最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月の28件の記事

2017年4月30日 (日)

第2分野「リスク管理の分野」学習のポイント

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

次のFP技能士試験を受験される皆様、順調に勉強を進められていますか?
勉強不足を感じたら、単純な解決法ですが、勉強時間を増やしましょう!
想定よりも勉強量が必要と気が付いたなら、その対策をとることが大切です。
なんとか勉強時間を確保して、引き続き合格目指してがんばりましょう!

 

さて、本日は「リスク管理」分野の重要ポイントについてお伝えします。

「リスク管理」と名前がついていますが、実質的には保険の分野ですね。
生命保険、損害保険の仕組みについて出題されます。
それに加えて、保険と税金の関係についても問われます。
保険の世界には複雑な仕組みがたくさんあり、そこを積極的に出題してきます。
細かいところも丁寧に学習することを心掛けてくださいね。

 

このリスク管理の分野をしっかり学習すれば、何気なく保険に加入していた方も、ご自身が契約していた保険内容を詳しく理解できるようになります。
必要な保障が何かを、判断できるようにもなります。
無駄のないように、保険を選択ができるようにもなります。

保険の知識を活かし、お客様の状況に適した保険を提案していくことで、FPとしての実務スキルを高めることもできます。
FP資格取得後の活躍の幅も広がりますので、前向きに学習をしていきましょう。

 

この分野でも、皆様がお使いの試験対策テキストに載っていないことが、出題されることもあるでしょう。特に2級はその傾向が強いです。
その場合は、公式サイトの「3級2級の難問を解説」のページも活用して下さい。
試験対策テキストで解説が漏れがちな内容を、1000項目以上掲載しています。
利用は無料なので、ぜひご活用くださいね。

【3級2級の難問を解説】
http://money-study.net/fp/tisiki/
※PCスマホ両対応のサイトです。

 

さて、この分野での試験対策の重要ポイントを、いくつか皆様に問いかけをいたします。
試験に合格するうえでは、ぜひとも「はい」と答えてもらいたいものばかりです。

あなたは、いくつ「はい」と答えられますか?

 

(3級2級共通)

■保険法、生命保険契約のルール、クーリングオフの概要を説明できますか?

■定期保険、終身保険、養老保険のそれぞれの内容と違いを、説明できますか?

■定期保険特約付き終身保険とは何か、また全期型と更新型のそれぞれの特徴と違いを、説明できますか?

■特定疾病保障保険とは何か、正確に説明できますか?

■払済保険と延長保険のそれぞれの内容と両者の違いを、説明できますか?

■リビングニーズ特約とは何か、説明できますか?

■生命保険金の受取時の課税は、相続税、所得税、贈与税の3種類あります。
それぞれどのような条件の場合に課税されるか、説明できますか?

■純保険料/付加保険料の違いと、3つの利率について、互いに関連付けて説明できますか?

■地震保険の保険金額、保険料控除について、説明できますか?

■自賠責保険の特徴と保険金額について、説明できますか?

■自動車保険の対人賠償保険、対物賠償保険、人身傷害補償保険のそれぞれについて、補償内容の特徴を説明できますか?

■傷害保険には、普通傷害保険、国内旅行保険、海外旅行保険があります。
それぞれの補償内容の特徴を、説明できますか?

■個人賠償責任保険は、どのような内容を補償するのか、説明できますか?

■保険会社が破たんした時、生命保険、損害保険のそれぞれで、どれくらいの金額が補償されるか説明できますか?

■保険契約書を見て、死亡時に支払われる保険金、入院や手術時に支払われる保険金、ガンになった時に支払われる保険金を、正しく計算できますか?

 

(2級の方は、上記に加えてさらに下記についても確認してください)

■少額短期保険の特徴(保険金額、保険期間、破たん時の取り扱いなど)を説明できますか?

■個人年金保険では、年金の受取時にも税金がかかります。
どのような条件下でどの種類の税金が課税されるか、説明できますか?

■個人事業主が契約した生命保険と損害保険では、どのような控除が適用されるのか、どのような経理処理をすべきか、いくつかのパターンがあります。
それらを網羅的に説明できますか?

■変額保険と変額個人年金のそれぞれについて、特徴、何が変額で何が定額なのか、保険料控除の取り扱いはどうなっているか、説明できますか?

■ハーフタックスプランとは何か、またその税務処理について説明できますか?

■長期平準定期保険とは何か、またその税務処理について、説明できますか?

■自賠責保険、対人賠償保険、対物賠償保険、自損事故保険、無保険車傷害保険、搭乗者傷害保険、人身傷害補償保険、車両保険のそれぞれの違いや補償内容を、説明できますか?

■所得補償保険はどのような時に保険金が支払われるのか、また保険料支払時と保険金受取時の税金について、説明できますか?

■法人向け損害保険を5種類以上挙げ、それぞの補償内容と、どのようなリスクに備える保険なのか、説明できますか?

■法人契約保険の様々な経理処理パターンを把握し、保険料の支払い時と、保険金の受取り時の経理処理を正しく実施できますか?

 

以上の問いかけに「はい」と答えられる自信と知識があれば、試験当日には正誤を正しく判断でき、計算問題も解けるでしょう。
しかし「はい」と答えられないものが多ければ、お持ちのテキストや問題集でもう一度復習をして、試験当日までに備えてくださいね。

 

「はい」の数が少なかった方は、ぜひ「頻出重要ポイント総仕上げ勉強会」にご参加下さい。
試験で高得点を狙えるよう、重要ポイントを短時間で学び、弱点も補強できます。
受験者同士で楽しく学びあう雰囲気が、過去の参加者にもご好評頂いています。
ご興味をお持ちになりましたら、ぜひご参加くださいね。
開催日程と参加申込については、下記のご案内をご覧ください。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を補強し、得点アップの
ポイントを短時間でたくさん学べる勉強会です。
●5/13(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/21(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

<姉妹サイトの勉強会日程>
●6/3(土) 家計シミュレーションソフトで家計分析・家計改善をやってみよう
AFP取得時にも作るキャッシュフロー表を専用ソフトで作り、実際の家計相談
にも活用でき、精度の高い家計改善を実現する方法を学びます。

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
http://money-study.net/fp/session/

 

2017年4月29日 (土)

[2級試験解説]店舗休業保険が補償する内容について

本日は、2017年1月のFP技能士試験の過去問を解説します。
市販テキストでの対策がしづらく、多くの受験者が間違えやすい問題を
中心に解説しています。
合格後のさらなる知識向上にも、役立ちますよ。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2017年1月 FP技能士2級 学科 問20より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【問題】

3.飲食店を営む企業が、火災・爆発等の災害による営業の休止または阻害による利益の減少等に備えて、店舗休業保険を契約した。

 

【解答と解説】

この記述は適切です。
店舗休業保険は、法人向け火災保険である店舗総合保険と、自営業者向けの所得補償保険(利益保険)の両方の特長を合わせたような保険です。

店舗休業保険は、火災、落雷、水災、物体の飛来、盗難などを理由にして保険金が支払わるという点では、店舗総合保険と似ています。
しかし、店舗や事務所の建物に対する損害ではなく、営業できなくなったことで失われる利益額を補償してくれる保険であり、この点は所得補償保険(利益保険)としての性質を持っています。

そのため、本記述の通り店舗休業保険で、火災や爆発で休業した場合の利益減少を補償してもらえることから、加入を検討するのは合理的です。

また、店舗休業保険の保険金は、所得の補償の性質を持つため、経理上は益金として参入することも併せて理解しておきましょう。

 

問題の解説は以上です。

基本事項は皆様の日々の学習で習得できますが、日々の学習でも得点しづらい
ちょっと難しい点を、こちらで補強してくださいね。
このようなポイントを理解しているかどうかが、合格ラインを超える力と
なっていきますよ。

今後も定期的に、過去問を解説していきます。お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を補強し、得点アップの
ポイントを短時間でたくさん学べる勉強会です。
●5/13(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/21(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

<姉妹サイトの勉強会日程>
●6/3(土) 家計シミュレーションソフトで家計分析・家計改善をやってみよう
AFP取得時にも作るキャッシュフロー表を専用ソフトで作り、実際の家計相談
にも活用でき、精度の高い家計改善を実現する方法を学びます。

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
http://money-study.net/fp/session/

 

勉強会開催はいよいよ2週間後!弱点補強と得点アップを目指す方はぜひご参加下さい!

試験まであと1か月を切りました。

勉強に焦りと不安が生まれ始めるのも、このころですね。
当初の想定より多くの勉強が必要だ・・・と実感し始める時期だからです。

試験勉強に限ったことではありませんが、何事も初めてのチャレンジでは、当初の想定通りにいかないことは、よくあることです。
そのような時は、臨機応変に対応していくことが大切です。
例えば勉強量がもっと必要と思ったら、学習時間を多く確保しましょう。

手探りの中でも、様々な工夫で困難を乗り切りながら、合格に向けて努力を続けていくことが大切です。
引き続き、試験対策学習に力を入れていってくださいね!

 

さて「頻出重要ポイント総仕上げ勉強会」の開催は、いよいよ2週間後です。
2級受験者向け勉強会は、5/13(土)に開催です。

2級試験は、3級の時よりも多くの学習が必要です。
より深い知識を要求され、難易度もグンと上がります。

しかし2級といえども頻出の問題がありますし、その一方で2級特有のやっかいな難問も出題されます。
そのような頻出問題と難問をたくさん集中的に学び、弱点補強と得点アップのコツを短時間で多く学べるのが、2週間後に開催する「頻出重要ポイント総仕上げ勉強会」なのです。

 

3級受験者向け勉強会は、試験の1週間前となる5/21(土)に開催します。
2級受験の方にとっては、基礎の重点学習の機会にもなります。

2級向け勉強会と同じく、試験頻出の点と、多くの受験者が間違えがちな点を集中的に学び、弱点補強と得点アップのコツを短時間で学びます。
3級合格を目指す方、2級で基礎を固めたい方は、ぜひご活用くださいね。

 

私がこのような試験対策の勉強会を始めたきっかけは、次のような受験者を応援したいという思いからでした。

・お金がかかりすぎるので資格スクールを断念した
・独学だと、合格ラインに到達できているかが客観的にわからず不安
・勉強中わからないことがあるけど、誰にも聞けず困っている

このような思いの方も多くいますから、そういった方々へ学びの機会を提供したいと思って、当勉強会はボランティアベースで運営しています。
大手資格スクールのような知名度はありませんが、低いコストで深い学びが得られるよう内容を構成しています。

いずれの勉強会も、参加申し込みを受け付け中です。
下記に日程と参加申込みURLを記載しておりますので、ご興味をお持ちになりましたら、ぜひご参加下さいね。

私たちと一緒に、合格目指して頑張りましょう!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を補強し、得点アップの
ポイントを短時間でたくさん学べる勉強会です。
●5/13(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/21(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

<姉妹サイトの勉強会日程>
●6/3(土) 家計シミュレーションソフトで家計分析・家計改善をやってみよう
AFP取得時にも作るキャッシュフロー表を専用ソフトで作り、実際の家計相談
にも活用でき、精度の高い家計改善を実現する方法を学びます。

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
http://money-study.net/fp/session/

 

2017年4月28日 (金)

[3級試験解説]家族傷害保険は、誰の職種で保険料を判定しているのか

本日は、2017年1月のFP技能士試験の過去問を解説します。
市販テキストでの対策がしづらく、多くの受験者が間違えやすい問題を
中心に解説しています。
合格後のさらなる知識向上にも、役立ちますよ。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2017年1月 FP技能士3級 学科 問38より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【問題】

家族傷害保険では、被保険者のなかに異なる職種級別の者がいる場合、保険料は、(  )の職種級別を基準に算出される。

 

【解答と解説】

(  )に入る言葉は、「被保険者本人(記名被保険者)」です。
家族傷害保険は、契約者と生計を一にする親族をすべて被保険者にできる保険です。

危険度の高い職種の人ほど、保険料が高くなる仕組みになっていますが、職種の判定はあくまでも被保険者本人の職種を基準に算出することになっています。
記名被保険者は一般的に、家族の中で最も補償を必要とする人を設定します。その人に付随して、他の親族も被保険者になる、というイメージで解釈してくださいね。

この理屈から言えば、例えば夫婦それぞれが仕事をしていて、夫のほうが保険料の高い職種についているときは、妻を記名被保険者にすることで保険料を下げることができます。
ただし、記名被保険者を基準として、どの親族までが被保険者の対象になるのかが変わってきます。核家族ではなく、親子三世代とか兄弟を含めて同居している場合には、被保険者の範囲が変わることがあるので、その点も注意が必要になります。

 

問題の解説は以上です。

基本事項は皆様の日々の学習で習得できますが、日々の学習でも得点しづらい
ちょっと難しい点を、こちらで補強してくださいね。
このようなポイントを理解しているかどうかが、合格ラインを超える力と
なっていきますよ。

今後も定期的に、過去問を解説していきます。お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を補強し、得点アップの
ポイントを短時間でたくさん学べる勉強会です。
●5/13(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/21(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

<姉妹サイトの勉強会日程>
●4/22(土) 相続相談事例から学ぶ、計画的な相続対策
2つの相続相談事例を取り上げ、相続に関する問題をどのように解決すれば
よいかを考えていきます。相続における実践力が身につく内容です。

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
http://money-study.net/fp/session/

 

2017年4月27日 (木)

試験当日まで1か月!インプット学習とアウトプット学習で合格へ近づこう!

試験当日まで、あと1か月となりました!
まだ1か月・・・ではなく「あと1か月しかない」の方が正しいでしょうか?

受験される皆様は、引き続き試験学習を着々と進めてくださいね。
知識を増やして問題を解く力を養い、合格を目指して頑張っていきましょう!

 

過去に何度かお伝えしていますが、改めてインプット学習とアウトプット学習の重要性について、お伝えします。
しばらく前からお読みいただいている方は「またこの話か~」と思うかもしれませんが、試験対策でとても大切なことですので、改めてご確認下さいね。

 

試験勉強はインプット学習とアウトプット学習の2種類をうまく混ぜながら進めていくと効果的です。
インプット学習とアウトプット学習について、簡単にご説明しますと、

●インプット学習
試験対策テキストを読んで、内容を理解していく学習法。
本を読んで、試験に出題される事項をどんどん記憶していきます。

●アウトプット学習
問題集や過去問を解いて、正解を導く練習をする学習法。
インプット学習で学んだことが正しく理解できているか、確認していきます。

 

この2つの学習法で大切なことは、

・アウトプット学習で間違えた問題は、再びインプット学習で理解しなおす

ということです。

間違えて理解していたことは、必ず正しい理解に置き換えましょう。
間違えた理解をいかに忘れ、正しい理解をいかに頭に叩き込むかが重要です。

これを必死で行ってください。

「あー間違えちゃった、次こそがんばろ」というように、気持ちを切り替えるだけではダメです!
間違えた問題を流してしまうようでは、同じ問題でまた間違えてしまいます。
気持ちを切り替えることはもちろん、あなたの頭の中にある理解を、正しいものに入れ替えなければならないことを、意識してくださいね。

アウトプット学習で間違えた問題に、真剣に向き合ったかどうか、それが合否を分ける結果につながるのです。

 

「できなかったことができるようになる」

これが、人間としての成長の証です。
試験で点を取るコツでもあります。

最初は解けない問題がたくさんあります。
でもそれは、知らないことを学んでいる過程だから、当然のことです。

ここでひと踏ん張りし、解けなかった問題を数時間後や翌日に再び解きなおし、自らの力で自信をもって正解を導き出せるかを、確認していきましょう。
「インプット学習とアウトプット学習の繰り返し」が、皆さんを成長させ、やがて合格につながっていくのです。

私もこの学習法で、間違えた理解を徹底的に修正していきました。
3級~1級まで1発合格できたのも、この学習法で、解けない問題をなくしていくつもりでがんばったおかげだと思っています。

 

以上、インプット学習とアウトプット学習についてのお話でした。
勉強方法を改めなければ、と思った方はぜひ実践に移してくださいね。

試験まであと1か月! 合格目指して、がんばりましょう!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を補強し、得点アップの
ポイントを短時間でたくさん学べる勉強会です。
●5/13(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/21(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

<姉妹サイトの勉強会日程>
●4/22(土) 相続相談事例から学ぶ、計画的な相続対策
2つの相続相談事例を取り上げ、相続に関する問題をどのように解決すれば
よいかを考えていきます。相続における実践力が身につく内容です。

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
http://money-study.net/fp/session/

 

2017年4月26日 (水)

[2級試験解説 3級の方も参考に]火災保険におけるM構造、T構造、H構造

本日は、2017年1月のFP技能士試験の過去問を解説します。
市販テキストでの対策がしづらく、多くの受験者が間違えやすい問題を
中心に解説しています。
合格後のさらなる知識向上にも、役立ちますよ。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2017年1月 FP技能士2級 学科 問16より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【問題】

2.専用住宅を対象とする火災保険の保険料を決定する要素の一つである建物の構造級別には、「M構造」「T構造」「H構造」の3種類の区分がある。

 

【解答と解説】

この記述は適切です。
この3種類の区分について、詳しく見ていきましょう。
M構造とは、マンション構造のことで、いわゆるマンションなどの共同住宅に適用されます。
T構造とは、耐火構造のことで、不動産分野で出てくる「耐火建築物」「準耐火建築物」はT構造に分類されます。
H構造とは、非耐火構造のことで、M構造でもT構造でもないものが分類されます。

火災によるリスクは、M構造→T構造→H構造の順に高くなるという考え方に基づき、火災保険料もM構造→T構造→H構造の順に高くなっています。

ちなみに、一戸建て住宅は、T構造かH構造かのいずれかに分類され、M構造に分類されることはありません。

 

問題の解説は以上です。

基本事項は皆様の日々の学習で習得できますが、日々の学習でも得点しづらい
ちょっと難しい点を、こちらで補強してくださいね。
このようなポイントを理解しているかどうかが、合格ラインを超える力と
なっていきますよ。

今後も定期的に、過去問を解説していきます。お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を補強し、得点アップの
ポイントを短時間でたくさん学べる勉強会です。
●5/13(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/21(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

<姉妹サイトの勉強会日程>
●4/22(土) 相続相談事例から学ぶ、計画的な相続対策
2つの相続相談事例を取り上げ、相続に関する問題をどのように解決すれば
よいかを考えていきます。相続における実践力が身につく内容です。

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
http://money-study.net/fp/session/

 

2017年4月25日 (火)

[2級試験解説 やや難]ハーフタックスプランの税務に関する問題

本日は、2017年1月のFP技能士試験の過去問を解説します。
市販テキストでの対策がしづらく、多くの受験者が間違えやすい問題を
中心に解説しています。
合格後のさらなる知識向上にも、役立ちますよ。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2017年1月 FP技能士2級 実技(生保顧客) 問8より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【問題】

2 「(全従業員を被保険者とし、ハーフタックスプランが適用される養老保険に関して)仮に、被保険者に全役員を加えて、保険金額等の契約内容を従業員と同様に設定した場合は、当該役員に係る保険料の2分の1に相当する金額は資産に計上し、残りの金額は給与として損金の額に算入することになります」

 

【解答と解説】

この記述は不適切です。
「残りの金額は給与として」を「残りの金額は福利厚生費として」に直すと正しい文章となります。
全従業員に加えて、全役員を加えた場合でも、ハーフタックスの要件を満たすこととなり、保険料の2分の1を福利厚生費として損金算入することができます。

 

 

【問題】

3 「(全従業員を被保険者とし、ハーフタックスプランが適用される養老保険に関して)死亡保険金が支払われた場合、当該契約に係る保険料積立金および配当金積立金を取り崩し、死亡保険金等との差額を雑収入として益金の額に算入します」

 

【解答と解説】

この記述は不適切です。
このハーフタックスプランで支払われる死亡保険金は、会社が受け取るのではなく、被保険者の遺族が受け取ることになります。死亡保険金を会社は受け取れないため、死亡保険金を経理処理に含めることはできません。
したがって、正しい経理処理の仕方は、「当該契約に係る保険料積立金および配当金積立金を取り崩し、その取り崩し額を雑損失として損金算入する」となります。

 

問題の解説は以上です。

基本事項は皆様の日々の学習で習得できますが、日々の学習でも得点しづらい
ちょっと難しい点を、こちらで補強してくださいね。
このようなポイントを理解しているかどうかが、合格ラインを超える力と
なっていきますよ。

今後も定期的に、過去問を解説していきます。お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を補強し、得点アップの
ポイントを短時間でたくさん学べる勉強会です。
●5/13(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/21(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

<姉妹サイトの勉強会日程>
●4/22(土) 相続相談事例から学ぶ、計画的な相続対策
2つの相続相談事例を取り上げ、相続に関する問題をどのように解決すれば
よいかを考えていきます。相続における実践力が身につく内容です。

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
http://money-study.net/fp/session/

 

2017年4月24日 (月)

[3級試験解説]解約返戻金は契約者に支払われる

本日は、2017年1月のFP技能士試験の過去問を解説します。
市販テキストでの対策がしづらく、多くの受験者が間違えやすい問題を
中心に解説しています。
合格後のさらなる知識向上にも、役立ちますよ。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2017年1月 FP技能士3級 実技(保険) 問9より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【問題】

3) 「(注:ハーフタックスプランが適用される養老保険において)保険期間中に被保険者である従業員が中途退職(生存退職)した場合、解約返戻金は退職する従業員本人に直接支給されます」

 

【解答と解説】

この記述は不適切です。
解約返戻金は、「退職する従業員本人」ではなく「契約者である会社」に直接支給されます。

ちなみに実務上、契約者である会社にいったん支払われた解約返戻金を原資として、そのあとに会社が退職金として従業員に支払うことは問題ありません。
問題の意図としては、解約返戻金は契約者(=本問の場合には会社)に支払われるものである、を問うものとなっています。この点を理解しておきましょう。

 

問題の解説は以上です。

基本事項は皆様の日々の学習で習得できますが、日々の学習でも得点しづらい
ちょっと難しい点を、こちらで補強してくださいね。
このようなポイントを理解しているかどうかが、合格ラインを超える力と
なっていきますよ。

今後も定期的に、過去問を解説していきます。お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を補強し、得点アップの
ポイントを短時間でたくさん学べる勉強会です。
●5/13(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/21(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

<姉妹サイトの勉強会日程>
●4/22(土) 相続相談事例から学ぶ、計画的な相続対策
2つの相続相談事例を取り上げ、相続に関する問題をどのように解決すれば
よいかを考えていきます。相続における実践力が身につく内容です。

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
http://money-study.net/fp/session/

 

2017年4月23日 (日)

弱点補強と得点アップにつなげる試験対策勉強会は、3週間後の開催です♪

次回のFP試験まで、あと1か月とちょっとです。
試験当日が日に日に迫ってくる実感を、お持ちでいらっしゃることでしょう。

しばらく前にお伝えしましたが、試験の3週間前までに6分野を一通り軽くでもよいので、学習し終えておきましょう。
試験日の3週間前からは、もう一度6分野の復習と、苦手なところ、暗記しづらいところに比重を置いて学習することで、全体的に得点を稼ぐ力がつきます。
試験直前に勉強不足であわてないよう、前倒しで学習を進めましょうね。

さて、毎度恒例となっておりますが、試験合格を目指す人たちが集まって共に学びあう「頻出重要ポイント総仕上げ勉強会」を3週間後に開催いたします。
すでにこちらでもご案内しておりますが、参加者も少しずつ増えています。

この勉強会では、試験頻出の点、受験者が間違えやすい点を徹底学習します。
理解できているかどうかが、合否の分かれ目になる問題ばかり揃えています。
参加者した皆様が、勉強不足の点を認識してそこを補強し、試験で高得点を狙えるよう、練り上げた勉強会です。

でも、単なる詰込み勉強ではありません。
試験で学んだことが実生活でどう役立つのかにも触れながら、学べます。
社員研修でも用いられる教育手法を取り入れ、実践的な学習効果が得られるよう、内容を構成をしています。

また、先生の話を一方的に聞くだけでもありません。
グループワークをしたり、FPの仕事やFP業界の話もしながら、参加した皆様同士で楽しく交流しながら進めます。
一緒に頑張る仲間ができるのも、この勉強会の特長です。

当勉強会はボランティアベースでの運営形態です。
大手資格スクールのような知名度はありませんが、コストをかけなくても学べる場所が欲しい、教えてくれる人に会いたい、という方の声にこたえるため、運営を続けています。

開催まであと3週間ほどありますが、まだまだ参加者募集中です。
毎回楽しくも、しっかりした学びも得られる勉強会です。
ご興味をお持ちになりましたら、ぜひご参加くださいね。

合格を目指す皆様とお会いできるのを、私たちも楽しみにしています!
勉強会の詳細なご案内と参加申込方法は、下記をご覧ください。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を補強し、得点アップの
ポイントを短時間でたくさん学べる勉強会です。
●5/13(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/21(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

<姉妹サイトの勉強会日程>
●4/22(土) 相続相談事例から学ぶ、計画的な相続対策
2つの相続相談事例を取り上げ、相続に関する問題をどのように解決すれば
よいかを考えていきます。相続における実践力が身につく内容です。

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
http://money-study.net/fp/session/

 

2017年4月22日 (土)

[3級試験解説]ハーフタックスプランにおける「普遍的加入」とは

本日は、2017年1月のFP技能士試験の過去問を解説します。
市販テキストでの対策がしづらく、多くの受験者が間違えやすい問題を
中心に解説しています。
合格後のさらなる知識向上にも、役立ちますよ。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2017年1月 FP技能士3級 実技(保険) 問9より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【問題】

2) 「福利厚生プラン(注:ハーフタックスプランが適用される養老保険)は、従業員全員を被保険者とする等の普遍的加入でなければなりませんので、健康上の問題等で加入できない従業員がいる場合、X社に福利厚生プランを導入することはできません」

 

【解答と解説】

この記述は不適切です。
ハーフタックスプランによる養老保険は、本記述にあるように従業員全員を被保険者とする普遍的加入が要件となっています。
しかし健康上の問題で加入できない従業員がいた場合は、その加入できない従業員をやむを得ず除外しても、普遍的加入とみなされ、ハーフタックスプランは適用されます。
ただし、保険に加入できない根拠の説明が必要になりますので、そのための資料などは実務上必要になります。

 

問題の解説は以上です。

基本事項は皆様の日々の学習で習得できますが、日々の学習でも得点しづらい
ちょっと難しい点を、こちらで補強してくださいね。
このようなポイントを理解しているかどうかが、合格ラインを超える力と
なっていきますよ。

今後も定期的に、過去問を解説していきます。お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を補強し、得点アップの
ポイントを短時間でたくさん学べる勉強会です。
●5/13(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/21(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

<姉妹サイトの勉強会日程>
●4/22(土) 相続相談事例から学ぶ、計画的な相続対策
2つの相続相談事例を取り上げ、相続に関する問題をどのように解決すれば
よいかを考えていきます。相続における実践力が身につく内容です。

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
http://money-study.net/fp/session/

 

2017年4月21日 (金)

試験勉強でめげそうになったら、当初の熱い気持ちを思い出そう!

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

試験当日まで、あと1ヶ月とちょっと。
勉強の調子はいかがでしょうか?

すらすらといい調子で勉強を進められている方もいらっしゃるでしょう。
その一方で、「勉強する量が思ったより多いな・・・」「意外と苦戦しているぞ・・・」と感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今は順調に進められていても、後半の不動産、相続の分野で学習ペースが急に落ちる方もいらっしゃいます。
場合によっては、合格の自信を無くしそうになってしまうかもしれません。

 

そんな時は、受験当初の熱い気持ちを思い出してください!

 

あなたは、なぜFPの資格を取ろうと思ったのですか?

当初は、FP資格を取るんだ!という、強く熱い思いがあったはずです。
たとえば・・・

 

FP資格が仕事で必要。お客様の役に立てる知識をたくさん身につけたい!

お金のことを広く勉強し、これからの自分や家族の生活に役立てたい!

今まで縁遠かった投資や資産運用に強くなり、収入の足しにしたい!

年金や相続の分野で、高齢の方を支援できるようになりたい!

テレビや雑誌で活躍しているファイナンシャルプランナーのようになりたい!

 

などなど、皆様それぞれに資格を取ろうと思った動機があったはずです。
資格取得後の未来を思い描いて、受験を決意されたはずです。

試験勉強でめげそうになったら、この当初の熱い気持ちを思い出しましょう!

 

将来なりたかった自分を実現するためには、多少の困難はつきものです。
皆様もこれまでの人生で、さまざまな困難を乗り越えてきたはずです。

困難を乗り越えてこそ、自分自身を成長させ、思い描いた夢を実現できます。
だから、途中であきらめたり、くじけてしまっては、もったいないですね。

 

勉強に行き詰ったら、当初の熱い気持ちを思い出しましょう。
そして、やる気を再び取り戻してくださいね!

 

私たちも、陰ながら皆様の合格を応援しています。
皆様のお役に立ちたいと思い、試験対策の情報提供したり、勉強会を開催して皆様をサポートしたり、過去問を解説する人がいることも、どこか頭の片隅にでもおいていただけると嬉しいです。

 

試験当日まで残り1か月とちょっと。
引き続き、合格目指してがんばっていきましょう!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を補強し、得点アップの
ポイントを短時間でたくさん学べる勉強会です。
●5/13(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/21(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

<姉妹サイトの勉強会日程>
●4/22(土) 相続相談事例から学ぶ、計画的な相続対策
2つの相続相談事例を取り上げ、相続に関する問題をどのように解決すれば
よいかを考えていきます。相続における実践力が身につく内容です。

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
http://money-study.net/fp/session/

 

[2級試験解説 やや難]長期平準的保険の単純返戻率について

本日は、2017年1月のFP技能士試験の過去問を解説します。
市販テキストでの対策がしづらく、多くの受験者が間違えやすい問題を
中心に解説しています。
合格後のさらなる知識向上にも、役立ちますよ。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2017年1月 FP技能士2級 実技(生保顧客) 問9より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【問題】

3 (長期平準定期保険に関して)「当該生命保険の単純返戻率(解約返戻金額÷払込保険料累計額)は、65歳前後にピークを迎え、その後、90歳前後まで同程度の水準を維持しながら推移します。65歳以後に解約などして、役員退職金等の原資を確保するようにしてください」

 

【解答と解説】

この記述は不適切です。
長期平準定期保険は、一般的には解約返戻金のピークは長くは続かず、ピークを迎えると下落していきます。
ということは、本記述にある単純返戻率(解約返戻金額÷払込保険料累計額)の分子の値が小さくなる一方、分母の払込保険料は大きくなるため、単純返戻率はピークを迎えた後、下がっていきます。ピーク時の水準を、65歳から90歳までの25年もの間、維持することはありません。

 

問題の解説は以上です。

基本事項は皆様の日々の学習で習得できますが、日々の学習でも得点しづらい
ちょっと難しい点を、こちらで補強してくださいね。
このようなポイントを理解しているかどうかが、合格ラインを超える力と
なっていきますよ。

今後も定期的に、過去問を解説していきます。お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を補強し、得点アップの
ポイントを短時間でたくさん学べる勉強会です。
●5/13(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/21(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

<姉妹サイトの勉強会日程>
●4/22(土) 相続相談事例から学ぶ、計画的な相続対策
2つの相続相談事例を取り上げ、相続に関する問題をどのように解決すれば
よいかを考えていきます。相続における実践力が身につく内容です。

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
http://money-study.net/fp/session/

 

2017年4月20日 (木)

今になっても試験勉強を始めていない方は、すぐに勉強を始めましょう!

試験当日まで、あと1か月半をきりました。

勉強を始めてみたものの「当初思っていたほど、順調にはいかないな・・・」と不安を感じ始める方が、増えてくる時期でもあります。
しかし、どんどん学習を進めていくことで、その不安は小さくなります。
そして、「合格が見えてきた!」という感覚に変わっていきます。

この感覚を得られるのは、もう少し先になると思います。
でも自分の力を信じて、引き続き頑張ってくださいね。

 

このように試験勉強を本腰入れて始める方がいる一方、受験者のツイッター、ブログ、掲示板には、次のような書き込みも目立っています。

「今までほとんど勉強してなかったけど、今から頑張るぞ!」
「そろそろ気合でも入れて、やっていこうかな」

 

私はこういった書き込みを見るたび、本当に合格できるのかと心配になります。

1か月前からでも十分合格を狙える根拠があるなら、問題はないでしょう。
そうではなく、学習のスケジュールも立てず、本当に何も考えることなく今まで過ごしてきたのであれば、ちょっと考え物です。
後で後悔することになるのではないかと、心配してしまいます。

勉強量が不足したために、試験後に後悔する方が、毎回いらっしゃいますから。

 

試験対策の勉強は、早くはじめるほど効果的!
まだ始めていないなら、今すぐに始めるよう気持ちを切り替えてくださいね。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を補強し、得点アップの
ポイントを短時間でたくさん学べる勉強会です。
●5/13(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/21(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

<姉妹サイトの勉強会日程>
●4/22(土) 相続相談事例から学ぶ、計画的な相続対策
2つの相続相談事例を取り上げ、相続に関する問題をどのように解決すれば
よいかを考えていきます。相続における実践力が身につく内容です。

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
http://money-study.net/fp/session/

 

2017年4月19日 (水)

[2級試験解説 3級保険実技の方も参考に]法人が受け取った医療保険金の経理処理

本日は、2017年1月のFP技能士試験の過去問を解説します。
市販テキストでの対策がしづらく、多くの受験者が間違えやすい問題を
中心に解説しています。
合格後のさらなる知識向上にも、役立ちますよ。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2017年1月 FP技能士2級 学科 問15より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【問題】

3.(契約者(=保険料負担者)を法人、被保険者を役員とする生命保険について)法人が受け取った医療保険(10年更新)の入院給付金は、その全額を雑収入として計上する。

 

【解答と解説】

この記述は適切です。
法人が受け取る掛け捨て型医療保険の保険金は、資産計上された金額がないため、その全額を雑収入として計上します。
個人が受け取る医療保険金は非課税ですが、法人の場合はこれとは異なる理屈で課税がなされる点に注意してくださいね。

 

問題の解説は以上です。

基本事項は皆様の日々の学習で習得できますが、日々の学習でも得点しづらい
ちょっと難しい点を、こちらで補強してくださいね。
このようなポイントを理解しているかどうかが、合格ラインを超える力と
なっていきますよ。

今後も定期的に、過去問を解説していきます。お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を補強し、得点アップの
ポイントを短時間でたくさん学べる勉強会です。
●5/13(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/21(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

<姉妹サイトの勉強会日程>
●4/22(土) 相続相談事例から学ぶ、計画的な相続対策
2つの相続相談事例を取り上げ、相続に関する問題をどのように解決すれば
よいかを考えていきます。相続における実践力が身につく内容です。

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
http://money-study.net/fp/session/

 

2017年4月18日 (火)

第1分野目「ライフプランニングと資金計画」学習のポイント

次のFP試験を受験される皆様は、今まさに、勉強に力が入っている期間だと思います。
現在、前回試験の過去問解説も配信しています。
多くの受験者が間違えやすい問題、知識を整理していないと答えづらい問題をピックアップして解説しています。
点を取りづらいところも、皆さんが積極的に得点していただけるよう解説を続けていきますので、ご参考になれば幸いです。

 

本日は、「ライフプランニングと資金計画」分野の重要ポイントについてお伝えします。

この分野では、社会保険と公的年金に関する出題に比重がおかれています。
すべての国民に関連がある内容ですが、年金や社会保険の学習を進めていくうちに、細かい規定があったり、今まで知らなかったことがたくさんあることに、改めて気付かれたと思います。

特に2級は、社会保険制度のかなり細かい仕組みについても学びます。
学ぶほどに奥の深い世界ですが、ここで学んだことは金融・FP関係の仕事だけでなく、皆さんご自身のプライベートでも役に立ちます。
親せきや知人のお金の相談に乗り、悩みを解決してあげることもできます。

難しくて勉強が大変だな~と感じるかもしれませんが、学んだ内容がどのように人々の役に立つかも理解しながら学習すると、学習意欲も維持できますよ。
この点もぜひ意識しながら、学習を継続していってくださいね。

 

「ライフプランニングと資金計画」の分野は、社会保険と公的年金の比重が高いですが、それ以外の内容も出題されます。
3級の方で学習不足に陥りがちなのは、キャッシュフロー表、財形、奨学金や教育ローンです。
2級の方はこれに加え、法人向けの企業年金、法人向けの融資形態についても、よく学習をしてください。

過去問学習では、皆様がお使いの試験対策テキストに載っていないことが、出題されることもあるでしょう。特に2級はその傾向が強いです。
その場合は、公式サイトの「3級2級の難問を解説」のページも活用して下さい。
試験対策テキストで解説が漏れがちな内容を、1000項目以上掲載しています。
利用は無料なので、ぜひご活用くださいね。

【3級2級の難問を解説】
http://money-study.net/fp/tisiki/
※PCスマホ両対応のサイトです。

 

さて、この分野での重要ポイントを、いくつか皆様に問いかけをいたします。
試験合格においては、ぜひとも「はい」と答えてもらいたいものばかりです。

あなたは、いくつ「はい」と答えられますか?

 

(3級2級共通)

■税理士、弁護士などの資格を持っていない場合、FPはどこまでの業務を行ってよいのか、説明できますか?

■住宅ローンの仕組み(元利均等返済/元金均等返済、変動金利/固定金利、フラット35)について、説明できますか?

■6つの係数がありますが、どのような場合にどれを使えばよいのか説明できますか? また、正しく選んで計算できますか?

■キャッシュフロー表の仕組みを理解し、ご自身で作ることができますか?

■健康保険の出産手当金(出産で休業)、傷病手当金(けがで休業)の仕組み、受取れる金額、適用要件を説明できますか?

■任意継続被保険者の制度、適用の要件について、説明できますか?

■健康保険と後期高齢者医療制度の違いを、説明できますか?

■高額療養費制度について理解し、高額療養費に関する計算ができますか?

■雇用保険の仕組みと、その受給要件について、説明できますか?

■公的介護保険の仕組み、第1号と第2号の被保険者の違い、保険給付内容について、説明できますか?

■国民年金の第1号~第3号被保険者のそれぞれの要件を、説明できますか?

■どのような要件が整えば、年金を受給できるのか、説明できますか?

■特別支給の老齢厚生年金とは何か、その受給要件は何か、説明できますか?

■老齢基礎年金の受給額を、正しく計算できますか? 
繰上げ/繰下げ、未納の有無などいろいろなパターンで正しく計算できますか?

■中高齢寡婦加算、障害年金の制度について、一通り説明ができますか?

■確定拠出年金の仕組み、加入できる人、拠出可能額、受給要件、拠出時と受給時の税制などを、全体的に説明できますか?

■教育ローン(教育一般貸付)や奨学金制度の概要を一通り説明できますか?

 

(2級の方は、上記に加えてさらに下記についても確認してください)

■6つの係数のうち複数を組み合わせて計算する場面でも、適切に係数を選択し計算できますか?

■健康保険の被扶養者となるための要件を、整理して説明できますか?

■雇用保険による給付金と、老齢年金の給付がある場合、併給や支給停止の仕組みについて、ひととおり説明できますか?

■労災保険について詳細まで学習し、給付金の種類を一通り説明できますか?

■老齢年金、障害年金、遺族年金の中で複数の受給権がある場合、その併給ルールについて説明できますか?

■在職老齢年金の仕組みを一通り理解し、適用要件、減額される金額など、その内容について説明できますか?

■障害年金について、受給要件、受給額などを含め、一通り説明できますか?

■遺族年金について、中高齢寡婦加算、経過的寡婦加算、死亡一時金、寡婦年金のそれぞれの概要、受給要件、受給対象者について、説明できますか?

■老齢年金、障害年金、遺族年金の受給額を、様々なケースにおいて、計算できますか?

■主に個人事業主が対象の小規模企業共済、国民年金基金のそれぞれで、加入できる人、拠出可能額、受給要件、拠出時と受給時の税制など、全体的に説明できますか?

■企業年金には、企業型確定拠出年金、厚生年金基金、中小企業退職共済など様々ありますが、これらの制度概要、法人側に課せられる要件、税務の取り扱いについて、一通り説明できますか?

■フラット35だけでなく、財形住宅融資についても概要を説明できますか?

■企業の資金調達方法は複数種類ありますが、具体的に5種類以上挙げ、それぞれの特徴、メリットやデメリットを説明できますか?

 

以上の問いかけに「はい」と答えられる自信と知識があれば、試験当日には正誤を正しく判断でき、計算問題も解けるでしょう。
しかし「はい」と答えられないものが多ければ、お持ちのテキストや問題集でもう一度復習をして、試験当日までに備えてくださいね。

 

「はい」の数が少なかった方は、ぜひ「頻出重要ポイント総仕上げ勉強会」にご参加下さい。
試験で高得点を狙えるよう、重要ポイントを短時間で学び、弱点も補強できます。
受験者同士で楽しく学びあう雰囲気が、過去の参加者にもご好評頂いています。
ご興味をお持ちになりましたら、ぜひご参加くださいね。
開催日程と参加申込については、下記のご案内をご覧ください。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を補強し、得点アップの
ポイントを短時間でたくさん学べる勉強会です。
●5/13(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/21(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

<姉妹サイトの勉強会日程>
●4/22(土) 相続相談事例から学ぶ、計画的な相続対策
2つの相続相談事例を取り上げ、相続に関する問題をどのように解決すれば
よいかを考えていきます。相続における実践力が身につく内容です。

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
http://money-study.net/fp/session/

 

2017年4月17日 (月)

過去問配信のこだわり:独学で乗り越えにくいところを徹底補強

以前より、前回2017年1月の、過去問解説を配信しています。
こちらで配信している過去問解説は、

・試験対策テキストに書かれていないところからの出題
・独学でしっかり勉強しても、得点しづらい問題
・多くの受験者が悩み、点を落としてしまうポイント

を中心に解説しています。
つまり、難易度が高めのものを中心に、解説しているのです。
お読みいただいて、そんな印象をすでに感じられているかもしれません。

 

標準的な問題をたくさん解説したほうが、皆さんにとっても読みやすいものになるでしょう。
しかし標準的な問題であれば、やがてみなさんが日々の学習で習得することになるはずです。

早かれ遅かれ、皆さんが習得することを解説するのではなく、こちらではあえて、皆さんが学びきれないポイントや、試験対策テキストの内容から少し広げた範囲を、意図的に配信しています。
本番試験の時になっても、学習漏れとなりがちなところを先行配信する、というつもりで配信をしているのです。

 

実際の試験問題では、上記の通り

・試験対策テキストに書かれていないところからの出題
・独学でしっかり勉強しても、得点しづらい問題
・多くの受験者が悩み、点を落としてしまうポイント

が出題されます。残念ながらこういった問題で多く点を落とし、不合格になってしまう人もいるのです。
特に2級はその傾向が強くなります。
過去問解説がわかりやすく読みやすくても、皆さんの合格につながらないのでは意味がありません。

 

当勉強会は「独学で乗り越えにくいところを徹底補強」にこだわりを持っています。
得点しづらいところを補強し、得点アップにつながる過去問解説にこそ意味があると考えています。
そんなこだわりを持って、これからも過去問解説を配信していきます。

この過去問解説で紹介した内容が、次回試験で出題される可能性もあります。
可能な限りわかりやすく、実例もあげながら解説に努めていきます。
しかも、無料で読めます。

ですので、この過去問解説をぜひご活用くださいね。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を補強し、得点アップの
ポイントを短時間でたくさん学べる勉強会です。
●5/13(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/21(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

<姉妹サイトの勉強会日程>
●4/22(土) 相続相談事例から学ぶ、計画的な相続対策
2つの相続相談事例を取り上げ、相続に関する問題をどのように解決すれば
よいかを考えていきます。相続における実践力が身につく内容です。

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
http://money-study.net/fp/session/

 

2017年4月16日 (日)

[3級試験解説]クレジットカード紛失時は、手続きにより60日間の支払いを免除してもらえる

本日は、2017年1月のFP技能士試験の過去問を解説します。
市販テキストでの対策がしづらく、多くの受験者が間違えやすい問題を
中心に解説しています。
合格後のさらなる知識向上にも、役立ちますよ。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2017年1月 FP技能士3級 学科 問5より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【問題】

クレジットカードを紛失した個人のカード会員は、その事実について速やかにカード会社等へ所定の届出を行った場合、原則として、当該カード会社が届出を受けた日の120日前以降のカードの利用代金の支払債務が免除される。

 

【解答と解説】

この記述は不適切です。
「120日」を「60日」に直すと正しい記述となります。
過去60日前までさかのぼって、支払い債務が免除、すなわち不正利用を補償してくれますので、紛失時には早めに届け出ることが大事ですね。
最近は、クレジットカードに関する出題も増えています。クレジットカードの仕組みについても、時間があればしっかり勉強しておきましょう。

 

問題の解説は以上です。

基本事項は皆様の日々の学習で習得できますが、日々の学習でも得点しづらい
ちょっと難しい点を、こちらで補強してくださいね。
このようなポイントを理解しているかどうかが、合格ラインを超える力と
なっていきますよ。

今後も定期的に、過去問を解説していきます。お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を補強し、得点アップの
ポイントを短時間でたくさん学べる勉強会です。
●5/13(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/21(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

<姉妹サイトの勉強会日程>
●4/22(土) 相続相談事例から学ぶ、計画的な相続対策
2つの相続相談事例を取り上げ、相続に関する問題をどのように解決すれば
よいかを考えていきます。相続における実践力が身につく内容です。

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
http://money-study.net/fp/session/

 

2017年4月15日 (土)

難しい過去問に困ったら、公式サイト内「3級2級の難問を解説」もご利用ください

次の試験まで、あと1か月半ほどですね!
受験される皆様は、引き続き学習を継続していただき、見事合格できるよう頑張っていただきたいと思っています。

学習の過程で、やがて過去問を解くことになるでしょう。
過去4~6回分くらいは解いて、出題傾向をつかみ、本番試験問題を解けるレベルに達しているかどうかを確認しておきましょう。

 

さて、過去問を解いていると、
・手持ちの試験対策テキストに書いてないことを出題した問題
・どうしてその正解になるのか、わからない問題
に出くわすこともあります。
こういう問題にぶつかると、どう対応してよいかわからず困ってしまいますね。
特に2級では、この傾向が強く出てきます。

 

その場合は、当勉強会の公式サイト内「3級2級の難問を解説」をご利用下さい。

【3級2級の難問を解説】
http://money-study.net/fp/tisiki/index.htm
※PCスマホ両対応のページです。

この「3級2級の難問を解説」では、その名の通り、過去問の中で難問に当たる問題を集中的に解説をしています。
ここでいう難問とは、皆様がお持ちの試験対策テキストに書いていないことを出題したものが中心です。
テキストに書いていないのですから、正しい答えや解き方を知ることも困難ですが、そこをカバーするために、この「3級2級の難問を解説」を用意しております。

このページで解説している項目は、なんと1000項目を超えています。
言い換えると、テキストに載っていないことが、それだけたくさん出題される試験だということです。

 

今後の学習で、お持ちのテキストにも書いていない事柄があれば、この「3級2級の難問を解説」をご活用ください。
無料で利用できますし、検索機能も有ります。
分からない言葉で検索すれば、効率よく見たい情報を得られます。

かなり奥深い知識が得られるコンテンツですので、ざっと眺めるだけでも相当マニアックな知識を習得できます。
ただし、この「3級2級の難問を解説」だけに頼ることは、しないでくださいね。
マニアックなことしか書いていませんから(笑)

一般的な問題、頻出問題に対応するためには、やはりお持ちの試験対策テキストで学習するのが最良です。
「3級2級の難問を解説」のページは、あくまでも補助教材としてご活用下さい。

 

お持ちのテキストと、この「3級2級の難問を解説」を併用しながら、合格目指してがんばりましょう!

「3級2級の難問を解説」はこちら
http://money-study.net/fp/tisiki/index.htm
※PCスマホ両対応のページです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を補強し、得点アップの
ポイントを短時間でたくさん学べる勉強会です。
●5/13(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/21(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

<姉妹サイトの勉強会日程>
●4/22(土) 相続相談事例から学ぶ、計画的な相続対策
2つの相続相談事例を取り上げ、相続に関する問題をどのように解決すれば
よいかを考えていきます。相続における実践力が身につく内容です。

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
http://money-study.net/fp/session/

 

2017年4月14日 (金)

[2級試験解説]中小企業退職金共済制度の加入要件

本日は、2017年1月のFP技能士試験の過去問を解説します。
市販テキストでの対策がしづらく、多くの受験者が間違えやすい問題を
中心に解説しています。
合格後のさらなる知識向上にも、役立ちますよ。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2017年1月 FP技能士2級 実技(中小事業主) 問1より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【問題】

1 「X社のようにサービス業に該当する株式会社が中退共(中小企業退職金共済制度)に加入するためには、常時雇用する従業員数が100人以下または資本金の額が5,000万円以下という加入要件を満たす必要があります」

 

【解答と解説】

この記述は適切です。
中退共の加入にあたっては、業種によって従業員数と資本金の金額に対する要件が、下記の通り定められています。

■一般業種(製造業、建設業等)
300人以下 または 3億円以下

■卸売業
100人以下 または 1億円以下

■サービス業
100人以下 または 5千万円以下

■小売業
50人以下 または 5千万円以下

ここまで細かく解説しているテキストは少ないので、こちらを参考にしてくださいね。

 

問題の解説は以上です。

基本事項は皆様の日々の学習で習得できますが、日々の学習でも得点しづらい
ちょっと難しい点を、こちらで補強してくださいね。
このようなポイントを理解しているかどうかが、合格ラインを超える力と
なっていきますよ。

今後も定期的に、過去問を解説していきます。お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を補強し、得点アップの
ポイントを短時間でたくさん学べる勉強会です。
●5/13(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/21(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

<姉妹サイトの勉強会日程>
●4/22(土) 相続相談事例から学ぶ、計画的な相続対策
2つの相続相談事例を取り上げ、相続に関する問題をどのように解決すれば
よいかを考えていきます。相続における実践力が身につく内容です。

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
http://money-study.net/fp/session/

 

2017年4月13日 (木)

[2級試験解説 やや難]中小企業退職金共済制度に関する出題

本日は、2017年1月のFP技能士試験の過去問を解説します。
市販テキストでの対策がしづらく、多くの受験者が間違えやすい問題を
中心に解説しています。
合格後のさらなる知識向上にも、役立ちますよ。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2017年1月 FP技能士2級 学科 問9より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【問題】

1.事業主と生計を一にする同居の親族は、使用従属関係等が認められることにより、従業員として中退共(中小企業退職金共済制度)に加入することができる。

 

【解答と解説】

この記述は適切です。
同居の親族であっても、事業主に雇用されている実態があれば、加入することができます。
実は平成23年以前は認められていませんでしたが、以後現在までは加入が認められるようになりました。

ちなみに実務上は、同居の親族を中退共に加入させる場合、雇用を確認するための書類を加入時、加入中、退職時に提出する必要があります。
また、その親族が小規模企業共済に加入している場合は、この中退共に加入させることはできないことになっています。
このように、同居親族に対しては、一般的な従業員とは異なり、追加の要件があるのです。

 

 

【問題】

2.中退共(中小企業退職金共済制度)の掛金は、事業主と従業員の合意に基づき、事業主と従業員が折半して納付することができる。

 

【解答と解説】

この記述は不適切です。
中退共の掛け金は、全額事業主が負担しなければならず、従業員に負担させることは一切認められていません。

 

 

【問題】

4.中退共(中小企業退職金共済制度)の加入企業が中小企業者でなくなった場合は、中退共の解約手当金相当額を、所定の要件のもとに、確定給付企業年金制度や確定拠出年金制度(企業型年金)に移換することができる。

 

【解答と解説】

この記述は適切です。
中小企業者でなくなった場合は、中退共を脱退しなければなりません。
本選択肢のように、他の年金制度に移管することもできますし、解約手当金を従業員に支給することもできます。
ちなみに、確定拠出年金に移管できるようになったのは、平成28年4月とごく最近のことです。

 

問題の解説は以上です。

基本事項は皆様の日々の学習で習得できますが、日々の学習でも得点しづらい
ちょっと難しい点を、こちらで補強してくださいね。
このようなポイントを理解しているかどうかが、合格ラインを超える力と
なっていきますよ。

今後も定期的に、過去問を解説していきます。お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を補強し、得点アップの
ポイントを短時間でたくさん学べる勉強会です。
●5/13(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/21(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

<姉妹サイトの勉強会日程>
●4/22(土) 相続相談事例から学ぶ、計画的な相続対策
2つの相続相談事例を取り上げ、相続に関する問題をどのように解決すれば
よいかを考えていきます。相続における実践力が身につく内容です。

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
http://money-study.net/fp/session/

 

2017年4月12日 (水)

試験直前の得点アップに!「頻出事項&重要ポイント総仕上げ勉強会」参加受付開始しました

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

次回のFP技能士試験まで、あと2か月を切りました。
「試験まであと100日!」とお伝えした時から、ずいぶんと時が経ちましたね。
あれから、試験までの残り日数が半分近くになってしまったわけです・・・。

皆様は、着実に試験対策を進めていますでしょうか?
油断すると、試験当日まであっという間です。
余裕があるうちに、どんどん学習を進めていきましょう!
早く学習するほど、合格の可能性は高まりますからね!

 

さて、FP技能士試験の直前対策として開催している「頻出事項&重要ポイント総仕上げ勉強会」の、次回の開催日が決定し、本日より参加申込を開始しました!

試験によく出題される点、勉強不足になりがちな点を中心に、皆様が学習しづらいところを効率よく学び、得点アップを実現する勉強会です。
試験日の1週間から2週間前に、いつも開催しています。

参加者同士でのグループワークや、社員研修でも用いられる教育手法を取り入れており、楽しい雰囲気のなかで実践的な学習効果が得られるよう、内容を構成をしています。

資格スクールはとてもお金がかかるので断念したけれど、独学だと合格ラインに到達できているかが不安だし、わからないことを誰にも聞けず困っている。
この勉強会は、そんな受験者を応援しようと、始めたのがきっかけです。
当てはまった方こそ、ぜひご参加くださいね。

 

次回勉強会の開催日程と内容は、下記の通りです。
合格を目指す皆様の一助となるよう、合格に役立つ勉強会にしていきます。
皆様のご参加をお待ちしています!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
試験頻出の点、多くの受験者が間違えやすい点を補強し、得点アップの
ポイントを短時間でたくさん学べる勉強会です。
●5/13(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/21(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント総仕上げ勉強会

<姉妹サイトの勉強会日程>
●4/22(土) 相続相談事例から学ぶ、計画的な相続対策
2つの相続相談事例を取り上げ、相続に関する問題をどのように解決すれば
よいかを考えていきます。相続における実践力が身につく内容です。

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
http://money-study.net/fp/session/

 

2017年4月11日 (火)

アウトプット学習では、間違えた問題に真剣に向き合いましょう!

しばらく前に、試験対策のインプット学習とアウトプット学習についてお伝えしました。
どちらも試験対策として大切な学習法ですので、ぜひ意識してくださいね。

本日は、アウトプット学習について、もう一歩踏み込んでお伝えします。
以前にも同様の内容をお伝えしましたが、受験にあたりとても大切なことですから、あえて繰り返しお伝えをいたします。

 

アウトプット学習は「間違えた問題に真剣に向き合う」ことが重要です。

問題を解き間違えた時には、どこをどのように間違えたのかをしっかり把握し、正しい内容を必死に習得することを心がけてください。

「あー間違えちゃった、次こそがんばろ」

というように、間違えた問題を流してしまうようでは意味がありません。
受験者自身に改善が生まれないので、また次もその問題を間違えてしまうでしょう。

間違えた問題を、確実に正解できるためにはどうすべきか、真剣に考えて対策を取る、そのような勉強を積み重ねていきましょう。

 

「できなかったことができるようになる」

これが、人間としての成長の証です。
最初のアウトプット学習では、問題に間違えることはたくさんあるはずです。
なぜなら、知らないことを学んでいる過程だからです。
ここでひと踏ん張りし、解けなかった問題を数時間後や翌日に再び解きなおし、自らの力で自信をもって正解を導き出せるかを、確認していきましょう。
「繰り返し学習」が、皆さんを成長させ、やがて合格につながっていくのです。

 

・1分野ずつインプット学習とアウトプット学習を繰り返す!
・アウトプット学習で間違えた問題は、必ず解きなおす!

これが、短時間で知識を確かなものにできる効果的な方法です。
合格へ近づく大事なポイントです。

私自身がFP試験を受験する時、この方法を実践しました。3ヶ月間、インプット学習とアウトプット学習を繰り返し、3級~1級まですべて一発合格しています。
勉強法に不安をお持ちの方は、ぜひこの方法を試してくださいね。

 

「間違えた問題に真剣に向き合う」は、試験で1点でも多く得点するコツです。
以上の内容が皆様の合格の一助になれば幸いです。
合格目指して、がんばっていきましょう!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<姉妹サイトの勉強会日程>
●4/22(土) 相続相談事例から学ぶ、計画的な相続対策
2つの相続相談事例を取り上げ、相続に関する問題をどのように解決すれば
よいかを考えていきます。相続における実践力が身につく内容です。

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
http://money-study.net/fp/session/

 
<FP技能士3級2級合格勉強会 開催日程>
・5月上旬ごろ:FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
・5月中旬ごろ:FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

 

2017年4月10日 (月)

[2級試験解説 やや難]障害厚生年金と、労災保険の障害補償年金を、同時に受け取る場合の調整

本日は、2017年1月のFP技能士試験の過去問を解説します。
市販テキストでの対策がしづらく、多くの受験者が間違えやすい問題を
中心に解説しています。
合格後のさらなる知識向上にも、役立ちますよ。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2017年1月 FP技能士2級 学科 問7より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【問題】

4.同一の事由により障害厚生年金と労働者災害補償保険の障害補償年金が支給される場合、障害厚生年金は、所定の調整率により減額されて支給される。

 

【解答と解説】

この記述は不適切です。
これはちょっと難しいですね。1級試験ではたまに出題される内容です。

障害厚生年金と、労災保険での障害補償年金は、両方受け取ることができます。
ただし、障害補償年金のほうが所定の調整率により減額されます。障害厚生年金の方は全額が支給されるので、本選択肢は不適切となるのです。

ちなみに同様に、同一の事由により遺族厚生年金と、労災保険の遺族補償年金が支給される場合も同じような調整があります。
この場合、労災保険の遺族補償年金のほうが所定の調整率により減額され、遺族厚生年金は全額支給されます。
障害年金と遺族年金とで、同じ取り扱いになっていますので、セットで覚えておきましょう。

 

問題の解説は以上です。

基本事項は皆様の日々の学習で習得できますが、日々の学習でも得点しづらい
ちょっと難しい点を、こちらで補強してくださいね。
このようなポイントを理解しているかどうかが、合格ラインを超える力と
なっていきますよ。

今後も定期的に、過去問を解説していきます。お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<姉妹サイトの勉強会日程>
●4/22(土) 相続相談事例から学ぶ、計画的な相続対策
2つの相続相談事例を取り上げ、相続に関する問題をどのように解決すれば
よいかを考えていきます。相続における実践力が身につく内容です。

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
http://money-study.net/fp/session/

 
<FP技能士3級2級合格勉強会 開催日程>
・5月上旬ごろ:FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
・5月中旬ごろ:FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

 

2017年4月 9日 (日)

[2級試験解説 やや難]雇用保険の基本手当を受給しているときに、支給停止となるものは何?

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

本日は、2017年1月のFP技能士試験の過去問を解説します。
市販テキストでの対策がしづらく、多くの受験者が間違えやすい問題を
中心に解説しています。
合格後のさらなる知識向上にも、役立ちますよ。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2017年1月 FP技能士2級 学科 問7より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【問題】

3.遺族厚生年金の受給権者が雇用保険の基本手当の支給を受けている間、遺族厚生年金は支給停止となる。

 

【解答と解説】

この記述は不適切です。
雇用保険の基本手当の支給を受けていても、遺族厚生年金は支給停止とはなりません。

ちなみに、本記述のように雇用保険の基本手当の支給を受けている間は、「老齢厚生年金」の方は支給停止となります。
これは試験対策テキストにも書いてありますから、覚えておいてくださいね。
ややこしいところですが、一つ一つ正確に理解をしていきましょう。
そうしないと、こういった問題で引っ掛かってしまいますからね。

もう一つちなみに、「障害厚生年金」の受給権者が雇用保険の基本手当の支給を受けている間は、障害厚生年金は支給停止とはなりません。これは遺族厚生年金の場合と同じ扱いとなります。

 

問題の解説は以上です。

基本事項は皆様の日々の学習で習得できますが、日々の学習でも得点しづらい
ちょっと難しい点を、こちらで補強してくださいね。
このようなポイントを理解しているかどうかが、合格ラインを超える力と
なっていきますよ。

今後も定期的に、過去問を解説していきます。お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<姉妹サイトの勉強会日程>
●4/22(土) 相続相談事例から学ぶ、計画的な相続対策
2つの相続相談事例を取り上げ、相続に関する問題をどのように解決すれば
よいかを考えていきます。相続における実践力が身につく内容です。

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
http://money-study.net/fp/session/

 
<FP技能士3級2級合格勉強会 開催日程>
・5月上旬ごろ:FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
・5月中旬ごろ:FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

 

2017年4月 8日 (土)

[2級試験解説 やや難]国民年金第1号被保険者の要件に、国籍は関係ない

本日は、2017年1月のFP技能士試験の過去問を解説します。
市販テキストでの対策がしづらく、多くの受験者が間違えやすい問題を
中心に解説しています。
合格後のさらなる知識向上にも、役立ちます。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2017年1月 FP技能士2級 学科 問5より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【問題】

1.(国民年金に関して)第1号被保険者は、日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の自営業者、農林漁業者、学生、無職の者などのうち、日本国籍を有する者のみが該当する。

 

【解答と解説】

この記述は不適切です。
第1号被保険者の要件として、国籍は問われません。
国籍を問わず、日本国内に住所を有していれば、第1号被保険者となるのです。

第2号、第3号被保険者においても、国籍は要件に含まれていません。

ちなみに、年金制度では日本国籍の有無が要件になっているものもあります。
例えば日本に住所がない人(海外で生活している人)は、第1号被保険者とはなりませんが、第1号の任意加入被保険者になることもできます。
この任意加入においては、日本国籍がなければならない、という国籍要件が含まれています。

細かいところですが、整理して理解しておきましょうね。

 

問題の解説は以上です。

基本事項は皆様の日々の学習で習得できますが、日々の学習でも得点しづらい
ちょっと難しい点を、こちらで補強してくださいね。
このようなポイントを理解しているかどうかが、合格ラインを超える力と
なっていきますよ。

今後も定期的に、過去問を解説していきます。お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<姉妹サイトの勉強会日程>
●4/22(土) 相続相談事例から学ぶ、計画的な相続対策
2つの相続相談事例を取り上げ、相続に関する問題をどのように解決すれば
よいかを考えていきます。相続における実践力が身につく内容です。

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
http://money-study.net/fp/session/

 
<FP技能士3級2級合格勉強会 開催日程>
・5月上旬ごろ:FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
・5月中旬ごろ:FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

 

2017年4月 6日 (木)

[3級試験解説]「国民年金の保険料の納付猶予制度」の法改正問題

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

本日は、2017年1月のFP技能士試験の過去問を解説します。
市販テキストでの対策がしづらく、多くの受験者が間違えやすい問題を
中心に解説しています。
合格後のさらなる知識向上にも、役立ちます。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2017年1月 FP技能士3級 実技(個人資産) 問2より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【問題】

3) 「飲食店の経営が軌道に乗るまでの間に国民年金の保険料の納付が困難な状況が生じた場合は、保険料の納付猶予制度を利用する方法があります。平成28年7月からは、50歳以上の国民年金の第1号被保険者も納付猶予制度を利用できるようになりました」

 

【解答と解説】

この記述は不適切です。
「50歳以上の」を「50歳未満の」に直すと正しい文章となります。

直近の法改正に関する問題ですね。

国民年金の保険料の納付猶予制度は、50歳未満の方が利用できる制度です。
平成28年6月までは、「30歳未満の方」に限定されていましたが、それが「50歳未満の方」までに年齢層が拡大されたのです。

古いテキストをお使いの方は、このような法改正問題に対応できない場合もあるので、ご注意くださいね。
最新のテキストを使うほうが、安心できます。

 

問題の解説は以上です。

基本事項は皆様の日々の学習で習得できますが、日々の学習でも得点しづらい
ちょっと難しい点を、こちらで補強してくださいね。
このようなポイントを理解しているかどうかが、合格ラインを超える力と
なっていきますよ。

今後も定期的に、過去問を解説していきます。お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<姉妹サイトの勉強会日程>
●4/22(土) 相続相談事例から学ぶ、計画的な相続対策
2つの相続相談事例を取り上げ、相続に関する問題をどのように解決すれば
よいかを考えていきます。相続における実践力が身につく内容です。

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
http://money-study.net/fp/session/

 
<FP技能士3級2級合格勉強会 開催日程>
・5月上旬ごろ:FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
・5月中旬ごろ:FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

 

2017年4月 5日 (水)

【訂正済】[2級試験解説 3級の方も参考に]雇用保険の育児休業給付金制度に関して

本配信内容に訂正事項がありましたが、すでに反映済みです。
下記内容が正しい内容となります。

=========================

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

本日から、2017年1月のFP技能士試験の過去問解説を始めます。
市販テキストでの対策がしづらく、多くの受験者が間違えやすい問題を
中心に解説しています。
合格後のさらなる知識向上にも、役立ちますよ!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2017年1月 FP技能士2級 実技(個人資産) 問2より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【問題】

3 「妻Bさんが所定の手続により受給することができる雇用保険の育児休業給付金には、支給限度額および最低限度額が設けられており、これらの額は、原則として毎年8月1日に改定されます」

 

【解答と解説】

この記述は適切です。ちょっと細かい話ですね。
育児休業給付金の金額は、休業開始時の賃金の66%(最初の6か月間)、または50%(6か月以降)となっています。
ただし、この金額には最低限度額(最低金額)と支給限度額(最高金額)が定められており、
・最低限度額を下回る場合には最低限度額が、
・支給限度額を上回る場合には支給限度額が、
支給されることとなります。
この最低限度額と支給限度額は、ともに毎年8月1日に改定されています。

 

問題の解説は以上です。

基本事項は皆様の日々の学習で習得できますが、日々の学習でも得点しづらい
ちょっと難しい点を、こちらで補強してくださいね。
このようなポイントを理解しているかどうかが、合格ラインを超える力と
なっていきますよ。

今後も定期的に、過去問を解説していきます。お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<姉妹サイトの勉強会日程>
●4/22(土) 相続相談事例から学ぶ、計画的な相続対策
2つの相続相談事例を取り上げ、相続に関する問題をどのように解決すれば
よいかを考えていきます。相続における実践力が身につく内容です。

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
http://money-study.net/fp/session/

 
<FP技能士3級2級合格勉強会 開催日程>
・5月上旬ごろ:FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
・5月中旬ごろ:FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

 

2017年4月 2日 (日)

インプット学習とアウトプット学習、きちんとしていますか?

試験当日まで、あと2か月を切っています。
みなさま、試験学習は着々と進んでいますでしょうか?

試験合格に向けて、インプット学習とアウトプット学習が重要だと、以前にご説明しました。
本日は、このインプット学習とアウトプット学習について改めてお伝えします。

何度も見聞きした話だからもうわかっているよ!という方もいらっしゃると思いますが、試験対策でとても大切な学習法ですから、改めてお伝えします。

 

========================================
タイトルにも書きましたインプット学習とアウトプット学習。
この2つの学習法を併用することが、合格を勝ち取るための基本的かつ重要な学習法となります。

インプット学習とアウトプット学習という言葉は、他の試験対策情報や、資格スクールでも使われている言葉です。
まずは、この言葉の意味をご説明します。
その後、この2種類の学習法の組み合わせ方についても説明します。

 

■インプット学習

インプット学習とは、試験対策テキストを読んで、出題される内容を理解する勉強のことです。学校の勉強でいえば、教科書を読むことに当たります。
何も知識がない状態では試験に得点できません。
そのため、知らないことを本からどんどん吸収することが必要です。
これを、頭に情報をインプットするという意味で、インプット学習といいます。

 

■アウトプット学習

アウトプット学習とは、問題集や過去問を実際に解いて、正しい答を導けたかどうかを確認する勉強です。
学校の勉強に例えると、宿題で練習問題を解き、理解を深めることにあたります。
自分の知識を外に発揮することから、アウトプット学習といいます。

相手は試験ですから、出された問題に正解することが必要です。
しかしインプット学習をしただけでは、「わかったつもり」になってしまい、試験問題に答えられないこともあります。
そこで、試験にぶっつけ本番で臨むのではなく、事前に問題集で模擬練習を積み、実践力をつけておくことが大切なのです。

 

■インプット学習とアウトプット学習は交互に

試験学習においては、まずはインプット学習をして、知識を蓄えます。
その後アウトプット学習を行い、本当に正しく理解できているかを確認します。
問題に正解したら、正しく理解できたと証明されます。
しかし間違えてしまうと、正しく理解できていなかったことが証明されます。

正しく理解できていなかった点は、改めてインプット学習で正しい知識を覚えなおしましょう。その後、正しい知識で覚えなおせたかを、再度アウトプット学習で確認します。

このように、インプット学習とアウトプット学習を繰り返して知識を着実に蓄え、試験問題に解答できる実力をつけていきましょう。

このインプット学習とアウトプット学習の組み合わせは、試験で得点を稼ぐ基本的かつ重要な学習方法です。

FP試験は、6つの分野で構成されていますが、私は次の順序で進めていくやり方をお勧めしています。

・1分野目ライフプランニング:テキストを読むインプット学習
・1分野目ライフプランニング:問題集を解くアウトプット学習
・2分野目リスク管理:テキストを読むインプット学習
・2分野目リスク管理:問題集を解くアウトプット学習
      ・
      ・
      ・
・6分野目相続・事業継承:テキストを読むインプット学習
・6分野目相続・事業継承:問題集を解くアウトプット学習

 

このように1分野ずつ、インプット学習の後ですぐにその分野のアウトプット学習を行うことがポイントです。
なぜなら、覚えたことが本当に理解できているかを、すぐチェックできるからです。

このやり方ではなく、最初に1分野目~6分野目をインプット学習したあとに、6分野一気にアウトプット学習を行うと、インプットとアウトプットに時間が空きすぎてしまいます。
そのため、テキストで理解した内容を忘れてしまった状態で問題集を解くことになり、学習効果が小さくなります。
ですから、効率よく学習を進めるためにも、1分野ずつインプットとアウトプットを繰り返す学習をお勧めします。

 

間違えて理解してしまったことは、必ず正しい理解に置き換えましょう。
間違えた理解をいかに忘れ、正しい理解をいかに頭に叩き込むか、が重要です。
この点をぜひ意識し、日々の学習を積み重ねていってくださいね!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<姉妹サイトの勉強会日程>
●4/22(土) 相続相談事例から学ぶ、計画的な相続対策
2つの相続相談事例を取り上げ、相続に関する問題をどのように解決すれば
よいかを考えていきます。相続における実践力が身につく内容です。

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
http://money-study.net/fp/session/

 
<FP技能士3級2級合格勉強会 開催日程>
・5月上旬ごろ:FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
・5月中旬ごろ:FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

 

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »