最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 居住用財産の3000万円特別控除の特例 | トップページ | 12/11(日)に、金融資産運用の分野の勉強会を開催いたします。 »

2011年12月 4日 (日)

所得税における年金受給者の扶養家族

公的年金の収入(雑所得)には、所得税の非課税枠があります。
非課税枠は、65歳以下の場合は70万円まで、65歳以上の場合は120万円までです。この金額以内の受給であれば所得税はかかりません。
年金受給者を所得税における扶養者とするためには、扶養対象者の所得が38万円以下でなければなりません。したがって、65歳以下の場合は108万円まで、65歳以上の場合は158万円までの金額の年金収入であれば、その人を扶養家族とすることができます。

======================
【次回 FP技能士合格勉強会のご案内】
12/11(日) 第10回FP技能士合格勉強会
■今回のテーマ
今回のテーマは「金融資産運用」です。金融資産運用の分野全般にわたって学習する内容にしています。
さらに、問題を解きながらも、自ら資産運用をしていくときのコツも学べるようにしています。実際の投資にも役立てられる内容として構成していますよ。

12/18(日) 第11回FP技能士合格勉強会
■今回のテーマ
今回のテーマは「タックスプランニングと確定申告」です。主に所得税に関する点を中心に学習する内容にしています。
今回の勉強会は、FP試験対策の問題を解いていきながら、確定申告の模擬体験もできるのが特徴です。
確定申告というと敷居が高そうに感じますが、FP協会の実技試験対策にもなりますし、また自ら確定申告をするときのコツも学べます!

このように、単なるFP技能士の試験対策だけでなく、試験範囲の内容を日常生活に役立てたり、FP実務に応用する内容も盛り込んだ勉強会です。
当勉強会には、受験有無、受験日時、学習の進度に関係なく、どなたでもご参加いただけます。2級の資格取得済みの方の参加も可能です。

申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/

« 居住用財産の3000万円特別控除の特例 | トップページ | 12/11(日)に、金融資産運用の分野の勉強会を開催いたします。 »

タックスプランニング(税金)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。