最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« [2級試験解説 3級の方も参考に]NISA口座で、配当金と譲渡損失との損益通算は可能か? | トップページ | 勉強会開催はいよいよ2週間後!弱点補強と得点アップを目指す方はぜひご参加下さい! »

2017年8月12日 (土)

[3級試験解説]ジュニアNISA制度に関する出題

本日は、2017年5月のFP技能士試験の過去問を解説します。
市販テキストに記述がないなど、日々の学習で対策しづらく間違えやすい
問題を中心に解説しています。
合格後のさらなる知識向上にも、役立てて下さいね!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2017年5月 FP技能士3級 実技(個人資産) 問4より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【問題】

「<中略>ジュニアNISA口座に受け入れることができる上場株式等の新規投資による受入限度額(非課税枠)は年間( 1 )です。その非課税期間は最長で( 2 )となります。なお、ジュニア NISA口座に受け入れた上場株式等の配当金等や譲渡代金は、原則として、口座開設者が3月31日時点で( 3 )である年の前年の12月31日まで、ジュニアNISAに係る口座外に払い出すことはできません」

 

【解答と解説】

(1)に入る言葉は「80万円、(2)に入る言葉は「5年間」、(3)に入る言葉は「18歳」です。
ジュニアNISAは、2016年4月よりスタートした新しい制度です。
本記述の内容は基礎事項ですので、このとおりしっかり理解しておきましょう。

ちなみに、口座名義は子供である未成年者であるものの、実際に運用するのはその親権者となります。また、「口座開設者が3月31日時点で18歳である年の前年の12月31日」までに口座外に払い出しをした場合には、非課税の扱いを受けたものすべてに対して、課税がなされることとなっています。
財形の目的外払い出しに対して課税されるのと、似ていますね。

 

問題の解説は以上です。

このようなちょっと難しい点を、こちらで補強してくださいね。
この積み重ねが、合格ラインを超える力となっていきますよ。

今後も定期的に、過去問を解説していきます。お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
試験頻出の点、それなりに勉強しても間違えやすい点を補強し、
得点アップのポイントを短時間でたくさん学べる勉強会です。
学びは濃いですが、みんなで楽しく学べる和やかな雰囲気です♪

今後の開催日:
●8/27(日) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●9/2(土) FP技能士3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

<姉妹サイト FPスキル実践活用勉強会より>
●9/18(月・祝) FP家計診断やってみよう(1億円以上ある方の定年前リタイア編)

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
http://money-study.net/fp/session/

 

« [2級試験解説 3級の方も参考に]NISA口座で、配当金と譲渡損失との損益通算は可能か? | トップページ | 勉強会開催はいよいよ2週間後!弱点補強と得点アップを目指す方はぜひご参加下さい! »

金融資産運用・経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [3級試験解説]ジュニアNISA制度に関する出題:

« [2級試験解説 3級の方も参考に]NISA口座で、配当金と譲渡損失との損益通算は可能か? | トップページ | 勉強会開催はいよいよ2週間後!弱点補強と得点アップを目指す方はぜひご参加下さい! »