最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会」最終ご案内です | トップページ | 「3級頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会」は1週間後に開催です! »

2017年1月 7日 (土)

[2級試験解説 やや難]登記の抹消における第三者の承諾について

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

本日は、2016年9月のFP技能士試験の過去問を解説します。
多くの受験者が間違えやすい問題、試験対策テキストでの対策が難しい
問題を中心に解説しています。
基本事項は皆様の日々の学習で、ちょっと手が届きにくい難しい事項を
こちらで勉強してくださいね。

合格後のさらなる知識向上にも、役立てられますよ。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2016年9月 FP技能士2級 学科 問41より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【問題】

4.権利に関する登記の抹消は、登記上の利害関係を有する第三者がある場合には、当該第三者の承諾があるときに限り、申請することができる。

 

【解答と解説】

この記述は適切です。
わかりにくいので、具体例をあげてご説明しましょう。

あなたはAさんから土地を買い、所有権が「Aさん⇒あなた」となる所有権設定登記を行いました。
その後、あなたはその土地を担保にお金を借りるため、お金の貸主であるBさんがその土地に抵当権設定登記を行いました。
このとき、次の順序で登記の記録があることになります
・Aさん⇒あなた となる所有権設定登記
・Bさんが抵当権の登記

ところが、諸事情でAさんとあなたとの間で行った売買契約が無効になったとします。
そのために、最初に行った「Aさん⇒あなた」の所有権設定登記を抹消する必要があります。しかし抵当権設定登記がなされているため、その抵当権設定登記も抹消する必要があります。
つまりは、次のようにする必要があります。
・「Aさん⇒あなた となる所有権設定登記」を抹消
・「Bさんが抵当権の登記」も抹消

この時、「Aさん⇒あなた となる所有権設定登記」を抹消するためには、この不動産に対して利害関係者となった第三者であるBさん(抵当権を設定した人)の承諾も必要になる、ということなのです。
したがって本記述は適切、といえるのです。

ちなみに、登記の抹消以外にも、
・登記の抹消を元に戻す場合(いわば抹消の抹消)
・所有権に関する仮登記の本登記
の場合に、利害関係を有する第三者が存在する場合には、その承諾が必要となっています。

 

問題の解説は以上です。
今後も定期的に、過去問を解説していきます。お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を補強し、得点アップの
ポイントを短時間でたくさん学べる勉強会です。

今後の開催日:
●2017/1/9(月・祝) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●2017/1/14(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

学びは濃いですが、グループワークもあり、受験者同士で合格への意欲を
高めながら、楽しく学べる和やかな雰囲気です。
合格を目指す皆さん、ぜひご参加ください!

↓参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから
http://money-study.net/fp/session/
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

 

« 「FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会」最終ご案内です | トップページ | 「3級頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会」は1週間後に開催です! »

不動産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [2級試験解説 やや難]登記の抹消における第三者の承諾について:

« 「FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会」最終ご案内です | トップページ | 「3級頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会」は1週間後に開催です! »