最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 自己採点で、合格しているかどうか微妙な時にどうするか | トップページ | 3級合格後、2級やAFPを目指すべき? »

2014年9月19日 (金)

FP試験に合格しても、試験対策テキストは捨てない方がよい

先日受験された皆様、大変お疲れ様でした。
試験から数日が経過しましたが、気持ちはひと段落している頃ではないでしょうか。

 

さて、FP試験に合格した方へのご質問です。
試験勉強で使用した試験対策テキストや問題集は、今後どうされる予定ですか?

もはや不要になるため、処分する方もいれば、思い出に取っておきたい、という方もいらっしゃるかもしれませんね。
一部では、使用済み教材を、他の人に転売しようとお考えの方もいらっしゃいますね。

しかし、これらのテキストはしばらく保存しておくことをおすすめします。
後日に役に立つときもあるからなのですが、その理由についてお伝えします。

 

理由その1:上位試験で使える

試験合格後、より上位のFP試験を受験するときに、下位の級の試験対策テキストが役に立つ場合があります。
特に1級やCFPを受験する場合、「1級やCFPの試験対策テキストには記述がないが、2級のテキストには記述がある」という場合があるからです。

おそらく出版側が、下位の試験で学んでいるはずのことは記載不要と判断し、上位の試験のテキストでは省略しているものと思われます。

ところが、その省略した内容が、上位試験で実際に出題されていることもあるのです。
意外に思うかもしれませんが、上位試験のテキストしか持っていないと、逆に困ってしまうことがあるのです。

そのようなときに、改めて3級2級のテキストを買いなおすのももったいないですよね。なので上位試験を目指すのであれば、使用済みのテキストはしばらく保存しておきましょう。

 

理由その2:忘れた時に思い出しやすい

合格後しばらくたってから、学んだことを改めて思い出したくなったり、より正確な知識を得たいと思う場合もあるかと思います。そのような場合に、また専門書を購入するとお金がかかります。
受験者が試験対策で使った書籍には、自分自身が理解しやすくするためのマーカー線、書き込みがたくさんあるでしょう。その色や書き込み内容が、後から読み返したときに大きな理解の助けにもなります。

辞書的にも使えますし、保存しておいて損はないと思います。

 

このように、試験対策で使った書籍は、あとあと使えるよい資料に化けます。
ですので、処分せずに保有しておくことを、おすすめします。

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
次回は、11月ごろと、来年1月ごろに開催予定です。日時が決まり次第、こちらでもご案内をいたします。

 

« 自己採点で、合格しているかどうか微妙な時にどうするか | トップページ | 3級合格後、2級やAFPを目指すべき? »

FP技能士試験関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FP試験に合格しても、試験対策テキストは捨てない方がよい:

« 自己採点で、合格しているかどうか微妙な時にどうするか | トップページ | 3級合格後、2級やAFPを目指すべき? »