最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月の38件の記事

2015年4月30日 (木)

【3級試験解説】外貨建てMMFの分配金について

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

本日は、2015年1月のFP技能士試験の過去問を解説いたします。
(中でも、多くの受験者が間違えやすい問題、試験対策テキストの記述が不足
している点に重点を置いて解説しています)

ややこしい内容も分かりやすく、時には実例とともに解説していきます。
1点でも多く得点できるよう、皆様の学習補強に役立ててくださいね。

===================

2015年1月 FP技能士3級 学科 問14より

【問題】

外貨建てMMFは,毎月決算が行われ,毎年末に分配金がまとめて再投資される。

 

 

【解答と解説】

この記述は不適切です。
細かい点ですが、「【毎日】決算が行われ、【毎月末】に分配」に直すと正しい文章となります。この点を覚えておきましょう。

※解説の誤りがありましたが、2016年4月21日に上記の通り訂正いたしました。

 

問題の解説は以上です。
今後も定期的に、1月試験の過去問解説を連載していきます。お楽しみに!

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を濃縮した問題を解き、得点
稼ぎのポイントを短時間でたくさん身につけられる勉強会です。

今後の開催日:
●5/9(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/16(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

学びは濃いですが、グループワークもあり、楽しく学べる和やかな雰囲気です。

・勉強不足を解消し、より合格の可能性を高めたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!
・将来はFPとして活躍したい! FP知識をプライベートでも活用したい!

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。

皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください!
みんなで合格を勝ち取りましょう!
 

2015年4月29日 (水)

【2級の試験解説】海外株式に関する問題

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

本日は、2015年1月のFP技能士試験の過去問を解説いたします。
(中でも、多くの受験者が間違えやすい問題、試験対策テキストの記述が不足
している点に重点を置いて解説しています)

ややこしい内容も分かりやすく、時には実例とともに解説していきます。
1点でも多く得点できるよう、皆様の学習補強に役立ててくださいね。

===================

2015年1月 FP技能士2級 学科 問26より

【問題】

2.ニューヨーク証券取引所では、東京証券取引所と異なり、ストップ高やストップ安といった株価の値幅制限はない。

 

 

【解答と解説】

この選択肢は適切です。
FP試験でニューヨーク証券取引所のことを問うなんて、あまりにマニアックすぎる問題ですね・・・。
この選択肢の通り、ニューヨーク証券取引所は値幅制限がないため、ストップ高やストップ安になることはありません。このように値幅制限を設けていない外国の取引所は、ニューヨーク証券取引所だけでなく、それ以外の国にもみられます。参考情報として、知っておくとよいでしょう。

 

 

【問題】

3.国外の証券取引所に上場している外国株式を国内店頭取引により売買するためには、あらかじめ外国証券取引口座を開設する必要がある。

 

 

【解答と解説】

この選択肢は適切です。
外国株式や海外ETFなどを、国内店頭取引の形態で売買する場合は、外国証券取引口座を開設する必要があります。
ちなみに実務上の話になりますが、外国証券取引口座の開設にあたり、手数料が必要となる証券会社と、手数料が必要ない証券会社とがあります。

 

※今後も定期的に、1月試験の過去問解説を連載していきます。お楽しみに!

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を濃縮した問題を解き、得点
稼ぎのポイントを短時間でたくさん身につけられる勉強会です。

今後の開催日:
●5/9(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/16(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

学びは濃いですが、グループワークもあり、楽しく学べる和やかな雰囲気です。

・勉強不足を解消し、より合格の可能性を高めたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!
・将来はFPとして活躍したい! FP知識をプライベートでも活用したい!

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。

皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください!
みんなで合格を勝ち取りましょう!
 

【2級の試験解説】信用取引に関する問題

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

本日は、2015年1月のFP技能士試験の過去問を解説いたします。
(中でも、多くの受験者が間違えやすい問題、試験対策テキストの記述が不足
している点に重点を置いて解説しています)

ややこしい内容も分かりやすく、時には実例とともに解説していきます。
1点でも多く得点できるよう、皆様の学習補強に役立ててくださいね。

===================

2015年1月 FP技能士2級 学科 問24より

【問題】

1.国内の証券取引所に上場しているすべての銘柄が、制度信用取引の対象となっている。

 

 

【解答と解説】

この選択肢は不適切です。
制度信用取引の対象となる銘柄は、取引所が選定した銘柄に限られます。
一方、一般信用取引の場合は、証券会社が独自に銘柄を選定します。

なお、選定される銘柄は、随時変更されます。
経営が傾いたり問題が発生した会社は、信用取引銘柄から外されることもあります。

 

 

【問題】

3.信用取引では、金銭に代えて上場株式や非上場株式を委託保証金として差し入れることができる。

 

 

【解答と解説】

この選択肢は不適切です。
上場株式は委託保証金として差し入れることはできますが、非上場株式は委託保証金として差し入れることはできません。
委託保証金として認められる資産は、現金のほか、上場株式、上場投資信託、国債など、流動性の高い(換金性の高い)資産に限られます。
非上場株式は流動性(換金性)が非常に低いことから、信用取引の委託保証金としては認められていないのです。

 

※今後も定期的に、1月試験の過去問解説を連載していきます。お楽しみに!

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を濃縮した問題を解き、得点
稼ぎのポイントを短時間でたくさん身につけられる勉強会です。

今後の開催日:
●5/9(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/16(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

学びは濃いですが、グループワークもあり、楽しく学べる和やかな雰囲気です。

・勉強不足を解消し、より合格の可能性を高めたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!
・将来はFPとして活躍したい! FP知識をプライベートでも活用したい!

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。

皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください!
みんなで合格を勝ち取りましょう!
 

2015年4月28日 (火)

第2分野「リスク管理の分野」学習のポイント

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

次のFP技能士試験を受験される皆様、順調に勉強を進められていますか?
勉強不足かも・・・とおもったら、単純な解決法ですが、勉強時間を増やしましょう!
想定していたよりも勉強すべき量が多いと気が付いたのですから、その対策をきちんととることが大切です。
勉強時間を増やすのは大変ですが、うまく時間を作り出してくださいね!

 

さて、本日は「リスク管理」分野の重要ポイントについてお伝えします。

「リスク管理」と名前がついていますが、実質的には保険の分野ですね。
生命保険、損害保険の仕組みについて出題されますし、それに加えて保険と税金の関係についても問われます。
保険の世界には複雑な仕組みがたくさんあり、そこを積極的に出題してきます。
細かいところも丁寧に学習をしていくことを心掛けてくださいね。

 

このリスク管理の分野をしっかり学習すれば、何気なく保険に加入していた方も、ご自身が契約していた保険内容を詳しく理解できるようになります。
必要な保障が何かを判断できる力が身につきますし、保険料に見合った無駄のない保険も選択できるようになります。

保険の知識を活かし、お客様の状況に適した保険を提案していくことで、FPとしての実務スキルを高めることもできます。
FP資格取得後の活躍の幅も広がりますので、前向きに保険の学習をしてくださいね。

 

この分野でも、皆様がお使いの試験対策テキストに、解説が不足している場合もあるでしょう。
特に2級の方は、テキストに載っていないことが試験で出題されることも多いです。
お持ちのテキストがやや記述不足かなと思ったら、当勉強会公式サイトの「3級2級の難問を解説」のページも活用してください。このページには、市販の試験対策テキストで解説が漏れがちな内容を多く掲載しています。
利用は無料ですので、こちらもご活用くださいね。

【3級2級の難問を解説】
http://money-study.net/fp/tisiki/
※PCスマホ両対応のサイトです。

 

さて、この分野での試験対策の重要ポイントを、いくつか皆様に問いかけをいたします。
試験に合格するうえでは、ぜひとも「はい」と答えてもらいたいものばかりです。

あなたは、いくつ「はい」と答えられますか?

 

(3級2級共通)

■保険法、生命保険契約のルール、クーリングオフの概要について、説明できますか?

■定期保険、終身保険、養老保険のそれぞれの内容と違いを、説明できますか?

■定期保険特約付き終身保険とは何か、また全期型と更新型のそれぞれの特徴と違いを、説明できますか?

■特定疾病保障保険とは何か、正確に説明できますか?

■払済保険と延長保険のそれぞれの内容と両者の違いを、説明できますか?

■リビングニーズ特約とは何か、説明できますか?

■生命保険金を受け取った時の課税は、相続税、所得税、贈与税の3種類あります。それぞれどのような条件の場合に課税されるのか、説明できますか?

■純保険料/付加保険料の違いと、3つの利率について、互いに関連付けて説明できますか?

■地震保険の保険金額、保険料控除について、説明できますか?

■自賠責保険の特徴と保険金額について、説明できますか?

■自動車保険について、対人賠償保険、対物賠償保険、人身傷害補償保険のそれぞれについて、補償内容の特徴を説明できますか?

■普通傷害保険、国内旅行保険、海外旅行保険のそれぞれで、どのような内容が補償されるか説明できますか?

■個人賠償責任保険は、どのような内容を補償するのか、説明できますか?

■保険会社が破たんした時、生命保険、損害保険のそれぞれでどれくらいの金額が補償されるか説明できますか?

■保険契約書を見て、死亡時に支払われる保険金、入院や手術をした時の支払われる保険金、ガンになった時に支払われる保険金について、正しく計算ができますか?

 

(2級の方は、上記に加えてさらに下記についても確認してください)

■少額短期保険の特徴(保険料、保険期間、セーフティネットの取り扱い)について、説明できますか?

■各種生命保険と損害保険について、法人契約の場合の経理処理の特徴について、説明できますか?

■個人年金保険は、死亡保険金受け取り時や年金受け取り時にも税金がかかります。どのような条件の時にどの種類の税金が課税されるのか、全パターンを網羅的に説明できますか?

■個人事業主が契約した各種生命保険と損害保険について、どのような控除が適用されるのか、またどのような経理処理をすべきなのか、様々なパターンがありますが、それらを網羅的に説明できますか?

■変額保険と変額個人年金のそれぞれについて、その特徴は何か、何が変額で何が定額なのか、保険料控除の取り扱いはどうなっているのか、説明できますか?

■ハーフタックスプランとは何か、またその税務処理の内容について、説明できますか?

■長期平準定期保険とは何か、またその税務処理の内容について、説明できますか?

■地震保険の仕組みそのものについて、説明できますか?

■自賠責保険、対人賠償保険、対物賠償保険、自損事故保険、無保険車傷害保険、搭乗者傷害保険、人身傷害補償保険、車両保険のそれぞれの違い、補償内容を、網羅的に説明できますか?

■所得補償保険はどのような時に保険金が支払われるのか、またその保険料の支払い時と受け取り時の税金について、説明できますか?

■法人向け損害保険を5種類以上挙げ、それぞれどのような内容を補償するのか、またどのようなリスクに備える保険なのか、説明できますか?

■法人契約保険の様々な経理処理パターンを把握し、保険料を支払ったときと保険金を受け取った時の経理処理を正しく実施できますか?

 

以上の問いかけに「はい」と答えられる自信と知識があれば、試験当日の問題文を見て、正誤を正しく判断できますし、計算問題も自信をもって解けるでしょう。
しかし「はい」と答えられないものが多ければ、お持ちのテキストや問題集でもう一度復習をして、試験当日までに備えてくださいね。

 

「はい」の数が少なかった方は、当勉強会で開催している「頻出重要ポイント総仕上げ勉強会」にご参加いただくことで、弱点を補強することもできますよ。
この勉強会では、試験頻出の内容、多くの受験者が間違えがちな内容を、みんなで楽しく学びます。受験者同士での会話の時間もあり、楽しい雰囲気で記憶への定着効果を高めています。試験当日に高得点を狙えるよう、楽しくも重要ポイントを短時間でしっかり学ぶ勉強会です。

これまでたくさんの方にもご好評いただいていますので、ご興味をお持ちになりましたら、ぜひご参加くださいね。
開催日程と参加申込については、下記のご案内をご覧ください。

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を濃縮した問題を解き、得点
稼ぎのポイントを短時間でたくさん身につけられる勉強会です。

今後の開催日:
●5/9(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/16(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

学びは濃いですが、グループワークもあり、楽しく学べる和やかな雰囲気です。

・勉強不足を解消し、より合格の可能性を高めたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!
・将来はFPとして活躍したい! FP知識をプライベートでも活用したい!

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。

皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください!
みんなで合格を勝ち取りましょう!

【3級受験者も参考に】普通傷害保険と個人賠償責任保険で補償されないものは?

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

本日は、2015年1月のFP技能士試験の過去問を解説いたします。
(中でも、多くの受験者が間違えやすい問題、試験対策テキストの記述が不足
している点に重点を置いて解説しています)

ややこしい内容も分かりやすく、時には実例とともに解説していきます。
1点でも多く得点できるよう、皆様の学習補強に役立ててくださいね。

===================

2015年1月 FP技能士2級 学科 問19より

【問題】

3.日常生活における事故のほか、就業中の事故によりケガを負うリスクに備えて、普通傷害保険を契約した。

 

 

【解答と解説】

この選択肢は適切です。
就業中も補償の対象かどうかで悩まれたかもしれませんが、普通傷害保険は家庭内、職場内などを問わず、また日本国内、海外を問わず、補償の対象となっています。
幅広く補償してもらえますが、次のケースでは補償の対象外です。

・食中毒や虫垂炎などの症状
・自動車・バイクなどによる事故(自動車保険・交通事故傷害保険でカバーする)
・地震・噴火・津波による被害(地震保険特約などでカバーする)
・ロッククライミング、スカイダイビングなどの危険なスポーツ(危険スポーツ用の保険でカバーする)

補償されるケースではなく、補償されないケースを覚えたほうが、覚えることが少なくて済みますよね。

 

 

【問題】

4.同居している子が原動機付自転車を運転中に事故を起こして法律上の賠償責任を負うリスクに備えて、個人賠償責任保険を契約した。

 

 

【解答と解説】

この選択肢は不適切です。
個人賠償責任保険は、様々な賠償責任を補償してくれる保険です。しかし次の場合には補償の対象外となります。

・業務上の賠償責任(法人向け賠償責任保険でカバーする)
・自動車、バイクなどで事故を起こした場合(自動車保険でカバーする)
・他人から借りた物を破損するなどした場合(カバーできる保険は基本的にない)
・同居親族に対する損害賠償(カバーできる保険は基本的にない/法律上の賠償責任が発生しないため)

補償されるケースではなく、補償されないケースを覚えたほうが、覚えることが少なくて済みますね。

 

※今後も定期的に、1月試験の過去問解説を連載していきます。お楽しみに!

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を濃縮した問題を解き、得点
稼ぎのポイントを短時間でたくさん身につけられる勉強会です。

今後の開催日:
●5/9(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/16(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

学びは濃いですが、グループワークもあり、楽しく学べる和やかな雰囲気です。

・勉強不足を解消し、より合格の可能性を高めたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!
・将来はFPとして活躍したい! FP知識をプライベートでも活用したい!

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。

皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください!
みんなで合格を勝ち取りましょう!
 

2015年4月26日 (日)

【3級受験者も参考に】地震保険料控除の細かい点に関する出題

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

本日は、2015年1月のFP技能士試験の過去問を解説いたします。
(中でも、多くの受験者が間違えやすい問題、試験対策テキストの記述が不足
している点に重点を置いて解説しています)

ややこしい内容も分かりやすく、時には実例とともに解説していきます。
1点でも多く得点できるよう、皆様の学習補強に役立ててくださいね。

===================

2015年1月 FP技能士2級 学科 問17より

【問題】

2.店舗併用住宅を補償の対象とする地震保険の保険料は、その住居部分の床面積が店舗部分の床面積を超える場合に限り、地震保険料控除の対象となる。

 

 

【解答と解説】

この選択肢は不適切です。
店舗併用住宅の場合の地震保険料控除額は、居住用の床面積の割合部分のみ、対象となります。
例えば地震保険料が40000円だったとします。対象となる物件の床面積割合が、居住用6割、事業用4割だったとすると、
40000円×0.6=24000円
が、地震保険料控除の対象になるということなのです。
ちなみに、居住用部分の床面積割合が9割を超えている場合は、特例として、地震保険料の全額を、地震保険料控除の対象にすることができます。

 

 

【問題】

4.5年分の地震保険の保険料を一括で支払った場合、その全額が支払った年の地震保険料控除の対象となり、翌年以降の地震保険料控除の対象とはならない。

 

 

【解答と解説】

この選択肢は不適切です。
地震保険は、数年分の保険料を一括で支払うことが可能です。これを、長期一括払い契約とも言います。
このとき、保険料を支払った年だけでなく、保険期間中は毎年地震保険料控除を適用することができます。
一括払いした金額を契約年数で割った金額が、毎年の地震保険料控除の金額となります。

たとえば、5年契約の地震保険の金額が6万円で、それを一括で支払った時、
60000円÷5年=12000円 が、毎年地震保険料控除で認められるということです。

生命保険料控除の場合、一括で保険料を支払った時にはその年にしか認められません。
それと比較して地震保険料控除は、保険料を一括払いしたときであっても、それ以降の年において控除が認められます。
この違いも覚えておきましょう。

 

※今後も定期的に、1月試験の過去問解説を連載していきます。お楽しみに!

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を濃縮した問題を解き、得点
稼ぎのポイントを短時間でたくさん身につけられる勉強会です。

今後の開催日:
●5/9(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/16(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

学びは濃いですが、グループワークもあり、楽しく学べる和やかな雰囲気です。

・勉強不足を解消し、より合格の可能性を高めたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!
・将来はFPとして活躍したい! FP知識をプライベートでも活用したい!

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。

皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください!
みんなで合格を勝ち取りましょう!
 

勉強会開催はいよいよ2週間後!弱点補強と得点アップを目指す方はぜひご参加下さい!

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

試験まであと1か月を切りました。

勉強に焦りと不安が生まれ始めるのも、このころですね。
なぜなら、当初の想定より多くの勉強量が必要だ・・・という実感が生まれるのが、このころだからです。

試験勉強に限ったことではありませんが、何事も初めてチャレンジする人にとっては、当初の想定通りにいかないことは、よくあることです。
そのような時は、臨機応変に対応していくことが大切です。
たとえば、勉強量が想定より必要と思ったら、学習時間を多く確保する努力をしていきましょう。

手探りの中でも、様々な工夫で困難を乗り切りながら、合格に向けてあれこれ努力を続けていくことが大切です。
引き続き、試験対策学習に力を入れていってくださいね!

 

さて、「頻出重要ポイント総仕上げ勉強会」の開催がいよいよ2週間後となりました。
2級受験者向けの勉強会は5/9(土)に開催です。
3級受験者向け勉強会は、試験の1週間前となる5/16(土)に開催します。

2級試験は、3級の時よりも多くの学習が必要です。
より深い知識を要求され、難易度もグンと上がります。

しかし2級といえども頻出の問題がありますし、その一方で2級特有のやっかいな難問も出題されます。
そのような頻出問題と難問をたくさん集中的に学び、弱点補強と得点アップのコツを短時間で多く学べるのが、2週間後に開催する「頻出重要ポイント総仕上げ勉強会」なのです。

 

その次に開催する3級受験者向け勉強会も、2級向け勉強会と同じく、試験頻出の点と、多くの受験者が間違えがちな点を集中的に学び、弱点補強と得点アップのコツを短時間で学びます。
3級といえども学ぶ範囲はとても広いです。この勉強会で学習不足の点を把握し、そこを試験当日までに改善すれば、合格へ大きく近づくことができます。
この勉強会も、ぜひご活用くださいね。

「3級」と表記がありますが、2級受験者も参加可能です。
2級試験でも、3級で出題される内容が一部出題されます。2級受験者にとっては基礎的な問題ですが、それを理解しているかどうかを確認することができます。

ちなみに、過去に何人もの2級受験者にこの3級向け問題にチャレンジしていただきましたが、正解率はおおよそ50%~80%くらいでした。
2級受験者であれば全問正解を達成してほしいところではありますが、全問解けた人はほぼ0でした。3級試験だからといって、決してバカにできませんよ★
ですので、2級受験者でも全体的な学習不足を感じている場合は、この3級勉強会でしっかり補強をしていただければと思っています。

 

いずれの勉強会も、まだ参加者受け付け中です。
下記に日程と参加申込みURLを記載しておりますので、そちらから参加申し込み手続きをお願いいたします!

私たちと一緒に、合格目指して頑張りましょう!

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を濃縮した問題を解き、得点
稼ぎのポイントを短時間でたくさん身につけられる勉強会です。

今後の開催日:
●5/9(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/16(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

学びは濃いですが、グループワークもあり、楽しく学べる和やかな雰囲気です。

・勉強不足を解消し、より合格の可能性を高めたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!
・将来はFPとして活躍したい! FP知識をプライベートでも活用したい!

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。

皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください!
みんなで合格を勝ち取りましょう!
 

2015年4月25日 (土)

【2級の試験解説】火災保険、店舗総合保険に関する問題

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

本日は、2015年1月のFP技能士試験の過去問を解説いたします。
(中でも、多くの受験者が間違えやすい問題、試験対策テキストの記述が不足
している点に重点を置いて解説しています)

ややこしい内容も分かりやすく、時には実例とともに解説していきます。
1点でも多く得点できるよう、皆様の学習補強に役立ててくださいね。

===================

2015年1月 FP技能士2級 学科 問15より

【問題】

3.店舗総合保険は、店舗・事務所等に使用されている建物やこれらの建物に収容されている什器・備品等を補償の対象としている。

 

 

【解答と解説】

この選択肢は適切です。
建物だけでなく、什器・備品も補償の対象となります。
店舗総合保険は、住宅総合保険の法人版とお考えください。住宅総合保険は、建物と家財はともに補償の対象です。その法人版の店舗総合保険でも、建物と什器・備品は補償の対象となります。

 

 

【問題】

4.再調達価額とは、補償の対象となる物件と同程度のものを再取得するために必要な金額から、経過年数による消耗分を差し引いた金額である。

 

 

【解答と解説】

この選択肢は不適切です。
再調達価格は、「補償の対象となる物件と同程度のものを再び調達(再取得)するために必要な金額」のことです。経過年数による消耗分の金額をを差し引きません。
一方、経過年数による消耗分の金額を差し引くのは、「時価額」といいます。なので時価額で保険金が支払われる場合、建築後相当年数経過した建物が火災にあうと、支払われる保険金は少なくなってしまいます。
ちなみに、保険金が時価額である保険契約でも、「価額協定保険特約」という特約を付けると、再調達価格で保険金を支払ってもらえます。価額協定保険特約も、この機会に知っておいてくださいね。

 

※今後も定期的に、1月試験の過去問解説を連載していきます。お楽しみに!

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を濃縮した問題を解き、得点
稼ぎのポイントを短時間でたくさん身につけられる勉強会です。

今後の開催日:
●5/9(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/16(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

学びは濃いですが、グループワークもあり、楽しく学べる和やかな雰囲気です。

・勉強不足を解消し、より合格の可能性を高めたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!
・将来はFPとして活躍したい! FP知識をプライベートでも活用したい!

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。

皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください!
みんなで合格を勝ち取りましょう!
 

【2級の試験解説】逓増定期保険の経理処理について

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

本日は、2015年1月のFP技能士試験の過去問を解説いたします。
(中でも、多くの受験者が間違えやすい問題、試験対策テキストの記述が不足
している点に重点を置いて解説しています)

ややこしい内容も分かりやすく、時には実例とともに解説していきます。
1点でも多く得点できるよう、皆様の学習補強に役立ててくださいね。

===================

2015年1月 FP技能士2級 実技(きんざい生保) 問9より

【問題】

<問題文は省略>

 

 

【解答と解説】

この問題は、逓増定期保険の経理処理についての問題です。
なかなかややこしい問題ですね。

まずは、逓増定期保険の損金算入額について理解しておきましょう。
契約日が平成20年2月28日以降の場合、逓増定期保険の損金算入額は、次の通りとなっています。

A.期間満了時年齢80歳超、契約時年齢+保険期間×2=120超の場合、4分の1損金算入
B.期間満了時年齢70歳超、契約時年齢+保険期間×2=95超の場合、3分の1損金算入
C.期間満了時年齢45歳超の場合、2分の1損金算入

判定は、Aから順に(上記の上から順に)行います。
本問のケースでは、
・期間満了時年齢:72歳
・契約時年齢:50年
・保険期間:22年
であると読み取れます。そのため、上記Aに該当しません(期間満了時年齢が80歳以下だから)。
また、Bにも該当しません(50+22×2=94、これは95超ではない)
よってCに該当するとみなし、2分の1損金算入処理をすることとなります。

問題文より、払込保険料総額が8460万円ですので、

損金算入額:8460万円×1/2=4230万円

となります。よって前払い保険料の額は、次の金額となります。

前払い保険料=払込保険料総額-損金算入額
=8460万-4230万=4230万円

解約返戻金が7500万円でしたから、前払い保険料との差額

7500万円-4230万円=3270万円

が、この保険による雑収入となります。

以上により、経理処理結果として、解答には下記の言葉、数値を使います。

払込保険料総額 8460万
前払い保険料 4230万
雑収入 3270万

 

※今後も定期的に、1月試験の過去問解説を連載していきます。お楽しみに!

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を濃縮した問題を解き、得点
稼ぎのポイントを短時間でたくさん身につけられる勉強会です。

今後の開催日:
●5/9(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/16(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

学びは濃いですが、グループワークもあり、楽しく学べる和やかな雰囲気です。

・勉強不足を解消し、より合格の可能性を高めたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!
・将来はFPとして活躍したい! FP知識をプライベートでも活用したい!

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。

皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください!
みんなで合格を勝ち取りましょう!
 

2015年4月23日 (木)

試験当日まで1か月!インプット学習とアウトプット学習で合格へ近づこう!

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

試験当日まで、あと1か月となりました!
まだ1か月・・・じゃなくて、「あと1か月しかない」という表現の方が正しいでしょうか?

受験される皆様は、引き続き試験学習を着々と進めてくださいね。
知識を増やして問題を解く力を養い、合格を目指して頑張っていきましょう!

 

過去に何度かお伝えしていることですが、改めて試験学習の重要性について、お話をしたいと思います。
しばらく前からご購読いただいている方にとっては「またこの話か~」と思うかもしれませんが、試験対策においてとても大切なことですので、改めてご確認いただければと思います。

 

試験勉強はインプット学習とアウトプット学習の2種類をうまく混ぜながら進めていくと効果的です。
インプット学習とアウトプット学習について、簡単にご説明しますと、

●インプット学習
試験対策テキストを読んで、内容を理解していく学習法。
本を読んで、試験に出題される事項をどんどん記憶していきます。

●アウトプット学習
問題集や過去問を解いて、正解を導く練習をする学習法。
インプット学習で学んだことがしっかり理解できているかを、確認していきます。

 

この2つの学習法で大切なことは、

・アウトプット学習で間違えた問題は、再びインプット学習で理解しなおす

ということです。
アウトプット学習で間違えた問題に、真剣に向き合ったかどうか、それが合否を分ける結果につながります。

間違えて理解していたことは、正しい理解に置き換えましょう。
間違えた理解をいかに忘れ、正しい理解をいかに頭に叩き込むか、です。

これを必死で行ってください。

「あー間違えちゃった、次こそがんばろ」というように、気持ちを切り替えるだけではダメです!
間違えた問題を流してしまうようでは、学習効果は薄れてしまいます。
きっと次もまた、同じ問題で間違えてしまうでしょう。
気持ちを切り替えることはもちろん、あなたの頭の中にある理解を、正しいものに入れ替えることを、意識してくださいね。

 

「できなかったことができるようになる」

これが、人間としての成長の証です。
試験で点を取るコツでもあります。

最初は解けない問題がたくさんあるかもしれません。でもそれは、知らないことを学んでいる過程だから、当然のことです。
ここでひと踏ん張りし、解けなかった問題を数時間後や翌日に再び解きなおし、自らの力で自信をもって正解を導き出せるかを、確認していきましょう。
「インプット学習とアウトプット学習の繰り返し」が、皆さんを成長させ、やがて合格につながっていくのです。

 

インプット学習とアウトプット学習で大切な点をもう一つお伝えします。
1分野ずつ、インプット学習とアウトプット学習を行ってください。
つまり、次の順序で進めていくやり方をお勧めしています。

・1分野目のライフプランニング:テキストを読む「インプット」の学習
・1分野目のライフプランニング:問題集を解く「アウトプット」の学習
・2分野目のリスク管理:テキストを読む「インプット」の学習
・2分野目のリスク管理:問題集を解く「アウトプット」の学習
      ・
      ・
      ・
・6分野目の相続・事業継承:テキストを読む「インプット」の学習
・6分野目の相続・事業継承:問題集を解く「アウトプット」の学習

1分野ずつ、インプットの後ですぐにアウトプットを行うことがポイントです。
このやり方ではなく、最初に1分野目~6分野目をインプットしたあとに、6分野を一気にアウトプット学習を始めると、インプットとアウトプットに時間が空きすぎてしまいます。そのため、テキストで理解した内容を忘れてしまった状態で問題集を解くことになり、学習効果が小さくなります。
ですから、より効率よく学習を進めていくためにも、1分野ごとにインプットとアウトプットを繰り返す学習をしていくのがおすすめです。

 

ひたすらがんばるより、効率良くがんばることが大切です。
少ない労力で合格を目指す方法を見つけて、日々の学習に取り入れてくださいね!

以上、インプット学習とアウトプット学習についてのお話でした。

 

さて、私が中心となって開催している「FP試験 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会」のご案内をさせていただきます。

頻出問題&受験者が間違えやすい問題をしっかり解けるよう、知識を整理できる勉強会です。
わかりやすい事例により、理解しやすく、試験本番で思い出しやすい内容でお話しています。また、学んだことを実生活や仕事で活用する話題と関連付けて、勉強していきます。

弱点を補強したい!試験で高得点を狙いたい!という方に、ぜひご参加いただければと思っています。
勉強会の詳細、日程、参加申し込みは、下記にてご案内しています。
皆様のご参加を、お待ちしております!

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を濃縮した問題を解き、得点
稼ぎのポイントを短時間でたくさん身につけられる勉強会です。

今後の開催日:
●5/9(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/16(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

学びは濃いですが、グループワークもあり、楽しく学べる和やかな雰囲気です。

・勉強不足を解消し、より合格の可能性を高めたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!
・将来はFPとして活躍したい! FP知識をプライベートでも活用したい!

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。

皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください!
みんなで合格を勝ち取りましょう!
 

【2級受験者向け】払済保険に変更する場合、告知や診査が必要かどうかについて

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

本日は、2015年1月のFP技能士試験の過去問を解説いたします。
(中でも、多くの受験者が間違えやすい問題、試験対策テキストの記述が不足
している点に重点を置いて解説しています)

ややこしい内容も分かりやすく、時には実例とともに解説していきます。
1点でも多く得点できるよう、皆様の学習補強に役立ててくださいね。

===================

2015年1月 FP技能士2級 実技(きんざい生保) 問6より

【問題】

1.「現在加入している生命保険契約を払済保険に変更する場合,Aさんは改めて健康状態等についての告知または医師の診査を受ける必要があるため,健康状態によっては,払済保険に変更できない場合があります」

 

 

【解答と解説】

この記述は不適切です。
払済保険への変更に当たり、告知や診査は不要です。
ちなみに、同様に延長保険に変更する場合も、告知や医師の診査は不要です。

なお、払済保険や延長保険に変更後、元の保険に戻すことができ、これを「復旧」といいます。
復旧する場合には、医師の診査または告知が必要となります。この点も、合わせて覚えておきましょう。

復旧できるかどうかは、個々の保険商品によって条件が異なります。
払済保険や延長保険へ変更後、一定期間しか復旧を受け付けないものもあります。
また、変更から復旧までの期間に相当する保険料の支払いが必要になる場合もあります。

 

※今後も定期的に、1月試験の過去問解説を連載していきます。お楽しみに!

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を濃縮した問題を解き、得点
稼ぎのポイントを短時間でたくさん身につけられる勉強会です。

今後の開催日:
●5/9(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/16(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

学びは濃いですが、グループワークもあり、楽しく学べる和やかな雰囲気です。

・勉強不足を解消し、より合格の可能性を高めたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!
・将来はFPとして活躍したい! FP知識をプライベートでも活用したい!

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。

皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください!
みんなで合格を勝ち取りましょう!
 

2015年4月22日 (水)

【3級受験者も参考に】生命保険料控除に関する問題

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

本日は、2015年1月のFP技能士試験の過去問を解説いたします。
(中でも、多くの受験者が間違えやすい問題、試験対策テキストの記述が不足
している点に重点を置いて解説しています)

ややこしい内容も分かりやすく、時には実例とともに解説していきます。
1点でも多く得点できるよう、皆様の学習補強に役立ててくださいね。

===================

2015年1月 FP技能士2級 学科 問14より

【問題】

2.傷害特約の保険料は、「介護医療保険料控除」の対象となる。

 

 

【解答と解説】

この選択肢は不適切です。
障害特約の保険料は、生命保険料控除、個人年金保険料控除、介護医療保険料控除のいずれの対象にもなりません。
ちなみに、同様に災害割増特約の保険料も、いずれの控除の対象にもなりません。

 

 

【問題】

4.自動振替貸付により保険料に充当された金額は、貸し付けられた年の生命保険料控除の対象とはならず、貸付金を返済した年の生命保険料控除の対象となる。

 

 

【解答と解説】

この選択肢は不適切です。
自動振替貸付により保険料に充当された金額は、その充当された年(つまり貸し付けられた年)の、生命保険料控除の対象となります。
なお、貸付金を返済しても、その返済年の保険料控除の対象とはなりません。
ややこしく細かい点ですが、覚えておきましょう。

 

※今後も定期的に、1月試験の過去問解説を連載していきます。お楽しみに!

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を濃縮した問題を解き、得点
稼ぎのポイントを短時間でたくさん身につけられる勉強会です。

今後の開催日:
●5/9(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/16(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

学びは濃いですが、グループワークもあり、楽しく学べる和やかな雰囲気です。

・勉強不足を解消し、より合格の可能性を高めたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!
・将来はFPとして活躍したい! FP知識をプライベートでも活用したい!

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。

皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください!
みんなで合格を勝ち取りましょう!
 

2015年4月21日 (火)

「頻出重要ポイント総仕上げ勉強会」当日に使う教材を作っています!

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

次回のFP技能士試験を受験される皆様、勉強は順調に進んでいますでしょうか?
実際に勉強を始めてみると、覚えることが盛りだくさんで、思ったより難しい試験だな・・・とお感じの方もいらっしゃるでしょう。
でも、試験当日まで、まだ1か月ほどあります。計画的に学習を進め、勉強不足を感じたらより多く勉強時間を確保して、学習を継続してくださいね。

 

さて、以前からご案内をしていますように、下記の日程で勉強会を開催いたします。

●5/9(土) 13:30~20:00
 FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会

●5/17(土) 13:30~20:00
 FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

試験で頻出の問題がきちんと解けるかどうか、また多くの受験者が間違えやすい問題をきちんとクリアできるかどうかを、この勉強会で確認することができます。

 

現在、この勉強会で使用する教材(問題)を作成しています。
当勉強会の問題作成は、過去問を抜粋しただけのものではありません。

当勉強会スタッフは、過去何年にもわたって過去問を分析し、多くの受験者と接してきた中で、皆様が間違えやすい点を把握しています。そういった点をたくさん盛り込んでいます。受験者の皆様が、短時間で重要ポイントを効率よく学べるよう、工夫を凝らしています。

試験対策はしっかり行いつつも、楽しい雰囲気で勉強するので、学んだことが記憶に定着しやすいのも特長です。
まだまだ定員まで余裕はありますので、合格を目指す皆様のご参加をお待ちしております!
私たちも、皆様とお会いできるのを楽しみにしています!

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を濃縮した問題を解き、得点
稼ぎのポイントを短時間でたくさん身につけられる勉強会です。

今後の開催日:
●5/9(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/16(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

学びは濃いですが、グループワークもあり、楽しく学べる和やかな雰囲気です。

・勉強不足を解消し、より合格の可能性を高めたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!
・将来はFPとして活躍したい! FP知識をプライベートでも活用したい!

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。

皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください!
みんなで合格を勝ち取りましょう!
 

【3級受験者も参考に】団体信用生命保険に関する問題

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

本日は、2015年1月のFP技能士試験の過去問を解説いたします。
(中でも、多くの受験者が間違えやすい問題、試験対策テキストの記述が不足
している点に重点を置いて解説しています)

ややこしい内容も分かりやすく、時には実例とともに解説していきます。
1点でも多く得点できるよう、皆様の学習補強に役立ててくださいね。

===================

2015年1月 FP技能士2級 学科 問13より

【問題】

2.団体信用生命保険の保険料は、被保険者の契約時の年齢および性別と債務残高に応じて算出される。

 

 

【解答と解説】

この選択肢は不適切です。
団体信用生命保険の保険料は、債務残高によって算出されますが、契約時の年齢や性別とは関係ありません。
債務残高が同じであれば、年齢、性別に関係なく、どなたでも保険料は同じ、ということなのです。
一方、民間の生命保険の場合は、契約時の年齢や性別によって保険料が定められています。
したがって同じ保険金が支払われるのであれば、若い年齢の方は、団体信用生命保険よりも民間の生命保険のほうが保険料が安い、ということもあり得るのです。

 

 

【問題】

4.被保険者の死亡に基因して団体信用生命保険から支払われる保険金は、被保険者の相続に係る相続税額の計算上、相続税の課税価格に算入されない。

 

 

【解答と解説】

この選択肢は適切です。
団体信用生命保険から支払われる保険金は、被保険者の死亡と同時に、ローン返済に充当されるため、相続人の財産とはなりません。したがって、相続税の課税価格に算入されることはありません。
ちなみに、団体信用生命保険に加入していた場合には、被保険者の死亡と同時に借入金は全額返済されることになるため、住宅ローンの残額を、相続債務として取り扱うこともできません。

 

※今後も定期的に、1月試験の過去問解説を連載していきます。お楽しみに!

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を濃縮した問題を解き、得点
稼ぎのポイントを短時間でたくさん身につけられる勉強会です。

今後の開催日:
●5/9(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/16(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

学びは濃いですが、グループワークもあり、楽しく学べる和やかな雰囲気です。

・勉強不足を解消し、より合格の可能性を高めたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!
・将来はFPとして活躍したい! FP知識をプライベートでも活用したい!

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。

皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください!
みんなで合格を勝ち取りましょう!
 

2015年4月20日 (月)

【3級試験解説】保険の契約転換における保険料率

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

本日は、2015年1月のFP技能士試験の過去問を解説いたします。
(中でも、多くの受験者が間違えやすい問題、試験対策テキストの記述が不足
している点に重点を置いて解説しています)

ややこしい内容も分かりやすく、時には実例とともに解説していきます。
1点でも多く得点できるよう、皆様の学習補強に役立ててくださいね。

===================

2015年1月 FP技能士3級 学科 問7より

【問題】

契約転換制度を利用して,現在加入している生命保険契約を新たな契約に転換する場合,転換後の保険料には,転換前契約時の保険料率が引き続き適用される。

 

 

【解答と解説】

この記述は不適切です。
転換制度は、事実上保険の買い替えに当たります。なので、転換時点での保険料率が適用されます。
それだけでなく、転換時点の年齢で再計算された保険料を支払うことになります。
したがって、十年以上前に加入した、今よりずいぶんと利率の高い保険契約をお持ちの方にとっては、転換制度を利用すると、損になる場合もあるのです。

 

※今後も定期的に、1月試験の過去問解説を連載していきます。お楽しみに!

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を濃縮した問題を解き、得点
稼ぎのポイントを短時間でたくさん身につけられる勉強会です。

今後の開催日:
●5/9(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/16(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

学びは濃いですが、グループワークもあり、楽しく学べる和やかな雰囲気です。

・勉強不足を解消し、より合格の可能性を高めたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!
・将来はFPとして活躍したい! FP知識をプライベートでも活用したい!

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。

皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください!
みんなで合格を勝ち取りましょう!
 

2015年4月19日 (日)

第1分野目「ライフプランニングと資金計画」学習のポイント

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

次のFP技能士の試験を受験される皆様は、今まさに、勉強に力が入っている期間だと思います。
現在、前回に実施された試験問題の中から、多くの受験者が間違えやすい問題、知識を整理していないと答えづらい問題をピックアップして解説しています。
定期的に配信していますので、皆様のご参考になれば幸いです。

 

本日は、「ライフプランニングと資金計画」分野の重要ポイントについてお伝えします。

この分野では、社会保険と公的年金の分野からの出題が大きな比重を占めています。
すべての国民に関連がある内容ですが、FP試験の学習を進めていくうちに、細かい規定があったり、今まで知らなかったことがたくさんあることに、改めて気が付かれたかと思います。

特に2級の方は、社会保険制度に関して、かなり細かい仕組みについても学ぶことになります。
学ぶほどに奥の深い世界ではありますが、ここで学んだことは金融・FP関係の仕事だけでなく、皆さんご自身のプライベートでも役に立つ内容です。学んだ知識を活用すれば、親せきや知人の相談に乗り、悩みを解決してあげられる存在にもなれます。

難しくて勉強が大変だな~と感じるかもしれませんが、学んだ内容がどのように人々の役に立てるかも含めて理解しながら学習すると、学習意欲を維持できるひとつのきっかけにもなります。
この点もぜひ意識しながら、学習を継続していってくださいね。

 

「ライフプランニングと資金計画」分野からは、社会保険と公的年金の比重が高いですが、それ以外の内容も出題されます。
3級の方で学習不足に陥りがちなのは、キャッシュフロー表、財形、奨学金や教育ローンです。
2級の方はこれに加え、法人向けの企業年金、法人向けの融資形態についても、よく学習をしてください。

この分野でも、皆様がお使いの試験対策テキストに、解説が不足している場合もあるでしょう。
特に2級の方は、テキストに載っていないことが試験で出題されることも多いです。
お持ちのテキストがやや記述不足かなと思ったら、当勉強会公式サイトの「3級2級の難問を解説」のページも活用してください。このページには、市販の試験対策テキストで解説が漏れがちな内容を多く掲載しています。
利用は無料ですので、こちらもご活用くださいね。

【3級2級の難問を解説】
http://money-study.net/fp/tisiki/
※PCスマホ両対応のサイトです。

 

さて、ここからは試験対策の重要ポイントを、皆様に問いかけをいたします。
試験に合格するうえでは、皆様にぜひとも「はい」と答えてもらいたいものばかりです。

あなたは、いくつ「はい」と答えられますか?

 

(3級2級共通)

■税理士、弁護士などの資格を持っていない場合、FPはどこまでの業務を行ってよいのか、説明できますか?

■住宅ローンの仕組み(元利均等返済、元金均等返済、変動金利/固定金利、フラット35)について、説明できますか?

■6つの係数のそれぞれについて、どのような場合にどれを使えばよいのか説明できますか? また、正しく選んで計算できますか?

■健康保険の出産手当金(出産で休業)、疾病手当金(けがで休業)の仕組み、適用要件を説明できますか?

■任意継続被保険者の制度、適用の要件について、説明できますか?

■健康保険と後期高齢者医療制度の違いを、説明できますか?

■高額療養費制度について理解し、高額療養費に関する計算ができますか?

■雇用保険の仕組みと、その受給要件について、説明できますか?

■公的介護保険の仕組み、第1号と第2号の被保険者の違い、保険給付内容について、説明できますか?

■国民年金の第1号~第3号被保険者のそれぞれの要件を、説明できますか?

■どのような要件が整えば、年金を受給できるのか、説明できますか?

■特別支給の老齢厚生年金とは何で、またそれを受給するための要件は何か、説明できますか?

■年金の繰上げ、繰下げについて、年齢と金額を関連付けて説明できますか?

■老齢基礎年金の受給額を、正しく計算できますか? 繰上げ/繰下げ、未納の有無などいろいろなパターンで正しく計算できますか?

■中高齢寡婦加算、障害年金のそれぞれの制度について、ひととおりの説明ができますか?

■教育ローン(教育一般貸付)や奨学金制度の内容を理解しており、概要を説明できますか?

 

(2級の方は、上記に加えてさらに下記についても確認してください)

■キャッシュフロー表の仕組みを理解し、キャッシュフロー表をご自身で作ることができますか?

■6つの係数のうち複数を組み合わせて計算する場面でも、適切に係数を選択し計算を行うことができますか?

■健康保険の被扶養者に関する要件について、整理して説明できますか?

■雇用保険による給付金と、老齢年金の給付がある場合、併給や支給停止に関する仕組みについて、ひととおり説明できますか?

■労災保険の詳細についてまで学習し、どのような給付金があるかを一通り説明できますか?

■老齢年金、障害年金、遺族年金の複数の受給権がある場合、その併給ルールについてきちんと説明できますか?

■在職老齢年金の仕組みを一通り理解し、適用要件、減額される金額など、その内容について説明できますか?

■障害年金について、受給要件、受給額などを含め、一通りの説明ができますか?

■遺族年金について、中高齢寡婦加算、経過的寡婦加算、死亡一時金、寡婦年金のそれぞれの概要、受給要件、受給対象者について、説明できますか?

■老齢年金、障害年金、遺族年金の受給額を、様々な受給のケースにおいて、きちんと計算できますか?

■確定拠出年金について、その仕組み、加入できる人、拠出可能額、受給するための要件、拠出時と受給時に関する税制など、簡単でもよいので全体的な説明ができますか?

■確定拠出年金以外にも、小規模企業共済、国民年金基金のそれぞれにおいて、どのような人が加入できるのか、拠出可能額、受給するための要件、拠出時と受給時に関する税制など、簡単でもよいので全体的な説明ができますか?

■企業型確定拠出年金、厚生年金基金、中小企業退職共済など様々な企業年金制度において、法人側に課せられる要件、税務の取り扱いについて、一通りできますか?

■フラット35などのローンだけでなく、財形住宅融資についても理解し、概要を説明できますか?

■企業の資金調達方法として複数種類ありますが、具体的に5種類以上挙げ、それぞれの特徴、メリットやデメリットなどを説明できますか?

 

以上の問いかけに「はい」と答えられる自信と知識があれば、試験当日の問題文を見て、正誤を正しく判断できますし、計算問題も自信をもって解けるでしょう。
しかし「はい」と答えられないものが多ければ、お持ちのテキストや問題集でもう一度復習をして、試験当日までに備えてくださいね。

 

「はい」の数が少なかった方は、当勉強会で開催している「頻出重要ポイント総仕上げ勉強会」にご参加いただくことで、弱点を補強することもできますよ。
この勉強会では、試験頻出の内容、多くの受験者が間違えがちな内容を、みんなで楽しく学びます。受験者同士での会話の時間もあり、楽しい雰囲気で記憶への定着効果を高めています。試験当日に高得点を狙えるよう、楽しくも重要ポイントを短時間でしっかり学ぶ勉強会です。

これまでたくさんの方にもご好評いただいていますので、ご興味をお持ちになりましたら、ぜひご参加くださいね。
開催日程と参加申込については、下記のご案内をご覧ください。

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を濃縮した問題を解き、得点
稼ぎのポイントを短時間でたくさん身につけられる勉強会です。

今後の開催日:
●5/9(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/16(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

学びは濃いですが、グループワークもあり、楽しく学べる和やかな雰囲気です。

・勉強不足を解消し、より合格の可能性を高めたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!
・将来はFPとして活躍したい! FP知識をプライベートでも活用したい!

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。

皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください!
みんなで合格を勝ち取りましょう!
 

【2級の試験解説】法人の資金調達方法に関する問題

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

本日は、2015年1月のFP技能士試験の過去問を解説いたします。
(中でも、多くの受験者が間違えやすい問題、試験対策テキストの記述が不足
している点に重点を置いて解説しています)

ややこしい内容も分かりやすく、時には実例とともに解説していきます。
1点でも多く得点できるよう、皆様の学習補強に役立ててくださいね。

===================

2015年1月 FP技能士2級 学科 問10より

【問題】

1.手形借入は、企業が借入金額を額面とする金融機関宛の約束手形を差し入れることで金融機関から融資を受けて資金を調達する方法である。

 

 

【解答と解説】

この選択肢は適切です。
1年未満など、比較的短期の借り入れで使われる調達方法です。

ただし手形借り入れで返済が滞ると、手形不渡りとなるため、金融機関との取引上、大きな影響が出てしまいます。
また、手形で返済が滞った場合は、裁判を起こされることなく、財産の差し押さえなども行われてしまいます。
金融機関にとっては、貸したお金を(手続き上は)回収しやすい手法でもあるのです。

 

 

【問題】

2.ABL(アセット・ベースト・レンディング)は、企業が保有する売掛債権を期日前に売却することにより資金を調達する方法である。

 

 

【解答と解説】

この選択肢は不適切です。
ABLは、日本語では「動産担保融資」と呼ばれます。その名の通り、動産を担保に融資をする手法です。
売掛債権、棚卸資産、設備など、現金化できる動産が、担保の対象となります。

本選択肢にある記述「企業が保有する売掛債権を期日前に売却することにより資金を調達する方法」は、ファクタリングと呼びます。

 

※今後も定期的に、1月試験の過去問解説を連載していきます。お楽しみに!

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を濃縮した問題を解き、得点
稼ぎのポイントを短時間でたくさん身につけられる勉強会です。

今後の開催日:
●5/9(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/16(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

学びは濃いですが、グループワークもあり、楽しく学べる和やかな雰囲気です。

・勉強不足を解消し、より合格の可能性を高めたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!
・将来はFPとして活躍したい! FP知識をプライベートでも活用したい!

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。

皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください!
みんなで合格を勝ち取りましょう!
 

2015年4月18日 (土)

【3級試験解説】貸金業法の総量規制について

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

本日は、2015年1月のFP技能士試験の過去問を解説いたします。
(中でも、多くの受験者が間違えやすい問題、試験対策テキストの記述が不足
している点に重点を置いて解説しています)

ややこしい内容も分かりやすく、時には実例とともに解説していきます。
1点でも多く得点できるよう、皆様の学習補強に役立ててくださいね。

===================

2015年1月 FP技能士3級 学科 問35より

【問題】

貸金業法の総量規制により,個人が貸金業者による個人向け貸付けを利用する場合,原則として,年収の(   )を超える借入はできない。

 

 

【解答と解説】

( )に入る言葉は、「3分の1」です。
貸金業法は、3級では約3年ぶりに出題されました。

お金を貸す側が、借り手の年収の3分の1を超える金額を、無担保で貸してはいけない、という規制です。
借りすぎによって家計破たん状態になってしまう人が増えてきたことを受け、この規制が設けられることとなりました。

さまざまなローンが、この総量規制の対象となりますが、対象外のローンも存在します。
クレジットカードによるカードローン(キャッシング)は、規制の対象となります。
しかし、クレジットカードによるショッピング枠での買い物は、この規制の対象外です。規制の対象外とは、年収の3分の1を超える額であっても利用できるという意味です。

この規制の対象は、無担保によるローンです。したがって、自宅などを担保にした住宅ローン、自動車を担保にした自動車ローンなどは、規制の対象外となります。

また、個人事業主が事業用途で利用する借り入れは、事業計画を提出し返済の見込みがあると判断されて貸し出される分については、この規制の対象外となります。たとえ事業用途の借入であっても、審査なく無担保で借りるローンは規制の対象となります。

収入がない専業主婦の場合、配偶者の同意があれば、その配偶者の年収の3分の1まで無担保で借り入れを行うことができます。ただし、その専業主婦と配偶者の借入額の合計が、二人の年収合計の3分の1まで借り入れできる、ということになります。つまり、夫婦2人合わせて、年収合計の3分の1まで、ということです。

なお、上記は法律で定められている規制であり、実際に借入ができる金額は、貸し手側による審査結果の影響を受けます。無条件に年収の3分の1まで借りられる、というわけではありません。

詳しくご説明しましたが、お金を借りるにあたり、以上のような規制が設けられていることも知っておきましょう。

 

※今後も定期的に、1月試験の過去問解説を連載していきます。お楽しみに!

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を濃縮した問題を解き、得点
稼ぎのポイントを短時間でたくさん身につけられる勉強会です。

今後の開催日:
●5/9(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/16(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

学びは濃いですが、グループワークもあり、楽しく学べる和やかな雰囲気です。

・勉強不足を解消し、より合格の可能性を高めたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!
・将来はFPとして活躍したい! FP知識をプライベートでも活用したい!

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。

皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください!
みんなで合格を勝ち取りましょう!

試験対策勉強会を3週間後に開催!楽しくもしっかり学べます。ぜひご参加を♪

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

次回のFP試験まで、あと1か月とちょっとです。
試験当日が日に日に迫ってきていますね。
次回の試験を受験される方は、そんな実感をお持ちでいらっしゃることでしょう。

しばらく前にお伝えしたことではありますが、試験の3週間前までに6分野を一通り軽くでもよいので、勉強し終えるくらいに学習を進めていきましょう。
試験日の3週間前からは、もう一度6分野の復習と、苦手なところ、暗記しづらいところに比重を置いた学習をすることで、全体的に得点を稼げる力がつきます。
試験直前に勉強不足であわてることのないよう、できるだけ前倒しで学習を進めていきましょうね。

さて、毎度恒例となっておりますが、試験合格を目指す人たちが集まって共に学びあう「頻出重要ポイント総仕上げ勉強会」を3週間後に開催いたします。
すでにこちらでもご案内を差し上げておりますが、参加者も少しずつ増えてきています。

この勉強会では、試験に頻出の事項や、多くの受験者が間違えやすい事項を徹底学習します。
理解できているかどうかで、合否の分かれ目になるような問題ばかりをそろえています。
参加者の皆様それぞれが、勉強不足の点を認識し、そこをしっかり補強して、試験で高得点を狙えるよう、練り上げた勉強会です。

それに加えて、グループワークやFPの仕事や業界の話ができるなど、参加した皆様同士で楽しく交流できる機会もあります。
社員研修などでも用いられる教育手法を取り入れ、実践的な学習効果が得られるよう、内容を構成をしています。
先生の話を一方的に聞くだけではなく、参加した皆さんも能動的に情報を発しながら学べる環境です。
一緒に頑張る仲間ができるのも、この勉強会の特長です。

 

開催まであと3週間ほどありますが、まだまだ参加者募集中です。
毎回楽しくも、しっかりした学びも得られる勉強会です。ご興味をお持ちになりましたらぜひご参加くださいね。

合格を目指す皆様とお会いできるのを、私たちも楽しみにしています!
勉強会の詳細なご案内と参加申込方法は、下記をご覧ください。

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を濃縮した問題を解き、得点
稼ぎのポイントを短時間でたくさん身につけられる勉強会です。

今後の開催日:
●5/9(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/16(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

学びは濃いですが、グループワークもあり、楽しく学べる和やかな雰囲気です。

・勉強不足を解消し、より合格の可能性を高めたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!
・将来はFPとして活躍したい! FP知識をプライベートでも活用したい!

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。

皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください!
みんなで合格を勝ち取りましょう!
 

2015年4月17日 (金)

【3級受験者も参考に】フラット35の資金使途と、融資金額の上限

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

本日は、2015年1月のFP技能士試験の過去問を解説いたします。
(中でも、多くの受験者が間違えやすい問題、試験対策テキストの記述が不足
している点に重点を置いて解説しています)

ややこしい内容も分かりやすく、時には実例とともに解説していきます。
1点でも多く得点できるよう、皆様の学習補強に役立ててくださいね。

===================

2015年1月 FP技能士2級 学科 問9より

【問題】

住宅金融支援機構と民間金融機関が提携した住宅ローンであるフラット35に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.資金使途は、申込者またはその親族が居住するための新築住宅の建設・購入資金や中古住宅の購入資金などとされ、現在居住している住宅のリフォーム資金として利用することはできない。

 

 

【解答と解説】

この選択肢は適切です。
原則として、住宅購入の場合にだけ、フラット35を利用することができ、リフォーム資金として利用できません。
ただし例外として、中古住宅の購入とそのリフォームを同時に行う場合には、そのための資金としてフラット35を利用することもできます(フラット35のリフォームパックといいます)

 

 

【問題】

2.融資金額は、住宅の建設費等の90%以内であり、8,000万円が上限とされている。

 

 

【解答と解説】

この選択肢は不適切です。
以前は90%でしたが、現在は「100%」の額まで融資可能です。

 

※今後も定期的に、1月試験の過去問解説を連載していきます。お楽しみに!

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を濃縮した問題を解き、得点
稼ぎのポイントを短時間でたくさん身につけられる勉強会です。

今後の開催日:
●5/9(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/16(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

学びは濃いですが、グループワークもあり、楽しく学べる和やかな雰囲気です。

・勉強不足を解消し、より合格の可能性を高めたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!
・将来はFPとして活躍したい! FP知識をプライベートでも活用したい!

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。

皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください!
みんなで合格を勝ち取りましょう!
 

2015年4月16日 (木)

【3級受験者も参考に】財形貯蓄に関する問題

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

本日は、2015年1月のFP技能士試験の過去問を解説いたします。
(中でも、多くの受験者が間違えやすい問題、試験対策テキストの記述が不足
している点に重点を置いて解説しています)

ややこしい内容も分かりやすく、時には実例とともに解説していきます。
1点でも多く得点できるよう、皆様の学習補強に役立ててくださいね。

===================

2015年1月 FP技能士3級 実技(FP協会) 問16より

【問題】

浩一さんは、マンション購入に備えて、財形住宅貯蓄(貯蓄型)を利用している。財形住宅貯蓄(貯蓄型)に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.勤労者財産形成促進法上の勤労者で、契約申込み時の年齢が55歳未満であれば、利用することができる。

 

 

【解答と解説】

この選択肢は適切です。
本選択肢のように、財形住宅貯蓄の利用には年齢要件がある点を覚えておきましょう。
ちなみに、契約申込時に55歳未満であればよく、財形住宅貯蓄への預け入れは、55歳以降でも行うことができます。
(55歳になったら解約される、というわけではありません)

【問題】

3.財形年金貯蓄と合わせて元利合計385万円までの利子が非課税となる。

 

 

【解答と解説】

この選択肢は不適切です。
財形住宅貯蓄と財形年金貯蓄とを合わせて、元利合計550万円までが非課税となります。

ちなみに、財形住宅貯蓄のみなら、元利合計550万円までが非課税となります。
一方、財形年金貯蓄のみの場合は、選択肢の通り、元利合計385万円までが非課税となります。
ややこしいですけれども、このあたりの金額も覚えておきましょう。

 

※今後も定期的に、1月試験の過去問解説を連載していきます。お楽しみに!

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を濃縮した問題を解き、得点
稼ぎのポイントを短時間でたくさん身につけられる勉強会です。

今後の開催日:
●5/9(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/16(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

学びは濃いですが、グループワークもあり、楽しく学べる和やかな雰囲気です。

・勉強不足を解消し、より合格の可能性を高めたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!
・将来はFPとして活躍したい! FP知識をプライベートでも活用したい!

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。

皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください!
みんなで合格を勝ち取りましょう!
 

試験勉強でめげそうになったら、当初の熱い気持ちを思い出そう!

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

FP試験の合格を目指す皆様、こんにちは。
試験当日まで、あと1ヶ月とちょっと。
みなさま、勉強の調子はいかがでしょうか?

すらすらといい調子で勉強を進められている方もいらっしゃるでしょう。
でもそういった方はどちらかといえば少数派であり、多くの方は「勉強する量が思ったより多いな・・・」「意外と苦戦しているぞ・・・」と感じているのではないでしょうか。

今は順調に進められていても、後半の不動産、相続の分野で学習ペースが急に落ちてしまう方もいらっしゃいます。
場合によっては、合格の自信を無くしてしまいそうな時が、出てくるかもしれません。

 

そんな時は、受験当初の熱い気持ちを思い出してください!

 

あなたは、なぜFPの資格を取ろうと思ったのですか?

当初は、FP資格を取るんだという、強く熱い思いがあったはずです。たとえば・・・

 

FP資格が仕事で必要。お客様の役に立てる知識をたくさん身に着けたい!

年金や相続など、高齢の方の支援をできるようになりたい!

今まで縁遠かった投資や資産運用に強くなり、収入の足しにしたい!

お金のことを広く勉強し、これからの自分や家族の生活に役立てたい!

テレビや雑誌で活躍しているファイナンシャルプランナーのようになりたい!

 

などなど、皆様それぞれに、資格を取ろうと思った動機、また資格取得後の未来を思い描き、受験を決意されたはずです。

試験勉強でめげそうになったら、この当初の熱い気持ちを、思い出しましょう!

 

将来なりたかった自分を実現するためには、多少の困難はつきものです。
皆様もこれまでの人生で、さまざまな困難を乗り越えてこられたと思います。

困難を乗り越えてこそ、自分自身が成長することができ、思い描いた夢を実現できます。
だから、途中であきらめたり、くじけてしまっては、もったいないですね。

 

今回お伝えしましたように、勉強に行き詰ったら、当初の熱い気持ちを思い出し、やる気を再び取り戻してくださいね!

 

私たちも、陰ながら皆様の合格を応援しています。
試験対策の情報提供したり、勉強会を開催して受験される皆様をサポートしたり、問題の解き方のコツを伝えている人がいることも、どこか頭の片隅にでもおいていただけると嬉しいです。

 

試験当日まで残り1か月とちょっと。
引き続き、合格目指してがんばっていきましょう!

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を濃縮した問題を解き、得点
稼ぎのポイントを短時間でたくさん身につけられる勉強会です。

今後の開催日:
●5/9(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/16(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

学びは濃いですが、グループワークもあり、楽しく学べる和やかな雰囲気です。

・勉強不足を解消し、より合格の可能性を高めたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!
・将来はFPとして活躍したい! FP知識をプライベートでも活用したい!

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。

皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください!
みんなで合格を勝ち取りましょう!
 

2015年4月15日 (水)

【3級受験者も参考に】国民年金基金についての問題

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

本日は、2015年1月のFP技能士試験の過去問を解説いたします。
(中でも、多くの受験者が間違えやすい問題、試験対策テキストの記述が不足
している点に重点を置いて解説しています)

ややこしい内容も分かりやすく、時には実例とともに解説していきます。
1点でも多く得点できるよう、皆様の学習補強に役立ててくださいね。

===================

2015年1月 FP技能士2級 学科 問8より

【問題】

1.国民年金基金には、国民年金の第1号被保険者のほか、日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の国民年金の任意加入被保険者も加入することができる。

 

 

【解答と解説】

この選択肢は適切です。
国民年金の任意加入被保険者も、国民年金基金に加入できます。
ただ実際のところ、60歳以上で加入すると、毎月の掛け金が大きいにもかかわらず、65歳からの受給額はそれほど大きくはなりません。あまりメリットは感じられないかもしれませんね。

 

 

【問題】

3.国民年金基金の老齢年金の基本年金額は、積立金の運用状況によって変動する。

 

 

【解答と解説】

この選択肢は不適切です。
老齢年金の基本年金額は、契約時点の年齢・性別によって決まっているので、運用状況によって変動することはありません。
ちなみに、国民年金基金のホームページで、基本年金額としていくら受給できるのかをシミュレーションできます。加入を検討している方は、一度調べてみるのもよいでしょう。

 

※今後も定期的に、1月試験の過去問解説を連載していきます。お楽しみに!

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を濃縮した問題を解き、得点
稼ぎのポイントを短時間でたくさん身につけられる勉強会です。

今後の開催日:
●5/9(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/16(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

学びは濃いですが、グループワークもあり、楽しく学べる和やかな雰囲気です。

・勉強不足を解消し、より合格の可能性を高めたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!
・将来はFPとして活躍したい! FP知識をプライベートでも活用したい!

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。

皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください!
みんなで合格を勝ち取りましょう!
 

2015年4月14日 (火)

【3級受験者も参考に】遺族基礎年金を受給できるのは誰?

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

本日は、2015年1月のFP技能士試験の過去問を解説いたします。
(中でも、多くの受験者が間違えやすい問題、試験対策テキストの記述が不足
している点に重点を置いて解説しています)

ややこしい内容も分かりやすく、時には実例とともに解説していきます。
1点でも多く得点できるよう、皆様の学習補強に役立ててくださいね。

===================

2015年1月 FP技能士2級 学科 問7より

【問題】

1.遺族基礎年金を受給することができる遺族は、国民年金の被保険者等の死亡の当時、その者によって生計を維持され、かつ、所定の要件を満たす妻および子に限られる。

 

 

【解答と解説】

この選択肢は不適切です。
「所定の要件を満たす妻および子」を「所定の要件を満たす妻または夫、および子」に直すと正しい文章となります。
これは、2014年4月に改正された事項ですね。

以前は確かに「妻および子」に限られ、夫は受給対象外でした。
しかし現在は、夫も遺族基礎年金を受給できるようになっています。

 

※今後も定期的に、1月試験の過去問解説を連載していきます。お楽しみに!

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を濃縮した問題を解き、得点
稼ぎのポイントを短時間でたくさん身につけられる勉強会です。

今後の開催日:
●5/9(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/16(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

学びは濃いですが、グループワークもあり、楽しく学べる和やかな雰囲気です。

・勉強不足を解消し、より合格の可能性を高めたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!
・将来はFPとして活躍したい! FP知識をプライベートでも活用したい!

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。

皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください!
みんなで合格を勝ち取りましょう!
 

あなたは順調に勉強を進められていますか?時には「監督」になってみよう

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

試験当日まで、まもなくあと1ヶ月になろうとしています。
試験勉強が順調な人もいれば、思うようにペースが上がっていない人もいるでしょう。

 

さて、試験勉強で大切なことは、学習ペースに遅れがないかを確認しながら進めることです。
ただ、その確認をする上では、

1.いつまでに何をすべきかの学習計画(スケジュール)を立てる
2.その計画に沿って学習を進められているか、遅れが発生していないかを判断する

という手順を踏む必要があります。
皆様は、学習計画を立てた上で、学習ペースの確認をしていますでしょうか?

 

一つの目安として、当勉強会では下記の学習スケジュールをお伝えしています
人によって進捗スピードも異なりますが、参考にしてみてくださいね。

・試験3か月前~3週間前(1日1~2時間の勉強)
インプット学習とアウトプット学習を繰り返し、6分野を一通り勉強する

・試験3週間前~1週間前(1日1~2時間の勉強)
問題集や過去問を解くなど、アウトプット学習を重視する

・試験1週間前以降(1日2時間の勉強)
解けなかった問題を徹底復習。問題集や過去問を自力で全問正解できるくらいに学習を繰り返す。

 

学習開始が遅かった人は、上記よりペースを上げた計画を立てる必要があるでしょう。
また、学習を進めるうちに当初の計画より遅れが生じた場合には、その遅れをどのように取り戻すかを考え、実行していきましょう。

 

試験に合格するために、知識を詰め込み、問題に正解するためのテクニックを身に付けることも大事です。
これを例えるなら、皆様はFP試験という大会に出場する「選手」という立場ですね。

しかしそれと同時に、「監督」の視点も持つべきです。
試験会場にいる試験監督のことではなく、スポーツ競技の監督のイメージです。

合格を目指して頑張る「選手」の調整役、客観的指導者となる、監督の視点も持ちましょう。そのうえで、今のままで合格できるのか、合格が難しいのならどのように改善していくのかを考えて、その対策を選手でもある自分自身に指導するのです。

この「監督」の感覚も持ちながら、今後の学習ペースを整え、合格を目指してくださいね。

 

私はこれまで何人もの受験者と接してきましたが、「もっと早くから勉強を始めておけばよかった」「勉強時間をもっと増やしていればよかった」と感じながら、受験当日を迎えた方がたくさんいらっしゃいました。
計画通りに勉強できなかったことを、試験当日1~2週間前に気が付いても、取れる対策は限られます。
でも今はまだ1か月近く余裕があります。遅れを取り戻すチャンスもたくさんあります。

 

FP試験は、努力が必ず報われる試験です! 
陰ながらの立場ではありますが、私たちも皆様の合格を応援しております。

今後も、学習ペース作りに役立つ配信していきますので、それも参考にしながら日々の学習を頑張って下さいね!

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を濃縮した問題を解き、得点
稼ぎのポイントを短時間でたくさん身につけられる勉強会です。

今後の開催日:
●5/9(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/16(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

学びは濃いですが、グループワークもあり、楽しく学べる和やかな雰囲気です。

・勉強不足を解消し、より合格の可能性を高めたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!
・将来はFPとして活躍したい! FP知識をプライベートでも活用したい!

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。

皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください!
みんなで合格を勝ち取りましょう!
 

2015年4月13日 (月)

【2級受験者向け】雇用保険の基本手当の受給年齢

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

本日は、2015年1月のFP技能士試験の過去問を解説いたします。
(中でも、多くの受験者が間違えやすい問題、試験対策テキストの記述が不足
している点に重点を置いて解説しています)

ややこしい内容も分かりやすく、時には実例とともに解説していきます。
1点でも多く得点できるよう、皆様の学習補強に役立ててくださいね。

===================

2015年1月 FP技能士2級 学科 問5より

【問題】

1.(雇用保険の基本手当に関して)基本手当は、離職の日以前に一定の被保険者期間を有する70歳未満の者が受給することができる。

 

 

【解答と解説】

この選択肢は不適切です。
「70歳未満」を「65歳未満」に直すと、正しい文章となります。
雇用保険の基本手当は、65歳未満で離職した場合に受給できるものです。年齢制限がある点を理解しておきましょう。

なお、65歳以上で離職した場合ですが、この場合は「高年齢求職者給付金」という一時金が支払われます。
この一時金の給付額は、雇用保険の加入期間によって30日分または50日分です。基本手当と比較すると、受給額は少なくなるケースが多くなってしまいますね。

 

※今後も定期的に、1月試験の過去問解説を連載していきます。お楽しみに!

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を濃縮した問題を解き、得点
稼ぎのポイントを短時間でたくさん身につけられる勉強会です。

今後の開催日:
●5/9(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/16(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

学びは濃いですが、グループワークもあり、楽しく学べる和やかな雰囲気です。

・勉強不足を解消し、より合格の可能性を高めたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!
・将来はFPとして活躍したい! FP知識をプライベートでも活用したい!

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。

皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください!
みんなで合格を勝ち取りましょう!
 

2015年4月12日 (日)

【2級受験者向け】労災の通勤災害に関する細かい規定について

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

本日は、2015年1月のFP技能士試験の過去問を解説いたします。
(中でも、多くの受験者が間違えやすい問題、試験対策テキストの記述が不足
している点に重点を置いて解説しています)

ややこしい内容も分かりやすく、時には実例とともに解説していきます。
1点でも多く得点できるよう、皆様の学習補強に役立ててくださいね。

===================

2015年1月 FP技能士2級 実技(FP協会) 問32より

本問は、労災保険の通勤災害に関する問題です。
問題の解説の前に、通勤災害の認定について解説します。

通勤の途中で、通勤とは関係のない場所へ移動すると、原則としてそれ以後は通勤とはみなされなくなります。
通勤とみなされなくなると、何らかの事故にあっても、労災保険における通勤災害の対象外となってしまいます。
なので「通勤途中で寄り道して事故に遭うと、労災保険の対象外になる」などと世間では言われているのです。
これは労災保険上のルールであり、「通勤の逸脱または中断」といいます。

さて、この「通勤の逸脱または中断」には、例外が定められています。
通勤経路上において下記に該当する場合は、逸脱や中断がなかったものとして、取り扱われます。

1.日用品の購入その他これに準ずる行為
2.職業訓練、学校教育法第1条に規定する学校において行われる教育その他これらに準ずる教育訓練であって職業能力の開発向上に資するものを受ける行為
3.選挙権の行使その他これに準ずる行為
4.病院又は診療所において診察又は治療を受けることその他これに準ずる行為
5.要介護状態にある配偶者、子、父母、配偶者の父母並びに同居し、かつ、扶養している孫、祖父母及び兄弟姉妹の介護(継続的に又は反復して行なわれるものに限る。) 

この例外事項を踏まえていないと、本問題に的確にこたえることはできません。
上記の5パターンを理解のうえ、問題の解答と解説に進みましょう。

 

【問題】

真弓さんは、労働者災害補償保険(労災保険)において、通勤災害として認められるのはどのようなケースなのか、FPの藤原さんに質問した。藤原さんが下図を使用して説明した通勤災害に関する次の(ア)~(エ)の記述について、適切なものには○、不適切なものには×を解答欄に記入しなさい。

 

【解答と解説】

(ア)自宅から会社へ向かう途中、風邪の治療のため(a)病院に立ち寄った後、通常の経路に戻ったところで転倒して負傷したときは、通勤災害と認められる。

この記述は適切です。上記の例外事項の4に該当するためです。

(イ)自宅から会社へ向かう途中、選挙権の行使のため(b)投票所に立ち寄った後、通常の経路に戻ったところで転倒して負傷したときは、通勤災害と認められる。

この記述は適切です。上記の例外事項の3に該当するためです。

(ウ)会社から自宅に帰る途中、夕食の買物のため(c)スーパーマーケットに立ち寄った後、通常の経路に戻ったところで転倒して負傷したときは、通勤災害と認められる。

この記述は適切です。上記の例外事項の1に該当するためです。

(エ)会社から自宅に帰る途中、友人と(d)映画館に立ち寄った後、通常の経路に戻ったところで転倒して負傷したときは、通勤災害と認められる。

この記述は不適切です。
上記の例外事項の1~5のどれにも該当しないためです。

 

※今後も定期的に、1月試験の過去問解説を連載していきます。お楽しみに!

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を濃縮した問題を解き、得点
稼ぎのポイントを短時間でたくさん身につけられる勉強会です。

今後の開催日:
●5/9(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/16(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

学びは濃いですが、グループワークもあり、楽しく学べる和やかな雰囲気です。

・勉強不足を解消し、より合格の可能性を高めたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!
・将来はFPとして活躍したい! FP知識をプライベートでも活用したい!

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。

皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください!
みんなで合格を勝ち取りましょう!
 

2015年4月11日 (土)

【3級受験者も参考に】高額介護サービス費について

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

本日は、2015年1月のFP技能士試験の過去問を解説いたします。
(中でも、多くの受験者が間違えやすい問題、試験対策テキストの記述が不足
している点に重点を置いて解説しています)

ややこしい内容も分かりやすく、時には実例とともに解説していきます。
1点でも多く得点できるよう、皆様の学習補強に役立ててくださいね。

===================

【問題】

2015年1月 FP技能士2級 学科 問4より

3.同一月内の介護サービス利用者負担額が一定の上限額を超えた場合は、所定の手続きにより、その上限額を超えた額が高額介護サービス費として支給される。

 

 

【解答と解説】

この選択肢は適切です。
ちょうど1年前の試験でも、同じ問題が出題されていましたね。

高額療養費制度に類似の制度が、介護保険にもあると理解すればよいでしょう。

問題文中に一定の限度額とありますが、所得の金額に応じて段階的に上限が設定されており、所得の低い人ほどその上限が低く設定されています。

 

※今後も定期的に、1月試験の過去問解説を連載していきます。お楽しみに!

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を濃縮した問題を解き、得点
稼ぎのポイントを短時間でたくさん身につけられる勉強会です。

今後の開催日:
●5/9(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/16(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

学びは濃いですが、グループワークもあり、楽しく学べる和やかな雰囲気です。

・勉強不足を解消し、より合格の可能性を高めたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!
・将来はFPとして活躍したい! FP知識をプライベートでも活用したい!

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。

皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください!
みんなで合格を勝ち取りましょう!
 

今になっても、まだ試験勉強を始めていない方へ・・・

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

試験当日まで、あと1か月半をきりました。

勉強を始めてみたものの「当初思っていたほど、順調にはいかないな・・・」と不安を感じ始める方が増えてくる時期でもあります。
どんどん学習を進めて追い込んでいけば、その不安は小さくなり「合格が見えてきた!」という感覚に変わっていきます。合格が見える感覚を得られるのは、もう少し先になると思いますが、自分の力を信じて、引き続き頑張っていただきたいと思います。

 

このように試験勉強を本腰入れて始める方がいる一方、受験者のツイッター、ブログ、掲示板の書き込みには、次のような書き込みも目立っています。

「今までほとんど勉強してなかったけど、今から頑張るぞ!」
「そろそろ気合でも入れて、やっていこうかな」

 

私はこういった書き込みを見るたびに、「ええぇぇ~~っ、今まで全く勉強してなかったの?ほんとに合格できるの?」と心配になってしまいます。

1か月前からでも十分合格を狙える、という十分な根拠があるなら問題はないでしょう。

しかしそうではなく、学習の計画やスケジュールも立てず、本当に何も考えることなく今まで過ごしてきたのであれば、ちょっと考え物です。
後で後悔することになりはしないかと、心配してしまいます。

勉強量が不足したために、試験後に後悔する方が、毎回いらっしゃいますから。

 

試験対策は、早くはじめるほど効果的!
まだ勉強を始めていないなら、今日からすぐにでも始めるよう、気持ちを切り替えてくださいね。

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を濃縮した問題を解き、得点
稼ぎのポイントを短時間でたくさん身につけられる勉強会です。

今後の開催日:
●5/9(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/16(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

学びは濃いですが、グループワークもあり、楽しく学べる和やかな雰囲気です。

・勉強不足を解消し、より合格の可能性を高めたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!
・将来はFPとして活躍したい! FP知識をプライベートでも活用したい!

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。

皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください!
みんなで合格を勝ち取りましょう!
 

2015年4月 9日 (木)

【2級受験者向け】高額療養費の計算問題

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

本日は、2015年1月のFP技能士試験の過去問を解説いたします。
(中でも、多くの受験者が間違えやすい問題、試験対策テキストの記述が不足
している点に重点を置いて解説しています)

ややこしい内容も分かりやすく、時には実例とともに解説していきます。
1点でも多く得点できるよう、皆様の学習補強に役立ててくださいね。

===================

2015年1月 FP技能士2級 実技(FP協会) 問40より

【問題】

英雄さんの母の正子さん(76歳)の平成26年12月の1ヵ月間における医療費(窓口での自己負担分)のデータ等が下記<資料>のとおりである場合、高額療養費として支給される額(多数回該当は考慮しない)として、正しいものはどれか。
なお、正子さんは後期高齢者医療制度の被保険者であり、窓口で後期高齢者医療被保険者証を提示している。
また、正子さんは平成26年11月に夫が死亡した後、一人で暮らしており、所得区分は「一般」に該当する。

<資料>

[正子さんの医療費(窓口での自己負担分)のデータ]
A内科(外来) :9,000円(保険診療分)
B眼科(外来) :3,000円(保険診療分)
C整形外科(外来):5,000円(保険診療分)
D歯科(外来) :60,000円(このうち、保険診療分は10,000円である。)

[後期高齢者医療制度の高額療養費の計算(「外来」のみの場合)]
個人ごとに外来の1ヵ月分の自己負担額を合算して払戻額を計算する。

[医療費の1ヵ月当たりの自己負担限度額]
所得区分:一般 → 外来(個人単位)12,000円

 

 

【解答と解説】

この問題の答えは、「15000円」となります。
なんだかややこしい計算問題のように思いますが、計算に必要な数字と、計算手順は問題文に明記されています。
これをヒントにすれば、次のように答えを求められます。

まず、高額療養費の対象となる医療費の合計額を計算します。問題文に「個人ごとに外来の1ヵ月分の自己負担額を合算」とありますので、この通りに合計額を出します。高額療養費の対象となるのは、保険診療分だけある点に注意すると、次の算式で計算できます。

9000+3000+5000+10000=27000円
※保険診療分だけを足し算した結果です。

続いて、高額療養費として支給される額(すなわち払い戻される額)を計算します。払い戻し高額療養費の自己負担限度額は、12000円と問題文に記載があります。
したがって、この自己負担限度額を超えた分が、支給される(払い戻される)ので、支給される額(払戻額)は次の計算式で求められます。

27000-12000=15000円。

これが、答えとなります。

 

※今後も定期的に、1月試験の過去問解説を連載していきます。お楽しみに!

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を濃縮した問題を解き、得点
稼ぎのポイントを短時間でたくさん身につけられる勉強会です。

今後の開催日:
●5/9(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/16(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

学びは濃いですが、グループワークもあり、楽しく学べる和やかな雰囲気です。

・勉強不足を解消し、より合格の可能性を高めたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!
・将来はFPとして活躍したい! FP知識をプライベートでも活用したい!

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。

皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください!
みんなで合格を勝ち取りましょう!
 

2015年4月 8日 (水)

難しい過去問に困ったら、公式サイト内「3級2級の難問を解説」もご利用ください

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

次の試験まで、あと1か月半ほどとなりました。
受験される皆様は、引き続き学習を継続していただき、見事合格できるよう頑張っていただきたいと思っています。

学習の過程で、やがて過去問を解くことになるでしょう。
せめて過去4回分くらいは解いて、出題傾向をつかみ、本番試験問題を解けるレベルに達しているかどうかをしっかり確認していただきたいと思います。

 

さて、過去問を解いていると、
・手持ちの試験対策テキストに書いてないことを出題した問題
・どうしてその正解になるのか、わからない問題
に出くわすこともあります。
こういう問題にぶつかると、どう対応してよいのかがわからず、困ってしまいますね。

 

その場合は、当勉強会の公式サイト内にある「3級2級の難問を解説」をご利用ください。

【3級2級の難問を解説】
http://money-study.net/fp/tisiki/index.htm
※PCスマホ両対応のページです。

この「3級2級の難問を解説」では、その名の通り過去問の中で難問に当たる問題を集中的に解説をしています。
ここでいう難問とは、皆様がお持ちの試験対策テキストに書いていないことを出題したものが中心です。
テキストに書いていないのですから、正しい答えや解き方を知ることも困難です。

このように、一般的な試験対策テキストには載っていないことを、たくさん解説したのが「3級2級の難問を解説」のページなのです。
このページで解説している項目は、ざっと400を超えました・・・
言い換えると、テキストに載っていないことが、それだけたくさん出題される試験だということです。

 

もし過去問を解いていて、お持ちのテキストにも書いていない事柄があれば、この「3級2級の難問を解説」のページをご活用ください。
無料で利用できますし、検索機能も有りますので、ぜひご活用ください。

かなり奥深い知識が得られるコンテンツですので、ざっと眺めるだけでも相当マニアックな知識を習得できます。
ただ、「3級2級の難問を解説」のコンテンツだけに頼ることは、しないでくださいね。
マニアックなことしか書いていませんから(笑)

一般的な問題、頻出問題に対応するためには、やはりお持ちの試験対策テキストで学習するのが最良です。
「3級2級の難問を解説」のページは、あくまでも補助教材としてご活用ください。

 

お持ちのテキストと、この「3級2級の難問を解説」を併用しながら、どんどん学習を進めていってくださいね!

「3級2級の難問を解説」はこちら
http://money-study.net/fp/tisiki/index.htm
※PCスマホ両対応のページです。

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を濃縮した問題を解き、得点
稼ぎのポイントを短時間でたくさん身につけられる勉強会です。

今後の開催日:
●5/9(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/16(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

学びは濃いですが、グループワークもあり、楽しく学べる和やかな雰囲気です。

・勉強不足を解消し、より合格の可能性を高めたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!
・将来はFPとして活躍したい! FP知識をプライベートでも活用したい!

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。

皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください!
みんなで合格を勝ち取りましょう!
 

2015年4月 7日 (火)

【3級受験者は参考に】高額療養費における健康保険限度額適用認定証

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

本日は、2015年1月のFP技能士試験の過去問を解説いたします。
(中でも、多くの受験者が間違えやすい問題、試験対策テキストの記述が不足
している点に重点を置いて解説しています)

ややこしい内容も分かりやすく、時には実例とともに解説していきます。
1点でも多く得点できるよう、皆様の学習補強に役立ててくださいね。

===================

2015年1月 FP技能士2級 実技(きんざい生保) 問5より

【問題】

ⅰ)<高額療養費制度について、中略>
なお,( 2 )未満の者が,事前に保険者から健康保険限度額適用認定証の交付を受け,医療機関の窓口に当該認定証と被保険者証を提示すると,窓口での支払額は自己負担限度額までとなります

 

 

【解答と解説】

(2)に入る言葉は「70歳」です。
健康保険限度額適用認定証の交付を受けられるのは、70歳未満の人と決まっています。

ちなみに70歳以上の人は、健康保険限度額適用認定証ではなく、「高齢受給者証」の交付を受けられます。
高齢受給者証を医療機関に提示すると、やはり同様にして、窓口で支払う医療費は、高額療養費の自己負担限度額までで済むようになります。

<3級受験者へ>
健康保険限度額適用認定証については、3級では過去に1度だけしか出題されたことがありませんが、余裕があれば覚えておきましょう。

 

※今後も定期的に、1月試験の過去問解説を連載していきます。お楽しみに!

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を濃縮した問題を解き、得点
稼ぎのポイントを短時間でたくさん身につけられる勉強会です。

今後の開催日:
●5/9(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/16(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

学びは濃いですが、グループワークもあり、楽しく学べる和やかな雰囲気です。

・勉強不足を解消し、より合格の可能性を高めたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!
・将来はFPとして活躍したい! FP知識をプライベートでも活用したい!

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。

皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください!
みんなで合格を勝ち取りましょう!
 

2015年4月 6日 (月)

本日より、配信ペースを高めていきます(1日2度配信の場合も)

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

試験当日まで、着々と日が迫ってきていますね。

 

皆様の試験学習ペースも高まってくる頃でしょうから、それに合わせてこちらも配信ペースを高めて情報をお送りしていきます。

今後は、1日2回配信することもあります。

これまでと同様に、過去問解説、試験前にやっておくべきこと、学習の進め方、試験当日に失敗しないためのコツなど、受験対策に役立つ情報をお送りしていきます。

 

引き続き、受験される皆様のお役に立てるよう努めていきますので、よろしくお願いいたします。

皆様も、試験対策学習の密度を上げ、合格めざして頑張りましょう!

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を濃縮した問題を解き、得点
稼ぎのポイントを短時間でたくさん身につけられる勉強会です。

今後の開催日:
●5/9(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/16(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

学びは濃いですが、グループワークもあり、楽しく学べる和やかな雰囲気です。

・勉強不足を解消し、より合格の可能性を高めたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!
・将来はFPとして活躍したい! FP知識をプライベートでも活用したい!

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。

皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください!
みんなで合格を勝ち取りましょう!
 

【3級受験者は参考に】国民健康保険の手続きと保険料限度額

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

本日は、2015年1月のFP技能士試験の過去問を解説いたします。
(中でも、多くの受験者が間違えやすい問題、試験対策テキストの記述が不足
している点に重点を置いて解説しています)

ややこしい内容も分かりやすく、時には実例とともに解説していきます。
1点でも多く得点できるよう、皆様の学習補強に役立ててくださいね。

===================

2015年1月 FP技能士2級 学科 問3より

【問題】

1.国民健康保険の被保険者の資格取得の届出は、資格を取得した日から14日以内に行うものとされている。

 

 

【解答と解説】

この選択肢は適切です。
したがって、会社を退職して自営業となったり、しばらく無職になる場合には、その日から14日以内に役所に行って、国民健康保険の届けをしなくてはならない、ということです。

 

 

【問題】

2.国民健康保険の各年度における保険料(税)には、最高限度額が定められている。

 

 

【解答と解説】

この選択肢は適切です。
国民健康保険料は、前年の所得によって金額が決まります。なので所得の高い人ほど、高い保険料を納めることになるのですが、その保険料はどこまでも高くなっていくわけではなく、最高限度額が定められています。

なお、この最高限度額は、国によって定められていますので、どの自治体でも最高限度額は同じです。
ちなみに、平成27年度の国民健康保険料の最高限度額は、52万円です。
も一つちなみに、後期高齢者医療制度の保険料の最高限度額は17万円、介護保険料の最高限度額は16万円です。この2つも同じく、最高限度額が定められているのです。

 

※今後も定期的に、1月試験の過去問解説を連載していきます。お楽しみに!

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を濃縮した問題を解き、得点
稼ぎのポイントを短時間でたくさん身につけられる勉強会です。

今後の開催日:
●5/9(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/16(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

学びは濃いですが、グループワークもあり、楽しく学べる和やかな雰囲気です。

・勉強不足を解消し、より合格の可能性を高めたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!
・将来はFPとして活躍したい! FP知識をプライベートでも活用したい!

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。

皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください!
みんなで合格を勝ち取りましょう!
 

2015年4月 5日 (日)

【3級試験解説】投資顧問契約、投資助言・代理業について

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

本日よりは、2015年1月のFP技能士試験の過去問解説を始めます。
過去問の中でも、多くの受験者が間違えやすい問題、試験対策テキストの記述が不足している点に重点を置いて解説していきます。

2015年1月試験の問題のうち、こちらで解説する問題は全部で45問ほどあります。
1日に1問解説するだけでも、45日かかってしまいます。
試験本番まであと45日+αですから、今後はほぼ毎日、過去問解説をお届けしていきます。皆様の学習にも役立ててくださいね!

それでは早速、過去問解説を始めましょう!

===================

2015年1月 FP技能士3級 学科 問1より

【問題】

ファイナンシャル・プランナーが顧客と投資顧問契約を締結し,その契約に基づき投資助言・代理業を行うには,金融商品取引業者として内閣総理大臣の登録を受けなければならない。

 

【解答と解説】

この記述は適切です。

投資助言・代理業とは、わかりやすく言えば、具体的な金融商品や銘柄を指定して上がる・下がる、売ったほうがよい・買ったほうがよいなどのアドバイスを行ったり、顧客の代理で金融商品の売買を行う業務です。
これらの業務は無資格で行うことはできず、本問の通り、内閣総理大臣の登録を受けなければなりません。

投資顧問契約、投資助言・代理業については、実技の個人資産(きんざい)では過去に何度か出題されたことがありますが、学科では初の出題でした。
出だしの第1問目、初出題の問題を出してくるとは・・・(笑)
次回の試験は、どうでしょうかね!?

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を濃縮した問題を解き、得点
稼ぎのポイントを短時間でたくさん身につけられる勉強会です。

今後の開催日:
●5/9(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/16(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

学びは濃いですが、グループワークもあり、楽しく学べる和やかな雰囲気です。

・勉強不足を解消し、より合格の可能性を高めたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!
・将来はFPとして活躍したい! FP知識をプライベートでも活用したい!

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。

皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください!
みんなで合格を勝ち取りましょう!
 

2015年4月 4日 (土)

試験直前の得点アップにつなげる「頻出事項&重要ポイント総仕上げ勉強会」参加申込開始しました!

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

次回5月24日(日)のFP技能士試験まで、あと2か月を切りました。
「試験まであと100日!」とお伝えした時から、ずいぶんと時が経ちましたね。
あれから、試験までの残り日数が半分近くになってしまったわけです・・・。

皆様は、着実に試験対策を進めていますでしょうか?
油断すると、試験当日まであっという間です。
余裕があるうちに、どんどん学習を進めていきましょう!
早く学習するほど、合格の可能性は高まりますからね!

 

さて、FP技能士試験の直前対策として開催している「頻出事項&重要ポイント総仕上げ勉強会」の、次回の開催日が決定しました!
試験日直前に、毎回恒例で開催している勉強会で、今回がついに開催40回目の開催となります。
おかげさまで、4年以上続いている勉強会です。

試験によく出題される点、勉強不足になりがちな点を中心に、試験対策の内容を深いところまでしっかり学ぶ勉強会です。
加えて、参加者同士でのグループワークも取り入れながら、楽しい雰囲気で学習を進めているのが特徴です。

 

次回勉強会の開催日程と内容は、以下の通りです。

●2015/5/9(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●2015/5/16(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

参加申込の受付も、本日より開始しました。
合格を目指す皆様の一助となれるよう楽しい勉強会にしていきますので、皆様のご参加をお待ちしています!

参加申込と、勉強会の詳細は、下記公式サイトからよろしくお願いいたします。
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を濃縮した問題を解き、得点
稼ぎのポイントを短時間でたくさん身につけられる勉強会です。

今後の開催日:
●5/9(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/16(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

学びは濃いですが、グループワークもあり、楽しく学べる和やかな雰囲気です。

・勉強不足を解消し、より合格の可能性を高めたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!
・将来はFPとして活躍したい! FP知識をプライベートでも活用したい!

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。

皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください!
みんなで合格を勝ち取りましょう!
 

2015年4月 3日 (金)

アウトプット学習では、間違えた問題に真剣に向き合いましょう!

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

先日は、試験学習のインプット学習とアウトプット学習についてお伝えしました。
どちらも試験対策として大切な学習法ですので、ぜひ意識しましょう。

本日は、このインプット学習とアウトプット学習をどのように進めていけばよいのかについて、先日のお話から一歩踏み込んでお伝えします。

 

FP試験は、6つの分野で構成されていますが、私は次の順序で進めていくやり方をお勧めしています。

・1分野目のライフプランニング:テキストを読む「インプット」の学習
・1分野目のライフプランニング:問題集を解く「アウトプット」の学習
・2分野目のリスク管理:テキストを読む「インプット」の学習
・2分野目のリスク管理:問題集を解く「アウトプット」の学習
      ・
      ・
      ・
・6分野目の相続・事業継承:テキストを読む「インプット」の学習
・6分野目の相続・事業継承:問題集を解く「アウトプット」の学習

 

このように1分野ずつ、インプット学習の後ですぐにその分野のアウトプット学習を行うことがポイントです。
なぜなら、インプット学習できちんと理解できているのかどうかを、すぐにアウトプット学習でチェックできるからです。

このやり方ではなく、最初に1分野目~6分野目をインプット学習したあとに、6分野一気にアウトプット学習を行うと、インプットとアウトプットに時間が空きすぎてしまいます。そのため、テキストで理解した内容を忘れた状態で問題集を解くことになり、学習効果が小さくなります。
ですから、効率よく学習を進めていくためにも、1分野ずつインプットとアウトプットを繰り返す学習をお勧めします。

 

それともう一つ。
アウトプット学習において、とても重要なことがあります。
それは「間違えた問題に真剣に向き合う」ことです。

問題を解き間違えた時には、どこをどのように間違えたのかをしっかり把握し、正しい内容を必死に習得することを心がけてください。

「あー間違えちゃった、次こそがんばろ」

というように、間違えた問題を流してしまうようでは意味がありません。受験者自身に改善が生まれないので、きっとまた次もその問題を間違えてしまうでしょう。

間違えた問題を次に確実に正解できるためにはどうすべきか、真剣に考えて対策を取る。
そのような勉強を重ねていってくださいね。

 

「できなかったことができるようになる」

これが、人間としての成長の証です。
試験勉強に限ったことではありません。
最初のアウトプット学習では、問題に間違えることはたくさんあるはずです。
なぜなら、知らないことを学んでいる過程だからです。

ここでひと踏ん張りし、解けなかった問題を数時間後や翌日に再び解きなおしましょう。後で必ず、自らの力で自信をもって正解を導き出せるかを、確認するのです。
「繰り返し学習」が、皆さんを成長させ、やがて合格につながっていきますよ。

 

このように、1分野ずつインプット学習とアウトプット学習を繰り返すこと、そして「間違えた問題に真剣に向き合って!」ということを、受験者の皆様にお伝えしました。
勉強法に不安をお持ちの方は、ひとまずこの方法を試してみることをお勧めしています。

試験本番で1点でも多く得点できるためのコツでもありますので、以上の内容が皆様のご参考になれば幸いです。
私たちも、皆様の合格をお祈りしております。

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を濃縮した問題を解き、得点
稼ぎのポイントを短時間でたくさん身につけられる勉強会です。

今後の開催日:
●5/9(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/16(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

学びは濃いですが、グループワークもあり、楽しく学べる和やかな雰囲気です。

・勉強不足を解消し、より合格の可能性を高めたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!
・将来はFPとして活躍したい! FP知識をプライベートでも活用したい!

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。

参加申込は、4月より受け付け開始します。
今のうちから、予定を開けておいてくださいね♪

 

2015年4月 1日 (水)

FP技能士試験の受験申込締め切り2日前!まだの方は本日に申込を!

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

5/24(日)に、次回のFP技能検定試験が行われます。
現在、受験申込の期間ではありますが、4月3日がその締め切り日となっています。

「そういえば次の試験に申し込むつもりだったのに、受験申込がまだだった!」という方は、急いで申し込み手続きを行いましょう!

受験の申し込みだけでなく、受験料の支払いも期日までに行わないと、受験資格を得られませんので十分ご注意ください。申込をしたらすぐに受験料も支払うようにしましょう。

受験申し込みをしようと思っていながらも、手続きが期日に間に合わず、受験できなくなってしまう方が、毎回いらっしゃいます。
そうなってしまうともったいないですので、本日が申し込み締め切り2日前であることを、皆様にご案内させていただきました。
「あと2日ある」という考え方ではなく、「今日中に何とかしないと!」と意識を切り替えてくださいね。

 

試験当日まで、いよいよ2か月を切りました。
受験予定の皆様、試験勉強の進捗はいかがでしょうか?

まだほとんど勉強していないよ~という方は、すぐに試験対策テキスト、問題集を購入のうえ、学習を始めるようにしてくださいね。
学習開始が早いほど、学習の量と質を確保できますから、より合格に近づきますよ。

 

前回1月試験の過去問解説も配信します。
皆様の合格を、いろいろな観点からも応援したいと思っておりますので、こちらも楽しみにしていてくださいね!

受験される皆様、合格目指して頑張りましょう!!

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を濃縮した問題を解き、得点
稼ぎのポイントを短時間でたくさん身につけられる勉強会です。

今後の開催日:
●5/9(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/16(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

学びは濃いですが、グループワークもあり、楽しく学べる和やかな雰囲気です。

・勉強不足を解消し、より合格の可能性を高めたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!
・将来はFPとして活躍したい! FP知識をプライベートでも活用したい!

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。

参加申込は、4月より受け付け開始します。
今のうちから、予定を開けておいてくださいね♪

 

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »