最近のトラックバック

無料ブログはココログ

カテゴリー「金融資産運用・経済」の134件の記事

2019年5月 1日 (水)

第3分野「金融資産運用」学習のポイント

本日は、金融資産運用分野の学習ポイントについてお伝えします。

 

「資産運用」という言葉が、日常的にも使われるようになっています。

これまで当勉強会に参加された方に、FP資格を取ろうと思ったきっかけをお聞きしてきました。その中で、投資や資産運用に興味があって、FP資格にチャレンジをしたという方も多くいらっしゃいました。

最近の投資・経済に関する記事でも、FPが解説していることが増えています。
その影響もあるのかもしれませんね。

金融資産運用という言葉から、投資で儲けるイメージをお持ちかもしれません。
そうなりたいと考えて、FP資格にチャレンジされる方もいらっしゃるでしょう。
でも、投資で利益を上げるコツは、残念ながらFP試験の出題対象外です(笑)

 

さて、金融資産運用の分野は、すでに資産運用経験があると得点しやすいです。
なぜなら、自分の資産運用で体験したこと・見聞きしたことが、試験で多く出題されるためです。
市販のマネー雑誌で得た知識で、問題に解答できることも多くあります。

一方で、資産運用の経験がない方には「初めて知ることばかり」の分野です。
初めて知る言葉や概念が多くあり、学習の苦労も多くなります。
少額でもよいので、実際に資産運用を体験すると、より理解が深まりますよ。

投資と言えば株が有名ですが、他にも債券や投資信託などもあります。
はたまた外貨商品やデリバティブもあり、投資の対象にもいろいろな種類があることが、試験勉強の過程で学べます。
投資によって得た利益にかかる税金も、金融商品や取引条件によって、細かく規定されていることも驚きだったのではないでしょうか。

金融資産運用の分野を学習し終えると、投資や経済にも興味がわくでしょう。
知人同士で資産運用の話をする時、いろいろ解説してあげることもできます。
日常生活でも役立つ知識ですから、ぜひ前向きに学習を進めて下さいね。

 

過去問学習では、皆様がお使いの試験対策テキストに載っていないことが出題されることもあるでしょう。特に2級はその傾向が強いです。
その場合は、公式サイトの「FP3級2級過去問 難問を解説」も活用して下さい。
試験対策テキストで解説が漏れがちな内容を、1000項目以上掲載しています。
利用は無料なので、ぜひご活用くださいね。

【FP3級2級過去問 難問を解説】
https://money-study.net/fp/tisiki/

 

さて、この分野での重要ポイントを、いくつか皆様に問いかけをいたします。
試験合格においては、ぜひとも「はい」と答えてもらいたいものばかりです。

あなたは、いくつ「はい」と答えられますか?

 

(3級2級共通)
■日経平均株価とTOPIXの特徴、違いを説明できますか?

■GDP、消費者物価指数など4種以上の経済指標の名前と特徴を説明できますか?

■どのような場合に円高円安になるか、数種類の事例を挙げて説明できますか?

■外貨投資をした時、円高/円安によって円ベースの利回りが変化します。
どのように変化するか、説明できますか?

■債券価格、金利、発行体格付けとの関係を、説明できますか?

■債券の利回り計算を、正確にできますか?

■個人向け国債の特徴(年数、固定金利/変動金利、最低利率、中途換金ルールなど)について、説明できますか?

■投資信託における委託者、受託者、販売会社、受益者の用語の意味と、それぞれの役割を説明できますか?

■ETFとは何か、またREITとは何か、説明できますか?

■指値注文/成行注文、アクティブ運用/パッシブ運用、トップダウンアプローチ/ボトムアップアプローチの用語について、説明できますか?

■PER、PBR、ROI、配当利回りなどを、正確に計算できますか?

■上場株式の配当金には、総合課税と申告分離課税の2種類の課税があります。
それぞれ、どのような課税上の違いがあるかを説明できますか?

■金融商品販売法と、消費者契約法のそれぞれについて、法律の特徴や目的を説明できますか?

■様々な金融商品において、利子、配当、売却益に課税される税金額を、所得税と住民税とに分けて計算できますか?

■NISA、つみたてNISA、ジュニアNISAの特徴や違いについて説明できますか?

 

(2級の方は、上記に加えてさらに下記についても確認してください)

■GDP、消費者物価指数など7種以上の経済指標の名前と特徴を説明できますか?

■預貯金について、普通預金と定期預金以外に4種類以上、名称を挙げてその特徴を説明できますか?

■外貨投資において、購入時と売却時とで為替レートが異なる時、売却時に得られる金額と実質利回りを計算できますか?

■制度信用取引と一般信用取引の違いを、3つ以上の観点で説明できますか?

■オプション取引とは何か、その概要を説明できますか?

■外貨建て商品(外貨預金、外貨建てMMF、外国債券など)のそれぞれについて、課税される税金について説明できますか?

■ポートフォリオ理論に基づき、リターンとリスクについて重要となる考え方、また分散投資における特徴について、説明できますか?

■金融商品販売法で対象となる取引と対象外の取引を、正確に説明できますか?

■預金保護制度、保険契約者保護機構、投資者保護基金のそれぞれで、どのような金融取引を保護しているのか説明できますか?

 

以上の問いかけに「はい」と答えられる自信と知識があれば、試験当日には正誤を正しく判断でき、計算問題も解けるでしょう。
しかし「はい」が少なければ、お持ちのテキストや問題集で復習をしましょう。
試験当日までに、しっかりと備えてくださいね。

 

「はい」の数が少なかった方は、ぜひ「頻出重要ポイント総仕上げ勉強会」にご参加下さい。
試験で高得点を狙えるよう、重要ポイントを短時間で学び、弱点も補強できます。
受験者同士で楽しく学びあう雰囲気が、過去の参加者にもご好評頂いています。
ご興味をお持ちになりましたら、ぜひご参加くださいね。
開催日程と参加申込については、下記のご案内をご覧ください。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次の5月試験に向けた勉強会を、下記日程で開催します!
■5/4(土):FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
■5/19(日):FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

<姉妹サイト FPスキル実践活用勉強会の日程>
■5/30(木) ライフプランソフトを活用し、上手な保険見直しを実現しよう

参加申し込み、詳細はこちらから!
https://money-study.net/fp/session/

 

2019年4月29日 (月)

[2級試験解説 やや難]財形住宅貯蓄において、非課税で払い出す場合の住宅床面積要件

本日は、2019年1月のFP技能士試験の過去問を解説します。
合格後のさらなる知識向上にも、役立てて下さいね!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2019年1月 FP技能士2級 実技(FP協会)問29より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【問題】

3.「ご夫婦の共有名義の居住用新築マンションの購入のために財形住宅貯蓄を非課税で払い出すためには、床面積が50m2以上の物件を選ぶ必要があります。」

 

【解答と解説】

この記述は適切です。
本記述のように、財形住宅貯蓄を非課税で払い戻すためには50m2という面積要件がある点を理解しておきましょう。

ちなみに、不動産を共有名義で購入するときに財形住宅貯蓄を払い出す場合、自分の持ち分に相当する金額の払い戻しまでが非課税となります。
他人の持ち分にあたる金額を払い出しても、その分は課税されてしまいますので、注意が必要です。

 

問題の解説は以上です。

こちらでは、最近増えている新傾向の問題や、市販テキストに記述がなく
独学で対策しづらく得点しにくい問題を中心に解説しています。

標準的な問題は、日々の独学で乗り越えられるはず!
それに加えて、このようなちょっと難しい点も、補強し積み重ねていけば、
合格ラインを超える力となっていきますよ。
今後も定期的に、過去問を解説していきます。お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次の5月試験に向けた勉強会を、下記日程で開催します!
■5/4(土):FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
■5/19(日):FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

<姉妹サイト FPスキル実践活用勉強会の日程>
■4/28(日) FP6分野の新制度&制度改正 徹底学習勉強会(FP1級・CFP試験対応)
■5/30(木) ライフプランソフトを活用し、上手な保険見直しを実現しよう

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
https://money-study.net/fp/session/

 

2019年4月26日 (金)

[2級試験解説 やや難]財形住宅貯蓄の非課税限度額について

本日は、2019年1月のFP技能士試験の過去問を解説します。
合格後のさらなる知識向上にも、役立てて下さいね!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2019年1月 FP技能士2級 実技(FP協会)問29より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【問題】

1.「瑠璃子さんの財形住宅貯蓄(金銭信託)の非課税限度額は、財形年金貯蓄と合わせて、元利合計で550万円までです。」

 

【解答と解説】

この記述は適切です。

 

【問題】

2.「敬太さんの財形住宅貯蓄(保険型)の非課税限度額は、財形年金貯蓄と合わせて、払込保険料累計額で385万円までです。」

 

【解答と解説】

この記述は不適切です。
「385万円」を「550万円」に直すと正しい記述となります。

 

上記2つの問題をまとめて解説をします。
財形年金貯蓄の保険型だけの場合は、非課税限度額は385万円です。
それ以外の財形における非課税限度額は、550万円となっています。

少し複雑ですが、非課税限度額について理解を深めておきましょう!

 

問題の解説は以上です。

こちらでは、最近増えている新傾向の問題や、市販テキストに記述がなく
独学で対策しづらく得点しにくい問題を中心に解説しています。

標準的な問題は、日々の独学で乗り越えられるはず!
それに加えて、このようなちょっと難しい点も、補強し積み重ねていけば、
合格ラインを超える力となっていきますよ。
今後も定期的に、過去問を解説していきます。お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次の5月試験に向けた勉強会を、下記日程で開催します!
■5/4(土):FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
■5/19(日):FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

<姉妹サイト FPスキル実践活用勉強会の日程>
■4/28(日) FP6分野の新制度&制度改正 徹底学習勉強会(FP1級・CFP試験対応)
■5/30(木) ライフプランソフトを活用し、上手な保険見直しを実現しよう

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
https://money-study.net/fp/session/

 

2019年4月24日 (水)

[2級試験解説 やや難]日銀短観での調査内容についての出題

本日は、2019年1月のFP技能士試験の過去問を解説します。
合格後のさらなる知識向上にも、役立てて下さいね!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2019年1月 FP技能士2級 学科 問21より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

全国企業短期経済観測調査(日銀短観)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

【問題】

1.調査の対象となる企業の業種は、製造業に限られ、非製造業は含まれない。

 

【解答と解説】

この記述は不適切です。
調査の対象は、製造業に限らず、非製造業も含まれます。
日銀短観では、大企業製造業、大企業非製造業、中小企業製造業、中小企業非製造業、のように、業種や企業規模ごとに指標が発表されています。


【問題】

2.調査は毎月実施され、翌月に調査結果が公表される。

 

【解答と解説】

この記述は不適切です。
調査は毎月ではなく、四半期ごと(3カ月ごと)に実施され、その翌月に調査結果が公表されています。


【問題】

3.日銀短観で公表される「業況判断DI」は、景気動向指数の算出に使用される経済統計指標のうち、3ヵ月前の数値と比較して改善した指標の割合を表す。

 

【解答と解説】

この記述は不適切です。
業況判断DIは、調査時点において、生産、売上、在庫、雇用などについて「良い」「さほどよくない」「悪い」の中から回答を取り、「良い」の比率から「悪い」の比率を引き算した者を表しています。
3カ月前の数値と比較しているわけではありません。


【問題】

4.日本銀行の金融政策が決定される際、「日銀短観」の調査結果は判断材料の一つとして利用されている。

 

【解答と解説】

この記述は適切です。
日本銀行の金融政策とは、公開市場操作による金利の誘導や資産の買い入れなどがありますが、それらを行うかどうかの判断として、日銀短観を利用しているというわけです。

 

問題の解説は以上です。

こちらでは、最近増えている新傾向の問題や、市販テキストに記述がなく
独学で対策しづらく得点しにくい問題を中心に解説しています。

標準的な問題は、日々の独学で乗り越えられるはず!
それに加えて、このようなちょっと難しい点も、補強し積み重ねていけば、
合格ラインを超える力となっていきますよ。
今後も定期的に、過去問を解説していきます。お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次の5月試験に向けた勉強会を、下記日程で開催します!
■5/4(土):FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
■5/19(日):FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会

<姉妹サイト FPスキル実践活用勉強会の日程>
■4/28(日) FP6分野の新制度&制度改正 徹底学習勉強会(FP1級・CFP試験対応)
■5/30(木) ライフプランソフトを活用し、上手な保険見直しを実現しよう

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
https://money-study.net/fp/session/

 

2018年12月31日 (月)

第3分野「金融資産運用」学習のポイント

本日は、金融資産運用分野の学習ポイントについてお伝えします。

 

「資産運用」という言葉が、日常的にも使われるようになっています。

これまで当勉強会に参加された方に、FP資格を取ろうと思ったきっかけをお聞きしてきました。その中で、投資や資産運用に興味があって、FP資格にチャレンジをしたという方も多くいらっしゃいました。

最近の投資・経済に関する雑誌記事でも、ファイナンシャルプランナーが解説していることが増えています。
その影響もあるのかもしれませんね。

金融資産運用という言葉から、投資で儲けるイメージをお持ちかもしれません。
そうなりたいと考えて、FP資格にチャレンジされる方もいらっしゃるでしょう。
でも、投資で利益を上げるコツは、残念ながらFP試験の出題対象外です(笑)

 

さて、金融資産運用の分野は、すでに資産運用経験があると得点しやすいです。
なぜなら、自分の資産運用で体験したこと・見聞きしたことが、試験で多く出題されるためです。
市販のマネー雑誌で得た知識で、問題に解答できることも多くあります。

その一方で、資産運用の経験がない方にとっては「初めて知ることばかり」の分野となるでしょう。
初めて知る言葉や概念が多くあり、学習の苦労も多くなります。
少額でもよいので、実際に資産運用を体験すると、より理解が深まりますよ。

投資と言えば株が有名ですが、他にも債券や投資信託などもあります。
はたまた外貨商品やデリバティブもあり、投資の対象にもいろいろな種類があることが、試験勉強の過程で学べます。
投資によって得た利益にかかる税金も、金融商品や取引条件によって、細かく規定されていることも驚きだったのではないでしょうか。

金融資産運用の分野を学習し終えると、投資や経済にも興味がわくでしょう。
知人同士で資産運用の話をする時、いろいろ解説してあげることもできます。
日常生活でも役立つ知識になりますから、ぜひ前向きに学習を進めて下さいね。

 

過去問学習では、皆様がお使いの試験対策テキストに載っていないことが出題されることもあるでしょう。特に2級はその傾向が強いです。
その場合は、公式サイトの「FP3級2級過去問 難問を解説」も活用して下さい。
試験対策テキストで解説が漏れがちな内容を、1000項目以上掲載しています。
利用は無料なので、ぜひご活用くださいね。

【FP3級2級過去問 難問を解説】
https://money-study.net/fp/tisiki/

 

さて、この分野での重要ポイントを、いくつか皆様に問いかけをいたします。
試験合格においては、ぜひとも「はい」と答えてもらいたいものばかりです。

あなたは、いくつ「はい」と答えられますか?

 

(3級2級共通)
■日経平均株価とTOPIXの特徴、違いを説明できますか?

■GDP、消費者物価指数など4種以上の経済指標の名前と特徴を説明できますか?

■どのような場合に円高円安になるか、数種類の事例を挙げて説明できますか?

■外貨投資をした時、円高/円安によって円ベースの利回りがどのように変化するか、説明できますか?

■債券価格、金利、発行体格付けとの関係を、説明できますか?

■債券の利回り計算を、正確にできますか?

■個人向け国債の特徴(年数、固定金利/変動金利、最低利率、中途換金ルールなど)について、説明できますか?

■投資信託における委託者、受託者、販売会社、受益者の用語の意味と、それぞれの役割を説明できますか?

■ETFとは何か、またREITとは何か、説明できますか?

■指値注文/成行注文、アクティブ運用/パッシブ運用、トップダウンアプローチ/ボトムアップアプローチの用語について、説明できますか?

■PER、PBR、ROI、配当利回りなどを、正確に計算できますか?

■MRF、MMF、外貨建てMMFとは何か、またそれぞれの手数料、解約時のルール、課税体系について、説明できますか?

■上場株式の配当金には、総合課税と申告分離課税の2種類の課税があります。
それぞれ、どのような課税上の違いがあるかを説明できますか?

■金融商品販売法と、消費者契約法のそれぞれについて、法律の特徴や目的を説明できますか?

■様々な金融商品において、利子、配当、売却益に課税される税金額を、所得税と住民税とに分けて計算できますか?

■NISA、つみたてNISA、ジュニアNISAの特徴や違いについて説明できますか?

 

(2級の方は、上記に加えてさらに下記についても確認してください)

■GDP、消費者物価指数など7種以上の経済指標の名前と特徴を説明できますか?

■預貯金について、普通預金と定期預金以外に4種類以上、名称を挙げてその特徴を説明できますか?

■外貨投資において、購入時と売却時とで為替レートが異なる時、売却時に得られる金額と実質利回りを計算できますか?

■制度信用取引と一般信用取引の違いを、3つ以上の観点で説明できますか?

■オプション取引とは何か、先物取引とは何か、概要を説明できますか?

■外貨建て商品(外貨預金、外貨建てMMF、外国債券など)のそれぞれについて、課税される税金について説明できますか?

■ポートフォリオ理論に基づき、リターンとリスクについて重要となる考え方、また分散投資における特徴について、説明できますか?

■金融商品販売法で対象となる取引と対象外の取引を、正確に説明できますか?

■預金保護制度、保険契約者保護機構、投資者保護基金のそれぞれで、どのような金融取引を保護しているのか説明できますか?

 

以上の問いかけに「はい」と答えられる自信と知識があれば、試験当日には正誤を正しく判断でき、計算問題も解けるでしょう。
しかし「はい」と答えられないものが多ければ、お持ちのテキストや問題集でもう一度復習をして、試験当日までに備えてくださいね。

 

「はい」の数が少なかった方は、ぜひ「頻出重要ポイント総仕上げ勉強会」にご参加下さい。
試験で高得点を狙えるよう、重要ポイントを短時間で学び、弱点も補強できます。
受験者同士で楽しく学びあう雰囲気が、過去の参加者にもご好評頂いています。
ご興味をお持ちになりましたら、ぜひご参加くださいね。
開催日程と参加申込については、下記のご案内をご覧ください。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2019/1/13(日) FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
■2019/1/19(土) FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会
試験頻出の点、それなりに勉強しても間違えやすい点を補強し、
得点アップのポイントを短時間でたくさん学べる勉強会です。
学びは濃いですが、みんなで楽しく学べる和やかな雰囲気です♪

<姉妹サイト FPスキル実践活用勉強会の日程>
■1/24(木) 確定申告がわかる!できる!【様々なケースでの申告書作成編】
■1/31(木) 確定申告がわかる!できる!【電子申告e-Tax実践編】
■2/11(月・祝) ポートフォリオ理論を学び低リスク高リターンな国際分散投資

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
https://money-study.net/fp/session/

 

2018年12月28日 (金)

[2級試験解説 やや難]ETFには元本払戻金(特別分配金)はない

みなさま、こんにちは。
FP技能士3級2級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

本日は、2018年9月のFP技能士試験の過去問を解説します。
合格後のさらなる知識向上にも、役立てて下さいね!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2018年9月 FP技能士2級 学科 問23より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【問題】

4.ETFの分配金には、普通分配金と元本払戻金(特別分配金)とがあり、税務上、普通分配金は課税対象となり、元本払戻金(特別分配金)は非課税となる。

 

【解答と解説】

この記述は不適切です。
ETFの分配金は、株の配当、債券の利子を原資にして分配することはできますが、元本部分を配当として取り扱うことはできません。
したがって、元本払戻金(特別分配金)に相当するものはありません。
つまりETFの分配金は、全額が普通分配金となるわけです。

 

問題の解説は以上です。
こちらでは、最近増えている新傾向の問題や、市販テキストに記述がなく
独学で対策しづらく得点しにくい問題を中心に解説しています。

標準的な問題は、日々の独学で乗り越えられるはず!
それに加えて、このようなちょっと難しい点も、補強し積み重ねていけば、
合格ラインを超える力となっていきますよ。
今後も定期的に、過去問を解説していきます。お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2019/1/13(日) FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
■2019/1/19(土) FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会
試験頻出の点、それなりに勉強しても間違えやすい点を補強し、
得点アップのポイントを短時間でたくさん学べる勉強会です。
学びは濃いですが、みんなで楽しく学べる和やかな雰囲気です♪

<姉妹サイト FPスキル実践活用勉強会の日程>
■1/24(木) 確定申告がわかる!できる!【様々なケースでの申告書作成編】
■1/31(木) 確定申告がわかる!できる!【電子申告e-Tax実践編】
■2/11(月・祝) ポートフォリオ理論を学び低リスク高リターンな国際分散投資

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
https://money-study.net/fp/session/

 

2018年12月24日 (月)

[2級試験解説 やや難]景気動向指数と東証株価指数との関連

本日は、2018年9月のFP技能士試験の過去問を解説します。
合格後のさらなる知識向上にも、役立てて下さいね!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2018年9月 FP技能士2級 学科 問21より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【問題】

3.景気動向指数において、東証株価指数は、景気の動きに対してほぼ一致して動く、一致系列に分類されている。

 

【解答と解説】

この記述は不適切です。
東証株価指数(TOPIXとも言います)は、景気動向指数において一致系列ではなく、先行系列に分類されています。
この細かい観点まで書いてあるテキストもありますが、受験生が見落としていることが多いですので、改めてしっかり勉強しておきましょうね!

 

問題の解説は以上です。
こちらでは、最近増えている新傾向の問題や、市販テキストに記述がなく
独学で対策しづらく得点しにくい問題を中心に解説しています。

標準的な問題は、日々の独学で乗り越えられるはず!
それに加えて、このようなちょっと難しい点も、補強し積み重ねていけば、
合格ラインを超える力となっていきますよ。
今後も定期的に、過去問を解説していきます。お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2019/1/13(日) FP2級 頻出重要ポイント&難問対策総仕上げ勉強会
■2019/1/19(土) FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会
試験頻出の点、それなりに勉強しても間違えやすい点を補強し、
得点アップのポイントを短時間でたくさん学べる勉強会です。
学びは濃いですが、みんなで楽しく学べる和やかな雰囲気です♪

<姉妹サイト FPスキル実践活用勉強会の日程>
■1/24(木) 確定申告がわかる!できる!【様々なケースでの申告書作成編】
■1/31(木) 確定申告がわかる!できる!【電子申告e-Tax実践編】
■2/11(月・祝) ポートフォリオ理論を学び低リスク高リターンな国際分散投資

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
https://money-study.net/fp/session/

 

2018年8月15日 (水)

第3分野「金融資産運用」学習のポイント

本日は、金融資産運用分野の学習ポイントについてお伝えします。

 

「資産運用」という言葉が、日常的にも使われるようになっています。

これまで当勉強会に参加された方に、FP資格を取ろうと思ったきっかけをお聞きしてきました。その中で、投資や資産運用に興味があって、FP資格にチャレンジをしたという方も多くいらっしゃいました。

最近の投資・経済に関する雑誌記事でも、ファイナンシャルプランナーが解説していることが増えています。
その影響もあるのかもしれませんね。

金融資産運用という言葉から、投資で儲けるイメージをお持ちかもしれません。
そうなりたいと考えて、FP資格にチャレンジされる方もいらっしゃるでしょう。
でも、投資で利益を上げるコツは、残念ながらFP試験の出題対象外です(笑)

 

さて、金融資産運用の分野は、すでに資産運用経験があると得点しやすいです。
なぜなら、自分の資産運用で体験したこと・見聞きしたことが、試験で多く出題されるためです。
市販のマネー雑誌で得た知識で、問題に解答できることも多くあります。

その一方で、資産運用の経験がない方にとっては「初めて知ることばかり」の分野となるでしょう。
初めて知る言葉や概念が多くあり、学習の苦労も多くなります。
少額でもよいので、実際に資産運用を体験すると、より理解が深まりますよ。

投資と言えば株が有名ですが、他にも債券や投資信託などもあります。
はたまた外貨商品やデリバティブもあり、投資の対象にもいろいろな種類があることが、試験勉強の過程で学べます。
投資によって得た利益にかかる税金も、金融商品や取引条件によって、細かく規定されていることも驚きだったのではないでしょうか。

金融資産運用の分野を学習し終えると、投資や経済にも興味がわくでしょう。
知人同士で資産運用の話をする時、いろいろ解説してあげることもできます。
日常生活でも役立つ知識になりますから、ぜひ前向きに学習を進めて下さいね。

 

過去問学習では、皆様がお使いの試験対策テキストに載っていないことが、出題されることもあるでしょう。特に2級はその傾向が強いです。
その場合は、公式サイトの「FP3級2級過去問 難問を解説」のページも活用して下さい。
試験対策テキストで解説が漏れがちな内容を、1000項目以上掲載しています。
利用は無料なので、ぜひご活用くださいね。

【FP3級2級過去問 難問を解説】
https://money-study.net/fp/tisiki/

 

さて、この分野での重要ポイントを、いくつか皆様に問いかけをいたします。
試験合格においては、ぜひとも「はい」と答えてもらいたいものばかりです。

あなたは、いくつ「はい」と答えられますか?

 

(3級2級共通)
■日経平均株価とTOPIXの特徴、違いを説明できますか?

■GDP、消費者物価指数など、4種類以上の経済指標の名前と特徴を説明できますか?

■どのような場合に円高、円安になるか、数種類の事例を挙げて説明できますか?

■外貨投資をした時、円高/円安によって円ベースの利回りがどのように変化するか、説明できますか?

■債券価格、金利、発行体格付けとの関係を、説明できますか?

■債券の利回り計算を、正確にできますか?

■個人向け国債の特徴(年数、固定金利/変動金利、最低利率、中途換金ルールなど)について、説明できますか?

■投資信託における委託者、受託者、販売会社、受益者の用語の意味と、それぞれの役割を説明できますか?

■ETFとは何か、またREITとは何か、説明できますか?

■指値注文/成行注文、アクティブ運用/パッシブ運用、トップダウンアプローチ/ボトムアップアプローチの用語について、説明できますか?

■PER、PBR、ROI、配当利回りなどを、正確に計算できますか?

■MRF、MMF、外貨建てMMFとは何か、またそれぞれの手数料、解約時のルール、課税体系について、説明できますか?

■上場株式の配当金には、総合課税と申告分離課税の2種類の課税があります。
それぞれ、どのような課税上の違いがあるかを説明できますか?

■金融商品販売法と、消費者契約法のそれぞれについて、法律の特徴や目的を説明できますか?

■様々な金融商品において、利子、配当、売却益に課税される税金額を、所得税と住民税とに分けて計算できますか?

■NISA口座、つみたてNISA口座、ジュニアNISA口座の特徴や違いについて、説明できますか?

 

(2級の方は、上記に加えてさらに下記についても確認してください)

■GDP、消費者物価指数など7種類以上の経済指標の名前と特徴を説明できますか?

■預貯金について、普通預金と定期預金以外に4種類以上、名称を挙げてその特徴を説明できますか?

■外貨投資において、購入時と売却時とで為替レートが異なる時、売却時に得られる金額と実質利回りを計算できますか?

■制度信用取引と一般信用取引の違いを、3つ以上の観点で説明できますか?

■オプション取引とは何か、先物取引とは何か、概要を説明できますか?

■外貨建て商品(外貨預金、外貨建てMMF、外国債券など)のそれぞれについて、課税される税金について説明できますか?

■ポートフォリオ理論に基づき、リターンとリスクについて重要となる考え方、また分散投資における特徴について、説明できますか?

■金融商品販売法で対象となる取引と対象外の取引を、正確に説明できますか?

■預金保護制度、保険契約者保護機構、投資者保護基金のそれぞれで、どのような金融取引を保護しているのか説明できますか?

 

以上の問いかけに「はい」と答えられる自信と知識があれば、試験当日には正誤を正しく判断でき、計算問題も解けるでしょう。
しかし「はい」と答えられないものが多ければ、お持ちのテキストや問題集でもう一度復習をして、試験当日までに備えてくださいね。

 

「はい」の数が少なかった方は、ぜひ「頻出重要ポイント総仕上げ勉強会」にご参加下さい。
試験で高得点を狙えるよう、重要ポイントを短時間で学び、弱点も補強できます。
受験者同士で楽しく学びあう雰囲気が、過去の参加者にもご好評頂いています。
ご興味をお持ちになりましたら、ぜひご参加くださいね。
開催日程と参加申込については、下記のご案内をご覧ください。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■8/25(土) FP2級 頻出重要ポイント&難問対策(1級基礎)総仕上げ勉強会
■8/26(日) FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会
試験頻出の点、それなりに勉強しても間違えやすい点を補強し、
得点アップのポイントを短時間でたくさん学べる勉強会です。
学びは濃いですが、みんなで楽しく学べる和やかな雰囲気です♪

<姉妹サイト FPスキル実践活用勉強会の日程>
■8/30(木) 金融オプションの仕組みと損得を、身近な事例でスッキリ理解!
           (FP1級・CFPのオプション問題にまで対応しています)

■9/30(日) ポートフォリオ理論・低リスク高リターンな国際分散投資
           (FP1級・CFPの分散投資の問題にまで対応しています)

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
https://money-study.net/fp/session/

 

2018年8月13日 (月)

[2級試験解説 やや難]消費者契約法における不利益事実の不告知

本日は、2018年5月のFP技能士試験の過去問を解説します。
市販テキストに記述がないなど、日々の学習で対策しづらく得点しにくい
問題を中心に解説しています。
合格後のさらなる知識向上にも、役立てて下さいね!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2018年5月 FP技能士2級 学科 問30より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【問題】

3.消費者契約法では、銀行等の事業者が重要事項について消費者の不利益となる事実を告げようとしたにもかかわらず、消費者がそれを拒み、契約の申込みをした場合、消費者は不利益事実の不告知を理由としてその契約を取り消すことができない。

 

【解答と解説】

この記述は適切です。
消費者側が、例えば「時間がないから説明しないでほしい」「その話は知っているからそれ以上言わないでほしい」等と主張して、消費者の不利益となる事実を聞かなかった場合には、本問の通り契約の取り消しは行えないということになるのです。

細かいところですが、このようなルールもあることを、知っておきましょう。

 

問題の解説は以上です。

このようなちょっと難しい点を、補強し積み重ねていくことで、
合格ラインを超える力となっていきますよ。
今後も定期的に、過去問を解説していきます。お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■8/25(土) FP2級 頻出重要ポイント&難問対策(1級基礎)総仕上げ勉強会
■8/26(日) FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会
試験頻出の点、それなりに勉強しても間違えやすい点を補強し、
得点アップのポイントを短時間でたくさん学べる勉強会です。
学びは濃いですが、みんなで楽しく学べる和やかな雰囲気です♪

<姉妹サイト FPスキル実践活用勉強会の日程>
■8/30(木) 金融オプションの仕組みと損得を、身近な事例でスッキリ理解!
           (FP1級・CFPのオプション問題にまで対応しています)

■9/30(日) ポートフォリオ理論・低リスク高リターンな国際分散投資
           (FP1級・CFPの分散投資の問題にまで対応しています)

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
https://money-study.net/fp/session/

 

2018年8月10日 (金)

[2級試験解説 3級の方も参考に]犯罪収益移転防止法における本人確認について

本日は、2018年5月のFP技能士試験の過去問を解説します。
市販テキストに記述がないなど、日々の学習で対策しづらく得点しにくい
問題を中心に解説しています。
合格後のさらなる知識向上にも、役立てて下さいね!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2018年5月 FP技能士2級 学科 問30より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【問題】

2.犯罪収益移転防止法において、銀行等の特定事業者は、顧客と預金契約等の特定取引を行う際、顧客が代理人を通じて取引する場合には、顧客および代理人双方の本人確認が義務付けられている。

 

【解答と解説】

この記述は適切です。

犯罪収益移転防止法は、犯罪組織に資金が渡らないようにすることを目的とした法律であり、いわゆる「本人確認」を行うことを規定しています。

個人顧客の場合は、本人確認として「本人特定事項」「取引を行う目的」「職業」の3つの情報を確認することが定められています。なお、「本人特定事項」とは、氏名、住居、生年月日を総称した言葉です。
法人顧客の場合は、次の事項の確認が義務付けられています。
・本人特定事項(商号、本店所在地)
・事業内容
・実質的支配者の有無(実質的支配者の意味は割愛しますが、主要株主のこととお考えください)
・実質的支配者がいる場合は、その者の本人特定事項

代理人を通して取引する場合は、代理人に対しても、上記の本人確認が義務付けられています。

 

問題の解説は以上です。

このようなちょっと難しい点を、補強し積み重ねていくことで、
合格ラインを超える力となっていきますよ。
今後も定期的に、過去問を解説していきます。お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後のFP技能士3級2級合格勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■8/25(土) FP2級 頻出重要ポイント&難問対策(1級基礎)総仕上げ勉強会
■8/26(日) FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)総仕上げ勉強会
試験頻出の点、それなりに勉強しても間違えやすい点を補強し、
得点アップのポイントを短時間でたくさん学べる勉強会です。
学びは濃いですが、みんなで楽しく学べる和やかな雰囲気です♪

<姉妹サイト FPスキル実践活用勉強会の日程>
■8/30(木) 金融オプションの仕組みと損得を、身近な事例でスッキリ理解!
           (FP1級・CFPのオプション問題にまで対応しています)

■9/30(日) ポートフォリオ理論・低リスク高リターンな国際分散投資
           (FP1級・CFPの分散投資の問題にまで対応しています)

参加申し込み、詳細はこちらから!(※PCスマホ両対応のサイトです)
https://money-study.net/fp/session/

 

より以前の記事一覧