最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 試験3週間前までに、6分野を一通り勉強し終えることを目標にしよう | トップページ | 【勉強会のご案内】顧客のためのFPアドバイス研究 老後資金の取り崩し設計編 »

2018年11月20日 (火)

前回のFP技能士試験3級と2級の過去問解説を、来週より行います

現在、次のFP試験の申し込み期間となっています。
申込み期限の終了まで、あと2週間ほどです。
受験予定の方は、お早目に申し込みを済ませましょう!

 

次回に受験予定の皆様は、少しずつでも学習を進めていますでしょうか?
学習開始が早いほど、学習の量も質も確保でき、合格の可能性が高まります。
できるだけ早くに、学習を開始していきましょう!

 

さて、まもなく前回のFP試験で出題された問題のうち、
・試験対策テキストにあまり載っていないことを出題した問題
・新傾向の問題、新しい法改正問題
・多くの受験者が勘違いしやすい問題
について、こちらで解説していきます。

皆さんが点数を取りにくいところを、集中的に解説します。
単に過去問の解答を1,2行でお伝えする程度のものではありません。
FP技能士3級2級合格勉強会での試験問題解説には、次の特徴を持たせています。

・何が正しくて何が誤りなのかを、明確に説明
・引っかかりやすい点、間違えやすい点を、強調して解説
・難しい内容も、実例を交えて分かりやすく説明
・補足事項もお伝えするので、関連する事項も一緒に学習できる

 

FP試験を受験される方にとって、試験対策の知識が身につくよう解説します。
資格取得後にも、公私で活用できる知識にもなっていきますよ。

 

なお、解説対象の試験は、以下の通りです。

・3級 学科試験
・3級 実技試験(きんざい:個人資産相談業務)
・3級 実技試験(きんざい:保険顧客相談業務)
・3級 実技試験(FP協会:資産設計提案業務)
・2級 学科試験
・2級 実技試験(きんざい:個人資産相談業務)
・2級 実技試験(きんざい:生保顧客相談業務)
・2級 実技試験(きんざい:損保顧客相談業務)
・2級 実技試験(きんざい:中小事業主相談業務)
・2級 実技試験(FP協会:資産設計提案業務)

要するに、3級と2級の試験全部が解説対象です。

今回解説を予定している問題数は、およそ40問です。
受験者を悩ませたであろう問題は、これだけの数あったということです。

基本レベルの問題は、みなさまの日々の学習でカバーできますよね。
その学習だけではちょっと手が届かない、難易度が高めだけれど次回以降も出題の可能性が高い問題を選んで、解説をしていきます。

日々の学習と組み合わせることで、より一層の得点アップにつながるように、そして仕事やプライベートでも役立つ知識になるように、過去問解説をしていきます。
楽しみにしていてくださいね!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2019/1/13(日) FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
■2019/1月予定  FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会
試験頻出の点、それなりに勉強しても間違えやすい点を補強し、
得点アップのポイントを短時間でたくさん学べる勉強会です。
学びは濃いですが、みんなで楽しく学べる和やかな雰囲気です♪

<姉妹サイト FPスキル実践活用勉強会の日程>
■11/25(日) 家計シミュレーションソフトを、将来の家計改善に役立てよう
■11/25(日) 年金とお金の将来不安をなくせるライフプランニングを提案しよう
■12/16(日) FP6分野の新制度&制度改正 徹底学習勉強会(FP1級・CFP試験対応)
■12/20(木) 顧客のためのFPアドバイス研究 老後資金の取り崩し設計編

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
https://money-study.net/fp/session/

 

« 試験3週間前までに、6分野を一通り勉強し終えることを目標にしよう | トップページ | 【勉強会のご案内】顧客のためのFPアドバイス研究 老後資金の取り崩し設計編 »

FP技能士試験関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前回のFP技能士試験3級と2級の過去問解説を、来週より行います:

« 試験3週間前までに、6分野を一通り勉強し終えることを目標にしよう | トップページ | 【勉強会のご案内】顧客のためのFPアドバイス研究 老後資金の取り崩し設計編 »