最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会」最終ご案内です | トップページ | 第5分野「不動産」学習のポイント »

2018年5月18日 (金)

[2級試験解説 3級の方も参考に]未成年者の婚姻では、父母の両方の同意が必要か

本日は、2018年1月のFP技能士試験の過去問を解説します。
市販テキストに記述がないなど、日々の学習で対策しづらく得点しにくい
問題を中心に解説しています。
合格後のさらなる知識向上にも、役立てて下さいね!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2018年1月 FP技能士2級 学科 問51より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【問題】

3.未成年者が婚姻をする場合、父母双方の同意を得なければならないため、そのいずれか一方の同意しか得られないときは、婚姻できない。

 

【解答と解説】

この記述は不適切です。
正しくは「いずれか一方の同意が得られれば婚姻できる」です。

両方ではなく一方の同意だけとされた背景として、父母の一方が行方不明であったり、病気等で意思表示を行えない状況を想定したからと言われています。

したがって、父母の一方が結婚相手に納得せず同意してくれなかったとしても、もう一方からの同意が得られれば、未成年者も結婚をすることができるのです。

ちなみに父母がともに、すでに他界している、または上記に述べた理由で生存しているが意思表示を行えない場合には、その事情が役所に受理されれば、その未成年者は同意不要で婚姻可能とされています。
別の代理人の同意までは、必要ありません。

 

問題の解説は以上です。

このようなちょっと難しい点を、補強し積み重ねていくことで、
合格ラインを超える力となっていきますよ。
今後も定期的に、過去問を解説していきます。お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
試験頻出の点、それなりに勉強しても間違えやすい点を補強し、
得点アップのポイントを短時間でたくさん学べる勉強会です。
学びは濃いですが、みんなで楽しく学べる和やかな雰囲気です♪

今後の開催日:
●5/13(日) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
●5/20(日) FP技能士3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

<姉妹サイト FPスキル実践活用勉強会の日程>
●6/23(土) FP相談:価値観が違う夫婦の不安を解決するライフプランニング編
●6/23(土) FPなら知っておくべきお金の新制度&制度改正 勉強会

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
https://money-study.net/fp/session/

 

« 「FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会」最終ご案内です | トップページ | 第5分野「不動産」学習のポイント »

贈与・相続・事業承継・民法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2000060/73507963

この記事へのトラックバック一覧です: [2級試験解説 3級の方も参考に]未成年者の婚姻では、父母の両方の同意が必要か:

« 「FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会」最終ご案内です | トップページ | 第5分野「不動産」学習のポイント »