最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今になっても、まだ試験勉強を始めていない方へ・・・ | トップページ | 【2級向け解説】店舗休業保険について »

2014年12月18日 (木)

【2級向け解説】法人向け保険について(3種類)

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

本日は、2014年9月のFP技能士試験の過去問を解説いたします。
(中でも、多くの受験者が間違えやすい問題、試験対策テキストの記述が不足
している点に重点を置いて解説しています)

皆様のために、ややこしい内容も分かりやすく解説していきます。
これを読んで、レベルアップしていきましょう!

===================

2014年9月 FP技能士2級 学科 問20より

【問題】

2.建設業を営む企業が、建設中の建物にクレーンが当たって建物が破損した場合に備えて、建設工事保険を契約した。

 

【解答と解説】

この選択肢は適切です。
建設工事保険は、次のような事例に対して補償してくれる保険です。
・建設中の建物が火災、水災、風災などで損害を受けた場合
・工事現場で資材が盗難にあった場合
・施工上の欠陥に起因した事故が生じて損害が発生した場合

建設工事保険はめったに出題されない保険ですが、余裕があれば覚えておきましょう。

 

【問題】

3.宿泊業を営む企業が、クロークで客から預かった荷物が盗難に遭った場合に備えて、施設所有(管理)者賠償責任保険を契約した。

 

【解答と解説】

この選択肢は不適切です。
施設所有(管理)者賠償責任保険は、あくまでもビル、店舗等の施設の所有、使用、管理上の不備に起因する賠償責任を補償する保険です。たとえば、従業員の不注意によって他人に損害を与えた場合、施設の看板などが倒れて他人にけがをさせた場合などです。
本選択肢にあるように、預かった荷物に関する事故は、施設管理上の事故ではありませんので、施設所有(管理)者賠償責任保険では補償されません。このような場合に備える保険は、受託者賠償責任保険です。

 

【問題】

4.設備工事業を営む企業が、住宅の水道工事完了後に工事ミスによる水道管の破損を原因とする水漏れ事故が発生して住宅に損害を与えた場合に備えて、受託者賠償責任保険を契約した。

 

【解答と解説】

この選択肢は不適切です。
本選択肢に記載の損害に備える保険は、PL保険(生産物賠償責任保険)です。PL保険は、このように建築後の住宅の欠陥による損害も、補償の対象となります。建設工事の結果の生産物に対する賠償責任保険、という意味でとらえればよいですね。
本選択肢に記述の受託者賠償責任保険は、他人から預かった荷物に損害を与えた場合などに備える保険です。

 

※今後も定期的に、9月試験の過去問解説を連載していきます。お楽しみに!

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点などの重要ポイントを濃縮した
問題を解きながら、短時間で合格のポイントを理解できる勉強会です。

今後の開催日:
●2015/1/12(月・祝) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●2015/1/17(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

濃縮した学びを得られますが、グループワークなどで楽しく学べる和やかな
雰囲気です。資格スクール・通信教育・独学にはないメリットを持たせて、
皆様の合格を支援している勉強会です。

・勉強不足を解消し、より合格の可能性を高めたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!
・将来はFPとして活躍したい! FP知識をプライベートでも活用したい!

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。

皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください!
みんなで合格を勝ち取りましょう!

 

« 今になっても、まだ試験勉強を始めていない方へ・・・ | トップページ | 【2級向け解説】店舗休業保険について »

リスク管理(保険)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【2級向け解説】法人向け保険について(3種類):

« 今になっても、まだ試験勉強を始めていない方へ・・・ | トップページ | 【2級向け解説】店舗休業保険について »