最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« スポーツ監督の視点を取り入れ、FP試験合格に向けて調整・成長していこう! | トップページ | 試験勉強でめげそうになったら、受験当初の熱い気持ちを思い出そう! »

2018年4月20日 (金)

[2級試験解説 やや難]保険契約時の告知は、今の時代「自発的な告知」ではありません

本日は、2018年1月のFP技能士試験の過去問を解説します。
市販テキストに記述がないなど、日々の学習で対策しづらく得点しにくい
問題を中心に解説しています。
合格後のさらなる知識向上にも、役立てて下さいね!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2018年1月 FP技能士2級 学科 問11より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【問題】

2.保険契約者または被保険者になる者は、生命保険契約の締結に際し、保険会社から告知を求められた事項以外に保険事故の発生の可能性に関する重要な事項があれば、その者が自発的に判断して事実の告知をしなければならない。

 

【解答と解説】

この記述は不適切です。
自発的に判断して告知をするのではなく、質問されたことに対してのみ回答すればよい「質疑応答」形式による告知をしなければならないとなっています。

実は以前は、自発的告知が求められていたのですが、保険金が支払われる時点になって「そういえば契約の時に●●について告知しませんでしたよね?これは事前に告知が必要な事でしたので、それがなかった以上、今回は保険金を支払いできません」というように保険金を不払いにされるケースがありました。
保険会社が告知時に必要とする情報を、保険の素人である契約者が理解することはかなり無理があることです。
そこで契約者保護の観点から、保険法でこのように質疑応答形式の告知が定められたのです。

 

問題の解説は以上です。

このようなちょっと難しい点を、補強し積み重ねていくことで、
合格ラインを超える力となっていきますよ。
今後も定期的に、過去問を解説していきます。お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
試験頻出の点、それなりに勉強しても間違えやすい点を補強し、
得点アップのポイントを短時間でたくさん学べる勉強会です。
学びは濃いですが、みんなで楽しく学べる和やかな雰囲気です♪

今後の開催日:
●5/13(日) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/20(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

<姉妹サイト FPスキル実践活用勉強会の日程>
●4/22(日) 家計シミュレーションソフトで損をしない住宅購入・住み替えプランを立ててみよう
●4/22(日) 金融商品販売でなく、顧客から報酬をいただく資産運用ビジネスにチャレンジしよう

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
https://money-study.net/fp/session/

 

« スポーツ監督の視点を取り入れ、FP試験合格に向けて調整・成長していこう! | トップページ | 試験勉強でめげそうになったら、受験当初の熱い気持ちを思い出そう! »

リスク管理(保険)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« スポーツ監督の視点を取り入れ、FP試験合格に向けて調整・成長していこう! | トップページ | 試験勉強でめげそうになったら、受験当初の熱い気持ちを思い出そう! »