金付定期保険は、保険期間中に生存給付金が支払われる定期保険です。この生存給付金は、契約で定められた死亡保険金とは別に、給付されるものです。
その分、保険料は通常の定期保険よりも高くなっています。

3.一時払定額終身保険は、契約後いつ解約しても解約返戻金が払込保険料を下回ることはない。

この選択肢は不適切です。
一時払定額終身保険の解約返戻金の額は、契約後に年数が経つにつれて高くなっていきます。特に契約直後の解約は、払込保険料を下回る金額になります(つまり元本割れの状態)。
このような性質があるため、一時払定額終身保険は契約後に数年以上たたないと、元本割れが解消できない状態が続きます。
したがって契約においては、後でお金に困ることのないよう、生涯における余裕資金を計算のうえでこの保険を購入することを検討すべきともいえます。

===================
【次回以降の、FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
ファイナンシャルプランナー資格取得を目指す方々が集まり、一緒に楽しく学びあう勉強会です。
●2014/5/10(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント対策勉強会
●2014/5/17(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策勉強会

試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点などの重要ポイントを濃縮した問題を解きながら、短時間で整理して理解できる勉強会です。学科と実技の試験対策を含んでいます。
楽しく学べる和やかな雰囲気の中で、学んだことを仕事やプライベートで活用する方法も学べる点が大きな特徴です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。

皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください!
皆様のご参加をお待ちしています!

 

« 試験当日まであと2か月! 学習ペースをしっかり作りましょう | トップページ | アウトプット学習では、間違えた問題に真剣に向き合いましょう »

リスク管理(保険)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [2級] 生存給付金付定期保険と、一時払定額終身保険について:

« 試験当日まであと2か月! 学習ペースをしっかり作りましょう | トップページ | アウトプット学習では、間違えた問題に真剣に向き合いましょう »