最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« [2級試験解説 3級の方も参考に]火災保険におけるM構造、T構造、H構造 | トップページ | [3級試験解説]家族傷害保険は、誰の職種で保険料を判定しているのか »

2017年4月27日 (木)

試験当日まで1か月!インプット学習とアウトプット学習で合格へ近づこう!

試験当日まで、あと1か月となりました!
まだ1か月・・・ではなく「あと1か月しかない」の方が正しいでしょうか?

受験される皆様は、引き続き試験学習を着々と進めてくださいね。
知識を増やして問題を解く力を養い、合格を目指して頑張っていきましょう!

 

過去に何度かお伝えしていますが、改めてインプット学習とアウトプット学習の重要性について、お伝えします。
しばらく前からお読みいただいている方は「またこの話か~」と思うかもしれませんが、試験対策でとても大切なことですので、改めてご確認下さいね。

 

試験勉強はインプット学習とアウトプット学習の2種類をうまく混ぜながら進めていくと効果的です。
インプット学習とアウトプット学習について、簡単にご説明しますと、

●インプット学習
試験対策テキストを読んで、内容を理解していく学習法。
本を読んで、試験に出題される事項をどんどん記憶していきます。

●アウトプット学習
問題集や過去問を解いて、正解を導く練習をする学習法。
インプット学習で学んだことが正しく理解できているか、確認していきます。

 

この2つの学習法で大切なことは、

・アウトプット学習で間違えた問題は、再びインプット学習で理解しなおす

ということです。

間違えて理解していたことは、必ず正しい理解に置き換えましょう。
間違えた理解をいかに忘れ、正しい理解をいかに頭に叩き込むかが重要です。

これを必死で行ってください。

「あー間違えちゃった、次こそがんばろ」というように、気持ちを切り替えるだけではダメです!
間違えた問題を流してしまうようでは、同じ問題でまた間違えてしまいます。
気持ちを切り替えることはもちろん、あなたの頭の中にある理解を、正しいものに入れ替えなければならないことを、意識してくださいね。

アウトプット学習で間違えた問題に、真剣に向き合ったかどうか、それが合否を分ける結果につながるのです。

 

「できなかったことができるようになる」

これが、人間としての成長の証です。
試験で点を取るコツでもあります。

最初は解けない問題がたくさんあります。
でもそれは、知らないことを学んでいる過程だから、当然のことです。

ここでひと踏ん張りし、解けなかった問題を数時間後や翌日に再び解きなおし、自らの力で自信をもって正解を導き出せるかを、確認していきましょう。
「インプット学習とアウトプット学習の繰り返し」が、皆さんを成長させ、やがて合格につながっていくのです。

私もこの学習法で、間違えた理解を徹底的に修正していきました。
3級~1級まで1発合格できたのも、この学習法で、解けない問題をなくしていくつもりでがんばったおかげだと思っています。

 

以上、インプット学習とアウトプット学習についてのお話でした。
勉強方法を改めなければ、と思った方はぜひ実践に移してくださいね。

試験まであと1か月! 合格目指して、がんばりましょう!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を補強し、得点アップの
ポイントを短時間でたくさん学べる勉強会です。
●5/13(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/21(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

<姉妹サイトの勉強会日程>
●4/22(土) 相続相談事例から学ぶ、計画的な相続対策
2つの相続相談事例を取り上げ、相続に関する問題をどのように解決すれば
よいかを考えていきます。相続における実践力が身につく内容です。

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
http://money-study.net/fp/session/

 

« [2級試験解説 3級の方も参考に]火災保険におけるM構造、T構造、H構造 | トップページ | [3級試験解説]家族傷害保険は、誰の職種で保険料を判定しているのか »

FP技能士試験関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« [2級試験解説 3級の方も参考に]火災保険におけるM構造、T構造、H構造 | トップページ | [3級試験解説]家族傷害保険は、誰の職種で保険料を判定しているのか »