最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 【3級受験者も参考に】サービス付き高齢者向け住宅とは? | トップページ | 【3級受験者も参考に】保険会社破綻時の扱いについて »

2014年12月13日 (土)

ライフプランニングと資金計画の分野、学習のポイント

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

次のFP技能士の試験を受験される皆様は、今まさに、勉強に力が入っている期間だと思います。
現在、前回に実施された試験問題の中から、多くの受験者が間違えやすい問題、知識を整理していないと答えづらい問題をピックアップして解説しています。
定期的に配信していますので、皆様のご参考になれば幸いです。

 

本日は、「ライフプランニングと資金計画」分野の重要ポイントについてお伝えします。

この分野では、社会保険と公的年金の分野からの出題が大きな比重を占めています。
すべての国民に関連がある内容ですが、FP試験の学習を進めていくうちに、細かい規定があったり、今まで知らなかったことがたくさんあることに、改めて気が付かれたかと思います。

特に2級の方は、社会保険制度に関して、かなり細かい仕組みについても学ぶことになります。
学ぶほどに奥の深い世界ではありますが、ここで学んだことは金融・FP関係の仕事だけでなく、皆さんご自身のプライベートでも役に立つ内容です。学んだ知識を活用すれば、親せきや知人の相談に乗り、悩みを解決してあげられる存在にもなれます。

難しくて勉強が大変だな~と感じるかもしれませんが、学んだ内容がどのように人々の役に立てるかも含めて理解しながら学習すると、学習意欲を維持できるひとつのきっかけにもなります。
この点もぜひ意識しながら、学習を継続していってくださいね。

 

「ライフプランニングと資金計画」分野からは、社会保険と公的年金の比重が高いですが、それ以外の内容も出題されます。
3級の方で学習不足に陥りがちなのは、キャッシュフロー表、財形、奨学金や教育ローンです。
2級の方はこれに加え、法人向けの企業年金、法人向けの融資形態についても、よく学習をしてください。

皆様がお使いの試験対策テキストに、解説が不足している場合もあるでしょう。
その時は、当勉強会公式サイトの「3級2級の難問を解説」のページも活用してください。このページには、試験対策テキストで解説が漏れがちな内容を多く掲載しています。
利用は無料ですので、こちらもご活用いただいて、学習を進めてくださいね。

【3級2級の難問を解説】
http://money-study.net/fp/tisiki/
※PCスマホ両対応のサイトです。

 

さて、ここからは試験対策の重要ポイントに、皆様に問いかけをいたします。
試験に合格するうえでは、皆様にぜひとも「はい」と答えてもらいたいものばかりです。

あなたは、いくつ「はい」と答えられますか?

 

(3級2級共通)

■税理士、弁護士などの資格を持っていない場合、FPはどこまでの業務を行ってよいのか、説明できますか?

■住宅ローンの仕組み(元利均等返済、元金均等返済、変動金利/固定金利、フラット35)について、説明できますか?

■6つの係数のそれぞれについて、どのような場合にどれを使えばよいのか説明できますか? また、正しく選んで計算できますか?

■健康保険の出産手当金(出産で休業)、疾病手当金(けがで休業)の仕組み、要件を説明できますか?

■任意継続被保険者の制度、適用の要件について、説明できますか?

■健康保険と後期高齢者医療制度の違いを、説明できますか?

■高額療養費制度について理解し、高額療養費に関する計算ができますか?

■雇用保険の仕組みと、その受給要件について、説明できますか?

■公的介護保険の仕組み、第1号と第2号の被保険者の違い、保険給付内容について、説明できますか?

■国民年金の第1号、第2号、第3号被保険者の要件はそれぞれ何か、説明できますか?

■どのような要件が整えば、年金を受給できるのか、説明できますか?

■特別支給の老齢厚生年金とは何で、またそれを受給するための要件は何か、説明できますか?

■年金の繰り上げ、繰り下げについて、年齢と金額を関連付けて説明できますか?

■老齢基礎年金について、受給開始年齢や未納がある場合などいろいろなパターンがありますが、それぞれのケースでいくらの金額を受給できるのか、きちんと計算できますか?

■中高齢寡婦加算、障害年金のそれぞれの制度について、ひととおりの説明ができますか?

■教育費に関して、教育ローン(教育一般貸付)や奨学金制度の内容を理解しており、概要を説明できますか?

 

(2級の方は、上記に加えてさらに下記についても確認してください)

■キャッシュフロー表の仕組みを理解し、キャッシュフロー表をご自身で作ることができますか?

■6つの係数のうち複数を組み合わせて計算する場面でも、適切に係数を選択し計算を行うことができますか?

■健康保険の被扶養者に関する要件について、整理して説明できますか?

■雇用保険による給付金と、老齢年金の給付がある場合、併給や支給停止に関する仕組みについて、ひととおり説明できますか?

■労災保険の詳細についてまで学習し、どのような給付金があるかを一通り説明できますか?

■老齢年金、障害年金、遺族年金の複数の受給権がある場合、その併給ルールについてきちんと説明できますか?

■在職老齢年金の仕組みを一通り理解し、適用要件、減額される金額など、その内容について説明できますか?

■障害年金の受給要件、受給額など、一通りの説明ができますか?

■遺族年金について、中高齢寡婦加算、経過的寡婦加算、死亡一時金、寡婦年金のそれぞれの概要、受給要件、受給対象者について、説明できますか?

■老齢年金、障害年金、遺族年金の受給額を、様々な受給のケースにおいて、きちんと計算できますか?

■確定拠出年金について、その仕組み、どのような人が加入できるのか、拠出可能額、受給するための要件、拠出時と受給時に関する税制など、簡単でもよいので全体的な説明ができますか?

■確定拠出年金以外にも、小規模企業共済、国民年金基金のそれぞれにおいて、どのような人が加入できるのか、拠出可能額、受給するための要件、拠出時と受給時に関する税制など、簡単でもよいので全体的な説明ができますか?

■企業型確定拠出年金、厚生年金基金、中小企業退職共済など様々な企業年金制度において、法人側に課せられる要件、税務の取り扱いについて、一通りできますか?

■フラット35などのローンだけでなく、財形住宅融資についても理解し、概要を説明できますか?

■企業の資金調達方法として複数種類ありますが、具体的に5種類以上挙げ、それぞれの特徴、メリットやデメリットなどを説明できますか?

 

以上の問いかけに「はい」と答えられる自信と知識があれば、試験当日の問題文を見て、正誤を正しく判断できますし、計算問題も自信をもって解けるでしょう。
しかし「はい」と答えられないものが多ければ、お持ちのテキストや問題集でもう一度復習をして、試験当日までに備えてくださいね。

 

「はい」の数が少なかった方は、当勉強会で開催している「頻出重要ポイント総仕上げ勉強会」にご参加いただくことで、弱点を補強することもできますよ。
この勉強会では、試験頻出の内容、多くの受験者が間違えがちな内容を、みんなで楽しく学びます。楽しい雰囲気で記憶への定着効果を高め、試験当日に高得点を狙えるよう、試験の重要ポイントを短時間でしっかり学ぶ勉強会です。

これまでたくさんの方にもご好評いただいていますので、ご興味をお持ちになりましたら、ぜひご参加くださいね。
開催日程と参加申込については、下記のご案内をご覧ください。

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点などの重要ポイントを濃縮した
問題を解きながら、短時間で合格のポイントを理解できる勉強会です。

今後の開催日:
●2015/1/12(月・祝) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●2015/1/17(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

濃縮した学びを得られますが、グループワークなどで楽しく学べる和やかな
雰囲気です。資格スクール・通信教育・独学にはないメリットを持たせて、
皆様の合格を支援している勉強会です。

・勉強不足を解消し、より合格の可能性を高めたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!
・将来はFPとして活躍したい! FP知識をプライベートでも活用したい!

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。

皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください!
みんなで合格を勝ち取りましょう!

 

« 【3級受験者も参考に】サービス付き高齢者向け住宅とは? | トップページ | 【3級受験者も参考に】保険会社破綻時の扱いについて »

FP技能士試験関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライフプランニングと資金計画の分野、学習のポイント:

« 【3級受験者も参考に】サービス付き高齢者向け住宅とは? | トップページ | 【3級受験者も参考に】保険会社破綻時の扱いについて »