最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« [2級試験解説 3級の方も参考に]住宅ローン控除の期間途中に所得が3000万円を超えた場合 | トップページ | [2級試験解説 3級の方も参考に]青色申告特別控除は、どこから控除されるのか »

2019年1月 4日 (金)

軽微なミスをいかに防いでいくか、が大事です

今日の内容は、試験当日のその日まで、覚えておいてほしいことです。

試験では、軽微なミスをとにかく防ぐことが重要です。
正解できるはずの問題で、ささいなケアレスミスで失点してしまうと、それを挽回するためにさらに別の問題で正解し、合格ラインを越えなくてはなりません。

人間だれしも、間違いはしてしまうものです。
だけど、間違いを可能な限り少なくする努力と工夫は、誰にでもできます。

 

ケアレスミスを防ぐための重要ポイントは、次の通りです。

普段の勉強で問題を解くときは、一定の緊張感を持って臨みましょう。
「この問題、余裕!」という気持ちは持たないでください。
「解けそうでも、確実に正解しなければ!」という気持ちで臨みましょう。

もし自分でケアレスミスをしたことに気が付いたら、「どうすれば同じミスを二度としなくなるのか」を考えて下さい。
ここで大切なことは、ミスを問題集のせいにしたり、学習環境のせいにしたり、ケアレスミスをサラッと流してしまうようなことはしないでください。
自分の考え方・取り組み方に原因があると思って、対策を取って下さいね。

自分が変われば、ミスを防げます。
自分が変われば、試験で点が取れようになるのです。

 

それと、ケアレスミスをしても、がっかりしないでくださいね。
「試験本番で同じ間違いをしなくてよかった!」
「得点がとれる体質に、今自分が変わっていってるんだ!」
と、前向きにとらえましょう。

 

もう一言だけ、お伝えします。
ケアレスミスをなくすのは、早いうちから行ってください。
ケアレスミスをなくす体質になるには、問題を多く解く活動も必要なので、少々日数がかかるのです。
試験直前でケアレスミス連発だと、けっこうしんどくなります。

いくつかのケアレスミスがなければ合格ラインを超えていたのに・・・
と悔しい思いを、過去の受験者もしていますから。

 

ケアレスミスは、ちょっとした勘違いから生まれるものです。
これからの勉強の中でその勘違いをなくし、正確な知識を蓄えていきましょう。

皆さんには、確実に得点できるところで失敗をしてほしくはありません。
なので、ケアレスミスについても、細かくお伝えをいたしました。

まもなく開催する勉強会は、試験によく出題されるのに、理解が追い付かない/間違って理解しやすい、という内容を多く扱っています。
ケアレスミスをなくす緊張感も、体験できますよ。
知識の正確さを向上させ、試験本番での得点アップにつなげていきたい方は、ぜひご参加くださいね。
詳細は、下記の案内をご覧ください。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2019/1/13(日) FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
■2019/1/19(土) FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会
試験頻出の点、それなりに勉強しても間違えやすい点を補強し、
得点アップのポイントを短時間でたくさん学べる勉強会です。
学びは濃いですが、みんなで楽しく学べる和やかな雰囲気です♪

<姉妹サイト FPスキル実践活用勉強会の日程>
■1/24(木) 確定申告がわかる!できる!【様々なケースでの申告書作成編】
■1/31(木) 確定申告がわかる!できる!【電子申告e-Tax実践編】
■2/11(月・祝) ポートフォリオ理論を学び低リスク高リターンな国際分散投資

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
https://money-study.net/fp/session/

 

« [2級試験解説 3級の方も参考に]住宅ローン控除の期間途中に所得が3000万円を超えた場合 | トップページ | [2級試験解説 3級の方も参考に]青色申告特別控除は、どこから控除されるのか »

FP技能士試験関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 軽微なミスをいかに防いでいくか、が大事です:

« [2級試験解説 3級の方も参考に]住宅ローン控除の期間途中に所得が3000万円を超えた場合 | トップページ | [2級試験解説 3級の方も参考に]青色申告特別控除は、どこから控除されるのか »