最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« FP技能士3級2級 頻出重要ポイント対策勉強会を開催しました | トップページ | 【FP試験の解説】隣地斜線制限が適用される用途地域 »

2014年1月14日 (火)

【FP試験の解説】開発許可を受けた土地の建築確認有無について

2013年9月に行われたFP技能士試験の問題の中から、多くの受験者が間違えやすい問題、知識を整理していないと答えづらい問題をピックアップして解説しています。
今後試験を受ける方、試験合格済みだけれどさらなる知識を身につけたいと考えている方の参考になればと思っています。

試験で出題される6分野の順に解説しています。

======================

2013年9月 FP技能士2級 学科 問45より

2.開発許可を受けた開発区域内の土地に建築物を建築する場合は、その規模等にかかわらず、建築基準法の建築確認が不要である。
選択肢2は不適切です。開発許可を受けた開発区域内の土地に建築物を建築する場合は、必ず建築確認が必要です。 建築確認とは、これから建築しようとしている建物などが、建築基準法などの法令や建築基準の要件をきちんと満たしているかどうかを、建築の着工前に行政が審査することです。

======================
【次回以降の、FP技能士3級・2級合格勉強会のご案内】
ファイナンシャルプランナー資格取得を目指す方々が集まり、一緒に楽しく学びあう勉強会です。
 ■2014/1/13(月・祝) 3級2級頻出重要ポイント対策勉強会
 ■2014/1/18(土) 2級応用問題/難問対策勉強会

いずれの勉強会も、学科と実技の試験対策を含んでいます。グループワーク形式もあり、参加者同士で交流や情報交換しながら、楽しく学べる勉強会です★
皆様のご参加をお待ちしています。参加申し込み、詳細はこちらから!
http://money-study.net/fp/session/
※PCスマホ両対応のサイトです。
皆様の周りに受験予定者がいらっしゃれば、ぜひ当勉強会をご紹介ください!

 

« FP技能士3級2級 頻出重要ポイント対策勉強会を開催しました | トップページ | 【FP試験の解説】隣地斜線制限が適用される用途地域 »

不動産」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。