最近のトラックバック

無料ブログはココログ

カテゴリー「リスク管理(保険)」の192件の記事

2019年4月22日 (月)

第2分野「リスク管理の分野」学習のポイント

次のFP技能士試験を受験される皆様、順調に勉強を進められていますか?
勉強不足を感じたら、単純な解決法ですが、勉強時間を増やしましょう!
想定よりも勉強量が必要と気が付いたら、その対策をとることが大切です。

少し早く起きたり、スキマ時間を使えば、勉強時間を確保できます。
勉強時間を作るのが難しいという方は、意識して時間を作りましょうね!

 

さて、本日は「リスク管理」分野の重要ポイントについてお伝えします。

「リスク管理」と名前がついていますが、実質的には保険の分野ですね。
生命保険、損害保険の仕組みについて出題されます。
それに加えて、保険と税金の関係についても問われます。
保険の世界には複雑な仕組みがたくさんあり、そこを積極的に出題してきます。
細かいところも丁寧に学習することを、心掛けてくださいね。

 

このリスク管理の分野をしっかり学習すれば、何気なく保険に加入していた方も、ご自身が契約していた保険内容を詳しく理解できるようになります。
必要な保障を判断でき、無駄のない保険選択もできるようにもなります。

保険の知識を活かし、お客様の状況に適した保険を提案していくことで、FPとしての実務スキルを高めることもできます。
FP資格取得後の活躍の幅も広がりますので、前向きに学習していきましょう。

 

過去問学習では、皆様がお使いの試験対策テキストに載っていないことが出題されることもあるでしょう。特に2級はその傾向が強いです。
その場合は、公式サイトの「FP3級2級過去問 難問を解説」も活用して下さい。
試験対策テキストで解説が漏れがちな内容を、1000項目以上掲載しています。
利用は無料なので、ぜひご活用くださいね。

【FP3級2級過去問 難問を解説】
https://money-study.net/fp/tisiki/

 

さて、この分野での重要ポイントを、いくつか皆様に問いかけをいたします。
試験に合格するうえで、ぜひとも「はい」と答えてもらいたいものばかりです。

あなたは、いくつ「はい」と答えられますか?

 

(3級2級共通)

■保険法、生命保険契約のルール、クーリングオフの概要を説明できますか?

■定期保険、終身保険、養老保険のそれぞれの内容と違いを、説明できますか?

■定期保険の全期型と更新型のそれぞれの特徴と違いを、説明できますか?

■特定疾病保障保険とは何か、正確に説明できますか?

■払済保険と延長保険のそれぞれの内容と両者の違いを、説明できますか?

■リビングニーズ特約とは何か、説明できますか?

■生命保険金の受取時の課税は、相続税、所得税、贈与税の3種類あります。
それぞれどのような条件の場合に課税されるか、説明できますか?

■純保険料/付加保険料の違いと、3つの利率について、互いに関連付けて説明できますか?

■地震保険の保険金額、保険料控除について、説明できますか?

■自賠責保険の特徴と保険金額について、説明できますか?

■自動車保険の対人賠償保険、対物賠償保険、人身傷害補償保険のそれぞれについて、補償内容の特徴を説明できますか?

■傷害保険には、普通傷害保険、国内旅行保険、海外旅行保険があります。
それぞれの補償内容の特徴を、説明できますか?

■個人賠償責任保険は、どのような内容を補償するのか、説明できますか?

■保険会社が破たんした時、生命保険、損害保険のそれぞれで、どれくらいの金額が補償されるか説明できますか?

■保険契約書を見て、死亡時に支払われる保険金、入院や手術時に支払われる保険金、ガンになった時に支払われる保険金を、正しく計算できますか?

 

(2級の方は、上記に加えてさらに下記についても確認してください)

■少額短期保険の特徴(保険金額、保険期間、破たん時の取り扱いなど)を説明できますか?

■個人年金保険では、年金の受取時にも税金がかかります。
どのような条件下でどの種類の税金が課税されるか、説明できますか?

■個人事業主が契約した生命保険と損害保険について。
どのような控除が適用されるのか、どのような経理処理をすべきか、いくつかのパターンがありますが、それらを網羅的に説明できますか?

■変額保険と変額個人年金のそれぞれについて、特徴、何が変額で何が定額か。
また、保険料控除の取り扱いはどうなっているか、説明できますか?

■ハーフタックスプランとは何か、またその税務処理について説明できますか?

■長期平準定期保険とは何か、またその税務処理について、説明できますか?

■自賠責保険、対人賠償保険、対物賠償保険、自損事故保険、無保険車傷害保険、搭乗者傷害保険、人身傷害補償保険、車両保険のそれぞれの違いや補償内容を、説明できますか?

■所得補償保険はどのような時に保険金が支払われるか、また保険料支払時と保険金受取時の税金について、説明できますか?

■法人向け損害保険を5種類以上挙げ、それぞの補償内容と、どのようなリスクに備える保険なのか、説明できますか?

■法人契約保険の様々な経理処理パターンを把握し、保険料の支払い時と、保険金の受取り時の経理処理を正しく実施できますか?

 

以上の問いかけに「はい」と答えられる自信と知識があれば、試験当日には正誤を正しく判断でき、計算問題も解けるでしょう。
しかし「はい」が少なければ、お持ちのテキストや問題集で復習をしましょう。
試験当日までに、しっかりと備えてくださいね。

 

「はい」の数が少なかった方は、ぜひ「頻出重要ポイント総仕上げ勉強会」にご参加下さい。
試験で高得点を狙えるよう、重要ポイントを短時間で学び、弱点も補強できます。
受験者同士で楽しく学びあう雰囲気が、過去の参加者にもご好評頂いています。
ご興味をお持ちになりましたら、ぜひご参加くださいね。
開催日程と参加申込については、下記のご案内をご覧ください。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次の5月試験に向けた勉強会を、下記日程で開催します!
■5/4(土):FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
■5/19(日):FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

<姉妹サイト FPスキル実践活用勉強会の日程>
■4/18(木) ライフプランのソフトで、将来も安心できる住宅購入プランを立てよう
■4/28(日) FP6分野の新制度&制度改正 徹底学習勉強会(FP1級・CFP試験対応)

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
https://money-study.net/fp/session/

 

2019年4月21日 (日)

[2級試験解説 やや難]生産物賠償責任保険で補償されるもの、補償されないもの

本日は、2019年1月のFP技能士試験の過去問を解説します。
合格後のさらなる知識向上にも、役立てて下さいね!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2019年1月 FP技能士2級 学科 問20より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【問題】

2.飲食店を営む事業者が、食中毒による休業により売上が減少するリスクに備えて、生産物賠償責任保険(PL保険)を契約した。

 

【解答と解説】

この記述は不適切です。
食中毒が発生したことによる直接的な損害(被害者の治療費、損害賠償請求額など)は、生産物賠償責任保険の給付金でカバーすることができます。あくまでも、損害賠償などの賠償責任を補償する保険です。

しかし売り上げ減少というのは、事故の間接的な被害であり、それは生産物賠償責任保険ではカバーの対象外となっています。
そのような事態に備えるには、利益総合保険や利益担保特約を契約するべきといえます。

見方を変えて説明すると、生産物賠償責任保険(PL保険)は、相手の損害を補償しますが、自分の損害(売り上げ減少はこれに該当)は補償の対象外、ということになるのです。

 

問題の解説は以上です。

こちらでは、最近増えている新傾向の問題や、市販テキストに記述がなく
独学で対策しづらく得点しにくい問題を中心に解説しています。

標準的な問題は、日々の独学で乗り越えられるはず!
それに加えて、このようなちょっと難しい点も、補強し積み重ねていけば、
合格ラインを超える力となっていきますよ。
今後も定期的に、過去問を解説していきます。お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次の5月試験に向けた勉強会を、下記日程で開催します!
■5/4(土):FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
■5/19(日):FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

<姉妹サイト FPスキル実践活用勉強会の日程>
■4/18(木) ライフプランのソフトで、将来も安心できる住宅購入プランを立てよう
■4/28(日) FP6分野の新制度&制度改正 徹底学習勉強会(FP1級・CFP試験対応)

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
https://money-study.net/fp/session/

 

2019年4月18日 (木)

[2級試験解説 3級の方も参考に]年金払積立傷害保険の受取年金に対する課税について

本日は、2019年1月のFP技能士試験の過去問を解説します。
合格後のさらなる知識向上にも、役立てて下さいね!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2019年1月 FP技能士2級 学科 問18より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【問題】

3.契約者(=保険料負担者・個人)が受け取る年金払積立傷害保険の年金は、雑所得として課税対象となる。

 

【解答と解説】

この記述は適切です。
年金払積立傷害保険とは、傷害保険と個人年金をセットにしたような保険です。
保険期間中は、傷害保険としての保障が存在します。そして一定の年齢に達したときに、個人年金として給付金を受け取ることができます。この給付金は、一時金ではなく毎月受給する性質のものであるため、個人年金の受給の場合と同じく、雑所得として所得税の課税対象となります。

 

問題の解説は以上です。

こちらでは、最近増えている新傾向の問題や、市販テキストに記述がなく
独学で対策しづらく得点しにくい問題を中心に解説しています。

標準的な問題は、日々の独学で乗り越えられるはず!
それに加えて、このようなちょっと難しい点も、補強し積み重ねていけば、
合格ラインを超える力となっていきますよ。
今後も定期的に、過去問を解説していきます。お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次の5月試験に向けた勉強会を、下記日程で開催します!
■5/4(土):FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
■5/19(日):FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

<姉妹サイト FPスキル実践活用勉強会の日程>
■4/18(木) ライフプランのソフトで、将来も安心できる住宅購入プランを立てよう
■4/28(日) FP6分野の新制度&制度改正 徹底学習勉強会(FP1級・CFP試験対応)

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
https://money-study.net/fp/session/

 

2019年4月17日 (水)

[2級試験解説 やや難]養老保険で特定の役員・従業員を被保険者としたときの課税について

本日は、2019年1月のFP技能士試験の過去問を解説します。
合格後のさらなる知識向上にも、役立てて下さいね!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2019年1月 FP技能士2級 実技(きんざい生保)問9より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【問題】

2 (注:契約者と満期受取人が法人、死亡保険金受取人が役員・従業員の遺族である養老保険において) 「役員や部課長など、特定の者のみを被保険者とする加入であれば、支払保険料の全額を被保険者に対する給与として損金の額に算入します。ただし、職種、年齢、勤続年数等に応ずる合理的な基準により、普遍的に設けられた格差であると認められるときは、保険料の2分の1を福利厚生費として認められる可能性があります」

 

【解答と解説】

この記述は不適切です。
記述前半部分の「支払保険料の全額を被保険者に対する給与として損金の額に算入」を「支払保険料の2分の1を被保険者に対する給与として損金の額に算入」に直すと正しいです。
これは、ハーフタックスプランの変化形ですね。

通常のハーフタックスプランでは、被保険者を「全従業員」とします。この場合は「支払保険料の2分の1を福利厚生費として損金の額に算入」となります。
全従業員を被保険者とするか、特定の者のみを被保険者とするかで、損金算入の取り扱いが異なる点を、理解しておきましょう。

 

問題の解説は以上です。

こちらでは、最近増えている新傾向の問題や、市販テキストに記述がなく
独学で対策しづらく得点しにくい問題を中心に解説しています。

標準的な問題は、日々の独学で乗り越えられるはず!
それに加えて、このようなちょっと難しい点も、補強し積み重ねていけば、
合格ラインを超える力となっていきますよ。
今後も定期的に、過去問を解説していきます。お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次の5月試験に向けた勉強会を、下記日程で開催します!
■5/4(土):FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
■5/19(日):FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

<姉妹サイト FPスキル実践活用勉強会の日程>
■4/18(木) ライフプランのソフトで、将来も安心できる住宅購入プランを立てよう
■4/28(日) FP6分野の新制度&制度改正 徹底学習勉強会(FP1級・CFP試験対応)

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
https://money-study.net/fp/session/

 

2019年4月14日 (日)

[2級試験解説 3級の方も参考に]介護終身年金で受け取った年金に対する課税

本日は、2019年1月のFP技能士試験の過去問を解説します。
合格後のさらなる知識向上にも、役立てて下さいね!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2019年1月 FP技能士2級 実技(きんざい生保)問6より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【問題】

2 「Aさんが当該生命保険から介護終身年金を受け取った場合、年金額が20万円を超えますので、Aさんは所得税の確定申告をしなければなりません」

 

【解答と解説】

この記述は不適切です。
介護保険による保険金は、一時金の場合も年金形式の場合も、いずれも所得税は非課税となっています。
ちなみに、個人年金保険による年金額は、雑所得の扱いとなります。
同じ年金でも、保険の種類によって違いがありますので、注意してくださいね。

 

問題の解説は以上です。

こちらでは、最近増えている新傾向の問題や、市販テキストに記述がなく
独学で対策しづらく得点しにくい問題を中心に解説しています。

標準的な問題は、日々の独学で乗り越えられるはず!
それに加えて、このようなちょっと難しい点も、補強し積み重ねていけば、
合格ラインを超える力となっていきますよ。
今後も定期的に、過去問を解説していきます。お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次の5月試験に向けた勉強会を、下記日程で開催します!
■5/4(土):FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
■5/19(日):FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

<姉妹サイト FPスキル実践活用勉強会の日程>
■4/18(木) ライフプランのソフトで、将来も安心できる住宅購入プランを立てよう
■4/28(日) FP6分野の新制度&制度改正 徹底学習勉強会(FP1級・CFP試験対応)

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
https://money-study.net/fp/session/

 

2019年4月11日 (木)

[2級試験解説 やや難]総合福祉団体定期保険の災害総合保障特約について

本日は、2019年1月のFP技能士試験の過去問を解説します。
合格後のさらなる知識向上にも、役立てて下さいね!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2019年1月 FP技能士2級 学科 問13より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【問題】

4.災害総合保障特約は、交通事故などの不慮の事故による災害時に障害・入院給付金が支払われる特約であり、給付金の受取人は企業に限定されている。

 

【解答と解説】

この記述は不適切です。
「受取人は企業に限定されている」を「受取人は被保険者または企業である」に直すと正しい文章になります。

総合福祉団体定期保険は死亡保障の性質を持つ保険ですが、これに災害総合保障特約を付加すると、いわゆる医療保障を得ることができるようになります。
災害総合保障特約による給付金の受取人は、原則として被保険者(役員や従業員)となります。ただし被保険者の同意があれば、受取人を企業にすることもできます。

 

問題の解説は以上です。

こちらでは、最近増えている新傾向の問題や、市販テキストに記述がなく
独学で対策しづらく得点しにくい問題を中心に解説しています。

標準的な問題は、日々の独学で乗り越えられるはず!
それに加えて、このようなちょっと難しい点も、補強し積み重ねていけば、
合格ラインを超える力となっていきますよ。
今後も定期的に、過去問を解説していきます。お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次の5月試験に向けた勉強会を、下記日程で開催します!
■5/4(土):FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
■5/19(日):FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

<姉妹サイト FPスキル実践活用勉強会の日程>
■4/18(木) ライフプランのソフトで、将来も安心できる住宅購入プランを立てよう
■4/28(日) FP6分野の新制度&制度改正 徹底学習勉強会(FP1級・CFP試験対応)

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
https://money-study.net/fp/session/

 

2018年12月23日 (日)

第2分野「リスク管理の分野」学習のポイント

次のFP技能士試験を受験される皆様、順調に勉強を進められていますか?
勉強不足を感じたら、単純な解決法ですが、勉強時間を増やしましょう!
想定よりも勉強量が必要と気が付いたなら、その対策をとることが大切です。

少し早く起きたり、スキマ時間を使って勉強時間を確保することができます。
勉強時間を作るのが難しいという方は、意識して時間を作りましょうね!

 

さて、本日は「リスク管理」分野の重要ポイントについてお伝えします。

「リスク管理」と名前がついていますが、実質的には保険の分野ですね。
生命保険、損害保険の仕組みについて出題されます。
それに加えて、保険と税金の関係についても問われます。
保険の世界には複雑な仕組みがたくさんあり、そこを積極的に出題してきます。
細かいところも丁寧に学習することを、心掛けてくださいね。

 

このリスク管理の分野をしっかり学習すれば、何気なく保険に加入していた方も、ご自身が契約していた保険内容を詳しく理解できるようになります。
必要な保障が何かを、判断できるようにもなります。
無駄のないように、保険を選択できるようにもなります。

保険の知識を活かし、お客様の状況に適した保険を提案していくことで、FPとしての実務スキルを高めることもできます。
FP資格取得後の活躍の幅も広がりますので、前向きに学習していきましょう。

 

過去問学習では、皆様がお使いの試験対策テキストに載っていないことが出題されることもあるでしょう。特に2級はその傾向が強いです。
その場合は、公式サイトの「FP3級2級過去問 難問を解説」も活用して下さい。
試験対策テキストで解説が漏れがちな内容を、1000項目以上掲載しています。
利用は無料なので、ぜひご活用くださいね。

【FP3級2級過去問 難問を解説】
https://money-study.net/fp/tisiki/

 

さて、この分野での重要ポイントを、いくつか皆様に問いかけをいたします。
試験に合格するうえで、ぜひとも「はい」と答えてもらいたいものばかりです。

あなたは、いくつ「はい」と答えられますか?

 

(3級2級共通)

■保険法、生命保険契約のルール、クーリングオフの概要を説明できますか?

■定期保険、終身保険、養老保険のそれぞれの内容と違いを、説明できますか?

■定期保険特約付き終身保険とは何か、また全期型と更新型のそれぞれの特徴と違いを、説明できますか?

■特定疾病保障保険とは何か、正確に説明できますか?

■払済保険と延長保険のそれぞれの内容と両者の違いを、説明できますか?

■リビングニーズ特約とは何か、説明できますか?

■生命保険金の受取時の課税は、相続税、所得税、贈与税の3種類あります。
それぞれどのような条件の場合に課税されるか、説明できますか?

■純保険料/付加保険料の違いと、3つの利率について、互いに関連付けて説明できますか?

■地震保険の保険金額、保険料控除について、説明できますか?

■自賠責保険の特徴と保険金額について、説明できますか?

■自動車保険の対人賠償保険、対物賠償保険、人身傷害補償保険のそれぞれについて、補償内容の特徴を説明できますか?

■傷害保険には、普通傷害保険、国内旅行保険、海外旅行保険があります。
それぞれの補償内容の特徴を、説明できますか?

■個人賠償責任保険は、どのような内容を補償するのか、説明できますか?

■保険会社が破たんした時、生命保険、損害保険のそれぞれで、どれくらいの金額が補償されるか説明できますか?

■保険契約書を見て、死亡時に支払われる保険金、入院や手術時に支払われる保険金、ガンになった時に支払われる保険金を、正しく計算できますか?

 

(2級の方は、上記に加えてさらに下記についても確認してください)

■少額短期保険の特徴(保険金額、保険期間、破たん時の取り扱いなど)を説明できますか?

■個人年金保険では、年金の受取時にも税金がかかります。
どのような条件下でどの種類の税金が課税されるか、説明できますか?

■個人事業主が契約した生命保険と損害保険では、どのような控除が適用されるのか、どのような経理処理をすべきか、いくつかのパターンがあります。
それらを網羅的に説明できますか?

■変額保険と変額個人年金のそれぞれについて、特徴、何が変額で何が定額なのか、保険料控除の取り扱いはどうなっているか、説明できますか?

■ハーフタックスプランとは何か、またその税務処理について説明できますか?

■長期平準定期保険とは何か、またその税務処理について、説明できますか?

■自賠責保険、対人賠償保険、対物賠償保険、自損事故保険、無保険車傷害保険、搭乗者傷害保険、人身傷害補償保険、車両保険のそれぞれの違いや補償内容を、説明できますか?

■所得補償保険はどのような時に保険金が支払われるのか、また保険料支払時と保険金受取時の税金について、説明できますか?

■法人向け損害保険を5種類以上挙げ、それぞの補償内容と、どのようなリスクに備える保険なのか、説明できますか?

■法人契約保険の様々な経理処理パターンを把握し、保険料の支払い時と、保険金の受取り時の経理処理を正しく実施できますか?

 

以上の問いかけに「はい」と答えられる自信と知識があれば、試験当日には正誤を正しく判断でき、計算問題も解けるでしょう。
しかし「はい」と答えられないものが多ければ、お持ちのテキストや問題集でもう一度復習をして、試験当日までに備えてくださいね。

 

「はい」の数が少なかった方は、ぜひ「頻出重要ポイント総仕上げ勉強会」にご参加下さい。
試験で高得点を狙えるよう、重要ポイントを短時間で学び、弱点も補強できます。
受験者同士で楽しく学びあう雰囲気が、過去の参加者にもご好評頂いています。
ご興味をお持ちになりましたら、ぜひご参加くださいね。
開催日程と参加申込については、下記のご案内をご覧ください。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2019/1/13(日) FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
■2019/1/19(土) FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会
試験頻出の点、それなりに勉強しても間違えやすい点を補強し、
得点アップのポイントを短時間でたくさん学べる勉強会です。
学びは濃いですが、みんなで楽しく学べる和やかな雰囲気です♪

<姉妹サイト FPスキル実践活用勉強会の日程>
■1/24(木) 確定申告がわかる!できる!【様々なケースでの申告書作成編】
■1/31(木) 確定申告がわかる!できる!【電子申告e-Tax実践編】
■2/11(月・祝) ポートフォリオ理論を学び低リスク高リターンな国際分散投資

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
https://money-study.net/fp/session/

 

[2級試験解説 3級の方も参考に]請負業者賠償責任保険と生産物賠償責任保険の違い

本日は、2018年9月のFP技能士試験の過去問を解説します。
合格後のさらなる知識向上にも、役立てて下さいね!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2018年9月 FP技能士2級 実技(きんざい損保顧客) 問9より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【問題】

3 「請負業者賠償責任保険は、工事完了後、工事結果の不良のために住民が転倒し、ケガをしたケースのように、工事の結果によって法律上の賠償を負った場合に補償の対象となります」

 

【解答と解説】

この記述は不適切です。
これは請負業者賠償責任保険ではなく、生産物賠償責任保険(PL保険)の補償対象です。

請負業者賠償責任保険は、工事中が補償の対象です。
生産物賠償責任保険(PL保険)は、工事後が補償の対象です。

「工事中は請負業務」「工事完了後は生産物」という言葉のイメージで、理解するのもよいでしょう。

 

問題の解説は以上です。
こちらでは、最近増えている新傾向の問題や、市販テキストに記述がなく
独学で対策しづらく得点しにくい問題を中心に解説しています。

標準的な問題は、日々の独学で乗り越えられるはず!
それに加えて、このようなちょっと難しい点も、補強し積み重ねていけば、
合格ラインを超える力となっていきますよ。
今後も定期的に、過去問を解説していきます。お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2019/1/13(日) FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
■2019/1/19(土) FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会
試験頻出の点、それなりに勉強しても間違えやすい点を補強し、
得点アップのポイントを短時間でたくさん学べる勉強会です。
学びは濃いですが、みんなで楽しく学べる和やかな雰囲気です♪

<姉妹サイト FPスキル実践活用勉強会の日程>
■1/24(木) 確定申告がわかる!できる!【様々なケースでの申告書作成編】
■1/31(木) 確定申告がわかる!できる!【電子申告e-Tax実践編】
■2/11(月・祝) ポートフォリオ理論を学び低リスク高リターンな国際分散投資

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
https://money-study.net/fp/session/

 

2018年12月21日 (金)

[2級試験解説 やや難]建設工事保険の補償の対象範囲

本日は、2018年9月のFP技能士試験の過去問を解説します。
合格後のさらなる知識向上にも、役立てて下さいね!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2018年9月 FP技能士2級 実技(きんざい損保顧客) 問9より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【問題】

2 「建設工事保険は、住宅等の建設工事において、工事期間中に発生した火災、台風、盗難等の不測かつ突発的な事故によって、工事の目的物について生じた損害を補償するための保険商品です。機械を据え付ける組立工事や道路や上下水道を建設する土木工事は、この保険の対象になりません」

 

【解答と解説】

この記述は適切です。
建設工事保険の対象とする工事は、住宅、マンション、オフィスビルなどの建築工事です。
逆に対象とならないものとして、問題文にある組立工事や土木工事以外にも、鉄塔などの構築物の建設や、解体工事があります。

さらに補足しますと、建設工事保険は、建設工事中の建物を補償する保険です。
建設工事中のけがや死亡に対する補償ではありません。いわゆる対物保険の一種なのです。

ですから、工事中の落下物によって他人をケガさせたり、工事中に工事対象の建物以外のものに損害を与えた場合(クレーンが倒れたり機会の不良動作で第三者に被害を与えた場合)には、建設工事では補償できません。これらに対する補償が必要なら、請負業者賠償責任保険にも合わせて加入が必要です。

 

問題の解説は以上です。
こちらでは、最近増えている新傾向の問題や、市販テキストに記述がなく
独学で対策しづらく得点しにくい問題を中心に解説しています。

標準的な問題は、日々の独学で乗り越えられるはず!
それに加えて、このようなちょっと難しい点も、補強し積み重ねていけば、
合格ラインを超える力となっていきますよ。
今後も定期的に、過去問を解説していきます。お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2019/1/13(日) FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
■2019/1/19(土) FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会
試験頻出の点、それなりに勉強しても間違えやすい点を補強し、
得点アップのポイントを短時間でたくさん学べる勉強会です。
学びは濃いですが、みんなで楽しく学べる和やかな雰囲気です♪

<姉妹サイト FPスキル実践活用勉強会の日程>
■12/16(日) FP6分野の新制度&制度改正 徹底学習勉強会(FP1級・CFP試験対応)
■12/20(木) 顧客のためのFPアドバイス研究 老後資金の取り崩し設計編
■1/24(木) 確定申告がわかる!できる!【様々なケースでの申告書作成編】
■1/31(木) 確定申告がわかる!できる!【電子申告e-Tax実践編】
■2/11(月・祝) ポートフォリオ理論を学び低リスク高リターンな国際分散投資

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
https://money-study.net/fp/session/

 

2018年12月20日 (木)

[2級試験解説 やや難]会社役員賠償責任保険(D&O保険)に関する問題

本日は、2018年9月のFP技能士試験の過去問を解説します。
合格後のさらなる知識向上にも、役立てて下さいね!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2018年9月 FP技能士2級 実技(きんざい損保顧客) 問9より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【問題】

1 「会社役員賠償責任保険(D&O保険)は、被保険者である会社役員が役員の業務に係る行為に起因して損害賠償請求がなされたことにより被る法律上の損害賠償金および争訟費用等の損害に対して、保険金が支払われます。なお、被保険者の範囲は会社法上の取締役に限定されており、監査役や執行役のほか、子会社の役員を含めることはできません」

 

【解答と解説】

この記述は不適切です。
会社役員賠償責任保険(D&O保険)では、その会社の取締役だけでなく、監査役、執行役、子会社の役員も含めることができます。
なお、保険期間中に退任した役員や、保険期間の途中で選任された役員も、被保険者に含まれます。
この保険に加入する場合には、基本的に役員全員が被保険者になります。

 

問題の解説は以上です。
こちらでは、最近増えている新傾向の問題や、市販テキストに記述がなく
独学で対策しづらく得点しにくい問題を中心に解説しています。

標準的な問題は、日々の独学で乗り越えられるはず!
それに加えて、このようなちょっと難しい点も、補強し積み重ねていけば、
合格ラインを超える力となっていきますよ。
今後も定期的に、過去問を解説していきます。お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2019/1/13(日) FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
■2019/1/19(土) FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会
試験頻出の点、それなりに勉強しても間違えやすい点を補強し、
得点アップのポイントを短時間でたくさん学べる勉強会です。
学びは濃いですが、みんなで楽しく学べる和やかな雰囲気です♪

<姉妹サイト FPスキル実践活用勉強会の日程>
■12/16(日) FP6分野の新制度&制度改正 徹底学習勉強会(FP1級・CFP試験対応)
■12/20(木) 顧客のためのFPアドバイス研究 老後資金の取り崩し設計編
■1/24(木) 確定申告がわかる!できる!【様々なケースでの申告書作成編】
■1/31(木) 確定申告がわかる!できる!【電子申告e-Tax実践編】
■2/11(月・祝) ポートフォリオ理論を学び低リスク高リターンな国際分散投資

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
https://money-study.net/fp/session/

 

より以前の記事一覧