最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 配当控除を適用できない配当所得 | トップページ | 贈与税の配偶者控除の適用要件 »

2012年1月30日 (月)

個人住民税の控除額と、特別徴収

2012年1月 FP技能士2級 FP協会実技試験 問17より

■個人住民税の控除額

個人住民税にも、所得税と同じく、生命保険料控除、地震保険料控除、配偶者控除、配偶者特別控除、扶養控除、基礎控除があります。ただし、所得税の場合と金額が異なり、いずれも住民税より控除額が少なくなっています。
雑損控除、医療費控除、社会保険料控除、小規模企業共済等掛金控除の控除額は、個人住民税と所得税とで同じ控除額となっています。


■個人住民税の特別徴収

給与所得者は、個人住民税を、毎月の給与から天引きして納付する特別徴収という制度があります。なお、特別徴収は給与から徴収するのであり、賞与からは徴収しません。

« 配当控除を適用できない配当所得 | トップページ | 贈与税の配偶者控除の適用要件 »

タックスプランニング(税金)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。