最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« [2級試験解説 やや難]養老保険で特定の役員・従業員を被保険者としたときの課税について | トップページ | 試験勉強でめげそうになったら、受験当初の熱い気持ちを思い出そう! »

2019年4月18日 (木)

[2級試験解説 3級の方も参考に]年金払積立傷害保険の受取年金に対する課税について

本日は、2019年1月のFP技能士試験の過去問を解説します。
合格後のさらなる知識向上にも、役立てて下さいね!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2019年1月 FP技能士2級 学科 問18より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【問題】

3.契約者(=保険料負担者・個人)が受け取る年金払積立傷害保険の年金は、雑所得として課税対象となる。

 

【解答と解説】

この記述は適切です。
年金払積立傷害保険とは、傷害保険と個人年金をセットにしたような保険です。
保険期間中は、傷害保険としての保障が存在します。そして一定の年齢に達したときに、個人年金として給付金を受け取ることができます。この給付金は、一時金ではなく毎月受給する性質のものであるため、個人年金の受給の場合と同じく、雑所得として所得税の課税対象となります。

 

問題の解説は以上です。

こちらでは、最近増えている新傾向の問題や、市販テキストに記述がなく
独学で対策しづらく得点しにくい問題を中心に解説しています。

標準的な問題は、日々の独学で乗り越えられるはず!
それに加えて、このようなちょっと難しい点も、補強し積み重ねていけば、
合格ラインを超える力となっていきますよ。
今後も定期的に、過去問を解説していきます。お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次の5月試験に向けた勉強会を、下記日程で開催します!
■5/4(土):FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
■5/19(日):FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

<姉妹サイト FPスキル実践活用勉強会の日程>
■4/18(木) ライフプランのソフトで、将来も安心できる住宅購入プランを立てよう
■4/28(日) FP6分野の新制度&制度改正 徹底学習勉強会(FP1級・CFP試験対応)

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
https://money-study.net/fp/session/

 

« [2級試験解説 やや難]養老保険で特定の役員・従業員を被保険者としたときの課税について | トップページ | 試験勉強でめげそうになったら、受験当初の熱い気持ちを思い出そう! »

リスク管理(保険)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« [2級試験解説 やや難]養老保険で特定の役員・従業員を被保険者としたときの課税について | トップページ | 試験勉強でめげそうになったら、受験当初の熱い気持ちを思い出そう! »