最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 3級受験の皆様へ。初めてのFP試験対策の手ごたえはどうですか? | トップページ | 試験当日まで1か月!インプット学習とアウトプット学習で合格へ近づこう! »

2019年4月24日 (水)

[2級試験解説 やや難]日銀短観での調査内容についての出題

本日は、2019年1月のFP技能士試験の過去問を解説します。
合格後のさらなる知識向上にも、役立てて下さいね!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2019年1月 FP技能士2級 学科 問21より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

全国企業短期経済観測調査(日銀短観)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

【問題】

1.調査の対象となる企業の業種は、製造業に限られ、非製造業は含まれない。

 

【解答と解説】

この記述は不適切です。
調査の対象は、製造業に限らず、非製造業も含まれます。
日銀短観では、大企業製造業、大企業非製造業、中小企業製造業、中小企業非製造業、のように、業種や企業規模ごとに指標が発表されています。


【問題】

2.調査は毎月実施され、翌月に調査結果が公表される。

 

【解答と解説】

この記述は不適切です。
調査は毎月ではなく、四半期ごと(3カ月ごと)に実施され、その翌月に調査結果が公表されています。


【問題】

3.日銀短観で公表される「業況判断DI」は、景気動向指数の算出に使用される経済統計指標のうち、3ヵ月前の数値と比較して改善した指標の割合を表す。

 

【解答と解説】

この記述は不適切です。
業況判断DIは、調査時点において、生産、売上、在庫、雇用などについて「良い」「さほどよくない」「悪い」の中から回答を取り、「良い」の比率から「悪い」の比率を引き算した者を表しています。
3カ月前の数値と比較しているわけではありません。


【問題】

4.日本銀行の金融政策が決定される際、「日銀短観」の調査結果は判断材料の一つとして利用されている。

 

【解答と解説】

この記述は適切です。
日本銀行の金融政策とは、公開市場操作による金利の誘導や資産の買い入れなどがありますが、それらを行うかどうかの判断として、日銀短観を利用しているというわけです。

 

問題の解説は以上です。

こちらでは、最近増えている新傾向の問題や、市販テキストに記述がなく
独学で対策しづらく得点しにくい問題を中心に解説しています。

標準的な問題は、日々の独学で乗り越えられるはず!
それに加えて、このようなちょっと難しい点も、補強し積み重ねていけば、
合格ラインを超える力となっていきますよ。
今後も定期的に、過去問を解説していきます。お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次の5月試験に向けた勉強会を、下記日程で開催します!
■5/4(土):FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
■5/19(日):FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

<姉妹サイト FPスキル実践活用勉強会の日程>
■4/28(日) FP6分野の新制度&制度改正 徹底学習勉強会(FP1級・CFP試験対応)
■5/30(木) ライフプランソフトを活用し、上手な保険見直しを実現しよう

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
https://money-study.net/fp/session/

 

« 3級受験の皆様へ。初めてのFP試験対策の手ごたえはどうですか? | トップページ | 試験当日まで1か月!インプット学習とアウトプット学習で合格へ近づこう! »

金融資産運用・経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 3級受験の皆様へ。初めてのFP試験対策の手ごたえはどうですか? | トップページ | 試験当日まで1か月!インプット学習とアウトプット学習で合格へ近づこう! »