最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 試験3週間前からはアウトプット学習に比重を置き、解けない問題を無くしていこう! | トップページ | 【2級の試験解説】個人事業主の所得控除の取り扱いに関する問題 »

2015年5月 4日 (月)

第3分野「金融資産運用」学習のポイント

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

本日は、金融資産運用分野の学習ポイントについてお伝えします。

 

「資産運用」という言葉が、日常的にも使われるようになっています。
金融資産運用という言葉から、「投資で儲ける」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

これまで当勉強会に参加された方に、FP資格を取ろうと思ったきっかけをお聞きしてきました。その中で、投資や資産運用に興味があって、FP資格にチャレンジをしたという方も多くいらっしゃいました。

最近の投資・経済に関する雑誌記事でも、ファイナンシャルプランナーが解説していることが増えています。そこからファイナンシャルプランナーというものを知り、投資・経済に詳しくなれそうだと考えて、FP資格を取ろうと思った、という方もいらっしゃいました。
また、投資で儲けられるようになりたい、と考えてFP資格にチャレンジされる方もいらっしゃいますね。

 

さて、この金融資産運用の分野ですが、すでに資産運用の経験がある方は比較的得点しやすい分野です。なぜなら、資産運用を行う過程で体験したこと・見聞きしたことが、試験で出題されることも多いためです。
市販のマネー雑誌で得た知識で、問題に解答できることも多くあります。

その一方で、資産運用の経験がない方にとっては、「初めて知ることばかり」という印象の分野かと思います。初めて知る言葉、初めて知る概念が多くあり、学習のうえで苦労も多くなります。

余裕があれば、少額でもよいので、実際に金融資産運用を体験してみるのもよいと思います。

投資と言えば株が思いつきやすいでしょうが、他にも債券や投資信託などもあります。はたまた外貨商品やデリバティブもあり、投資の対象にもいろいろな種類があることが、試験勉強の過程で学べます。
また、投資によって得た利益に対する課税も、投資対象となる金融商品や取引条件によって、細かく規定されていることも驚きだったのではないでしょうか。

この金融資産運用の分野を学習し終えると、投資や経済にも興味がわくでしょう。
知人たちが資産運用について話をしているなら、その話の輪の中に加わって、いろいろ解説してあげられるくらいの知識は得られると思います。
日常生活でも役立つ知識になるということも考えながら、ぜひ前向きに学習を進めていただければと思います。

 

この分野でも、皆様がお使いの試験対策テキストに、解説が不足している場合もあるでしょう。
特に2級の方は、テキストに載っていないことが試験で出題されることも多いです。
お持ちのテキストがやや記述不足かなと思ったら、当勉強会公式サイトの「3級2級の難問を解説」のページも活用してください。このページには、市販の試験対策テキストで解説が漏れがちな内容を多く掲載しています。
利用は無料ですので、こちらもご活用くださいね。

【3級2級の難問を解説】
http://money-study.net/fp/tisiki/
※PCスマホ両対応のサイトです。

 

さて、この分野での試験対策の重要ポイントを、いくつか皆様に問いかけをいたします。
試験に合格するうえでは、ぜひとも「はい」と答えてもらいたいものばかりです。

あなたは、いくつ「はい」と答えられますか?

 

(3級2級共通)
■日経平均株価とTOPIXの特徴、違いを説明できますか?

■GDP、消費者物価指数など様々な経済指標がありますが、4種類以上の経済指標の名前と特徴を説明できますか?

■どのような場合に円高になり、どのような場合に円安になるか、数種類の事例を挙げて説明できますか?

■外貨投資をした時、円高/円安によって円ベースの利回りがどのように変化するか、説明できますか?

■債券価格、金利、発行体の格付けとの関係を、説明できますか?

■債券の利回り計算を、正確にできますか?

■個人向け国債の特徴(年数、固定金利/変動金利、最低利率、中途換金ルールなど)について、説明できますか?

■投資信託とは何か、説明できますか?

■委託者、受託者、販売会社、受益者の用語の意味を、それぞれ説明できますか?

■ETFとは何か、またREITとは何か、説明できますか?

■指値注文/成行注文、アクティブ運用/パッシブ運用、トップダウンアプローチ/ボトムアップアプローチの用語について、説明できますか?

■PER、PBR、ROI、配当利回りなどを、正確に計算できますか?

■MRF、MMF、外貨建てMMFとは何か、それぞれ説明できますか? また、それぞれについて手数料、解約時のルール、課税体系について、説明できますか?

■上場株式の配当金で、総合課税を選択した場合と申告分離課税を選択した場合のそれぞれで、どのような課税上の違いがあるのか、説明できますか?

■金融商品販売法と、消費者契約法のそれぞれについて、法律の特徴や目的を説明できますか?

■様々な金融商品において、売却時に課税される税金額を、所得税と住民税とに分けて計算できますか?

■NISA口座について、説明できますか?

 

(2級の方は、上記に加えてさらに下記についても確認してください)

■GDP、消費者物価指数など様々な経済指標がありますが、7種類以上の経済指標の名前と特徴を説明できますか?

■預貯金にもさまざまなものがありますが、普通預金と定期預金以外に5種類以上、名称を挙げてその特徴を説明できますか?

■外貨投資の際の、購入時と売却時とで為替レートが異なる時、売却時に得られる金額と実質利回りを計算できますか?

■制度信用取引と一般信用取引の違いについて、3つ以上の観点で説明できますか?

■オプション取引とは何か、先物取引とは何か、概要を説明できますか?

■株式投資、債券投資、投資信託のそれぞれにおいて、どのような課税体系になっているか、網羅的に説明できますか?

■外貨建て商品(外貨預金、外貨建てMMF、外国債券など)のそれぞれについて、課税される税金について説明できますか?

■ポートフォリオ理論に基づき、リターンとリスクについて重要となる考え方、また分散投資における特徴について、説明できますか?

■金融商品販売法で対象となっている取引と対象になっていない取引を、正確に説明できますか?

■預金保護制度、保険契約者保護機構、投資者保護基金のそれぞれで、どのような金融取引を保護しているのか、正確に説明できますか?

 

以上の問いかけに「はい」と答えられる自信と知識があれば、試験当日の問題文を見て、正誤を正しく判断できますし、計算問題も自信をもって解けるでしょう。
しかし「はい」と答えられないものが多ければ、お持ちのテキストや問題集でもう一度復習をして、試験当日までに備えてくださいね。

 

「はい」の数が少なかった方は、当勉強会で開催している「頻出重要ポイント総仕上げ勉強会」にご参加いただくことで、弱点を補強することもできますよ。
この勉強会では、試験頻出の内容、多くの受験者が間違えがちな内容を、みんなで楽しく学びます。受験者同士での会話の時間もあり、楽しい雰囲気で記憶への定着効果を高めています。試験当日に高得点を狙えるよう、楽しくも重要ポイントを短時間でしっかり学ぶ勉強会です。

これまでたくさんの方にもご好評いただいていますので、ご興味をお持ちになりましたら、ぜひご参加くださいね。
開催日程と参加申込については、下記のご案内をご覧ください。

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を濃縮した問題を解き、得点
稼ぎのポイントを短時間でたくさん身につけられる勉強会です。

今後の開催日:
●5/9(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/16(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

学びは濃いですが、グループワークもあり、楽しく学べる和やかな雰囲気です。

・勉強不足を解消し、より合格の可能性を高めたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!
・将来はFPとして活躍したい! FP知識をプライベートでも活用したい!

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。

参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。

皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください!
みんなで合格を勝ち取りましょう!
 

« 試験3週間前からはアウトプット学習に比重を置き、解けない問題を無くしていこう! | トップページ | 【2級の試験解説】個人事業主の所得控除の取り扱いに関する問題 »

金融資産運用・経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第3分野「金融資産運用」学習のポイント:

« 試験3週間前からはアウトプット学習に比重を置き、解けない問題を無くしていこう! | トップページ | 【2級の試験解説】個人事業主の所得控除の取り扱いに関する問題 »