最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 前回のFP技能士試験3級と2級の過去問解説を、来週より行います | トップページ | 次回FP技能士試験、申込期限はあと1週間です。まだの方はお早目に! »

2015年11月21日 (土)

[2級試験解説 やや難]出産手当金と傷病手当金を両方もらえる場合の取り扱い

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

本日は、2015年9月のFP技能士試験の過去問を解説します。
(多くの受験者が間違えやすい問題、試験対策テキストでの対策が難しい
問題を中心に解説しています)

合格後のさらなる知識向上にも、役立ててくださいね。

===================

2015年9月 FP技能士2級 実技(きんざい個人資産) 問1より

【問題】

出産手当金の支給期間中に傷病手当金も受けられるようになった場合は、( 2 )支給されます

 

【解答と解説】

(2)に入る言葉は、「出産手当金が優先して」です。

出産手当金と傷病手当金は、それぞれ基本事項なので、どのテキストにも解説があるでしょう。しかし両方を受給できるかについては、ほとんど記載はありませんね。
知らなければ答えようがない問題、そんなものも2級ではたくさん出題されます。

さて、出産手当金と傷病手当金は、両方同時に受給することはできません。

現実には、傷病手当金を受給中に出産を迎えることになったり、出産直後の症状悪化で働くことができなくなる場合もあります。この2つの手当金を両方受給できる権利がある場合は、出産手当金のみを受給することとなります。

傷病手当金を受給中に出産手当金が支給されるとき、傷病手当金は支給停止の扱いとなります。
傷病手当金⇒出産手当金⇒再び傷病手当金、と受給する場合、2回目の傷病手当金の受給期間は、1回目の傷病手当金の受給開始の日より1年6ヶ月です。出産手当金を受給した期間だけ、2回目の傷病手当金の受給終了の日が後ろにずれるわけではないのです。

なお、傷病手当金も出産手当金も、その支給額は標準報酬日額の3分の2となります。これは3級でも勉強したことですから、改めて覚えておきましょう。

 

問題の解説は以上です。
今後も定期的に、過去問を解説していきます。お楽しみに!

 

===================
【FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
今後の勉強会の開催予定は下記の通りです。
●1月上旬ごろ:FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●1月中旬ごろ:FP3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

開催1か月前頃に、日時、場所が正式に決まり、参加申込も受付開始します。
改めてご案内いたしますので、予定の調整をお願いします♪

 

« 前回のFP技能士試験3級と2級の過去問解説を、来週より行います | トップページ | 次回FP技能士試験、申込期限はあと1週間です。まだの方はお早目に! »

年金・社会保険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 前回のFP技能士試験3級と2級の過去問解説を、来週より行います | トップページ | 次回FP技能士試験、申込期限はあと1週間です。まだの方はお早目に! »