最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« [2級試験解説 やや難]20歳未満から障害の状態にある人の障害基礎年金の所得制限 | トップページ | [2級試験解説 3級の方も参考に]障害等級3級の障害厚生年金には、最低保障額がある »

2017年12月 6日 (水)

アウトプット学習では、間違えた問題に真剣に向き合いましょう!

先日は、試験対策のインプット学習とアウトプット学習についてお伝えしました。
どちらも試験対策として大切な学習法ですので、ぜひ意識してくださいね。

本日は、アウトプット学習について、もう一歩踏み込んでお伝えします。
以前にも同様の内容をお伝えしましたが、受験にあたりとても大切なことですから、あえて繰り返しお伝えをいたします。

 

アウトプット学習は「間違えた問題に真剣に向き合う」ことが重要です。

問題を解き間違えた時には、どこをどのように間違えたのかを把握しましょう。
そして、正しい内容を必死に習得することを心がけてください。

「あー間違えちゃった、次こそがんばろ」

というように、間違えた問題を流してしまうようでは意味がありません。
受験者自身に改善が生まれないので、また次もその問題を間違えてしまうでしょう。

間違えた問題を、確実に正解できるためにはどうすべきか、真剣に考えて対策を取る、そのような勉強を積み重ねていきましょう。

 

「できなかったことができるようになる」

これが、人間としての成長の証です。
最初のアウトプット学習では、問題に間違えることはたくさんあるはずです。
なぜなら、知らないことを学んでいる過程だからです。
ここでひと踏ん張りし、解けなかった問題を数時間後や翌日に再び解きなおし、自らの力で自信をもって正解を導き出せるかを、確認していきましょう。
「繰り返し学習」が、皆さんを成長させ、やがて合格につながっていくのです。

 

・1分野ずつインプット学習とアウトプット学習を繰り返す!
・アウトプット学習で間違えた問題は、必ず解きなおす!

これが、短時間で知識を確かなものにできる効果的な方法です。
合格へ近づく大事なポイントです。

私自身がFP試験を受験する時、この方法を実践しました。
3ヶ月間、インプット学習とアウトプット学習を繰り返しました。
この方法で、3級~1級まですべて一発合格しています。
勉強法に不安をお持ちの方は、ぜひこの方法を試してくださいね。

 

「間違えた問題に真剣に向き合う」は、試験で1点でも多く得点するコツです。
以上の内容が皆様の合格の一助になれば幸いです。
試験までの残り2か月、引き続き、合格目指してがんばりましょう!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
試験頻出の点、それなりに勉強しても間違えやすい点を補強し、
得点アップのポイントを短時間でたくさん学べる勉強会です。
学びは濃いですが、みんなで楽しく学べる和やかな雰囲気です♪

今後の開催日:
●2018/1/13(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●2018/1/21(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

<姉妹サイト FPスキル実践活用勉強会の日程>
●2018/1/14(日) 家計シミュレーションソフトで家計分析・改善をやってみよう
●2018/1/14(日) 保険見直しFP相談やってみよう(自分と家族の保障で板挟み編)

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
https://money-study.net/fp/session/

 

« [2級試験解説 やや難]20歳未満から障害の状態にある人の障害基礎年金の所得制限 | トップページ | [2級試験解説 3級の方も参考に]障害等級3級の障害厚生年金には、最低保障額がある »

FP技能士試験関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« [2級試験解説 やや難]20歳未満から障害の状態にある人の障害基礎年金の所得制限 | トップページ | [2級試験解説 3級の方も参考に]障害等級3級の障害厚生年金には、最低保障額がある »