最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« FP2級対策勉強会は1週間後の開催! 参加者に当日の案内メールを送りました | トップページ | FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会を開催しました! »

2016年5月 9日 (月)

[2級試験解説 やや難]区分所有に関する「占有者」が追う義務について

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

本日は、2016年1月のFP技能士試験の過去問を解説します。
(多くの受験者が間違えやすい問題、試験対策テキストでの対策が難しい
問題を中心に解説しています)

合格後のさらなる知識向上にも、役立ててくださいね。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2016年1月 FP技能士2級 学科 問47より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【問題】

3.専有部分の占有者は、区分所有者が規約または集会の決議に基づいて負うすべての義務と同一の義務を負う。

 

【解答と解説】

この記述は不適切です。
宅建では出題される内容ですが、FP試験では実に5年ぶりの出題です。

まず「占有者」という言葉ですが、わかりやすく説明すれば区分所有者から賃貸された人、もっとわかりやすく言えば分譲マンションの一室を借りている人に当たります。所有者ではないけれど、実質的にその専有部分を使用している人のことを、占有者と言います。

マンションの管理規約は、区分所有者に義務を課すものです。
では占有者には、区分所有者と同一の義務が課されるのかと言えば、そうではありません。
マンションの管理規約には、様々な内容が含まれていますが、「建物、敷地、附属施設の使用方法」についてのみ、区分所有者と同一の義務が課されることとなります。
したがって本問の記述は不適切といえるのです。

「建物、敷地、附属施設の使用方法」に関する規約の一例として、
・エレベーターの使用方法
・共用部分の廊下に私物を置いてはいけない
・ペットを飼ってはいけない
等が該当します。
これらは、所有者だけでなく、占有者も守らなければいけない、ということになります。
要は、マンションはみんなで共同生活を営む場所なのだから、そのためのルールは全員で守るべきです、という趣旨なのです。

しかし、これ以外に関する事項、たとえば管理費を毎月納める、修繕積立金を支払うという義務は、占有者には課せられないのです。

ちなみに、以上の内容は区分所有法という法律で定められた規定です。
したがってこの法律に反することを規約で定めても、それは法律上無効となり、効力を持たないことになります。

 

問題の解説は以上です。
今後も定期的に、過去問を解説していきます。お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を濃縮した問題を解き、得点
アップのポイントを短時間でたくさん身につけられる勉強会です。

今後の開催日:
●2016/5/8(日) FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)対策勉強会
●2016/5/15(日) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会

学びは濃いですが、グループワークもあり、楽しく学べる和やかな雰囲気です。

・勉強不足を解消し、より合格の可能性を高めたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!
・学んだFP知識が、仕事やプライベートでどう活用できるかも学びたい!

とお考えの方にとってピッタリの、役に立つオススメの勉強会です。

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。 

« FP2級対策勉強会は1週間後の開催! 参加者に当日の案内メールを送りました | トップページ | FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会を開催しました! »

不動産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« FP2級対策勉強会は1週間後の開催! 参加者に当日の案内メールを送りました | トップページ | FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会を開催しました! »